ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ C111 1970 GERMANY

MERCEDES-BENZ C111 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 180 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.44m 全幅約1.80m
エンジン 変速機: 4ローター ロータリー 4X600cc 350HP 5段変速
性能: 最高速300km/h
データーベースでメルセデス ベンツ C111のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ C111 ドイツ

 

 NSU社がロータリーエンジン開発に成功し、1964年に世界初のロータリーエンジン搭載車スパイダーが登場しました。その後多くの自動車メーカーがロータリーエンジン開発に取り組みました。メルセデス ベンツもロータリーエンジンの開発を行っており、1969年のフランクフルト モーターショーで公開されたC111 初代はその実験車でした。

 

 ガルウイング式のドアを持つFRP製のボディに、燃料噴射式3ローター ロータリー(3X600cc)エンジン(280HP)をミッドシップ搭載し、最高速は260km/hでした。数ヵ月後の1970年のジュネーブ モーターショーでC111 2代目が公開されました。初代とはフロントのボンネット部分の黒いグリル形状が異なりますが、ほぼ同じデザインのボディに4ローター ロータリーエンジン(350HP)が搭載され、最高速300km/hの性能でした。

 

 

 C111は実験車ながら、レザートリムの内装、エアコン付きなど豪華な装備となっていて当初は市販が予定されていました。しかし1973年の中東戦争でオイルショックが起こり、燃費の悪いロータリーエンジンの開発は中止となり、この車が市販されることはありませんでした。その後エンジンを5気筒3Lターボディーゼル(190HP)に変更したC111 3代目が1976年に公表され、さらにボディを変更しV型8気筒4.8Lツインターボエンジン(500HP)を搭載したC111 4代目(1979年登場)は最高速400㎞/hの速度記録車に発展しました。

 ミニカーはソリド製の当時物で、C111 2代目をモデル化しています。当時のソリドらしいシャープな造形で、リアルな太いタイヤ/ダイキャスト製ホイールなど良くできています。(ただフロントノーズ周りの造形がいまひとつですが) リアカウルが開き、搭載されたコンパクトなロータリーエンジンが再現されています。世間の注目を集めたC111は当時物ミニカーが非常にたくさんありました。ディンキー、コーギー、ノレブ(JET CAR)、メルクリン、ガマ、マーキュリー、マテルメーベ、ポリトーイなど当時の主なミニカーメーカーがモデル化しています。この中でディンキーとマーキュリーとポリトーイがC111 初代で、あとはすべてC111 2代目をモデル化しています。最近ではミニチャンプス、ノレブがC111 2代目をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1863

   

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 1971 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MARKLIN 1839 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 195HP 5/4段変速/4段自動変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 350SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SL (R107) ドイツ

 

 350SLは上記280SLの後継として1971年に登場しました。初代コンパクト メルセデスのシャーシにSクラスのV型8気筒3.5L(195HP)エンジンを搭載した2シータ車で、ハードトップ又はソフトトップの脱着が出来ました。またホイールベースを254mm延長した4シータークーペ(トップは固定式)のSLCも追加されています。

 

 SLシリーズは現在もスポーツカーとして続いていますが、SLCシリーズはSクラスのクーペ(高級パーソナルカー)といった性格の車(現在のSECシリーズ)に変わっていきました。1973年にはV型8気筒4.5L(225HP)、1974年には廉価版の6気筒2.8L(185HP)エンジンが追加されています。

 

 

 ミニカーはメルクリンの当時物で、肉厚の薄いシャープな造形です。(ホイールが当時流行だったフリーホイールなのが、今ひとつですが) 当時物ではコーギー、ノレブ、マッチボックスなどがあります。最近の物では、ミニチャンプス、イクソ、デルプラドなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=487

   

 

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 1972 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 301-612 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 200HP 5/4段変速/4/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SE (W116) ドイツ

 

 Sクラスという名前が正式に採用され、そのSクラスの名声を確立させた350SE(W116)は1972年に登場しました。幅広フロントグリル、横長角形ライト、サイドマーカーの特徴的なデザインは、高級車の代表としてずいぶんコピーされたスタイルです。

 

 また当時開発されていた安全実験車のパッシブ安全技術(アンチロック ブレーキ ABS)、汚れても視認性の良い段差付の大型テールライトなど)の適用など、革新的な技術が使われた車でした。当初エンジンは6気筒2.8L(185HP)、V型8気筒3.5L(200HP)の2つでしたが、翌年にはV型8気筒4.5L(225HP)が追加されました。

 

 

