ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

FORD CONSUL CORTINA MK I SUPER ESTATE 1963 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I SUPER ESTATE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 440 1/47 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5 58HP 4段変速
性能: 最高速148km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I スーパー エステート イギリス

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナでした。革新的だったミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、4ドアやエステート(ワゴン)が追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。

 

 コルチナの売りは大柄なボディ、割高なミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。ミニにもワゴン仕様がありましたが、ミニのワゴンの全長は約3.3mで、4ドアで全長約4.28mのコルチナ エステートとは室内の広さで勝負になりませんでした。エステートの豪華仕様であるスーパー エステートにはオプションでサイドとリアゲートに木目調パネル(本物の木材ではない)が付きました。ボディに本物の木材を使用したウッディ ワゴンは、アメリカでは高級車として人気がありました。当時のイギリスでもこの手の飾りが同じように人気があったようです。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物です。オプション設定された木目調パネルの付いたスーパー エステートをモデル化しています。リアゲートが開閉し、コーギーお得意のフィギュア2体(ゴルファーととキャディの子供)とゴルフカートが付き、ちょっとしたジオラマ仕立ての楽しい物になっています。この木目パネルは別パーツで、ボディはパネルを挟むように2分割で成型されています。その為パネルは塗装で表現するよりもリアルな仕上がりとなっています。(ただその為に前フェンダー先端に少し隙間ができていますが)コーギーがここまで凝った作りをしたということは、実車の人気が高かったからでしょう。セダンはディンキーなどがモデル化していましたので、コーギーがエステートをモデル化したのは競合を避ける理由もあったのでしょう。後にフィギュア無しの物も発売されています。

 
 

AUSTIN MINI MOKE 1964 UK

AUSTIN MINI MOKE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 641 1/40 75㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段変速
性能: 最高速109km/h
データーベースでミニ モークのミニカー検索

 

オースチン ミニ モーク (パラモーク) イギリス

 

 ミニ モークはミニのシャーシを使った多目的車でした。当初はジープのような軍用車として開発されましたが、タイヤが小さい故の低い最低地上高とパワーのないエンジン故にオフロード走行に向かず、軍用車としては採用されませんでした。そこで助手席やキャンバストップをオプション設定とした安価な一般向け多目的軽作業車として1964年に発売されました。

 

 多分ミニのブランド力のおかげだと思いますが、リゾートで使用されるビーチバギーとして成功しました。4気筒848ccエンジン、ミッション、タイヤなどのメカはミニと共通で、駆動方式は2WDのみでした。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。パラシュート投下できる車両として試作された軍用車をモデル化しており、車両を載せる車台とビニール製のパラシュートが付属しています。(試作車なので一般市販した車とは少し感じが違っています) これと同じ型でイギリスのTVドラマ「プリズナーNo.6」 (原題:the Prisoner)で使用された白い車もモデル化されています。

AUSTIN 1800 1964 UK

AUSTIN 1800 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 171 1/42 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 80HP 4段変速
性能: 最高速147km/h
データーベースでオースチン 1800のミニカー検索

 

オースチン 1800 イギリス

 

  ADO16シリーズをさらに発展させ大型化したのがADO17シリーズで、まずオースチン 1800が1964年に登場しました。1966年にモーリス 1800、続いて1967年にウーズレー 18/85が登場しました。デザインはADO16同様にピニンファリーナで、ADO16を引き延ばしたようなスタイルをしています。長いホイールベースを生かした6ライトの開放的なキャビン、前後輪関連懸架機能を持つハイドロ ラスティック方式サスペンション、簡易なアンチロック機能を持つブレーキシステムなど進歩的な技術が使われた車でした。

 

 MGBと同じ4気筒OHV1.8L(80HP)のBMCのBタイプ エンジンを搭載し、4段変速で最高速147km/hの性能でした。1965年のカー オブ ザ イヤーを受賞していますが、このクラスの車では前輪駆動のメリットがあまり生かせず、商業的にはADO15/16ほどには成功しませんでした。1968年にMK IIに、1972年にMK IIIに発展し、1975年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で、当時物としてはスポットオンもモデル化しています。窓枠が太めなので開放的なキャビンの感じが少し違っていますが、ホイールベースが長い独特のフォルム(「Land crab:陸の蟹」と揶揄された)はそこそこ再現されています。最近ではバンガーズがADO17の3ブランドをモデル化しています。

