ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

AUSTIN HEALEY 100 BN2 1956 UK

AUSTIN HEALEY 100 BN2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-30 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 2.7L 110HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでオースチン ヒーレーのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー 100 BN2 イギリス

 

 自動車エンジニアのドナルド ヒーレーがオースチンのエンジンを用いてスポーツカーのプロトタイプを製作し、それをBMCのオースチン部門が引き継いで量産化したのがオースチン ヒーレーの始まりでした。最初のモデルは100で1953年に登場しました。4気筒2.7L(90HP)エンジンを搭載した2座のオープンカーで、3段変速で最高速172km/hの性能でした。

 

 1956年にエンジンを6気筒2.6L(102HP)に切り換え、ホイールベースを延長し2+2座とした100-6(BN4)に発展しました。MGと同じくアメリカ市場で人気を博し、100は1959年までに約3万台が生産されました。ルマンなどのレースでも活躍しています。

 

 

  ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。1955年にマイナーチェンジしたタイプBN2のモデルです。フロントフェンダーのボリュームの感じが少し違うような感じもしますが、豪快なイメージのこの車をそこそこに再現していると思います。これ以外の当時物としては、コーギー、ディンキー、テクノなどがあります。最近のものでは、京商の1/18やホンウェルなどがあります。

 
 

MORGAN 4/4 SERIE II 1956 UK

MORGAN 4/4 SERIE II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 054B 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.66m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 32HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでモーガンのミニカー検索

 

モーガン 4/4 シリーズ II イギリス

 

 モーガン社は1920-30年代にサイクルカーの3輪スポーツカーで成功した、少量生産のスポーツカーメーカーです。1936年にはサイクルカーのエンジンを使った4輪車の4/4が登場しました。4/4は水冷4気筒1.1L(34HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速128km/hの性能でした。4/4は4シータ版や幌付クーペが追加され、1.2L(39HP)エンジンに変更されるなどして、第二次大戦を挟んで1949年までに約1000台弱が生産されました。

 

 1950年に4/4の後継としてスタンダード製2.1L(59HP)エンジンを搭載しボディを少しモダンにしたプラス4が登場します。この車は4段変速で最高速145km/hと高性能でした。プラス4はエンジンをトライアンフ製2L(101HP)に強化するなどして1968年まで生産されました。プラス4の後継として登場したプラス8はローバーのV型8気筒3.5L(160HP)エンジンを搭載し最高速210km/hとさらに高性能でした。プラス8はエンジンを4.6L(220HP)までパワーアップし2003年まで生産されました。

 

 

 1955年には市場の要望に応えてフォード製1.2L(32HP)エンジンをプラス4に載せた4/4がシリーズIIとして復活しています。シリーズIIは1960年にフォード製OHV1L(34HP)エンジンに変えてシリーズIIIとなります。その後も4/4は、エンジンが色々と変わっていますが、古典的なボディなど基本設計は変わらないまま現在も生産されています。(2013年現在はフォードの4気筒1.6L(110HP)エンジン搭載で最高速185km/h) なお見た目だけではなくボディや内装などの製造も、昔ながらの職人による手作業で行われているそうです。

 ミニカーはビテス製で、1996年頃に発売されました。4/4のミニカーはあまりなく、このビテス製が今でもベストの出来映えです。当時のビテスはやたらとバリエーションが多く、この4/4も15種類以上のバリエーションがあります。モーガンのミニカーとしてはデルプラド製のプラス4、ホンウェル製のプラス8、京商の1/18の4/4などがあります。

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 1957 UK

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139550 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.38m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.9L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでベントレー S シリーズのミニカー検索

 

ベントレー S1 タイプ コンチネンタル フライング スパー イギリス

 

 上述したシルバー クラウド I のベントレー版のS1です。ロールス ロイスとベントレーは同じ性能になりましたが、2ドア クーペやオープンのドロップヘッド クーペが架装されたコンチネンタルだけは圧縮比を高めて多少スポーティになっていました。このフライイング スパー(飛翔する拍車)と名付けられたモデルは、コンチネンタルにH.J.マリーナ製の4ドア(アルミ製)ボディが架装した特別なモデルでした。

 

 当時としては最も高速でかつ最も高価な4ドアサルーンだったはずです。上記のシルバークラウドと比べてみると、リアフェンダーあたりのデザインが少し違っていますが、この頃からロールス ロイスとベントレーはほぼ同じ外観であったことが分かります。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で1955年式とされてますが、1957年とするのが正しいと思われます。2007年発売のミニカーですから細部が良く再現されていて、これも実車の雰囲気がよく出ています。

 
 

VAUXHALL VICTOR FA 1957 UK

VAUXHALL VICTOR FA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGAURDS VA03810 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 48HP 3段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでヴォクスホール ビクターのミニカー検索

 

ヴォクスホール ビクター FA イギリス

 

