ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

JAGUAR D TYPE 1955 UK

JAGUAR D TYPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VML010 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m (ロングノーズ)/3.91m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.4L 270HP 4段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでジャガー D タイプのミニカー検索

 

ジャガー D タイプ イギリス

 

 ルマンで優勝したC タイプの後継車としてD タイプが1954年に登場しました。C タイプをベースにしており、ロングノーズとショートノーズの2タイプがありました。ボディはC タイプより空力的に優れていて、コクピット後方につけられたフィン(付いてない仕様もある)が特徴です。これには直進安定性の効果がありました。エンジンは250HPまでパワーアップされ、4輪ディスクブレーキを装備していました。

 

 1954年ルマンでは、フェラーリ 375に僅差で優勝をさらわれ2位でした。1955年ルマンにはロングノーズのボディで参戦しました。このルマンでは、メルセデス ベンツ 300SLRがルマン歴史上最悪の事故を起こしています。その事故のきっかけとなったのはD タイプだったのですが、D タイプは事故をまぬかれて最終的に優勝しています。なおメルセデス ベンツはこの事故を契機にしてその後のレースから撤退しています。1956年と1957年のルマンでもD タイプが優勝し、3年連続優勝の快挙を成し遂げました。1956年にD タイプを公道走行仕様としたXKSSがごく少量生産されました。1957年に工場が焼失したことで、D タイプは生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはビテスのミレニアム コレクションという企画物の一つで、2001年頃に発売されました。1955年ルマン優勝車(ドライバー M.ホーソン)をモデル化しています。付属品として飛び乗ろうとするドライバーとコクピット背後の給油口にジョーゴで給油するメカニックのフィギュアが付いています。D タイプもフィギュアもかなり良い出来なので、ちょっとしたミニジオラマ仕立ての楽しいミニカーとなっています。D タイプのミニカーはソリド、ディンキー、マッチボックスの当時物から、ブルム、カルツォ、イクソ、スパークの最近のものまでたくさんあります。またXKSSのミニカーもスポットオンのレアものやオートアートなどがあります。
データーベースでジャガー XKSSのミニカー検索

 
 

MORRIS MINOR 1956 UK

MORRIS MINOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 67401 1/43 87mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.76m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 37HP 4段変速
性能: 最高速117km/h
データーベースでモーリス マイナーのミニカー検索

 

モーリス マイナー イギリス

 

 第二次世界大戦が終わると、モーリスは戦前型の小型車エイト(0.9L)とテン(1.1L)の生産を再開しました。マイナーがこれら戦前型の後継車として登場したのは、BMCに統合される前の1948年でした。このマイナーという車名は1928年に登場した小型車(847cc)で一度使われていた車名の復活でした。

 

 後にミニを設計したことで知られているアレック イシゴニスの設計で、モノコックボディに前輪独立懸架という当時としては先進的な車でした。最初のMMというシリーズは2/4ドアセダンとコンバーチブルがあり、4気筒918cc(27HP)エンジンを搭載し、最高速は100km/hの性能でした。MMシリーズは1953年まで生産されました。

 

 

 1952年にはフロントグリルを近代化し4気筒803cc(30HP)エンジンを搭載したシリーズ2に発展し、最高速は100km/hの性能でした。1956年には948cc(37HP)エンジンを搭載したモーリス1000となり、最高速は124km/hに向上しました。1971年まで23年間も生産された超ロングセラーの車でした。

 ミニカーは2010年にオークションで入手したコーギー製で、多分1000をモデル化しています。昔のミニカー風のレトロな仕上げとなっていますが、プロポーションはしっかりしています。なお有名な車なのに当時物がほとんど無いのは、ミニカーが無かった時代に登場している車だからでしょうか? (最近はたくさんモデル化されてます)

AUSTIN A35 1956 UK

AUSTIN A35 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 67201 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.47m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 34HP 4段変速
性能: 最高速118km/h
データーベースでオースチン A35のミニカー検索

 

オースチン A35 イギリス

 

 戦前の名車セブンで有名なオースチン グループは第二次世界大戦中は自動車と軍用機の生産に従事していました。戦争が終わると1945年には4気筒2.2L(67HP)OHVエンジンを搭載する16を発表し生産を再開しました。1947年には6気筒3.5(110HP)/4L(127HP)エンジンを搭載する大型車のA110/125が登場しました。16もA110/125も戦前型の古いデザインの車でした。

 

