ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

LAND ROVER SERIES II 88 1960 UK

LAND ROVER SERIES II 88 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 470 1/43 83㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.62m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 2.3L 68HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでランドローバー シリーズのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ II 88 イギリス

 

  ローバー社が戦時中のジープにヒントを得て、小型の多目的車として開発したのがランドローバーで、1948年に登場しました。乗用車の60(P3)をベースにしており、4気筒1.6L(51HP)エンジンを搭載し、4段変速機に2段のトランスファー(前後軸動力分配機)を追加し、後輪駆動と全輪駆動を切り換えられました。

 

 ラダーフレームの頑丈なシャーシにアルミ製ボディを載せ、最高速は90km/hほどでした。この車は発売されるとすぐに評判となり、軍用や民間用として世界中で大ヒットしました。戦後の復旧などでこの様な多目的の需要があったのと頑丈で信頼性が高かったのが理由でしょうか。ともあれこの車の大ヒットはローバー社の業績に大いに寄与しました。

 

 

 ランドローバーのミニカーはたくさんあります。当時物としてはコーギーやディンキーなどで色々なバリエーションがあります。画像はビテス製で、一番良く見かけるジープタイプのモデルです。ヘッドライトがフロントグリル中央に並んでいる初期のシリーズ Iの外観ですが、1960年式となっていますので1958年以降のシリーズ IIのモデルということになります。(シリーズ IIも1966年頃まではシリーズ Iと同じ寄り目の外観でした)

 
 

ROVER P5 MK II 1962 UK

ROVER P5 MK II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA06905 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.74m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 106HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでローバー P5のミニカー検索

 

ローバー P5 MK II イギリス

 

 自転車メーカーとして起業したローバー社は、1904年に自動車の生産を始めました。1911年に発表したトゥエルブは4気筒2.3Lエンジンを搭載した中型車で、安価ながら優れた品質で大ヒットしました。その後空冷2気筒1Lエンジン搭載の小型車から6気筒2.5Lエンジンの中型車までラインアップを広げましたが、業績は振るいませんでした。そこで1933年に車種を削減して生産合理化を行い、品質の向上をはかりました。その結果ローバーは高品質の中型車としての名声を確立していきました。第二次世界大戦中は軍用車のエンジン生産に専念しました。

 

 戦争が終わるとすぐに戦前型の生産が再開され、1948年には戦後型の60/75(コードネーム P3)が発売されました。前輪独立懸架を採用したシャーシは60/75に共通で、60は4気筒1.6L、75は6気筒2.1Lエンジンを搭載していました。

 

 

 1949年にはボディを新しくした75(コードネーム P4)が登場し、1953年には2.6Lに排気量が拡大された90に発展しました。さらに1958年には6気筒3L(106HP)エンジンを搭載したP5が追加されました。P5はイギリス車らしい落ち着いたデザインの上質な中型車で、4速手動/3速オートマティック変速機で、最高速160km/hの性能でした。P5は歴代首相の公用車に採用されるなど、政府の公用車として非常に人気が高かったそうです。1962年にMK II、1965にMK IIIに発展し、最終型のP5Bは1973年まで生産されました。

  ミニカーは2003年に発売されたバンガーズ製です。ラインストーンを埋め込んだヘッドライトなど昔のコーギーを思わせるレトロな作風ですが、プロポーションなどの基本はしっかりしています。このローバーも実車の雰囲気が良く再現されていて、なかなかの出来映えです。なおP5の当時物としてはスポットオンがあります。

ROVER P6 2000TC 1966 UK

ROVER P6 2000TC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 275 1/46 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 103HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでローバー P6のミニカー検索

 

ローバー P6 2000TC イギリス

 

 ローバーの主力中型車P4の後継車としてP6が1963年に登場しました。P4は保守的な設計でしたが、P6は高剛性の近代的なボデを持ち、ド ディオンアクスル、全輪ディスクブレーキと高度な足回りで、操縦性と乗り心地を両立させた先進的な車でした。4気筒2L(90HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速167km/hの性能でした。1964年には最初のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しており、商業的にも成功しました。

