ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

JAGUAR MK X 1961 UK

JAGUAR MK X 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 2700000 1/43 119mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.1m 全幅約1.94m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 255HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速196km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー MK X イギリス

 

 MK IXの後継としてMK Xが1961年に登場しました。主要な市場であったアメリカの要望を受け、ボディは全長5.1m全幅1.94mにまで大型化されました。車高は1.38mと低められたので、幅広く低い堂々たるスタイルになりました。丸型4灯式ヘッドライトを採用した独特のフロントはイギリス車らしいエレガントなデザインで、このスタイルはその後のジャガーの基本となりました。サスペンションには4輪独立懸架が採用され、MK IXの3.8L(255HP)エンジンを継承し、4速マニュアルか3速自動変速機仕様で、最高速196km/hの性能でした。

 

  1964年にはエンジンが4.2L(288HP)に拡大され、1966年にはフロントグリルが2分割されて車名が420Gに変わります。420Gにはホイールベースを長くしたリムジーンが追加され、これをベースにして1968年にはディムラー DS420が登場しています。なお上記SタイプのフロントをMK Xと同じデザインにしたモデルが420と言う名前で1966年に登場していますが、これと420Gは全くの別物です。

 

 

 ミニカーはノレブ製で2000年頃に購入した物ですが、元々は実車と同じ1960年代にプラスチック製で発売された当時物でした。ノレブは昔製造していたプラスチック製の型を使って、ダイキャスト製でリファインした物を作っていますが、これもその一つです。このMK Xはオリジナルの型の出来が良いので、細かいところに手を掛けることで、元のプラスチック製とは別物のように見える仕上がりとなっています。(元のプラスチック製の画像はこちら 経年変化でかなり変形してます)

 
 

JAGUAR E TYPE 1961 UK

JAGUAR E TYPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BOX MODEL 8460 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 265HP 4段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでジャガー Eのミニカー検索

 

ジャガー E タイプ イギリス

 

  XKシリーズの後継として1961年に登場した2シーターのスポーツカーがEタイプでした。当時ジャガーはCタイプDタイプがレースで活躍していたので、その関連でEタイプと名付けられました。エンジンはMK IIと同じDOHC6気筒3.8L(265HP)で、4輪独立懸架、4輪ディスクブレーキ、最高速は240km/hと高性能でした。

 

 当初はオープンのロードスターとクーペの2タイプでした。ロングノーズの華麗なデザインで高性能ながら安価なEタイプは人気を博し、アメリカなどで大ヒットしました。1964年にエンジンが4.2Lに拡大されトルクがアップし、変速機やブレーキが改良され、内装も見直されました。

 

 

 人気の高いEタイプのミニカーはたくさんあり、当時物としては コーギーディンキーテクノなどがありました。当時物も良いのですが、画像は個人的に一番雰囲気が良く捕らえられていると思うボックス製の物で、このロードスター以外にクーペもあります。ワイパーが3連式になっていることはこのミニカーで知りました。

VAUXHALL CRESTA PA FRIARY ESTATE (Queen Elizabeth II) 1961 UK

VAUXHALL CRESTA PA FRIARY ESTATE (Queen Elizabeth II) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD VFE003 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 73HP 3段変速
性能: 最高速136km/h
データーベースでヴォクスホール クレスタのミニカー検索

 

ヴォクスホール クレスタ PA フリアリー エステート イギリス

 

 クレスタはヴェロックスの上級モデルとして1954年に設定され、内外装が高級に仕上げられていました。1957年のモデルチェンジで4気筒はヴィクター FA型、6気筒はヴェロックス/クレスタ PA型となりました。6気筒2.3L(73HP)エンジンを搭載したヴェロックス/クレスタは、3段変速で最高速136km/hの性能でした。ボディのデザインはGM風のアクの強いもので、あまりイギリスの保守層には受けそうにないものでした。

 

 ただこの車の特注仕様のフリアリー エステートは、エリザベス女王が私用車として長年愛用されました。(女王は自ら運転されるのです) 女王の車ということとその個性的なデザインで、PA型は戦後のヴォクスホールでは最も有名なモデルとなりました。2.6L(104HP)エンジンが追加され1962年にPB型にモデルチェンジされるまでに、約8万台が生産されました。なおPB型はごく平凡なデザインになっています。

 

 

 ミニカーはオックスフォード製です。後部のデザインなど非常に個性的な車です。なお1965年に登場したPC型のフリアリー エステートを女王が運転されている写真があるので、女王はよほどこの車がお気に入りだったようです。なおPA型とPB型の当時物はスポットオンがモデル化しています。

 
 

