ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 1923 SWEDEN

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y16 1/49 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 3.5L 36HP 4段変速
性能: 最高速 不詳 乗車定員12名
データーベースでスカニア バスのミニカー検索

 

スカニア バビス 3241 郵便バス スウェーデン

 

 スカニア社はスウェーデンの重工業会社で、1900年に設立されました。最初に2輪車を製造しすぐに自動車製造をはじめ、1902年にはトラック(1.5t)を製造しています。1911年に同じスウェーデンの乗用車/トラック メーカーのバビス社(VABIS)と合併し、スカニア-バビス社となり、同年にスウェーデン初の国産バスを製造しています。1939年に乗用車市場から撤退し商用車に特化します。

 

 第二次世界大戦中は軍需対応で自動車以外に戦車も生産しました。1950年代には生産した車の半分以上が輸出されるようになり、国際的な企業に発展しました。1969年にスウェーデンの乗用車メーカー サーブ社(SAAB)と合併し、サーブ-スカニア社となりました。1995年にはサーブと分離し、スカニア社となりました。現在のスカニア社はフォルクスワーゲン グループに属し、ダイムラー、ボルボに次ぐ世界第3位の大型商業車メーカーです。1970年代までのトラックはL**という名前、それ以後はボンネット式はTやH(HAUBER)、キャブオーバー式はRやR TL(TOPLINE)という名前が付いているモデルが多いです。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのYシリーズの特別仕様品で、1988年に発売されました。スカニア-バビス時代の3241型の郵便バスをモデル化しています。このバスは農村部にて郵便サービスや公共交通サービスに使われたそうです。前輪にソリを付け後輪はクローラー(キャタピラ)となっている雪上車仕様で、スウェーデンの厳しい風土を反映しています。実車参照画像と見比べてみると、実車をかなりリアルに再現していることがわかります。スカニア初期の雪上車仕様のバスということで、車種的に珍しく面白いミニカーです。バリエーションで同じモデルの屋根にもみの木を積んだクリスマス仕様や雪上車仕様でない郵便バスもモデル化されています。 スカニアのミニカーはトラックやバスがほとんどですが、ヘルパ、ブレキナ、AWMなどから結構たくさんモデル化されています。
データーベースでスカニアのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1885

   

VOLVO PV544 1954 SWEDEN

VOLVO PV544 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 822 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.58m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 60HP 4段変速
性能: 最高速137km/h
データーベースでボルボ PVのミニカー検索

 

ボルボ PV544 スウェーデン

 

 ボルボとはラテン語で「私は回る」という意味があり、スウェーデンのベアリング メーカーSKF社の子会社の名前でした。このSKF社によって自動車メーカーのボルボ社が1927年に創業されました。最初の車は4気筒2Lエンジンを搭載したオープンカーで、1929年には6気筒3Lエンジンを搭載した中型セダンのPV650が発売されています。 1930年代にGMの技術者を雇い入れ、その技術で小さなアメリカ車的な設計の車が開発されました。

 

スウェーデンは過酷な環境の広大な国土を持つため、信頼性の高いエンジンを搭載した頑丈な車体が必要とされました。(1930-40年代のアメリカ車はまさにそのような車でした) スウェーデンは中立国でしたので、第二次大戦には参戦しておらず、1942年にはPV60シリーズを発表しています。PV60は6気筒3.7lエンジンを搭載した大型車で、同時期のアメリカ車と同じようなスタイルをしていました。

 

 

 1944年にボルボ初の小型車PV444が登場しました。PV444の444は4人乗り、40HP、4気筒(1.4L)エンジンを意味し、モノコックボディを採用し大量生産によって低価格で提供されました。デザインはやはりアメリカ車的なデザインで、3段変速で最高速100km/hの性能でした。1958年までに約20万台が生産され、信頼性や耐久性が高く評価されました。1958年にPV444をリファインしたPV544が登場しました。フロントとリアのウインドーが拡大され、室内は5人乗りになりました。4気筒1.6L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速が採用され最高速は137km/hに向上しています。1.8L(68HP)エンジンが追加されるなどして1965年までに約24万台が生産された人気車種で、ラリーでも活躍しました。

