ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

HILLMAN IMP 1963 UK

HILLMAN IMP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 138 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.59m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 875cc 39HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでヒルマン インプのミニカー検索

 

ヒルマン インプ イギリス

 

 ルーツ グループにはミンクスをベースにしたモデルしか在りませんでした。そのルーツ グループがBMCのミニに対応して開発した小型車がインプで1963年に登場しました。4気筒875cc(39HP)エンジンをリアに搭載する時代遅れのRR車ながら、全輪独立懸架、4段変速で最高速120km/hの性能でした。

 

 RR方式の小型車とはいえ、走らせるとなかなかの車だったらしく、モンテ カルロ ラリーにも参加しています。動力性能的にもミニ(848cc)と同じようなものなので、低価格ゆえでの需要があったのだと思います。1976年までに約44万台が生産されています。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製でモンテ カルロ ラリー仕様もあります。小さなミニカーですが、実車のイメージを良く再現してあります。コーギーもポリスやラリー仕様を出していますので、この車は結構人気があったようです。

 
 

ASTON MARTIN DB5 1963 UK

ASTON MARTIN DB5 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 130 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 282HP 5段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでアストン マーチン DB5のミニカー検索

 

アストン マーチン DB5 イギリス

 

 DB4は1963年にDB5にモデルチェンジしました。DB4とDB5の外観上の違いはほとんどありません。左の画像ではヘッドライトにカバーが付いていて上記のDB4と大きく違っていますが、カバーはDB4のシリーズ4から既に変更されていました。エンジンは4L(282HP)まで拡大され、5段変速機が採用され最高速は240km/hの性能でした。1964年には高性能版(314HP)のヴァンテージ仕様が追加されました。

 

 DB5を世間に知らしめたのはなんといっても映画「007 ゴールドフィンガー」(1964年)に登場したボンドカーです。特殊な装備を再現したミニカーがたくさんモデル化されています。(有名なギミック満載のコーギー製DB5 ボンドカーの紹介ページ)

 

 

 画像は1964年発売のソリドの当時物です。プロポーションのとらえ方がうまく、実に素晴らしい出来映えです。なおソリドは1961年に発売したランチア フラミニアでドア開閉ギミックを最初に実現しており、このDB5にも採用されています。 最近の物では、ミニチャンプス、オートアート、ビテス、ノレブなどがあります。

AUSTIN HEALEY 3000 MK III 1963 UK

AUSTIN HEALEY 3000 MK III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 172 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 6気筒 2.9L 148HP 4段変速
性能: 最高速192km/h
データーベースでオースチン ヒーレーのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー 3000 MK III イギリス

 

 100は1959年に6気筒2.9L(124HP)エンジンを搭載した3000に切り替わります。古典的なラダーフレームに2+2座のオープンボディという基本はそのままながら、シャーシを強化しフロントにはディスクブレーキが採用され、最高速は182km/hの性能でした。室内や装備が豪華になり、3000は「ビッグヒーレー」と呼ばれました。1961年にMK II、1963年にMK IIIに発展し、エンジンは148HPまで強化され最高速は192km/hまで向上しました。

 

 1963年からWRCにワークスで参戦し、ラリーでも大活躍しました。3000は1969年までに約4万台が生産されました。1972年にBMCとの契約が終了し以下のスプライトが最後のモデルとなり、オースチン ヒーレーのブランドは終わりました。

 

 

 ミニカーは初期のビテス製です。上記の100より大きくなっていて、2+2座のハードトップ仕様となっています。ヘッドライトが大きめなのはうまいデフォルメで、全体的な造形も良く出来ていると思います。(ボンネット上のエアインテークが目立たないのが今ひとつですが) これ以外では、最近の新しいビテス(サンスター)のもの、京商、オートアートの1/18などがあります。

 
 

LOTUS 25 F1 1963 UK

LOTUS 25 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R331 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.56m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 1.5L 195HP 5段変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでロータス 25のミニカー検索

 

ロータス 25 F1 イギリス

 

 ロータスはルマン参戦に続き、F1/F2に参戦します。最初のF1/F2マシンは1957年登場の12で、コベントリー クライマックスの4気筒2L/2.2Lエンジンをフロントに搭載していました。1958年に16が登場し、1960年にはミドシップ方式を採用した18が登場します。18は1960年のモナコGPでS.モスのドライブで初優勝します。S.モスはアメリカGPでも優勝し、ロータスはコンストラクター選手権の2位に躍進します。

 