 ミニカーはドイツのシュコー製 当時物です。ライトにメッキパーツが使われているのは昔のミニカー故ですが、当時としては素晴らしい出来のミニカーでした。ボンネットを開けると、良く出来たエンジンを見ることができます。これ以外の当時物ではガマの350/450SE、マッチボックスの450SE、トミカの450SELなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=484

   

MERCEDES-BENZ 450SLC (C107) 1973 GERMANY

MERCEDES-BENZ 450SLC (C107) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430033422 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.5L 217HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 450SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 450SLC (C107) ドイツ

 

 上述したようにクーペのSLCはSクラスのクーペ(W111)の後継車としての役割が与えられました。したがって初代の300SLのSLにはSport Leicht(軽量スポーツカー)の意味があったのですが、この豪華なパーソナルカーとなったSLCではSuper luxury(豪華)を意味するようになりました。

 

 1977年にV型8気筒5L(240HP)エンジンを搭載した450SLC 5.0が追加されました。1980年のマイナーチェンジでは、V型8気筒エンジンがSクラス(W126)と同じ新開発の軽量アルミ製に変更されました。Sクラス(W126)にクーペが設定されたことで、1981年にSLCは生産中止となりました。3代目のSLクラスは1989年まで生産され、約24万台が生産されました。(ほとんどはアメリカ市場向け)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、1996年頃に発売されました。ミニチャンプスのベンツは総じて出来が良いのですが、これはなんとなく全体的に平べったい感じで今一つ似ていないように思います。当時物としてはポリスティルの1/25で450SL/SLCとラリー仕様のSLC、フランクリンミントの1/24で450SLがあります。国産のサクラでも450SLCがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1165

   

 

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 1975 GERMANY

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430039201 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.06m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.9L 286HP 3段自動変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 450SEL 6.9 (W116) ドイツ

 

 450SELは前述した450SEのロングホイールベース版です。450SEL 6.9は先代の300SEL 6.3の後継車で1975年に登場、6.9Lに拡大した600用のV型8気筒エンジンを搭載したハイパワーセダンでした。6.9Lエンジンは戦後のメルセデスでは最大の排気量のエンジンです。車重増加で0-100km/h加速は7.5秒と少し遅くなりましたが、最高速は225km/hと先代と変わりません。シトロエン特許のハイドロニューマティック方式のサスペンションを採用していました。

 

 通常の450SELとの外観上の違いはリアの6.9のバッジと太いタイヤだけでした。価格はGMの最高級車キャディラック フリートウッド リムジーンの2.5倍もする高価な車でしたが、1981年までに約7400台が生産されました。(ほとんどがアメリカ市場向けだった)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2001年頃に発売されたもので、ドイツ首相公用車仕様もあります。450SEL 6.9のミニカーはこれしかありません。(別にエンジンが付いているわけではないので、450SELとほとんど同じですが) フロントグリルのリアルな出来映えはミニチャンプスならではです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1151

   

MERCEDES-BENZ 280E (W123) 1977 GERMANY

MERCEDES-BENZ 280E (W123) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 47 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.72m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 185HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W123系のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 280E (W123) ドイツ

 

 W123シリーズはW114の後継車として1976年に登場しました。上級車Sクラスの幅広フロントグリル/横長ライトカバーをそのまま待ってきた巧みなデザインです。当初のセダンに次いで、クーペ、ホイールベースを630㎜伸ばしたリムジーン(タクシー用途)、メルセデスとしては初めてのワゴン Tモデルが追加されました。当初のエンジンは4気筒2L/2.3L、6気筒2.5L/2.8L、4気筒2L/2.4Lディーゼルなどでした。

 

 1979年と1982年にマイナーチェンジされ、1982年以降はカバー内のヘッドライトが丸型から角型に変わっています。ベンツの中型車として世界的に大ヒットし、1985年のモデルチェンジまでに約270万台が生産されました。(W123は当初はコンパクトクラスと呼ばれていましたが、1982年に小型の190(W201)が登場してからはミディアムクラスと呼ばれました)

 

 

 W123のミニカーは非常に多いです。画像はソリドの当時物、フランス仕様で黄色のライトになっています。ソリドらしいシャープな仕上がりの傑作で、前ドア開閉とフロントのナンバープレート部を押すことでボンネットが開くギミックが付いています。当時物ではノレブ(JET CAR)、ポリトーイ、シュコー(1/66)、コンラートD(1/35)などがあります。初期のミニチャンプスではセダン、クーペ、ワゴンがモデル化されています。(以下で紹介)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1152

   

 

ページ  « 前へ 1...9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   次へ »