 ミニカーはテクノ(デンマーク)製で、当時物はこれしかありません。テクノはボルボやサーブなどの他社がモデル化しない北欧車を多くモデル化しており、しっかりした塗装で独得の雰囲気がある高品質なミニカーを作っていました。このPV544も当時としてはかなりレベルの高いミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=881

   

 

VOLVO 122S AMAZON 1958 SWEDEN

VOLVO 122S AMAZON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 184 1/45 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 78HP 4段変速
性能: 最高速143km/h
データーベースでボルボ アマゾンのミニカー検索

 

ボルボ 122S アマゾン スウェーデン

 

 1956年に大型車としてP120シリーズ アマゾンが登場しました。121は4気筒1.6L(60HP)、122は1.6L(78HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速143km/h(122)の性能でした。ボディはボルボで初めてフラッシュサーフェースを採用し、やはりアメリカ車的なスタイルです。合わせガラスを使ったフロントウインド、クラッシュパッドが貼られたダッシュボード、世界初の3点式シートベルトの採用など安全に対する進んだ姿勢が見られます。

 

 1958年に85HPにパワーアップした高性能版の122Sが追加され、1961年には1.8L(82HP)エンジンに切り換え、2ドアセダン(131/132)や5ドアワゴン(221/222)が追加されました。1966年に追加された高性能版(104HP)の123GTはラリーで活躍しました。エンジンを2Lまで拡大し1970年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で高性能版の122Sのモデルです。テクノやスポットオンでもう少し手の込んだ当時物もありますが、残念ながら持っていません。50年以上前に発売された古いミニカーですので素朴な作りですが、当時としては実車にかなり忠実な良い出来映えだったと思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=882

   

VOLVO P1800 1960 SWEDEN

VOLVO P1800 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 825 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 100HP 4段変速
性能: 最高速166km/h
データーベースでボルボ P1800のミニカー検索

 

ボルボ P1800 スウェーデン

 

 1960年に発売されたボルボ初のスポーツカーがP1800でした。アマゾンのシャーシに、イタリアのカロッツェリア フルアがデザインした2+2の美しいクーペボディを架装したもので、当初ボルボには生産工場の余裕がなく組立てはイギリスのジェンセンに委託されました。ボルボ自製の4気筒1.8L(100HP)エンジンを搭載し、4段変速機で最高速166km/hと高性能でした。美しいスタイルと高性能で、アメリカを中心に人気がでました。

 

 ジェンセンが生産したボディには塗装等に問題があり、1963年からは生産が内製に切り替わりました。これ以後スウェーデンで生産したという意味で名前にSが追加されP1800Sに変わり、エンジンも108HPに強化されました。1969年にはエンジンが2L(118HP)に切り替わり、最高速も180km/hに向上しました。

 

 

 P1800のミニカーはたくさんあります。当時物としてはディンキー、コーギー、スポットオンなどがあり、画像はかなりレアなテクノ製です。グリルやバンパーに金属製パーツが使われ、実車同様に頑丈なミニカーに仕上がっています。キャビンが少し小振りにデフォルメされています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=883

   

 

SAAB 96 1961 SWEDEN

SAAB 96 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 827 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 2サイクル3気筒 841cc 42HP 3段自動変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでサーブ 96のミニカー検索

 

サーブ 96 スウェーデン

 

 サーブ社(SAAB:Svenska Aeroplan AB(スウェーデン航空機会社))はスウェーデンの軍用航空機の製造を目的として設立され、第二次大戦後に自動車製造に進出しました。1949年に完成した最初の量産車は2サイクル2気筒764cc(25HP)エンジンを前車軸上に縦置き搭載した前輪駆動車 92でした。航空機メーカーらしさが感じられる流線型のモノコックボディは、当時としては珍しく風洞実験で決められたものでした。3段変速で最高速105km/hの性能でした。

 

