ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

TRIUMPH SPITFIRE 1962 UK

TRIUMPH SPITFIRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 114 1/42 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 63HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでトライアンフ スピットファイアーのミニカー検索

 

トライアンフ スピットファイアー イギリス

 

 値段の安いスポーツカーのスプリジェット(MG ミジェットとオースチンヒーレー スプライト)に対抗して開発されたのがスピットファイアーで、1962年に登場しました。ヘラルドのエンジンとシャーシを流用した2座のオープンカーで、ツイン キャブレターで強化した4気筒1.2L(63HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速151km/hの性能でした。ボディはヘラルドと同じミケロッティのデザインで、ヘラルド同様フロント部分が大きく開くボンネットを持っています。また最初から巻上げ式のサイドウインドウが装備されていて、居住性はスプリジェットより優れていたようです。

 

 1965年にMK II、1967年にMK IIIに発展し、その後ライバルのスプリジェットが同じブリティッシュ レイラ ンド グループとなりました。1971年にはノーズ部分を変更しリアサスペンションを改良したMK IVとなり、1975年に1.5L(71HP)エンジンに切替わり最終型の1500となりました。1980年まで生産され、トータルで約30万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で当時物のスピットファイアーは何故かこれしかないようです。8年間と長く生産された人気のあったモデルで、スピットファイアーのミニカーとしては一番有名なものでしょう。実車同様フロント部分が大きく開き、モールドされたエンジンを見ることが出来ます。ドライバーの女性フィギュアがちゃんとシートベルトをしているのもおもしろいです。

 
 

FORD CONSUL CORTINA MK I 1962 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 507 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 48HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I イギリス

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナでした。革新的だったミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、4ドアやワゴンが追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。

 

 コルチナの売りは大柄なボディ、割高なミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。(特にワゴン用途ではミニは対抗できません) この戦略は当たり、4年間で100万台を生産するという大ヒット車となりました。(大衆車では良くあるパターンの勝ち方ですが)

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物です。スポーツカーの多いMシリーズでモデル化されているので、実車の人気が高かったことが伺えます。あまりデフォルメせず素直にモデル化されていて、非常に良い出来映えです。他の当時物としては以下で紹介するディンキーや、コーギーのエステート、ノレブなどがありました。

FORD ZEPHYR (MK III) 6 1962 UK

FORD ZEPHYR (MK III) 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPOT-ON 270 1/42 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.55L 98HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゼファー (MK III) 6 イギリス

 

 1962年にゼファー/ゾディアックはモデルチェンジし、MK IIIとなります。MK IIIから4気筒1.7L(68HP)エンジンを搭載するゼファー 4が追加され、コンサルの後継となりました。6気筒版のゼファー 6はMK IIのエンジンを98HPまでパワーアップし、最高速は150km/hに向上していました。

 

 ボディは大型のフロントグリルやテールフィンなど、アメリカ車的なデザインを取り入れています。ゾディアックもほぼ同じデザインですがライトが4灯式で全長がやや長く、さらに109HPまでパワーアップしたエンジンで最高速は160km/hでした。

 

 

 ミニカーはスポットオン製で、当時物は多分これしかありません。独特のフロントグリルがうまく再現されています。室内に女性ドライバーと犬のフィギュアが乗っているのは楽しいおまけです。

 
 

BRM P57 F1 1962 UK

BRM P57 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R322 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 1.5L 190HP 6段自動変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでBRMのミニカー検索

 

BRM P57 F1 イギリス

 

 BRMはBritish Racing Motorsの略で、ERAを退社したレイモンド メイズなどを中心に1945年に設立されました。ERAと同じくGPレースにイギリス製マシンで参戦する為、イギリスの自動車関連会社の協力を求めました。最初に開発されたタイプ 15(P30)はBRM製の極めて高出力/高回転のスーパーチャージャー付V型16気筒1.5L(500-600HP/12000rpm)エンジンを搭載していました。タイプ 15は1951年イギリスGPでデビューし5位となっていますが、それ以上の成績はあげていません。複雑なエンジンに問題が多かったようです。

 

 1952年からF2規格のGPレースとなり、タイプ 15は使えなくなりました。チームはアルフレッド オーウェン卿に買収され、新たに開発した4気筒2.5Lエンジンを搭載したタイプ 25(P25)が1955年に登場しました。P25のデビュー戦は1956年イギリスGPで、結果はリタイヤでした。その後P25は熟成されて徐々に競争力を上げ、1959年オランダGPで初優勝します。1960年にBRM初のミドシップ方式のP48が登場しますが、この車は信頼性に乏しく1勝もできませんでした。

 

 

 1961年にF1の排気量が1.5Lに変わり、BRMはエンジンの開発が間に合わずコベントリー クライマックス製エンジンを搭載したP48/57が登場します。P48/57は熟成不足で1勝もできませんでした。1962年に新開発したV型8気筒1.5Lエンジンを搭載したP57(P578)が登場します。P57のデビュー戦は1962年オランダGPでG.ヒルのドライブで優勝しています。このシーズンにG.ヒルは4勝してチャンピオンドライバーとなり、BRMは初のコンストラクターズ チャンピオンを獲得しました。

 その後P57はP26/P261に発展し、BRMは1965年までライバルのロータスと競いあうトップチームとして活躍しました。1966年からF1の排気量が3Lとなり、BRMはP83用として水平対向8気筒エンジンを2段重ねしたH型16気筒3Lエンジンを開発しますが、このエンジンは失敗作で成績が低迷します。1968年にV型12気筒3Lエンジンを開発し1970年代前半には勢いを盛り返しますが、1977年にF1から撤退しました。なおBRM製エンジンはロータス、クーパー、マクラーレンなどに供給されていました。

