ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

戦後の日本国産自動車メーカーの動向 1945 JAPAN

 戦後日本の自動車産業はGHQ(連合国最高司令官総司令部)による統制下に置かれました。GHQはまず1945年9月にトラックの生産を許可し、1949年には乗用車の生産制限が解除されました。戦時中からの自動車産業の停滞により、国産メーカーの技術力は欧米メーカーに大きく遅れをとっていました。当時の通産省は自動車産業を保護・育成する政策を打ち出し、国産自動車技術の向上を図る為に「道路運送車両法」(1949年6月)を公布し、「乗用自動車関係提携及び組立契約に関する取扱方針」 (1952年10月)によって外国自動車メーカーとの技術提携の道を開きました。

 その方針に従って国産メーカー各社は優れた技術を吸収するべく、欧州メーカーとの技術提携を始めました。三菱自動車の前身の東日本重工業がアメリカのカイザー フレイザーと、日野自動車はフランスのルノーと、日産自動車はイギリスのオースチンと、いすゞ自動車はイギリスのヒルマンと技術提携を結び、ノックダウン方式による乗用車の生産を始めました。なお国産技術にこだわりを持つトヨタ自動車は欧米メーカーとの技術提携は行わず、独自技術による自動車開発を進めました。こうして1950年代になると、国産自動車メーカーから次々と自動車が発売されるようになりました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1401

   

TOYOTA TOYOPET SA 1947 JAPAN

TOYOTA TOYOPET SA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 2 1/43 89mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 995cc 27HP 3段変速
性能: 最高速87km/h

 

トヨタ トヨペット SA型 日本

 

 終戦後すぐにトヨタ自動車は小型車開発を決定し、1947年には試作車が完成しました。同年にGHQから年間300台に限り乗用車生産が許可されたので、この車はトヨペット SA型として発表されました。(トヨペット(Toyopet)はこの付けられた愛称) 

 

 SA型は全輪独立懸架の鋼板バックボーンフレームに鋼板ボディを載せた極めて先進的な構造で、戦前の欧州小型車をお手本にしていました。流線型のボディも欧州的で、ちょっと変わったデザインのグリルが付いています。新開発した4気筒995cc(27HP)のS型エンジンを搭載し、3段コラムシフトで最高速87km/hの性能でした。

 

 

 戦後いち早く発売されたSA型は意欲的な車でしたが、少し時代に先んじすぎていました。当時の乗用車はほとんどがタクシーに使われましたが、全輪独立懸架は劣悪な道路で酷使される用途には不向きでしたし、2ドア仕様もタクシーには不向きでした。

 そんなわけでSA型は1952年まで約200台ほどしか生産されず、営業的には失敗作でした。ただSA型はその後のトヨタの自動車開発にとって、極めて重要な布石となったと思われます。トヨタ自動車が欧米メーカーと技術提携せず、独自技術に拘ったのもこの車での経験が有ったからだと思われます。

 ミニカーは1970年代にコレクターが起ち上げたブランドのリーンレプリカ製で、SA型のミニカーはこれしかありません。室内の造形もないシンプルな作りですが、プロポーションはしっかりしていて実車の雰囲気を良くとらえています。(トヨタ博物館や日本自動車博物館にある実車(レプリカ?)と比べると、やや屋根の形状が違うようですが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=960

   

 

TOYOTA TOYOPET CROWN RS 1955 JAPAN

TOYOTA TOYOPET CROWN RS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KADO 14 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 48HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでトヨタ クラウン RS型のミニカー検索

 

トヨタ トヨペット クラウン RS型 日本

 

 SA型と同時に発売されたSB型小型トラックはラダーフレームに固定車軸の丈夫な構造で、ある程度売れていました。そこでこのSB型シャシーにセダンボディを載せたSD型が1949年に発売されました。さらにこのSD型の乗り心地などを改良したSF型が1951年に登場しました。

 

 1953年に新型の4気筒1.5L(48HP)のR型エンジンが開発され、このエンジンを搭載したトヨペット スーパーRH型が登場します。エンジンのパワーアップで最高速は100km/h以上になり、タクシーに多く使われたそうです。

 

 

 このRH型の後継として1955年に登場したのが、トヨタを代表する国産高級車クラウンでした。名前は「王冠」の意で、初代から王冠のエンブレムがフロントグリルに付いています。初代のRS型は新たに開発した前輪独立懸架の乗用車用シャシにRH型と同じ1.5L(48HP)エンジンを載せ、3段変速で最高速は100km/hでした。アメリカ車をお手本にしたボディは、観音開きのドアを採用しているのが最大の特徴です。

 ミニカーは卸問屋「可堂玩具」が1980年にマニア向けに発売した物で、ホワイトメタル製でずっしりと重いです。フロントウインドーが2分割されている初期型をモデル化しており、ワイパーやドアハンドルは別部品でユーザーが取り付けるようになっていました。当時としても古くさい作風で精密とはいえませんが、プロポーションは悪くなく、実車の雰囲気をうまく醸し出しています。(精密さだけがミニカーの魅力ではありません)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=961

   

TOYOTA TOYOPET CROWN RSD 1955 JAPAN

TOYOTA TOYOPET CROWN RSD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43096 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 48HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでトヨタ クラウン RS型のミニカー検索

 

トヨタ トヨペット クラウン RSD型 日本

 