 

 1966年には103HPにパワーアップした2000TCが追加され、1968年にはGMが開発したV型8気筒3.5L(144HP)の製造権を買い取り、そのエンジンを搭載した3500が追加されました。1970年にMK IIに発展し、1976年まで生産されました。なおローバー社は1967年にトライアンフを有するレイランド社に買収され、その後国有化されたブリティッシュ レイラ ンド社に統合されています。 マウスカーソルを画像の上に移動すると側面からの画像に変わります。クリックすると後方からの画像に変わります。

 

 

 ミニカーはコーギー製で、当時物は何故かコーギーしかないようです。実車の雰囲気を良く再現した、コーギーらしい出来の傑作です。最初にモデル化された型番252には「TRANS-O-LITE」と称するライト点灯ギミックが付いていました。この型番275はそれを変更したもので、スペアタイヤ(ホイール)が交換出来る「GOLDEN JACKS」と称するギミックが採用されました。(リアに搭載したケースの中にはスペアタイヤが入っています このスペアタイヤの搭載方法は実車にもあるようです) さらにこのミニカーは型番281に変わり、コーギーのフリーホイールである「WHIZZWHEELS」が採用されました。最近の2000TCのミニカーでは、バンガーズやオックスフォードがあります。

 
 

LAND ROVER RANGE ROVER 1970 UK

LAND ROVER RANGE ROVER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINK(UK) 192 1/42 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 128HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでランドローバー レンジローバーのミニカー検索

 

ランドローバー レンジローバー イギリス

 

 ランドローバーで培ったオフロードカー技術に、ローバーP5/P6の高級車の味付けを行った全く新しい概念の高級車レンジローバーは1970年に登場しました。発売されるやすぐに高い評価を得て、「4WDのロールスロイス」としてイギリス上流階級のステータスシンボルとなりました。虚飾を廃したシンプルな外観のボディに、V型8気筒3.5L(128HP)エンジンを搭載し、4段変速機と2段のトランスファーによるフルタイム4WDです。室内は大人5人が快適にくつろげ、最高速155km/hの高速巡航から悪路走行までエレガントにこなします。当初は2ドアだけでしたが、1982年に4ドアが追加されました。

 

 1986年に4気筒2.4L(106hp)ターボディーゼルエンジンが追加され、ガソリンエンジンは1988年に3.9Lに拡大され、最終型では4.2Lになりました。1982年に3段自動変速が設定され、1983年に5段変速が追加されました。フルタイム4WDシステムでは1988年にABSを採用するにあたり、当初のベベルギア式センターデフがビスカスカップリング式に変更されました。1992年には4WD車として初の車高調整機能付きのエアサスペンションが採用されました。1995年に2代目が登場した後も、1996年まで生産されました。(生産台数 約32万台)

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。ディンキーのやや骨太な作風がこのレンジローバーにはよく合っていて、当時物としては出色の出来映えでした。他の当時物としてはコーギーやポリトーイなどがあります。最近の物では、ソリド、イクソ、バンガーズなどがあります。

LAND ROVER SERIES III 109 1971 UK

LAND ROVER SERIES III 109 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 1-58 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 116HP 4/5段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでランドローバー シリーズのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ III 109 イギリス

 

 ランドローバーは、1983年にシリーズ IVに変わります。外観的にはシリーズ IIIと変わりませんが、サスペンションがリーフスプリングからコイルスプリングに変更され、フロントウインドーが一枚物になるなど近代化されました。エンジンはV型8気筒3.5L(116HP)、4気筒2.5L(83HP)、4気筒2.3L(75HP)ディーゼルなどがありました。最初にホイールベース長 110(インチ)が登場し、1994年に90と130(実際には127インチ)が登場しました。

