ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 1972 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 301-612 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 200HP 5/4段変速/4/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SE (W116) ドイツ

 

 Sクラスという名前が正式に採用され、そのSクラスの名声を確立させた350SE(W116)は1972年に登場しました。幅広フロントグリル、横長角形ライト、サイドマーカーの特徴的なデザインは、高級車の代表としてずいぶんコピーされたスタイルです。

 

 また当時開発されていた安全実験車のパッシブ安全技術(アンチロック ブレーキ ABS)、汚れても視認性の良い段差付の大型テールライトなど)の適用など、革新的な技術が使われた車でした。当初エンジンは6気筒2.8L(185HP)、V型8気筒3.5L(200HP)の2つでしたが、翌年にはV型8気筒4.5L(225HP)が追加されました。

 

 

 ミニカーはドイツのシュコー製 当時物です。ライトにメッキパーツが使われているのは昔のミニカー故ですが、当時としては素晴らしい出来のミニカーでした。ボンネットを開けると、良く出来たエンジンを見ることができます。これ以外の当時物ではガマの350/450SE、マッチボックスの450SE、トミカの450SELなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=484

   

MERCEDES-BENZ 450SLC (C107) 1973 GERMANY

MERCEDES-BENZ 450SLC (C107) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430033422 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.5L 217HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 450SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 450SLC (C107) ドイツ

 

 上述したようにクーペのSLCはSクラスのクーペ(W111)の後継車としての役割が与えられました。したがって初代の300SLのSLにはSport Leicht(軽量スポーツカー)の意味があったのですが、この豪華なパーソナルカーとなったSLCではSuper luxury(豪華)を意味するようになりました。

 

 1977年にV型8気筒5L(240HP)エンジンを搭載した450SLC 5.0が追加されました。1980年のマイナーチェンジでは、V型8気筒エンジンがSクラス(W126)と同じ新開発の軽量アルミ製に変更されました。Sクラス(W126)にクーペが設定されたことで、1981年にSLCは生産中止となりました。3代目のSLクラスは1989年まで生産され、約24万台が生産されました。(ほとんどはアメリカ市場向け)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、1996年頃に発売されました。ミニチャンプスのベンツは総じて出来が良いのですが、これはなんとなく全体的に平べったい感じで今一つ似ていないように思います。当時物としてはポリスティルの1/25で450SL/SLCとラリー仕様のSLC、フランクリンミントの1/24で450SLがあります。国産のサクラでも450SLCがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1165

   

 

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 1975 GERMANY

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430039201 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.06m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.9L 286HP 3段自動変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 450SEL 6.9 (W116) ドイツ

 

 450SELは前述した450SEのロングホイールベース版です。450SEL 6.9は先代の300SEL 6.3の後継車で1975年に登場、6.9Lに拡大した600用のV型8気筒エンジンを搭載したハイパワーセダンでした。6.9Lエンジンは戦後のメルセデスでは最大の排気量のエンジンです。車重増加で0-100km/h加速は7.5秒と少し遅くなりましたが、最高速は225km/hと先代と変わりません。シトロエン特許のハイドロニューマティック方式のサスペンションを採用していました。

 

 通常の450SELとの外観上の違いはリアの6.9のバッジと太いタイヤだけでした。価格はGMの最高級車キャディラック フリートウッド リムジーンの2.5倍もする高価な車でしたが、1981年までに約7400台が生産されました。(ほとんどがアメリカ市場向けだった)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2001年頃に発売されたもので、ドイツ首相公用車仕様もあります。450SEL 6.9のミニカーはこれしかありません。(別にエンジンが付いているわけではないので、450SELとほとんど同じですが) フロントグリルのリアルな出来映えはミニチャンプスならではです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1151

   

MERCEDES-BENZ 280E (W123) 1977 GERMANY

MERCEDES-BENZ 280E (W123) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 47 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.72m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 185HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W123系のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 280E (W123) ドイツ

 

 W123シリーズはW114の後継車として1976年に登場しました。上級車Sクラスの幅広フロントグリル/横長ライトカバーをそのまま待ってきた巧みなデザインです。当初のセダンに次いで、クーペ、ホイールベースを630㎜伸ばしたリムジーン(タクシー用途)、メルセデスとしては初めてのワゴン Tモデルが追加されました。当初のエンジンは4気筒2L/2.3L、6気筒2.5L/2.8L、4気筒2L/2.4Lディーゼルなどでした。