 1910-20年代の傑作車プリンス ヘンリーで有名であったヴォクスホール モーターズ社は、1925年にGMに買収されています。GM傘下ながら、ヴォクスホールはイギリスの国情に合った独自の車両開発を行いました。乗用車では小型車から大型車までのラインアップを整え、商用車ではベッドフォード(BEDFORD)ブランドを展開し、戦前には年間6万台を生産する量産メーカーになっていました。

 

 戦時中は軍用トラックやベッドフォード エンジンを搭載したチャーチル歩兵戦車などを生産しました。戦後は1946年から乗用車生産を再開し、1951年には戦前型を改良しフラッシュ サーフェス ボディを採用した4気筒1.5L(45HP)エンジン搭載のワイバーン(WYVERN)と、同じボディに6気筒2.3L(55HP)エンジンを搭載するヴェロックス(VELOX)が登場しました。

 

 

 1957年にワイバーンの後継としてビクターが登場しました。1.5L(48HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速120km/hの性能でした。フロントスクリーンの形状や派手なモールなどアメリカ車的なデザインが採用されています。1961年までに約40万台が生産され、商業的にはかなり成功したようです。

 ミニカーはバンガーズ製です。プロポーションが正確な上に、実車に即したツートンカラーやレトロな作風で実車の雰囲気を良く再現したミニカーになっています。ヘッドライトにラインストーンを埋め込んでありますが、昔のコーギー風のこのやり方が個人的には大好きです。

LOTUS ELITE S1 1957 UK

LOTUS ELITE S1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC047 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.76m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 76HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでロータス エリートのミニカー検索

 

ロータス エリート シリーズ 1(S1) イギリス

 

 大学生であったコーリン チャップマンがオースチン セブンをベースにしたレースカーを製作し、この車が好成績をあげたことからロータスの歴史が始まりました。1952年にロータス エンジニアリング社が設立され、本格的なレースカーとして開発されたマーク VIは高性能で安価であったことから、プライベートチームに好評を博しました。その後もマーク XIまでのレースカー販売で順調に資金を蓄えたロータスは、GPレースへの本格参戦と市販スポーツカーの販売に乗り出しました。

 

 1957年に最初の市販スポーツカーのセブンとエリートが発表されました。エリートはFRPによるフルモノコックという特殊な構造のクーペ ボディで、ジャガー並みの価格の高級GTカーでした。エンジンは4気筒1.2L(76HP)、4段変速機で、最高速は軽量なボディの為185km/hと高性能でした。

 

 

 1960年にS2に発展し、85HPの高性能版SEが追加されるなどして、1963年までに約1000台が生産されました。エリートは結構売れましたが、特殊な構造故に製造コストが高く、営業的には失敗作でした。

 エリートの当時物のミニカーは無いようで、これはイクソ製です。キャビン部分が少し大きめな感じもしますが、全体的にはエリートの微妙なスタイルがうまく再現されています。ワイヤースポークホイールとブリティッシュグリーンのカラーリングもセンスが良いです。
 
 

VANWALL F1 1957 UK

VANWALL F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R199 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2.5L 285HP 5段自動変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでバンウォール F1のミニカー検索

 

バンウォール F1 イギリス

 

 ベアリング会社バンダーベル(VANDERVELL)社の創業者トニー バンダーベルはレースマニアでBRM(British Racing Motors)を支援していました。その後彼はフェラーリのレースカーを購入して改良し、自社のベアリングの商標シンウォール(THINWALL)を冠した「Thinwall Special」の名前でレースに参加するようになりました。1954年にレースカー製作に乗り出し、バンダーベルとシンウォールを合成したバンウォールという名前をレースカーに付けました。

 

 最初のバンウォールは、バイクで有名なノートン社の4気筒2Lエンジンをクーパー社のシャーシに搭載したもので、1954年に登場しました。当初は勝てませんでしたが、シャーシをロータス社のコーリン チャップマンの協力で改良しエンジンを2.5Lに拡大するなどして競争力を上げていきました。1956年のベルギー GPでは4位となり、結果を出しました。

 

 

 1957年にスターリング モスがドライバーに加わり、イギリスGPで初勝利を挙げました。その後のペスカーラ(イタリア)、イタリアGPでも優勝し、フェラーリマセラティを脅かす存在となりました。1958年にはS.モスとT.ブルックスが共に3勝して、シリーズ11戦中6勝の成績でコンストラクターズ チャンピオンとなりました。ただこの頃にトニー バンダーベルが健康を害したことで、レース活動は1958年限りとなりました。バンウォールの活躍はクーパー、BRM、ロータスなどのイギリス勢が台頭する先駆けとなりました。

 ミニカーはブルム製で、1993年頃に発売されました。1957年ペスカーラGPの優勝車(ドライバー S.モス)をモデル化しています。実車参照画像(1958年イタリアGP)と見比べると、年式は違っていますが、実車の雰囲気がそこそこうまく再現されています。これ以外のミニカーとしてはディンキー、コーギー、ソリドなどがありますが、いずれも古い当時物で当時のバンウォールの人気が高かったことがわかります。

 

ページ  « 前へ 1...8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  ...39 次へ »