 SA型で失敗した前輪独立懸架は、耐久試験を繰り返して改良され、RS型ではタクシーでも問題が起こりませんでした。この前輪独立懸架に対するトヨタの拘りには、技術者の意地が感じられます。RS型のデラックス仕様RSD型が1955年末に設定されました。外観的にはフロントウインドーが1枚ガラスとなり、ボンネット上のマスコット、サイドモールが追加されています。またフォグランプ、真空管式カーラジオ、ヒーターなどが装備されていました。(当時はまだ真空管のラジオだったのですね) 

 

 1958年のマイナーチェンジで後期型のRS20型となり、フロントグリルとサイドモールが変更されています。1959年には4気筒1.5L(40HP)ディーゼル エンジンC型が搭載された、国産初のディーゼル乗用車が設定されています。

 

 

 1960年には1.9L(77HP)エンジンを搭載したRS30型が追加され、この車は全長が少し長く、さらに2速AT車の設定もありました。RS型クラウンには当時の国産車として初めての技術がたくさん盛り込まれたようです。 (クラウンは当時からトヨタにとって特別な思い入れのある車だったのでしょう)

 このRSD型のミニカーはエブロ製で、右側の前後ドアが観音開きに開くギミック付です。エブロはこれ以外にRS型、後期RS21型もモデル化していて、細かい違いをきちんと再現しています。また同じ型でトサ コレクションからはRS型がでています。さらにこのエブロの型を流用したと思われるRS型が、国産名車コレクション(ノレブ製)からでています。アンチモニー製のJ-43からはRS20型とRS30型がタクシーやパトカーのバリエーションなど限定品も含めてでています。また小スケールではトミカ リミテッドヴィンテージ(1/64)とモデルプラニング(1/87)がRS20型をだしているなど、RS型のミニカーはたくさんあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=962

   

 

DATSUN (NISSAN) 112 1956 JAPAN

DATSUN (NISSAN) 112 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44217 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.86m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 860cc 25HP 4段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン 112型 日本

 

 日産自動車は1952年にイギリスのオースチン社と技術提携を結び、当時最先端のA40 サマーセットのノックダウン生産を始めました。1953年に第1号車が完成し、当初はタイヤ、バッテリー、ドアのガ ラスが国産品でした。国産パーツは次第に増やされ、1955年に切り替わったA50 ケンブリッジでは最終的に全パーツが国産となりました。A50は自社開発のセドリックの登場で役目を終え1960年にノックダウン生産を終了しました。

 

 このノックダウン生産で培った技術を生かして、ダットサン110型が自社開発され1955年に発売されました。(ダットサンは日産自動車の小型車のブランド名でした) 前後固定車軸のラダーフレームに、鋼板をプレスした車体を載せた構造でした。全長3.86mX全幅1.47m(現在の軽自動車より少し大きい)のボディに、サイド バルブ方式4気筒860cc(25HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速85km/hの性能でした。

 

 

 110型はシンプルで耐久性に優れており、小型タクシー用として人気を呼ぶなど日産の小型乗用車として基礎を固めました。フロントグリル変更やコラムシフト化など改良され112、113、114、115型と発展し、1957年には210型に切り替わりました。

 ミニカーはエブロ製で2009年に発売されました。日産自動車が保有しているレプリカを忠実にモデル化しているようで、フェンダーの上に付いている小さな赤いウインカー、フロントグリルなど細かい所までよく再現されています。国産車の歴史上重要な車をモデル化してくれたのはうれしいのですが、キャビン部分の高さがやや足りない感じがして、プロポーション的にはいまひとつです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=909

   

ISUZU HILLMAN MINX 1956 JAPAN

ISUZU HILLMAN MINX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA06800 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.08m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 46HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでイスズ ヒルマンのミニカー検索

 

イスズ ヒルマン ミンクス 日本

 

 日本の自動車メーカーとして最も古い歴史を持つのがいすゞ自動車で、昭和初期から大型車とそのディーゼルエンジンの製造を行っていました。戦後もトラック/バスなど大型ディーゼル車両の生産では日本の主力メーカーでした。なお「いすゞ」という表記がが正式ですが 当HPでは以下「イスズ」の表記で統一しています。

 

 イスズは欧米の最新技術を導入して乗用車生産に進出するために、イギリスのルーツグループと技術提携し、1953年にルーツグループのヒルマン ミンクスのノックダウン生産を始めました。初代のイスズ ヒルマン ミンクス PH10型は4気筒1.3L(38HP)を搭載する4ドアセダンの小型車で、4段変速、最高速度110km/hの性能でした。当時このような乗用車が購入できたのは、ごく一部の富裕層だけでした。

 

 

 1956年には2代目のPH100型に切り替わり、技術の習得が進むにつれ部品の国産化と細かい仕様変更が進み、1957年には国産化が完了しました。その後もエンジン排気量の1.5Lへの拡大などマイナーチェンジが続けられ、1964年まで生産されました。

 当時物のミニカーとしてはモデルペットとミクロペットがありますが、大変貴重なレア物で実物を見たことがありません。 画像は本家ルーツグループのミンクス1961年式(バンガーズ製)で、イスズのミンクス PH100型とは外観が多少異なりますが、基本的なスタイルは同じです。最近ではトミカ リミッテドから1956年式がモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1070

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...76 次へ »