ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MERCEDES-BENZ CLK230 COMPRESSOR (C208) 1997 GERMANY

MERCEDES-BENZ CLK230 COMPRESSOR (C208) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
HERPA 70492 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒スーパーチャージャー 2.3L 193HP 
5段/4段自動変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでメルセデス ベンツ C208のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ CLK230 コンプレッサ (C208) ドイツ

 

 初代CLKクラスはEクラス(W210)のクーペ/カブリオレで、Cクラス(W202)をベースにして1997年に登場しました。Eクラスの楕円型ヘッドライトをよりスラントさせて使っており、セダンに較べると洗練されたデザインです。カブリオレは4シーターでソフトトップ仕様です。当初のエンジンはDOHC 4気筒2L/2L スーパーチャージャー付/2.3L スーパーチャージャー付でした。車名のコンプレッサはスーパーチャージャー付を意味します。

 

 1998年に6気筒3.2L(215HP)エンジンがCLK320(クーペ)に追加され、1999年には6気筒3.2LエンジンがCLK320(カブリオレ)に、V型8気筒4.3L(279HP)エンジンがCLK430に搭載されました。2000年にはV型8気筒5.4L(347HP)エンジン搭載の高性能版 CLK 55 AMGが追加されました。2000年からDTM用マシンのベース車両にもなりました。1999年のマイナーチェンジで、内装、バンパー、サイドトリムなどが変更され、2002年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはヘルパの当時物です。上述したセダンのフロントは今一つでしたが、このクーペのほうはうまく雰囲気をとらえています。これ以外の当時物では、シュコーのカブリオレがあります。最近の物では、アンソンのクーペ/カブリオレ(1/18) オートアートのレース仕様などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1171

   

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 1998 GERMANY

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MAISTO 31505 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.04m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 5段自動変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W220のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ S500 (W220) ドイツ

 

 Sクラスの4代目W220が1998年に登場します。先代の大きさが批判されたことから、ボディはコンパクトになりました。デザイン的にも威圧感をなくした軽快でシンプルなスタイルになりました。反面他社との競争からコストダウンされた部分があり、その意味では先代のような圧倒的な品質の高さはなくなりました。エンジンはS320 V型6気筒3.2L、S430/S500 V型8気筒4.3L/5L、S600 V型12気筒5.8L(367HP)で、ロングホイールベースのL仕様がありました。

 

 ドアミラー内蔵式ウィンカーはW220が世界で初めて採用したもので、その後他社に波及していきました。2002年のマイナーチェンジで、ライトの形状やグリルの大型化、内装の品質向上などが行われ、従来のベンツらしさ(重厚さや威圧感?)が足りないとする旧来のユーザーの要望に応えました。ツインターボ化した12気筒6L(612HP)エンジンを搭載したS65L AMGなどの高性能版も設定されました。

 

 

 ミニカーはマイストの当時物です。マイストは1/18が主流のメーカーですが、数種類ほど1/43を作っています。このS500はたぶんベンツのプロモーション用に作られたようで、当時としてはかなり良い出来です。(フロントグリル画像) これ以外ではミニチャンプス、ハイスピード(1/43、1/87)、ヴィーキングの1/87、サンスターの1/18 プルマンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1173

   

 

MERCEDES-BENZ ML320 (W163) 1999 GERMANY

MERCEDES-BENZ ML320 (W163) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VMC99013 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.59m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.2L 218HP 5段変速/5段自動変速
性能: 最高速180km/h  フルタイム4WD
データーベースでメルセデス ベンツ Mクラスのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ ML320 (W163) ドイツ

 

 ベンツのSUVとしてMクラスが1997年に登場しました。ベンツには軍用車ベースの本格派オフロード車のGクラスがありますが、MLクラスは一般向けです。3列目シートを付ければ7人乗りとなる4ドアハッチバックで、デザイン的にはリアクオーターの処理などトヨタのハリヤーとよく似ています。走行状態に応じて前後輪トルクを制御する電子制御式フルタイム4WDシステムを備えていました。6気筒3.2Lエンジン搭載のML320が北米で発売され、その後4気筒2.3Lエンジン搭載のML230がヨーロッパで発売されました。

 

 5気筒2.7Lターボ ディーゼルエンジン搭載のML270、V型8気筒4.3Lエンジン搭載のML430、V型8気筒5.4L(347HP)エンジン搭載のML 55 AMGなどが追加されました。2002年のマイナーチェンジでライトやバンパーの意匠が変更され、2005年まで生産されました。ベンツとして初めて本国以外のアメリカ工場で製造された初代Mクラスは、車両完成度が低いと評価されベンツ ブランドの信頼性を著しく落としました。

 

 

 ミニカーはビテス製の当時物で、3列シート仕様です。この時期のビテスはプロポーションが良く細部もきちんと作ってあります。バリエーションでML430もあります。その他の当時物ではジク(1/55)、シュコー ジュニアなどがあります。最近の物では、イクソのアラバマ警察仕様、ヤトミンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1174

   

MERCEDES-BENZ CL 500 COUPE (C215) 1999 GERMANY

MERCEDES-BENZ CL 500 COUPE (C215) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430038026 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 7/5段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ C215のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ CL 500 クーペ (C215) ドイツ

 