 92は1955年に3気筒750ccエンジンを搭載した93に、1960年に841cc(42HP)エンジンを搭載しリアウインドーを拡大した96に発展しました。さらに1965年にはドイツ フォードの4サイクルV型4気筒1.5L(65HP)エンジンに切り替わり、4段変速で最高速148km/hと性能が向上しました。この車は頑丈な足回りと優れた操縦性により、1960年代には国際ラリーで大活躍しています。96は基本がほとんど同じままで、1974年まで長い間生産されました。

 

 

 ミニカーはテクノの当時物で、50年以上前に作られたレア物です。この当時のテクノは非常に品質の高いミニカーを作っており、この96も素晴らしい出来映えです。錆がなく今でも塗装に艶まで有るのですから、昔のミニカーの品質はたいした物です。なお当時物ではディンキー(英)もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=892

   

VOLVO FB88 TRUCK 1965 SWEDEN

VOLVO FB88 TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 425  1/50 170㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約8.5m? 全幅約2m
エンジン 変速機: 6気筒 9.6L ターボディーゼル 260HP 8段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでボルボ トラックのミニカー検索

 

ボルボ FB88 トラック スウェーデン

 

 スウェーデンのベアリング メーカー SKF社によって自動車メーカーのボルボ社が1927年に創業されました。1928年に最初のトラックシリーズ1(4気筒エンジン搭載 積載量1.5t)を発売しました。このトラックは密閉された運転室(キャビン)を持つ頑丈な構造で、スウェーデンの気候と道路事情を考慮した信頼性の高い設計でした。このトラックは高い評価を受けて大ヒットし、ボルボの業績に寄与しました。 

 

 その後国内だけではなくヨーロッパ各国へと輸出されるようになり、ボルボ社の生産する車の中でトラックは大きな割合を占めていました。1980年代にボルボはアメリカのトラック会社のホワイト社と提携し、ボルボ ホワイト トラック社となり、さらに1980年代後半にはGMCの大型トラック部門も加わりました。2001年にはアメリカのマックを傘下に持つルノーのトラック部門を買収し、2006年に日産ディーゼル工業(現在はUDトラックス)も傘下に収めています。

 現在ボルボ トラックス社はダイムラー(メルセデス ベンツ ブランド)に次ぐ世界第2位の大型トラックメーカーです。ちなみに3位は同じスウェーデンのスカニアです。ボルボの乗用車部門は1999年にフォードに買収されてボルボ カーズとしてフォード傘下のブランドとなり、2010年には中国企業に売却されています。

 

 

 ボルボのトラックの型式名について説明すると、Nがボンネット型でFはキャブオーバー型です。概略ですがFHが一番大きなトラクター系、FMが中型で平ボディやバンのカーゴ系、FLが小型となります。またアルファベットの後の数字は1980年代以降のモデルではエンジン排気量(単位L)を示します。つまりFH16とはキャブオーバーの大型トラックで排気量が16Lとなります。

 ミニカーはテクノ製(デンマーク)の当時物で、1968年頃に発売されました。1965年に登場した当時の傑作大型トラックであったF88をモデル化しています。FB88のFはキャブオーバー型、Bは3車軸、88はシリーズ名を示します。車体に表示された「ASG TRANSPORT SPEDITION」とはスウェーデンの物流会社ASG社のロゴです。テクノのミニカーはプロポーションが良く、プラスチック製パーツをあまり使わないがっちりとした作りで、塗装もしっかりしています。このFB88も縮尺が1/50と少し小さめに出来ていますが、テクノらしい素晴らしい出来ばえです。(脱着できる幌はプラスチックではなく板金製で頑丈です)

 ドアが開閉し室内もリアルに再現され、キャブをチルトさせると金属パーツでエンジンが再現されています。テクノのミニカーは前輪が操舵できるものが多いのですが、このFB88もボディを傾けることで前輪が操舵できます。別売で専用のトレーラー(型番452)があり、金属製の連結金具でトレーラーを接続すると全長338㎜のフルトレーラーになります。このミニカーには色々な企業のプロモーション用モデルのバリエーションがあったようです。F88のこれ以外の当時物ミニカーはないようで、最近の物ではコーギーやイクソなどがあります。現在の主流であるFHシリーズはヘルパやAWMが約200種類以上をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1868

   

 

 

ページ 1  2  3  4   次へ »