ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROVER P5 MK II 1962 UK

ROVER P5 MK II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA06905 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.74m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 106HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでローバー P5のミニカー検索

 

ローバー P5 MK II イギリス

 

 自転車メーカーとして起業したローバー社は、1904年に自動車の生産を始めました。1911年に発表したトゥエルブは4気筒2.3Lエンジンを搭載した中型車で、安価ながら優れた品質で大ヒットしました。その後空冷2気筒1Lエンジン搭載の小型車から6気筒2.5Lエンジンの中型車までラインアップを広げましたが、業績は振るいませんでした。そこで1933年に車種を削減して生産合理化を行い、品質の向上をはかりました。その結果ローバーは高品質の中型車としての名声を確立していきました。第二次世界大戦中は軍用車のエンジン生産に専念しました。

 

 戦争が終わるとすぐに戦前型の生産が再開され、1948年には戦後型の60/75(コードネーム P3)が発売されました。前輪独立懸架を採用したシャーシは60/75に共通で、60は4気筒1.6L、75は6気筒2.1Lエンジンを搭載していました。

 

 

 1949年にはボディを新しくした75(コードネーム P4)が登場し、1953年には2.6Lに排気量が拡大された90に発展しました。さらに1958年には6気筒3L(106HP)エンジンを搭載したP5が追加されました。P5はイギリス車らしい落ち着いたデザインの上質な中型車で、4速手動/3速オートマティック変速機で、最高速160km/hの性能でした。P5は歴代首相の公用車に採用されるなど、政府の公用車として非常に人気が高かったそうです。1962年にMK II、1965にMK IIIに発展し、最終型のP5Bは1973年まで生産されました。

  ミニカーは2003年に発売されたバンガーズ製です。ラインストーンを埋め込んだヘッドライトなど昔のコーギーを思わせるレトロな作風ですが、プロポーションなどの基本はしっかりしています。このローバーも実車の雰囲気が良く再現されていて、なかなかの出来映えです。なおP5の当時物としてはスポットオンがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=811

   

TRIUMPH VITESSE 1962 UK

TRIUMPH VITESSE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINK(UK) 134 1/45 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 6気筒 1.6L 77HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでトライアンフ ビテスのミニカー検索

 

トライアンフ ビテス イギリス

 

  上記ヘラルドをベースにして、新設計の6気筒1.6L(77HP)エンジンを搭載した上級車がビテスで1962年に登場しました。最高速145km/hとスポーティで、フロント部分が当時流行した釣り目(チャイニーズ アイと呼ばれた)の4灯式ヘッドライトに変えられています。1966年にはエンジンが2L(95HP)に拡大され、1968年にはリアサスペンションが強化されたMK IIに発展しました。

 

 1971年までに約35000台が生産されました。なおビテス(vitesse)とはポルトガル語で「速い」という意味で、ミニカーのブランドのビテスも同じ意味です。

 

 

  ミニカーはディンキー(英)で、当時物量産ミニカーはこれしかないみたいです。(ブルックリンがランスダウン(Lansdowne)シリーズでコンバーチブルを作ってますが) サイドの白いストライプは実車に即したもので、スポーティな雰囲気を出しています。シンプルですが良い出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=818

   

 

TRIUMPH SPITFIRE 1962 UK

TRIUMPH SPITFIRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 114 1/42 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 63HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでトライアンフ スピットファイアーのミニカー検索

 

トライアンフ スピットファイアー イギリス

 

 値段の安いスポーツカーのスプリジェット(MG ミジェットとオースチンヒーレー スプライト)に対抗して開発されたのがスピットファイアーで、1962年に登場しました。ヘラルドのエンジンとシャーシを流用した2座のオープンカーで、ツイン キャブレターで強化した4気筒1.2L(63HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速151km/hの性能でした。ボディはヘラルドと同じミケロッティのデザインで、ヘラルド同様フロント部分が大きく開くボンネットを持っています。また最初から巻上げ式のサイドウインドウが装備されていて、居住性はスプリジェットより優れていたようです。

 

 1965年にMK II、1967年にMK IIIに発展し、その後ライバルのスプリジェットが同じブリティッシュ レイラ ンド グループとなりました。1971年にはノーズ部分を変更しリアサスペンションを改良したMK IVとなり、1975年に1.5L(71HP)エンジンに切替わり最終型の1500となりました。1980年まで生産され、トータルで約30万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で当時物のスピットファイアーは何故かこれしかないようです。8年間と長く生産された人気のあったモデルで、スピットファイアーのミニカーとしては一番有名なものでしょう。実車同様フロント部分が大きく開き、モールドされたエンジンを見ることが出来ます。ドライバーの女性フィギュアがちゃんとシートベルトをしているのもおもしろいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=822

   

FORD CONSUL CORTINA MK I 1962 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 507 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 48HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I イギリス