 ミニカーはブルム製で、2001年頃に発売されました。1962年オランダGPのでデビュー戦優勝車(ドライバー G.ヒル)をモデル化しています。特徴的な排気菅などのエンジン部分もそこそこに再現され、良い出来ばえです。エンジン部分が異なるバリエーションもあります。当時物ミニカーではコーギーとポリトーイ(プラスチック製)がP25をモデル化しており、P57はソリド、ディンキー、マッチボックス、ポリトーイ(プラスチック製)がモデル化しています。当時のBRM F1の人気がうかがえます。最近のものでは、スパークがあります。

AUSTIN MINI COUNTRYMAN 1962 UK

AUSTIN MINI COUNTRYMAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 253 1/43 77㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m 全幅約1.41m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段変速
性能: 最高速112km/h
データーベースでミニ エステート/バン/ピックアップのミニカー検索

 

オースチン ミニ カントリーマン イギリス

 

 ミニのエステート(ワゴン)仕様であるオースチン セブン カントリーマンとモーリス ミニ マイナー トラベラーは1960年に登場しました。少し前に発売されていたホイールベースが104㎜全長が245㎜長い商用バンをベースにしており、リアには上下又は観音開きのドアがついています。上級仕様車には、後部の荷室部分とリアドアに木製の飾り板が付いていました。(これはアメリカ車のワゴンでも良く見られる高級車風の飾りです)

 

 業務用として商用バンとピックアップトラックがあり、どちらもロングホイールベースです。リアクォーターウインドウが無いパネルバンはイギリスでは税金が安くなるそうで、乗用的な使われ方もしたようです。1969年にミニの高級版としてクラブマンが登場し、1970年にカントリーマンとトラベラーはクラブマン エステートに切り替わりました。

 ミニカーは国産名車コレクションの物で、メーカーはイクソです。横バーが目立つオースチンのフロントグリルとエンブレムなどが結構きちんと作ってあり、まずまずの出来ばえです。ただ飾り板を塗装ではなく別パーツにすれば、ぐっとリアルになるのですが。。。ミニのバンやエステートの当時物ミニカーは、ディンキー(型番274)、コーギー、スポットオンのイギリス老舗ブランドがそれぞれ数種類をモデル化していて当時の人気が伺えます。最近の物では、エブロ、京商(1/18)、バンガーズ、オックスフォード、ホンウェルなどたくさんモデル化されています。

 

 

 
 

SPRITE MUSKETEER CAMPING TRAILER 1962 UK

SPRITE MUSKETEER CAMPING TRAILER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 815 1/43 112m

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: エンジン等自走機能無し 
性能: 
データーベースでキャンピング トレーラーのミニカー検索

 

スプライト マスケティア  キャンピング トレーラー イギリス

 

 日本でキャンピングカーといえば、ワゴン車などに居住できる設備を備えた自走式が一般的です。しかし欧米ではキャラバンやキャンピングトレーラー(トラベルトレーラー)と呼ばれる、乗用車で牽引するトレーラー式のほうが一般的で、バカンス旅行などによく使われているようです。日本でトレーラー式がほとんど使われない理由は、車両総重量が750kgを越えるトレーラーを牽引する場合には牽引免許が必要でさらにトレーラーを登録する必要があるなど、交通法規上の制限があるからです。また使用しない時は駐車場が必要なので、その点でも日本には不向きだと言えます。

 

 キャンピング トレーラーには、ベッド、テーブル、キッチン、トイレ、電源など生活に必要な設備が備わっています。自走する為のエンジンなどが不要なので、キャンピングカーより広いスペースがあります。欧米にはキャンピング トレーラーの専門メーカーがたくさんあります。一番良く知られているのは、アメリカのエアストリーム社のトレーラーです。エアストリーム社は1930年代に起業した業界最古のメーカーです。同社のトレーラーは銀色に輝くアルミニウム製の流線形ボディが特徴で、これは創業当時から変わらないデザインのようです。

 

 

 キャンピングカー/キャンピングトレーラーのミニカーはたくさんあります。画像のミニカーはテクノの当時物で、1969年頃発売されました。イギリスのスイフト レジャー(SWIFT LEISURE)社が1960年代に生産していたスプライト マスケティアをモデル化しています。このキャンピングトレーラーは単なる箱型ではなく、曲面的な屋根や屋根上の明かり窓などしゃれたデザインになっています。ミニカーはリアルなリアライト、ハンドルで高さを調整できるアンカー金具、コイルスプリングを内蔵したサスペンションなど凝った作りになっています。ボディは金属製で、カラーリングもきれいです。内装はテーブルやキッチンが再現されています。牽引する車と接続する為の金具が付属していて、この金具は車側の底の穴に取り付けます。(同時期に発売されたテクノのミニカーのほとんどには穴があります) テクノのサーブ 99に牽引させるとこんな具合になります。

 国産ミニカーのキャンピング トレーラーではダイアペットが型番1127で、クラウン(S60) ワゴンとセットになったトレーラーを1973年に出しています。このトレーラーは当時フランスベッドが国内で販売していたフランスのキャラベルエア社の物をモデル化したようです。トミカも同時期に同じトレーラーを型番65-1でモデル化しています。国産ミニカーのキャンピングカーでは、ダイアペットがハイエースやハイラックスなどのキャンパー仕様、トミカもハイエースやハイラックスなどのキャンパー仕様、M-TECHがスズキ ワゴン Rとイスズ エルフのキャンパー仕様を出しています。特にM-TECHのエルフ キャンパー(型番MT-08)は内装のテーブルなどが良くできていて、サイドオープニングと呼ばれる引き出し式の屋根まで付いているといった凝りようです。
データーベースでキャンピングカーのミニカー検索

 

ページ  « 前へ 1...15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  ...39 次へ »