 1950年に小型車A30が登場します。モノコック構造のボディに前輪独立懸架、新開発の4気筒803cc(28HP)エンジン、最高速100km/hとライバルのモーリス マイナー同様に革新的な車でした。当初は4ドアセダンだけでしたが、2ドアが追加され、1956年には排気量が948cc(34HP)に拡大されA35となりました。

 

 

 1952年にはモーリスと合併しBMCとなりましたが、当時のオースチンにはA40 サマーセット(1.2L)、A70 ヘレフォード(2.2L)、プリンセス リムジーン(6気筒4L)などがありました。なおこのA40は当時の日産自動車がライセンス契約で日産 オースティンとしてノックダウン生産していました。

 このミニカーは2002年頃のコーギー製です。上述したマイナーと同じようなレトロな仕上げで、実車のユーモラスな感じの顔付が誇張されているように思います。この辺の味付けはコーギーならではの物で私は好きです。なおマイナーと同じ理由で、A30/35の当時物もないようです。(こちらも最近たくさんモデル化されてます)
 
 

FORD ZODIAC MK II 1956 UK

FORD ZODIAC MK II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI C709/1 1/43 107mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.55L 86HP 3段変速
性能: 最高速142km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゾディアック MK II イギリス

 

 1953年にゼファーに高級仕様のゾディアックが追加されました。内外装が豪華に仕立てられ、エンジンは71HPにチューンアップされていました。1956年にゼファー/ゾディアックはデザインを一新してMK IIに切り替わります。2.55L(86HP)に拡大された6気筒エンジンは両車で共通となり、3段変速で最高速142km/hの性能でした。

 

ゼファー/ゾディアックはボディは同じですが、前後のデザインが少し違っていて差別化されていました。セダン、2ドアコンバーチブル、5ドアエステートの設定がありました。1962年まで生産されました。

 

 

 当時物ではコーギーがエステートをモデル化していますが、それ以外はないようです。画像は新生コーギー製で、1990年頃に発売されました。あっさりした作りですが、プロポーションはしっかり出来ています。ツートンカラーはゾディアックにしかなかった仕様で実車に即しています。

MG MAGNETTE ZB 1956 UK

MG MAGNETTE ZB 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD MGZ006 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 64HP 4段変速
性能: 最高速138km/h
データーベースでMG マグネットのミニカー検索

 

MG マグネット ZB イギリス

 

 MG マグネット ZAはBMCグループ内のウーズレー 4/44をベースにしたスポーティセダンで、1954年に登場しました。ウーズレーの4気筒1.3Lエンジンより高性能な1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速130km/hの性能でした。

 

 ルーフラインが50mmほど低められたボディ、ラック&ピニオン方式のステアリングなどMGらしいスポーティな味付けがされていて、MGのセダンとして人気を博しました。

 

 

 ミニカーは2010年に発売されたオックスフォード製で、1956年にマイナーチェンジしたZBをモデル化しています。この時代の車のミニカーはこのようなややレトロな作りが似つかわしい気がします。オックスフォードはZAもモデル化しており、ZAとZBの違い(リアウインドーの大きさなど)もきちんと再現しています

 
 

AUSTIN HEALEY 100 BN2 1956 UK

AUSTIN HEALEY 100 BN2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-30 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 2.7L 110HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでオースチン ヒーレーのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー 100 BN2 イギリス

 

 自動車エンジニアのドナルド ヒーレーがオースチンのエンジンを用いてスポーツカーのプロトタイプを製作し、それをBMCのオースチン部門が引き継いで量産化したのがオースチン ヒーレーの始まりでした。最初のモデルは100で1953年に登場しました。4気筒2.7L(90HP)エンジンを搭載した2座のオープンカーで、3段変速で最高速172km/hの性能でした。

 

 1956年にエンジンを6気筒2.6L(102HP)に切り換え、ホイールベースを延長し2+2座とした100-6(BN4)に発展しました。MGと同じくアメリカ市場で人気を博し、100は1959年までに約3万台が生産されました。ルマンなどのレースでも活躍しています。

 

 

  ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。1955年にマイナーチェンジしたタイプBN2のモデルです。フロントフェンダーのボリュームの感じが少し違うような感じもしますが、豪快なイメージのこの車をそこそこに再現していると思います。これ以外の当時物としては、コーギー、ディンキー、テクノなどがあります。最近のものでは、京商の1/18やホンウェルなどがあります。

 

ページ  « 前へ 1...7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  ...37 次へ »