 

 1979年と1982年にマイナーチェンジされ、1982年以降はカバー内のヘッドライトが丸型から角型に変わっています。ベンツの中型車として世界的に大ヒットし、1985年のモデルチェンジまでに約270万台が生産されました。(W123は当初はコンパクトクラスと呼ばれていましたが、1982年に小型の190(W201)が登場してからはミディアムクラスと呼ばれました)

 

 

 W123のミニカーは非常に多いです。画像はソリドの当時物、フランス仕様で黄色のライトになっています。ソリドらしいシャープな仕上がりの傑作で、前ドア開閉とフロントのナンバープレート部を押すことでボンネットが開くギミックが付いています。当時物ではノレブ(JET CAR)、ポリトーイ、シュコー(1/66)、コンラートD(1/35)などがあります。初期のミニチャンプスではセダン、クーペ、ワゴンがモデル化されています。(以下で紹介)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1152

   

 

MERCEDES-BENZ 280CE COUPE (C123) 1980 GERMANY

MERCEDES-BENZ 280CE COUPE (C123) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430032221 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.64m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 185HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W123系のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 280CE クーペ (C123) ドイツ

 

 上述したように、W123にはセダン、クーペ、ワゴン(Tモデル)がありました。クーペは全長/ホイールベースが85㎜短い2ドアピラーレスハードトップで、セダンとほぼ同じ性能です。ベンツ初のワゴン(Touring and Transportの意でTモデルとも呼ぶ)は、後席が分割して畳める形式で、3列目に2人掛け後向き折畳みシートが付いた7人乗り仕様もありました。リアサスペンションには車高を維持するためにシトロエン特許のハイドロニューマチック式が採用されていました。こちらも性能はセダンとほぼ同じです。

 

 ちなみに1970年代以降のメルセデス ベンツの型式表記では最初のWがセダン、Cがクーペ、Sがステーションワゴン、Aがカブリオレ、Rがロードスター、Lが商用車を意味します。(Vはリムジーンですが、これはあまり一般的ではない)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、1994年頃に発売されました。クーペ以外にセダンワゴンもモデル化しています。ミニチャンプスとしては初期の作品でかなり良い出来です。ただこの頃はライトカバーが画像のように不透明になっています。またクーペは本来はピラーレスのはずですが、何故かBピラーが付いています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1153

   

MERCEDES-BENZ 190E (W201) 1984 GERMANY

MERCEDES-BENZ 190E (W201) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1337 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.42m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 122HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 190Eのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 190E (W201) ドイツ

 

 メルセデス ベンツ初のコンパクトカーとして、190シリーズ(W201)が1982年に登場しました。それまでコンパクト メルセデスと呼ばれていたW123はSクラスに較べてコンパクトだという意味で、このW201は現在のトヨタ カローラと同じぐらいの大きさで確かにコンパクトでした。Sクラス(W126)のイメージを巧みに取り込んだデザインで、空力的にも優れていました。当初のエンジンは4気筒2Lで、その後4気筒2.2L/2.3L、6気筒2.6L、ディーゼルの4気筒2L/2.2Lと5気筒2.5Lなどが追加されました。

 

 1986年には2.3L(135HP)エンジンを積む高性能版190E 2.3が登場し、さらにドイツ ツーリングカー選手権(DTM)へのホモロゲーション用にイギリスのコスワースがエンジンをDOHC化した190E 2.3-16も追加されました。190はDTMで優勝するなど活躍し、ベンツのイメージにスポーティさを追加しました。(BMWなどに対抗する戦略でした)

 

 

 ミニカーはソリド製の当時物です。全体的なプロポーションが腰高でコストダウンの廉価版ですので今一つの出来映えです。ソリドは190E 2.3-16もモデル化しています。その他の当時物ではガマ、マッチボックス、ポリスティル(1/25)、ブラーゴ(1/24)などがあります。最近の物では、ミニチャンプスがレース仕様も含めて100種類近く、イクソ、オートアート、 国産名車の190E 2.3などたくさんあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1154

   

 

 

ページ  « 前へ 1...9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   次へ »