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナでした。革新的だったミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、4ドアやワゴンが追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。

 

 コルチナの売りは大柄なボディ、割高なミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。(特にワゴン用途ではミニは対抗できません) この戦略は当たり、4年間で100万台を生産するという大ヒット車となりました。(大衆車では良くあるパターンの勝ち方ですが)

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物です。スポーツカーの多いMシリーズでモデル化されているので、実車の人気が高かったことが伺えます。あまりデフォルメせず素直にモデル化されていて、非常に良い出来映えです。他の当時物としては以下で紹介するディンキーや、コーギーのエステート、ノレブなどがありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=843

   

 

FORD ZEPHYR (MK III) 6 1962 UK

FORD ZEPHYR (MK III) 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPOT-ON 270 1/42 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.55L 98HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゼファー (MK III) 6 イギリス

 

 1962年にゼファー/ゾディアックはモデルチェンジし、MK IIIとなります。MK IIIから4気筒1.7L(68HP)エンジンを搭載するゼファー 4が追加され、コンサルの後継となりました。6気筒版のゼファー 6はMK IIのエンジンを98HPまでパワーアップし、最高速は150km/hに向上していました。

 

 ボディは大型のフロントグリルやテールフィンなど、アメリカ車的なデザインを取り入れています。ゾディアックもほぼ同じデザインですがライトが4灯式で全長がやや長く、さらに109HPまでパワーアップしたエンジンで最高速は160km/hでした。

 

 

 ミニカーはスポットオン製で、当時物は多分これしかありません。独特のフロントグリルがうまく再現されています。室内に女性ドライバーと犬のフィギュアが乗っているのは楽しいおまけです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=845

   

BRM P57 F1 1962 UK

BRM P57 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R322 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 1.5L 190HP 6段自動変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでBRMのミニカー検索

 

BRM P57 F1 イギリス

 

 BRMはBritish Racing Motorsの略で、ERAを退社したレイモンド メイズなどを中心に1945年に設立されました。ERAと同じくGPレースにイギリス製マシンで参戦する為、イギリスの自動車関連会社の協力を求めました。最初に開発されたタイプ 15(P30)はBRM製の極めて高出力/高回転のスーパーチャージャー付V型16気筒1.5L(500-600HP/12000rpm)エンジンを搭載していました。タイプ 15は1951年イギリスGPでデビューし5位となっていますが、それ以上の成績はあげていません。複雑なエンジンに問題が多かったようです。

 

 1952年からF2規格のGPレースとなり、タイプ 15は使えなくなりました。チームはアルフレッド オーウェン卿に買収され、新たに開発した4気筒2.5Lエンジンを搭載したタイプ 25(P25)が1955年に登場しました。P25のデビュー戦は1956年イギリスGPで、結果はリタイヤでした。その後P25は熟成されて徐々に競争力を上げ、1959年オランダGPで初優勝します。1960年にBRM初のミドシップ方式のP48が登場しますが、この車は信頼性に乏しく1勝もできませんでした。

 

 

 1961年にF1の排気量が1.5Lに変わり、BRMはエンジンの開発が間に合わずコベントリー クライマックス製エンジンを搭載したP48/57が登場します。P48/57は熟成不足で1勝もできませんでした。1962年に新開発したV型8気筒1.5Lエンジンを搭載したP57(P578)が登場します。P57のデビュー戦は1962年オランダGPでG.ヒルのドライブで優勝しています。このシーズンにG.ヒルは4勝してチャンピオンドライバーとなり、BRMは初のコンストラクターズ チャンピオンを獲得しました。

 その後P57はP26/P261に発展し、BRMは1965年までライバルのロータスと競いあうトップチームとして活躍しました。1966年からF1の排気量が3Lとなり、BRMはP83用として水平対向8気筒エンジンを2段重ねしたH型16気筒3Lエンジンを開発しますが、このエンジンは失敗作で成績が低迷します。1968年にV型12気筒3Lエンジンを開発し1970年代前半には勢いを盛り返しますが、1977年にF1から撤退しました。なおBRM製エンジンはロータス、クーパー、マクラーレンなどに供給されていました。

 ミニカーはブルム製で、2001年頃に発売されました。1962年オランダGPのでデビュー戦優勝車(ドライバー G.ヒル)をモデル化しています。特徴的な排気菅などのエンジン部分もそこそこに再現され、良い出来ばえです。エンジン部分が異なるバリエーションもあります。当時物ミニカーではコーギーとポリトーイ(プラスチック製)がP25をモデル化しており、P57はソリド、ディンキー、マッチボックス、ポリトーイ(プラスチック製)がモデル化しています。当時のBRM F1の人気がうかがえます。最近のものでは、スパークがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1756

   

 

ページ  « 前へ 1...15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  ...39 次へ »