ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MG MGA MK I 1600 1959 UK

MG MGA MK I 1600 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI D732/1 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 72HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでMG MGAのミニカー検索

 

MG MGA MK I 1600 イギリス

 

 TF型の古典的なボディを一新し、近代的な流線型ボディを採用したMGAは1955年に登場しました。外観は斬新ですが、中身はTFと同じラダーフレームを採用した古典的な構造でした。エンジンは4気筒1.5L(72HP)で、4段変速で最高速160km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1966年にハードトップのクーペが追加されました。

 

 1958年にツインカム(DOHC)1.6L(79HP)エンジンを搭載する高性能版が追加され、1961年にはOHV1.6L(86HP)エンジンを搭載するMK IIに発展しました。1962年までに約10万台が生産され、その半数はアメリカ市場などに輸出されました。

 

 

 ミニカーは1980年代に復活した新生コーギーのもので、1990頃に販売されたものです。多分高性能版の1600のモデルで、一応当時のマニア向けミニカーですので、プロポーションは悪くなくそこそこの出来映えです。最近のミニカーでは、バンガーズやオックスフォードのものがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=870

   

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1959 UK

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY 150 1/48 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約1.96m
エンジン 変速機: 6気筒 4.9L 140HP 4段自動変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー レイスのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー レイス イギリス

 

 標準ボディが設定されたシルバー ドーンとは違い、シルバー レイスはコーチビルダーが個別にボディを架装する伝統的な高級車でした。日本の皇室も1959年に天皇陛下の御料車として購入しています。排気量を4.6L、4.9Lに拡大し、ロールス ロイスの最上級車として後継車のファントム Vが登場する1959年までに約1700台が生産されました。なお1977年にシルバー シャドウがシルバー シャドウ IIにモデルチェンジした際に、そのロングホイールベース版がシルバー レイス IIと名付けられ、名前が復活しています。

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。1959年頃に発売されていますので、シルバー レイスの最終版をモデル化しています。室内が再現されていませんので中身は空っぽですが、実車の雰囲気がよく再現されたディンキーの傑作です。ちなみにミニカーで最初に室内を再現したのは同時期のコーギーで、1960年頃のミニカーには真空成型したプラスチックでシートを表現した室内が付いていました。

 

 

 シルバー レイスのミニカーはこれ以外ではスポットオンの当時物ぐらいしかなかったのですが、最近になってレジン製少量生産のトゥルースケールやマトリックスなどから数種類がモデル化されました。トゥルースケールのシルバー レイスには画像のような昭和天皇御料車仕様(1950年)があります。(画像はWEB上のカタログから流用しました)
ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1623

   

 

AUSTIN FX4 TAXI 1960 UK

AUSTIN FX4 TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 418 1/47 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: ディーゼル 4気筒 2.2L 54HP 3段自動変速
性能: 最高速95km/h
データーベースでロンドン タクシーのミニカー検索

 

オースチン FX4 タクシー イギリス

 

 FX3の後を引き継いだのがFX4で、1958年に登場しました。FX3同様のセパレートフレーム構造ながら、コーチビルダーのカーボディーズ社が担当したボディは近代的になりました。ドアが付いた運転席の左側は依然として荷物スペースでしたが、暖房や照明が付けられた室内の乗り心地は向上しました。初期のFX4DはBMC製の4気筒2.2L(54HP)ディーゼルエンジンを搭載し、3段オートマティックで最高速95km/hの性能でした。

 

 1961年にオースチンの2.2Lガソリンエンジンとマニアル ミッションを搭載したFX4Gが追加されましたが、経済的なディーゼルエンジンのFX4Dが主流でした。オースチンはFX4のライセンスをカーボディーズ社に譲渡し、1982年からはカーボディーズ社のブランドで改良されたFX4Rに発展しました。FX4Rにはローバー製の2.2Lディーゼルエンジンが採用され、5段変速機やパワステなどの最新装備が搭載されていました。

 

 

 その後カーボディーズ社はタクシー総合管理会社LTI(ロンドン タクシー インターナショナル)社の一員となり、LTIからは1985年にFX4S、FX4Qが登場しました。1989年には日産製の2.7L(86HP)ディーゼルエンジンを搭載しサスペンションを改良した最終型のフェアウェイが登場しました。約55000台が生産され1997年に生産中止となりました。現在はフェアウェイの後継のTX1の発展型TX4となっています。

 FX4は40年近く続いた一番有名なロンドンタクシーですから、ミニカーも新旧たくさんあります。画像はコーギー製で初期型は1960年に発売されていますが、これは1971年に再生産されたものなのでホイールがフリーホイールになっています。イギリスを象徴する車としてセット物や記念品の特注仕様品が非常にたくさん出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=784

   

JAGUAR 3.8L (MK II) 1960 UK

JAGUAR 3.8L (MK II) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 072D 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 220HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速201km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー 3.8L (MK II) イギリス