 SクラスのクーペであるCLクラスの2代目CL 600 (C215)は1999年に登場しました。ベンツの新しい顔である楕円4灯式ヘッドライトを採用したスタイリッシュなクーペスタイルは、従来のSクラスクーペにないスポーティなイメージです。Sクラス(W220)のホイールベースを短縮し、サスペンションを電子制御する「Active Body Control」やレーザーで先行車を検出するクルーズコントロールなどベンツの先進技術が採用されていました。当初のエンジンはV型8気筒5LとV型12気筒5.8L(367HP)でした。

 

 2000年に高性能版のV型8気筒5.4Lエンジン搭載のCL 55 AMGが追加されました。2002年のマイナーチェンジでフロントの意匠が変更され、12気筒エンジンはツインターボ付V型12気筒5.5L(500HP)に、8気筒のCL 55 AMGはスーパーチャージャー付(500HP)に変更されました。2003年にはツインターボ付V型12気筒6L(612HP)エンジン搭載のCL 65 AMGが追加されました。2006年に3代目のCLクラス(W216)にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプスの当時物で、リアにCL 500とモデル名が表示されています。特徴的なクーペスタイルが良く再現されていて非常に良い出来です。実車がかっこいいのでミニチャンプスは8色もカラーバリエーションを出しています。(カラーバリエーションは買わない私が2台買ってしまいました) これ以外ではオートアート、ホンウェル、スパークのAMGなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1169

   

 

MERCEDES-BENZ C320 ELEGANCE (W203) 2000 GERMANY

MERCEDES-BENZ C320 ELEGANCE (W203) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4613 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.54m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.2L 218HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速246km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W203のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ C320 エレガンス (W203) ドイツ

 

 Cクラスの2代目W203が2000年に登場しました。2代目Eクラス(W210)で採用された新しいベンツの顔である丸形4灯式ヘッドライトを少し変えて採用しています。(ひょうたんのような形でなんとなくユーモラスです) ボディはセダンとワゴン、派生車として2001年に3ドアハッチバックのクーペ(CL203)も設定されました。当初のエンジンはスーパーチャージャー仕様があるDOHC 4気筒1.8L/2L、V型6気筒2.6L/3.2L、4気筒2.1L/5気筒2.7Lターボディーゼルなどがありました。なおこのW203からモデル名の数字上2桁が排気量を示すという慣例が破られた為、C280の排気量が3Lなど意味が分かり難いモデル名になりました。

 

 高性能版としてはスーパーチャージャー付V型6気筒3.2L(353HP)エンジン搭載のC32 AMGがありました。2005年のマイナーチェンジで、V型6気筒エンジンがDOHCの新型に切り替わり7段自動変速機が追加されました。C32 AMGはV型8気筒5.4L(367HP)エンジン搭載のC55 AMGに切り替わりました。W203は2006年まで生産されました。(後継はW204) またスポーツクーペは2008年のモデルチェンジで新しいCLCクラスの車として独立します。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物でモデル名は単にCクラスとされているだけで、C320は当方が適当に決めたものです。(車名のエレガンスはグレード名) ヘッドライト周りの造形がいまひとつな気もしますが、全体的には良くできています。シュコーはマイナーチェンジ後のアヴァンギャルド仕様もモデル化しています。W203のセダンのライセンスはシュコーが独占していたようです。ミニチャンプスがワゴンのTモデルとハッチバッククーペのCL203をモデル化しています。これ以外ではジクのC32 AMG クーペやスパークのC55 AMGなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1168

   

MERCEDES-BENZ SL 500 (R230) 2001 GERMANY

MERCEDES-BENZ SL 500 (R230) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400032031 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.53m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 5段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ R230のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ SL 500 (R230) ドイツ

 

 SLクラスの5代目(R230)が2001年に登場します。2代目Cクラスで採用された2灯が連なった形状のヘッドライトを使っています。先代と同じ2シーターロードスターで、SLK(R170)と同じ電動格納式ハードトップを採用しています。当初のエンジンはV型8気筒5L(306HP)で、2002年にスーパーチャージャー付V型8気筒5.4L(476HP)エンジンを搭載しサスペンションを強化した高性能版SL55 AMGが追加されます。2003年にV型6気筒3.7L(245HP)エンジン搭載のSL 350とツインターボV型12気筒5.5L(500HP)エンジン搭載のSL 600、2004年にツインターボV型12気筒6L(612HP)エンジン搭載のSL65 AMGが追加されました。

 

 2006年のマイナーチェンジで、V型6気筒3.5LとV型8気筒5.4Lの新型エンジンが追加され、7段自動変速が採用されました。2008年のマイナーチェンジで、ヘッドライトが吊り目の角形2灯式に変更され、SL55 AMGがV型8気筒6.2L(525HP)エンジン搭載のSL63 AMGに変わりました。同年にカーボン材のボンネットやルーフを固定したクローズドボディで軽量化し、エンジンを670HPまでパワーアップしたSL65 AMG ブラック シリーズが追加されています。2011年に5代目(R231)にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。このミニカーには電動ハードトップの動作を再現する凝ったギミックが付いています。(ハードトップが付いた状態の画像) なおこのギミックはノレブがプジョー 206 CCで採用したものと同様の構造で、ノレブが特許使用権を持っているとのことです。ミニチャンプスはヘッドライトが変更された後期型、SL65 AMG ブラック シリーズなどもモデル化しています。それ以外ではノレブやシュコーなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1170

   

 

 

ページ  « 前へ 1...9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   次へ »