 
 

FORD CONSUL CORTINA MK I RALLY CAR 1964 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I RALLY CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 212 1/42 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 106HP 4段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I ラリー イギリス

 

 コルチナの当初の正式名称はコンサル コルチナでしたが、1964年のマイナーチェンジ後にフォード コルチナに変わりました。なお現在はコーティナと書くのが一般的なようですが、私は昔から慣れ親しんだコルチナを使わせてもらいます。

 

 ミニ クーパーはミニのイメージ リーダーでしたが、コルチナにも高性能なロータス コルチナがありました。コルチナをベースにしてレース用モデルの開発から生産までロータスが担当しました。ロータスがチューンした4気筒1.6L(106HP)DOHCエンジンを搭載し、最高速178km/hと高性能でした。フォードの思惑どうりレースやラリーで活躍し、コルチナのスポーツイメージを高めました。ロータス コルチナは3年間で2800台ほどが生産され、ロータスの財政基盤をも安定させました。

 

 

 ミニカーはディンキーの当時物で、1964年の東アフリカ サファリ ラリーで優勝したコルチナ GTをモデル化しているようです。(ゼッケン番号が違うようですが) フロントの補助灯、屋根のスポットライト、ブラックアウトしたボンネットなど当時のミニカーとしてはかなり大幅な変更でラリー車の雰囲気を出しています。

MARCOS VOLVO 1800GT 1964 UK

MARCOS VOLVO 1800GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 324 1/44 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.16m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 114HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでマーコスのミニカー検索

 

マーコス ボルボ 1800GT イギリス

 

 ジェム マーシュとフランク コスティンの2人がレーシングカーの設計/製作を行うマーコス社を1959年に起業しました。マーコスという名前は2人の名前を組み合わせたものです。戦闘機の設計者であったフランクが設計したベニア合板製の軽量シャーシを持つレースカー マーコスGT (ザイロン)は軽量故に優れた性能でしたが、FRP製ボディが奇抜なデザインであったので醜いアヒル(Ugly Duckling)とも呼ばれていました。

 

 1964年に発売した市販車1800GTはザイロンをベースにして改良したもので、不評であったボディをスタイリッシュなものに変更しボルボ製の4気筒1.8L(114HP)エンジンを搭載していました。レースカーがベースなので操縦性に優れ、4段変速で最高速185km/hと高性能でした。 エンジンはフォード製の1.5L、1.6L、2L、V型6気筒3Lなど次々と変更され、木製フレームも1969年から鋼管スペースフレームに変更されました。主たる販売先はアメリカで1972年までに約1000台くらいが生産されました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物です。キャビンの形状などは良く出来ているのですが、タイヤが大きめなので全体的に車高が高くなり実車のイメージから少し外れています。人気があったミニカーで約80万台も販売されていますので、実車よりミニカーの方がよく知られていると思います。実車がマイナーなので、量産ミニカーはこのコーギーのものしかありません。

 
 

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1965 UK

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 158 1/41 125㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー シャドウのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー シャドウ イギリス

 

 シルバー クラウドは完成の域に達していましたが、技術的には旧態化していました。超高級車のライバル メルセデスからハイテクを駆使したベンツ 600が1963年に発表され、この車に対抗する意味もあって新型のシルバー シャドウが1965年に登場しました。シルバー シャドウは前後フェンダーのラインを持たない近代的なデザインとなり、モノコックボディ、全輪独立懸架、油圧式車高調整、全輪ディスクブレーキなど先進的な技術を採用していました。

 

 車体のサイズはシルバー クラウドより小さくなりましたが、近代的なモノコックボディの採用で室内は広くなっていました。もはや往年のリムジーンスタイルでは無くなりましたが、ロールス ロイスといえども時代の流れには逆らえないということです。エンジンは改良され出力が向上し、4段自動変速機仕様で最高速度は180km/hの性能でした。

 

 

 このミニカーもディンキー(英)製で1967年発売の当時物です。フロントグリルをダイキャストでモールドしたディンキーらしい出来映えで、4ドア開閉のフルギミックと凝った作りとなってます。こうしてまとめてみるとディンキーはロールス ロイスをまめにモデル化していたことが良く分かります。

 

ページ  « 前へ 1...17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  ...39 次へ »