 

 レンジローバーの走行性能と乗用車的居住性を必要とするも、それほどの豪華さを求めない層向けに、レンジローバーの廉価版的なディスカバリーが1989年に登場しました。シャーシやエンジンなどはレンジローバーと同じですが、内装とエアコンやサスペンションの簡略化などでコストダウンを計っています。ディスカバリーは当時提携していたホンダからもクロスロードの名前で国内販売されました。(約400万円ぐらいだったから、好きな人ならなんとか買えた) データーベースでランドローバー ディスカバリーのミニカー検索

 

 

 ランドローバーはラインナップを明確にするため、1990年にシリーズ IV 90/110/130の名前をディフェンダーに改名しました。(なおシリーズ*は区別する為に付けているだけで正式な名前ではありません) 名前の変更だけで、内容に変更はありませんでした。1998年に電子制御式の5気筒2.5L(122HP)ターボディーゼルが追加され、ヨーロIIIの排ガス規制に対応しました。2007年に排ガス規制と安全基準に適合させる為、大幅な変更が行われました。外観はほとんど変更がありませんが、フォード製の新型4気筒2.5L(122HP)エンジンが採用され、シート配列などの内装が変更されました。 データーベースでランドローバー ディフェンダーのミニカー検索

 ランドローバーのエントリーモデルとして、コンパクトSUVのフリーランダーが1997年に登場します。ホンダのCR-Vなどと同じジャンルの車で、横置き前輪駆動車をベースにしたフルタイム4WD車です。個性的なフロントを持つ目新しいデザインで、5ドアとリアキャビン部が開閉できるソフトトップを持つ3ドアの2タイプがあります。エンジンは4気筒1.8L(120HP)、V型6気筒2.5L(177HP)、4気筒2Lターボディーゼルなどがあり、5段自動変速で最高速187km/h(2.5L)の性能でした。当時のヨーロッパでは4WD車のベストセラーカーとして大ヒットしました。 データーベースでランドローバー フリーランダーのミニカー検索

 画像のミニカーはデルプラドの世界の名車シリーズの物で、メーカーはたぶんユニバーサルホビー(EAGLE'S RACE 型番1523)です。名車シリーズの雑誌にはミニカーがディフェンダーである旨の記載がありますが、実際にはシリーズ IIIのモデルです。(名車シリーズにはこの手の誤記が結構あります) このシリーズの物としては良い出来映えのミニカーです。
 
 

LAND ROVER SERIS III 109 1978 UK

LAND ROVER SERIS III 109 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 66 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 92HP 4段変速
性能: 最高速118km/h
データーベースでランドローバー シリーズのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ III 109 イギリス

 

 ランドローバーは1958年のシリーズ IIでエンジンが2.3L(68HP)となりました。シリーズ IIは途中から法規制の為に、ヘッドライトがフェンダーに移動し特徴的な寄り目スタイルが変更されました。1971年にはシリーズ IIIに発展し、エンジンは4気筒2.3L(71HP)、6気筒2.6L(86HP)、V型8気筒3.5L(92HP)、4気筒2.3Lディーゼルなどとなりました。なおランドローバーは名前に88や109などの数字が付いていますが、これはホイールベース長(インチ表示)を表しています。

 

 シリーズ IIIは1983年まで生産され、後継は基本的に同じ設計のディフェンダーで現在も生産されています。なおランドローバーは生産された車の2/3がまだ現役で使われているそうで、類い希な信頼性の高さを証明しています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、ロングホイールベースの109のモデルです。1970年代の後半はミニカー冬の時代にあたるので、まともなミニカーが少ないのですが、このランドローバーはシンプルな出来ながらまだソリドらしい良質さが残っています。ボディカラーもいかにもそれらしい色となっています。これ以外の当時物では、ソリドの仏ブランドのべレム、ポリスティル、コーギー、ディンキーなどたくさんあります。

 

ページ 1  2   次へ »