ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

RENAULT 19 1988 FRANCE

RENAULT 19 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV NOREV 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.16m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 93HP 5段変速
性能: 最高速185km/h

 

ルノー 19 フランス

 

 9/11の後継車として19が1988年に登場しました。先代同様にイタルデザインがデザインしていますが、ルノーとアメリカのAMCとの資本関係がなくなったことで、欧州向けのハッチバックスタイルが復活しました。当初のハッチバックに加えて3ボックスセダンのシャマード(CHAMADE)も設定されました。エンジンは4気筒1.2L/1.4L/1.7L、1.9Lディーゼルの4タイプで、横置き配置でした。

 

 ルノーの市販車では初のDOHC16バルブ付きの1.8L(140HP)エンジンを搭載する高性能版 S16も設定されました。1992年のマイナーチェンジでフロントにグリルを追加した後期型となり、豪華仕様のバカラ、ドイツのカルマンが担当する幌を格納するタイプのカブリオレが追加されました。無国籍デザインを止めたのが良かったのか、19は人気があり結構ヒットしたようです。後継車メガーヌの登場で、1995年に生産中止となりました。(この時代のルノーは数値表記であった名前を変えつつありました)

 

 

 当時物ミニカーとしてはソリドの後期型カブリオレとその型を使ったべレムのセダンがあります。画像は初期型のノレブ製ミニカー 2011年に発売された最近の物で、良くできています。これ以外では、ユニバーサルホビー、ミニチャンプスの後期型などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1141

   

RENAULT CLIO  1990 FRANCE

RENAULT CLIO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1519 1/43 87㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.72m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 80HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでルノー クリオのミニカー検索

 

ルノー クリオ フランス

 

 シュペール 5の後継車としてクリオが1990年にデビューしました。基本的な構造は先代と同じで、横置きエンジンの前輪駆動車でした。3/5ドアのハッチバックボディは大きくなり、ウエッジシェイプのきいたデザインとなりました。当初のエンジンは1.1L/1.2L/1.4L/1.7Lガソリンと1.9Lディーゼルでした。1991年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 1991年にDOHC16バルブ1.6L(137HP)エンジンを搭載する高性能版(最高速203km/h)の16Sが設定されました。1993年にはこれをベースにしてエンジンを2Lに拡大したラリー仕様ウィリアムズも設定されました。1994年と1996年のマイナーチェンジでフェイズ II、IIIとなり、外観などが少しづつ変わっています。クリオはヨーロッパ全体で好調な販売を続け、1998年にクリオ IIに切り替わります。クリオは日本国内では、ホンダが持つ商標の関係で、ルーテシアという名前で販売されています。

 

 

 当時物のミニカーはソリド製しかないようです。ソリドは16Sとウィリアムズもモデル化しています。またソリドの型を使ってべレムで5ドアが作られています。最近の物ではユニバーサルホビー、ヘルパ、イクソのラリー仕様などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1142

   

 

RENAULT ESPASE II 1991 FRANCE

RENAULT ESPASE II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1522 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.8L 153HP 5段変速
性能: 最高速195km/h

 

ルノー エスパス II フランス

 

 初代エスパスはプジョー傘下のマトラがランチョの後継車として開発した車でした。プジョーが商品化を中止した為、ルノーにて商品化され1984年に発売されました。当時はこのようなタイプの車がなく、全く新しいコンセプトの車としてヒットし、ミニバンという新ジャンルを確立しました。なお1982年発売の日産 プレーリーはこの車のコンセプトを先取りしていて、エスパスの誕生にはプレーリーが大きく影響しています。

 

 スチール製モノコックとFRPパネルを組み合わせたボディ構造は、ランチョを踏襲しています。室内は3列シート(定員7名)で、2/3列目はリクライニングや取り外しが可能で、多彩なシートレイアウトができました。ドアはスライドではなく普通の4ドア+ハッチバックです。エンジンを縦置きする前輪駆動車で、当初は4気筒2Lガソリン、その後2.2Lガソリン、2.1Lディーゼルターボが追加されました。1988年のマイナーチェンジでスラントノーズの後期型となり、フルタイム4WD方式のクワドラが追加されました。

 

 

 1991年にシャーシなどはそののままで、内外装を変更した2代目エスパス IIに変わります。ボディは大きくなり、全体的に丸みが付きました。(ボディと一体化したサイドミラーのデザインがユニークで、全体的な雰囲気は1990年の初代エスティマにも似てる)

 初代エスパスの当時物ミニカーは無く、2004年頃にユニバーサルホビー製が発売されています。画像はエスパス II ソリドの当時物です。特徴的なミラーなどなかなかよく出来ています。同じ型を使ったべレムの物もあります。それ以外の2代目では、スパークがウィリアムズ-ルノーF1エンジンをミドシップ搭載したコンセプトカー エスパス F1をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1143

