ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

RENAULT 4CV  1954 FRANCE

RENAULT 4CV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1106 1/43 84mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.43m
エンジン 変速機: 4気筒 747cc 21HP 3段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでルノー 4CVのミニカー検索

 

ルノー 4CV フランス

 

 戦後ルノーはフランスの国策で国有化され、まず戦前のジュヴァカトルの生産が再開されました。戦後の新型車としては当初2Lクラスが計画されていましたが、結局戦後復興に必要とされる小型車が選択されました。1946年に発表された4CVは最初は小さすぎると不評でしたが、実車が出回るにつれて評価されるようになり、最終的には数年先までのバックオーダーを受けるほどの大ヒットとなりました。

 

なおCVとは「馬力」の意でエンジン排気量などから決められたフランス独特の課税上の馬力の単位です。つまり4CVとは課税馬力が4馬力ということを意味しています。

 

 

 ミニカーは初期のエリゴール製で、古いノレブの型を流用したものです。フロントグリルの横バーが3本になっているので1954年式以降をモデル化しています。ノレブのオリジナルはプラスチック製で窓ガラスも室内もついていないがらんどうですが、これはダイカスト製で室内なども付け加えられています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=571

   

RENAULT 4CV DECOUVRABLE 1954 FRANCE

RENAULT 4CV DECOUVRABLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4538 1/43 84mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.43m
エンジン 変速機: 4気筒 747cc 21HP 3段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでルノー 4CVのミニカー検索

 

ルノー 4CV デクヴェラブル フランス

 

 4CVは水冷4気筒エンジン(747cc 21HP)をリアに配置し、小型軽量(585kg )ながら4人が乗れて、3段変速で最高速105km/h の性能でした。また4輪独立コイル サスペンションによる優れたロードホールディングを生かして、50年代のレース、ラリーでも大活躍しています。

 

 さらに世界各国に輸出(やノックダウン生産)されていて、日本では日野自動車が国産化していました。(主としてタクシーに使われました) 4CVは1961年までに110万台以上が生産され、ルノーを戦前のようなフランス第一の自動車メーカーに立て直しました。(ただし大型車はまだ無かったですが)

 

 

 ミニカーは1994年発売のソリド製で、シンプルな作りですが4CVの感じが良く出ています。屋根の側面を残して上部を幌にするタイプのカブリオレ仕様になっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=572

   

 

PANHARD DYNA Z 1954 FRANCE

PANHARD DYNA Z 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC101 1/43? 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 850cc 42HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでパナール ディナのミニカー検索

 

パナール ディナ Z フランス

 

 ディナは1954年に新型に切り替わります。総アルミ製のボディは全長4.57m(6人乗り)と大きくなり、デザインも空力的で近代的なものに変わりました。エンジンは850cc(42HP)に拡大され、わずか650kgの軽量ボディは最高速130km/hを可能とし、しかも極めて低燃費でした。このサイズと性能はルノーの2Lクラスのフレガト並みと優れていましたが、お値段もフレガト並みとやはり価格がネックでした。

 

 1957年には2ドアのカブリオレが追加されました。なお1959年には最大の特徴であったアルミ製ボディがスチールに切り替わっています。やはり耐久性とコストが問題だったようです。

 

 

 ミニカーはイクソ製 2006年に発売された物で、何故か少し大きめに出来ています。バンパーなどの塗装処理がレトロな感じを出しています。なお同じ物がノスタルジーブランドでも出ていますが、そちらはバンパーなどがメッキ処理されているなど仕上げが変えてあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=610

   

PEUGEOT 203 COUPE 1954 FRANCE

PEUGEOT 203 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 45105 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 42HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでプジョー 203のミニカー検索

 

プジョー 203 クーペ フランス

 

 プジョーは1965年に小型車の204を登場させていますが、それまでは203とその後継車403の中型車1車種だけで商売をしていました。それにもかかわらず、プジョーはフランスの自動車メーカー第3位の地位を維持していました。(1位はルノー、2位はシトロエン)その間車の改良はしていますが、外観などはほとんど変えていません。

 