 1961年からF1の排気量が1.5Lに変わりました。1961年に21が登場しこのシーズンはロータスとフェラーリの2強の争いで、フェラーリ 156が勝利しました。1962年に24が登場しますが、すぐに革新的な軽量モノコックシャーシを採用した25に変わります。このシーズンはロータスとBRMの2強の争いで、BRM P57が勝利しました。1963年には改良された25でJ.クラークが7勝を挙げて初のチャンピオンドライバーとなり、ロータスは念願のコンストラクターチャンピオンを獲得しました。

 

 

 1964年シーズン前半はJ.クラークが25で3勝し、シーズン後半に改良型の33が登場します。ロータスが後半に勝てなかったことで、フェラーリ 158のJ.サーティースがチャンピオンドライバーとなり、コンストラクターチャンピオンもフェラーリが獲得しました。1965年シーズンは33が主力となりJ.クラークがほとんどのレースで勝利し、ドライバーとコンストラクタータイトルを獲得しています。その後もロータスはコスワース DFVエンジン(V型8気筒3L)開発、グラウンド エフェクトカー開発など、F1レース界に革新を起こし、名門チームとなりました。

 ミニカーはブルム製で、2002年頃に発売されました。1963年のベルギーGPの優勝車(ドライバー J.クラーク)をモデル化しています。風防形状が適当なのはあいかわらずのブルム流で、タイヤ外径も少し小さいような気がしますが、それ以外はそこそこの出来ばえです。ブルムは8種類ほどのバリエーションがあります。これ以外ではポリトーイの当時物(プラスチック製)、最近のものではカルツォやスパークがあります。ロータスのレーシングカーのミニカーは非常にたくさんあります。以下のリンクで1970年前後に分けて検索できます。
 データーベースで1970年以前のロータス レースカーのミニカーを検索
 データーベースで1971年以降のロータス レースカーのミニカーを検索

FORD CONSUL CORTINA MK I SUPER ESTATE 1963 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I SUPER ESTATE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 440 1/47 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5 58HP 4段変速
性能: 最高速148km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I スーパー エステート イギリス

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナでした。革新的だったミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、4ドアやエステート(ワゴン)が追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。

 

 コルチナの売りは大柄なボディ、割高なミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。ミニにもワゴン仕様がありましたが、ミニのワゴンの全長は約3.3mで、4ドアで全長約4.28mのコルチナ エステートとは室内の広さで勝負になりませんでした。エステートの豪華仕様であるスーパー エステートにはオプションでサイドとリアゲートに木目調パネル(本物の木材ではない)が付きました。ボディに本物の木材を使用したウッディ ワゴンは、アメリカでは高級車として人気がありました。当時のイギリスでもこの手の飾りが同じように人気があったようです。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物です。オプション設定された木目調パネルの付いたスーパー エステートをモデル化しています。リアゲートが開閉し、コーギーお得意のフィギュア2体(ゴルファーととキャディの子供)とゴルフカートが付き、ちょっとしたジオラマ仕立ての楽しい物になっています。この木目パネルは別パーツで、ボディはパネルを挟むように2分割で成型されています。その為パネルは塗装で表現するよりもリアルな仕上がりとなっています。(ただその為に前フェンダー先端に少し隙間ができていますが)コーギーがここまで凝った作りをしたということは、実車の人気が高かったからでしょう。セダンはディンキーなどがモデル化していましたので、コーギーがエステートをモデル化したのは競合を避ける理由もあったのでしょう。後にフィギュア無しの物も発売されています。

 
 

AUSTIN MINI MOKE 1964 UK

AUSTIN MINI MOKE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 641 1/40 75㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段変速
性能: 最高速109km/h
データーベースでミニ モークのミニカー検索

 

オースチン ミニ モーク (パラモーク) イギリス

 

 ミニ モークはミニのシャーシを使った多目的車でした。当初はジープのような軍用車として開発されましたが、タイヤが小さい故の低い最低地上高とパワーのないエンジン故にオフロード走行に向かず、軍用車としては採用されませんでした。そこで助手席やキャンバストップをオプション設定とした安価な一般向け多目的軽作業車として1964年に発売されました。

 

 多分ミニのブランド力のおかげだと思いますが、リゾートで使用されるビーチバギーとして成功しました。4気筒848ccエンジン、ミッション、タイヤなどのメカはミニと共通で、駆動方式は2WDのみでした。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。パラシュート投下できる車両として試作された軍用車をモデル化しており、車両を載せる車台とビニール製のパラシュートが付属しています。(試作車なので一般市販した車とは少し感じが違っています) これと同じ型でイギリスのTVドラマ「プリズナーNo.6」 (原題:the Prisoner)で使用された白い車もモデル化されています。

 

ページ  « 前へ 1...16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  ...37 次へ »