   

RENAULT TWINGO 1993 FRANCE

RENAULT TWINGO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 035C 1/43 79㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.43m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 55HP 5段変速
性能: 最高速150km/h  
データーベースでルノー トゥインゴのミニカー検索

 

ルノー トゥインゴ フランス

 

 30年以上もの長期間生産された小型車4の後継として開発されたのがトゥインゴで1993年に登場しました。3ドアハッチバックで極端にノーズが短く、ユーモラスな顔つきのフランスらしいセンスの良いデザインです。1985年発表の初代ホンダ トゥデイを参考にしたといわれており、そういえば似てますが、実物は全長/全幅が一回り大きいので室内も広く日本の軽自動車とは全くの別物です。

 

 横置きエンジンの全前輪駆動車で、当初のエンジンは4気筒1.2Lで、1997年にOHC4気筒1.1Lに変わり、2001年には16バルブの高性能版も追加されています。電子制御クラッチによる自動MT変速機が設定され、トルコン式3段自動変速も追加されました。細かなマイナーチェンジを繰り返して2007年まで生産されました。1998年のマイナーチェンジでカラードバンパーが採用され、これ以後を後期型と称しています。

 

 

 トゥインゴのミニカーの当時物は、ソリド(べレム)とビテスがあります。画像はビテス製で、実車の雰囲気を再現した素晴らしい出来映えです。ビテスはカラードバンパーの後期型もモデル化しており、いずれもカラーバリエーションが多く、カラフルなシート柄で楽しいミニカーになっています。ソリドも良い出来映えで、こちらもバリエーションが多いです。最近の物では、ノレブ、ヘルパなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1144

   

 

RENAULT SAFRANE BITURBO 1993 FRANCE

RENAULT SAFRANE BITURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 041CB 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.73m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: V型6気筒ツインターボ 3L 268HP 
 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速250km/h

 

ルノー サフラン ビターボ フランス

 

 ルノーの最上級車25の後継車 サフランが1992年に登場します。5ドアハッチバックの高級車というポリシーは変わりませんが、デザインはかなり3ボックス的になっています。25では縦置きだったエンジンが一般的な横置きとなりました。当初のエンジンは4気筒2L/2.2L、V型6気筒3L(170HP)、4気筒2.1Lターボディーゼルが設定されました。

 

 1993年にはV型6気筒をツインターボで280HPに強化し4WD化したビターボが追加されました。本革シートでエアサスペンションを装備した豪華仕様のバカラ(後にイニシャルに改称)も設定され、大統領公用車にも採用されました。1996年のマイナーチェンジで小さなフロントグリルが追加された後期型となり、ボルボ製の5気筒2.5L(170HP)エンジンや4気筒の16バルブ化などが行われ、ビターボは廃止されました。1998年まで生産されました。(後継車は2001年発売のベルサティス)

 

 

 ミニカーはビテスの当時物で、これ以外にもバカラや、後期型のイニシャルなど10種類ほどのバリエーションがあります。この時期のビテスは非常に出来が良く、全体的なプロポーション、メーターなどの内装仕上げ、バリエーションの細かな作り分けなど現在のミニカーと同等レベルです。これ以外ではユニバーサルホビー製がありますが、それもビテスの型を流用しているような感じがしますので、結局ビテス製しかないようです。

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1145

   

RENAULT LAGUNA V6 TXE 1994 FRANCE

RENAULT LAGUNA V6 TXE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 040B 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: V型6気筒 3L 170HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速212km/h  

 

ルノー ラグナ V6 TXE フランス

 

 21の後継車としてラグナが1994年に登場しました。ボディは5ドアハッチバックのみで、フロントノーズなど上級車サフランとよく似たデザインとなっています。エンジンは横置きに統一され、当初のエンジンは4気筒1.8L/2.0LとV型6気筒3L、4気筒2.2Lディーゼルがありました。21のような4WD仕様は設定されず、1995年にワゴンのスポーツツアラー(ネバダ)が追加されました。

 

 1995年にボルボ製DOHC 5気筒2Lエンジン、1996年にディーゼルターボが追加され、1997年に6気筒エンジンがDOHC化されました。1998年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠を変更した後期型になり、DOHC4気筒1.6L/1.8Lエンジンなどが追加されました。2000年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテスの当時物で、これ以外にもネバダ、BTCCレース仕様、後期型などバリエーションがあります。前述したサフラン同様ハイレベルの出来映えで、さらにこのラグナにはドアとボンネットの開閉ギミックまで付いています。同じグループ内のオニキスでもレース仕様を作っています。その他にはヘルパ、ユニバーサルホビーの後期型などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1146

   

 

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   次へ »