HILLMAN MINX 1961 UK

HILLMAN MINX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGAURDS VA06800 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 53HP 4段変速
性能: 最高速127km/h
データーベースでヒルマン ミンクスのミニカー検索

 

ヒルマン ミンクス イギリス

 

 1919年に自動車ディーラーとして創業したルーツ社は、1920年代にイギリス最大の自動車販売会社に発展します。ルーツ社は1930年代にヒルマン、ハンバー、サンビーム、タルボといった自動車メーカーを傘下に収め、ルーツ グループを形成しました。第二次大戦後にシンガーを買収し、1950年代後半にはBMCに次ぐ自動車メーカーとなりました。

 

 ヒルマンは自転車メーカーの創業者であったウイリアム ヒルマンが起こした老舗の自動車メーカーでした。ミンクスは戦前の1931年に発表された大衆車で、戦前はかなりヒットした車でした。信頼性が高かったので、戦時中も軍用車として生産されていました。戦後もそのまま生産され、その後も絶え間なく改良が行われ、なんと1970年頃まで生産されました。

 

 

 1954年頃のミンクスは4気筒1.4L(43HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速120km/hの性能でした。セダン、コンバーチブル、エステートワゴン(ハスキー)のボディ バリエーションがありました。またルーツ グループの他のブランドであるシンガーやハンバーといった姉妹車のプラットフォームとしても使われています。なお日本のイスズ自動車がこの車のノックダウン生産を行い、イスズ ヒルマン ミンクスとして1953年から1964年まで販売していました。

 ミニカーはバンガーズ製で、グリルの形状から多分1961年頃のシリーズIIIと呼ばれるタイプのモデルのようです。著名なデザイナーのレイモンド ローウイがデザインしたという一番知られているデザインのボディを正確に再現しており、当時の流行だったツートンカラーがよく似合ってます。当時物としてはスポットオンやディンキーの物があります。イスズのヒルマン ミンクスはトミカ リミッテドでもモデル化されています。

FORD CONSUL CLASSIC (CONSUL 315) 1961 UK

FORD CONSUL CLASSIC (CONSUL 315) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 234 1/46 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフォード コンサルのミニカー検索

 

フォード コンサル クラシック (輸出名 コンサル 315) イギリス

 

 コンサルの後継として、1961年に登場した中型車がクラシックでした。デザイン的にはアングリアと似ていて、4灯式ヘッドライトなどでアメリカ車的な味付けをより一層強めた物でした。4気筒1.3L(55HP)/1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/h(1.5L)の性能でした。4ドアと2ドアが有り、2ドアをベースにしたクーペはカプリ(コンサル 335)という別名が付けられていました。

 

 クラシックは3年間で約11万台、カプリは約2万台が生産されましたが、当時のフォードではこの数字は失敗作の類だったようです。あまりにアメリカ車的なデザインが一般大衆に受け入れられなかったのでしょう。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、他にはスポットオンもモデル化しています。特徴的なルーフやフロントのアメリカ車的な感じが良くわかると思います。(ボンネットが前ヒンジで開閉するので、隙間が少し目立っていますが)

 
 

COOPER T53 F1 1961 UK

COOPER T53 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R300 1/43 83㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.5L 240HP 4段変速
性能: 最高速282km/h
データーベースでクーパーのミニカー検索

 

クーパー T53 F1 イギリス

 

 1959年シーズンを席巻したT51の改良型T53が1960年に登場します。T53は新しい鋼管フレーム構造で、T51より低くスマートになりました。リアサスペンションはT51のリーフスプリングからコイルスプリングに変わりました。デビュー戦は1960年のモナコGP(ドライバー B.マクラーレン)で2位でした。1960年シーズンは10戦中6勝の成績で、コンストラクターズとドライバーチャンピオンを連覇しました。

 

 クーパーの大活躍でロータスフェラーリがミッドシップ方式のマシンを開発し、クーパーの優位性は失われました。1961年からF1の排気量が1.5Lに変わり、T55が登場します。T55はイタリアGPで3位となりましたが、それ以上の成績は上げていません。1962年にはT60が登場し、モナコGPで久しぶりの優勝(ドライバー B.マクラーレン)をしています。1963年にはT66が登場しますがほとんど活躍していません。

 

 

 ミニカーはブルム製で、2000年頃に発売されました。1960年イギリスGPの優勝車(ドライバー J.ブラバム)をモデル化しています。リアのコイルスプリングがそれらしく再現されているなど、そこそこの良い出来ばえです。ブルムはT53を4種類モデル化しています。それ以外のT53のミニカーではディンキーの当時物や、シュコーの1/18、スパークなどがあります。T66をポリトーイ(プラスチック製)がモデル化しています。

 

ページ  « 前へ 1...13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  ...39 次へ »