 

 1959年にMK Iの改良版MK IIの3.8Lが登場しました。外観はほとんど同じですが、窓枠部分が細くなりウインドーが広がり近代的なキャビンとなっています。またMk IXに搭載されていた3.8Lエンジン(220HP)が追加され、リアトレッドの拡大など操縦安定性が改良されました。パワーステアリングや3速自動変速機の設定もありました。

 

 1960年にジャガーは業績の悪化したディムラーを吸収合併しました。1962年にはMK IIのフロントグリルなどを変え内装を豪華にしたデイムラー版の2.5Lが登場しました。こちらはデイムラーのV型8気筒2.5L(140HP)エンジンを搭載し、自動変速機仕様のみで最高速183km/hの性能でした。1960年代中頃になると売り上げが低迷したため、値段を下げるべく1967年にコストダウンを主体としたモデルチェンジがが行われました。この変更でMK IIは240/340に、デイムラーは250に切り替わり1969年まで生産されました。1963年にはMK IIの発展型のSタイプが登場しています。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1996年頃の発売でした。プロポーションが良く、フロントのジャガーのマスコットなど細かいところも良く再現されています。バリエーションとして、デイムラーもモデル化されていました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=804

   

 

LAND ROVER SERIES II 88 1960 UK

LAND ROVER SERIES II 88 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 470 1/43 83㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2.3L 72HP 4X2段変速 4WD
性能: 最高速105km/h
データーベースでランドローバー シリーズ IIのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ II 88 イギリス

 

 ランドローバーは、1958年にシリーズ IIに変わりました。基本的なデザインはシリーズ Iと変わりませんが、サイドパネル上端に丸みが付き特徴的な横一線のウエストラインを持つデザインとなりました。(このウエストラインは最新のディフェンダーまで継承されています) シリーズ IIでエンジンは4気筒2.3L(72HP)に変更されました。1961年にはディーゼルエンジンも4気筒2.3L(62HP)に変更されました。2.3Lガソリンエンジンはディーゼルエンジンが主流となった1980年代中頃まで使われました。

 

 ショートホイールベース 88インチのステーションワゴン仕様は7人乗りで、前列が3人掛けのベンチシートで後は2人掛けシートが対面式に配置されていました。ロングホイールベース 109インチのステーションワゴン仕様は10人乗りで、前列と2列目が3人掛けのベンチシートで、その後ろに2人掛けシートが対面式に配置されていました。さらにオプションで3人掛けシートが対面式に配置された12人乗りもあったそうです。( 参照WEBサイト) なおこの12人乗りは税制上バスとみなされて税金が安かったそうで、ディフェンダーにも2002年まで設定があったそうです。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1989年頃に購入しました。一番良く見かける88インチのハードトップ仕様をモデルしています。ビテス初期のモデルですが、フロントの造形など結構リアルで当時のミニカーとしては良い出来ばえです。画像では分かり難いですが、左ハンドルの輸出仕様で後席は対面シートになっています。ビテスにはバリエーションが約10種類ほどあります。シリーズ IIの当時物ミニカーとしてはスポットオン、コーギー、ディンキーなどで色々な仕様があります。最近の物では、オックスフォード、ブレキナなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=814

   

LOTUS SUPER SEVEN S2 1960 UK

LOTUS SUPER SEVEN S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 27501 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.35m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 76HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでロータス セブンのミニカー検索

 

ロータス スーパー セブン S2 イギリス

 

 エリートと当時に登場したセブンは、レースカーのマーク VIをベースとした安価なスポーツカーでした。4気筒1.2L(40HP)エンジンを搭載したタイプで、最高速130km/hの性能でした。当時イギリスでは自動車の物品税が高かったので、この車をキットで購入し自分で組み立てることで安価に済ませることが出来ました。

 

 またエンジンにフォード100EやBMCのAタイプなどの中古エンジンを流用することも可能で、財布の軽い若者の入門用の車として人気を呼びました。セブンはシリーズ4(S4)まで発展しましたが、イギリスのキットカー優遇税制廃止やアメリカの安全基準の強化などで、1973年に生産中止となりました。

 

 

 その後セブンの製造販売権と生産設備はロータスの代理店であったケーターハム社へ売却され、ケーターハムのブランドで現在も生産されています。またそれ以外にも、多くの国でセブンのレプリカが作られています。

 セブンも当時物のミニカーが無く、これはビテス製です。高性能版のスーパーセブンでテールライトの形状などから、シリーズ2をモデル化したようです。サスペンションやエンジンなどが再現されていて非常に良い出来です。ケーターハムも含めてセブンのミニカーは非常に多くあります。最近でもミニチャンプス、イクソなどから出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=865

   

 

ページ  « 前へ 1...12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  ...39 次へ »