 昔のフランス車というと、シトロエンのようなユニークな車を想像しますが、実際はプジョーのようなオーソドックスな車がやはりよく売れたということです。その証拠にシトロエンはプジョーに1974年に吸収合併されて今はPSAグループとなっています。2座席の2ドアクーペで、カブリオレもありました。性能的にはセダンと同じですが、見た目はおしゃれです。プジョーは今でも魅力的なクーペやカブリオレがありますが、これは昔からの伝統です。

 

 

 ミニカーは上記ソリド製のバリエーションです。ソリドはカブリオレ、ファミリアーレ(ワゴン)、コマーシャル(バン)もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=614

   

 

SIMCA ARONDE 1954 FRANCE

SIMCA ARONDE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOSTALGIE NO24 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.08m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 42HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでシムカ アロンドのミニカー検索

 

シムカ アロンド フランス

 

 アンリ テオドル ピゴッツィがフランスでフィアットを製造する為1934年に設立したのがSIMCA(Societe Industrielle de Mechanique et de Carrosserie Automobile:自動車車両車体工業会社)でした。最初のシムカはフィアット トポリーノをベースとしたシムカ 5で1936年に登場し、その翌年には508Cベースのシムカ 8が登場しました。シムカ 5と8は第二次大戦後も生産され、8にはシムカが企画したオープンのスポーツモデルも追加されました。

 

 1951年にはフィアット 1100がベースながらシムカの設計による新型のアロンドが登場します。4気筒1.2L(42HP)エンジンはフィアット製ですが、フラッシュ サーフェースを採用したモノコックボディは斬新でした。当時のライバルはまだ戦前型の設計でしたから、アロンドは1Lクラスのファミリーカーとして大ヒットしました。アロンドは基本設計を変えずにハードトップやワゴンなどのバリエーションが追加され1962年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは2003年発売のノスタルジー(イクソ)製で、1954年式となっています。フランス車らしくない無国籍な感じのスタイルがシムカの生い立ちを示しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=629

   

CITROEN 2CV FOURGONNETTE 1954 FRANCE

CITROEN 2CV FOURGONNETTE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 26 1/43 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 425cc 12HP 4段変速
性能: 最高速78km/h
データーベースでシトロエン 2CV バンのミニカー検索

 

シトロエン 2CV フルゴネット (バン) フランス

 

 2CVの商用車仕様であるフルゴネットが1951年に登場しました。フランス語で小型トラックはカミオネット(CAMIONETTE)と総称され、その中で屋根の付いたものをフルゴネットと呼びます。フルゴネットは小型乗用車ベースで後部にボックス型の荷室を接続した商用車で、荷室が独立していないバンやパネルバンとは厳密には別物です。荷室は室内で運転席とつながっているので、ピックアップトラックに箱型の荷室を積んだ物とも異なります。(ただ日本では一般的に全てバンと呼びますが) なおフランス語で大型トラックの総称はカミオン(CAMION)で、屋根のついた物はフルゴンとなります。

 

 2CV フルゴネットの最初のタイプは2気筒375㏄(9HP)エンジンを搭載したAT型で、1954年に425㏄(12HP)エンジンでパワーアップしたAZU型(最大積載量250㎏)が追加されました。AZU型は1973年にボディを一新し4気筒435㏄(18HP)エンジンを追加、1975年に角形ヘッドライトが採用されるなどして1977年まで生産されました。1963年にはライバルのルノー 4 フルゴネットに対抗して、AZU型の荷室を後方に200㎜延長し2気筒602cc(22HP)エンジンを搭載したAK 350型(最大積載量350㎏)が登場しました。AK 350型は1970年にエンジンを35HPにパワーアップしたAKS 400型(最大積載量400㎏)に切り替わり、1977年まで生産されました。 

 

 

 ミニカーはノレブ製で、材質はプラスチックです。フロントグリルの形状からAZU型の初期をモデル化していると思われます。ボディ全体を一体成型した簡単な作りですが、プロポーションは良くできていると思います。リアドアが開閉するギミックが付いています。(画像をクリックするとリアドアの開閉が見られます) プラスチック製ノレブに良く起こるボディの変形が見られないので、このミニカーは材質などが改良されているのかもしれません。2CV フルゴネットのミニカーは様々なカラーリングでたくさんモデル化されています。特にブレキナ(1/87)は約90種類もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1836

   

 

ページ  « 前へ 1...22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  ...50 次へ »