ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

ASTON MARTIN V8 COUPE 1987 UK

ASTON MARTIN V8 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400137721 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5.3L 320HP 
5段変速/3段自動変速
性能: 最高速248km/h
データーベースでアストン マーチン V8のミニカー検索

 

アストン マーチン V8 クーペ イギリス

 

 1972年にDBS V8は名前をV8に変えます。その後V8はDBSで評判の良くなかった4灯式ヘッドライトを2灯式(6気筒版DBSの最終型ヴァンテージとほとんど同じ)に変更し、AM V8と呼ばれるシリーズ2に変わります。エンジンはDBS V8と同じBOSCHの燃料噴射方式のV型8気筒5.3Lでした。このエンジンは北米の排ガス規制に対応できなかったようで、1973年には燃料噴射をキャブレターに変更して、シリーズ3に変わります。この変更でシリーズ3はボンネットに大きなエアダクトが追加されていまました。

 

 1974年にV8をベースにした4ドアサルーンのラゴンダが登場しました。1978年に「OSCAR INDIA」と呼ばれるシリーズ4が登場し、オープンのボランテが設定されました。バンパー下にエアダクトを設けたことで、ボンネット上のエアダクトが無くなり、リアにスポイラーが追加されました。この頃には排ガス規制でエンジンは240HPほどにパワーダウンしていました。1986年に最終型のシリーズ5が登場し、エンジンは燃料噴射方式に戻りました。1989年に後継車のヴィラージュに切り替わります。

 

 

  ミニカーはミニチャンプス製で、年式的にはV8の最終型シリーズ5のモデルです。前述したDBS同様に良い出来映えですが、シリーズ5にしてはバンパー下周りの造形が違うような気がします。手作りのような車ですから色々とバリエーションがあるのでしょうか? ミニチャンプスはボランテもモデル化しています。これ以外では、ポリスティルの1/25 ボランテ、コーギーの1/36で映画'007 リビング デイライツ'(1987年)のボンドカー仕様、スパークなどがあります。

 
 

ASTON MARTIN DB7 VANTAGE 1999 UK

ASTON MARTIN DB7 VANTAGE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 50204 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.9L 420HP 6段変速
性能: 最高速265km/h
データーベースでアストン マーチン DB7のミニカー検索

 

アストン マーチン DB7 ヴァンテージ イギリス

 

 DB(デヴィッド ブラウン)グループからアストン マーチンの経営権を買い取った会社の経営が悪化し、経営権が別の会社に移ります。1975年に新会社「アストン マーチン ラゴンダ」が設立され、その後業績は回復しました。1990年代になって今度はフォードが株を買い占めて、アストン マーチン社はフォード傘下となります。この時代にデヴィッド ブラウンが役員として復帰したことで、またDBの名前が復活します。

 

 20年間生産され時代遅れとなったV8は1989年にヴィラージュ V8に切り替わります。ヴィラージュは外観は新しくなったものの、その実態はコストダウンで他社製パーツを流用したオリジナル性に乏しいものでした。またエンジンとシャーシは以前としてV8そのままでした。スーパーチャージャーで550HPにパワーアップした高性能版ヴァンテージが1993年に登場しましたが、この車はヴィラージュという名前が省かれ、その後1996年からはノーマル版もヴィラージュの名前が省かれるようになりました。ヴィラージュ V8は2000年まで生産されました。

 

 

 1993年にDB7が登場します。フォード傘下でTWR(トム ウォーキンショー レーシング)が開発を担当し、同じ傘下のジャガーのシャーシやエンジンを流用することでコストダウンしています。ボディの雰囲気がジャガー(XK8)に似ているのはこの為ですが、アストン マーチンらしさが感じられるデザインになっています。(ヴィラージュより魅力的) 従来はアルミ製だったボディがスチール製に変わり、スーパーチャージャー付 DOHC 6気筒3.2L(330HP)エンジン搭載 4輪独立サスペンションです。

 なお6気筒エンジンのDB7は8気筒のヴィラージュより車格は下でした。1996年にオープンのボランテが追加され、1999年のマイナーチェンジで6気筒エンジンから、DOHC V型12気筒5.9L(420HP)エンジンに切り替わり、名前に高性能版を意味するヴァンテージが追加されました。DB7は約7000台(アストン マーチンとしては最多)が生産され、2003年にDB9にモデルチェンジします。(DB8はV8と紛らわしいので避けたようです)

 ヴィラージュのミニカーは最近まで少量生産のウエスタン モデルしかなかったのですが、最近になってスパークがクーペとボランテをモデル化しています。画像のDB7のミニカーはオートアート製です。左ハンドルですから、北米用の輸出仕様でしょう。フロント周りの造形が巧みで、非常に良い出来です。オートアートは1998年創業で、ミニチャンプスの1/18を製造していた「UT モデル」が前身ですから作風がミニチャンプス的です。これ以外ではビテスのクーペとボランテ、シュコー ジュニアのクーペとボランテなどがあります。

ASTON MARTIN V12 VANQUICHE 2001 UK

ASTON MARTIN V12 VANQUICHE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC022 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.9L 460HP 6段半自動変速
性能: 最高速305km/h
データーベースでアストン マーチン ヴァンキッシュのミニカー検索

 

アストン マーチン V12 ヴァンキッシュ イギリス

 

 2001年に登場したV12 ヴァンキッシュはDB7より車格が上のアストン マーチンの最上級車で後輪駆動スポーツカーです。DB7をよりダイナミックにしたデザインで、このスタイルが新しいアストン マーチンのベースとなりました。2シーターが基本で、オプションで2+2も可能でした。シャーシはカーボンファイバーとアルミの複合材で構成され、ボディはハンドメイドのアルミパネルです。エンジンはDB7 ヴァンテージと同じDOHC V型12気筒5.9L(460HP)を搭載し、変速機はパドルシフトの6段半自動のみです。

 

 2004年にエンジンを528HPにパワーアップし最高速321km/hの高性能版V12 ヴァンキッシュ Sが登場します。外観的にはフロントグリルの開口部が大きくなり、フロント/リアにスポイラーが追加されています。2007年に生産中止となり、後継車はDBS V12でした。なお2012年にはDBS V12の後継車としてヴァンキッシュの名前が復活しました。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、ダイナミックなボディが良く再現されていてなかなか良い出来映えです。多分同じ型だと思いますが、ビテスでもモデル化しています。それ以外では映画「007 ダイ アナザー デイ(2002年)」のボンドカー仕様が、コーギー(1/36)、アオシマ(1/18)、京商(1/12、1/72)、ミニチャンプスからモデル化されています。ミニチャンプスはヴァンキッシュ Sもモデル化しています。

 

ページ  « 前へ 1  2