ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GAZ M21 VOLGA 1959 RUSSIA

GAZ M21 VOLGA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC032 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 2.5L 75HP 3段変速
性能: 最高速130km/h

 

ガズ M21 ボルガ ロシア

 

 ロシアの自動車会社GAZ(Gorkovsky Avtomobilny Zavod 露語で:ゴーリキー自動車工場の意)は、1929年にフォード社とソビエト連邦の共同事業として創立されました。1932年にフォード A型をベースにした中型乗用車GAZ-Aとフォード AA型をベースにしたトラックGAZ-AAの生産を始めました。その後フォード V8をベースとしたGAZ-M1を1936年から生産するなどして技術を習得し、1941年頃からは独自開発した国産車GAZ-11や、初の全輪駆動車GAZ-61の生産が始まりました。

 

 大戦後の1946年にはGAZ-M20 ポベーダ(Pobeda)が登場し、この車はセミモノコックボディに前輪独立懸架と進んだ設計で、4気筒2.1L(52HP)エンジンを搭載し3段変速で最高速105km/hの性能でした。M20は1956年にモノコックボディのM21 ボルガに発展しました。4気筒2.5L(75HP)エンジンを搭載し3段変速で最高速130km/hの性能でした。

 

 

 ボディは当時のアメリカ車と良く似たデザインで、当時(ソビエト連邦時代)はほとんどがタクシーとして使われたそうです。1960年代にはワゴン仕様が追加され、1970年頃まで生産されました。

 ミニカーはイクソ製で、これも上記のタトラと同じく「Taxi of the world」というミニカー付雑誌用に型が起こされた物です。(このタクシー企画が無ければこの車がミニカー化されることもなかったでしょう) プロポーションがしっかりしており、メッキされた大きなグリル、その上のエンブレム、マスコットなどもそこそこ良く再現されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=901

   

MOSKVITCH 403 1962 RUSSIA

MOSKVITCH 403 画像をクリック/タップすると画像が変わります
USSR A7 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.06m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 45HP 4段変速
性能: 最高速120km/h

 

モスクビッチ 403 ロシア

 

  旧ソ連の自動車会社モスクワ自動車工場はGAZと同時期の1929年に創業されました。GAZと同様に当初はフォード車をベースにしたGAZ-AやGAZ-AAを生産していたようです。第二次大戦後ドイツから接収したオペル カデットの生産設備を移設して、1947年から戦前型カデットをコピーしたモスクビッチ 400と名付けたモデルの生産を始めました。

 

 400は1954年にボディを変更して401となり、1956年にはさらにボディを一新した402に切り替わりました。1958年にはエンジンを1.4L(45HP)にパワーアップしグリルを変更した403に、さらにその改良型の407に変わります。407は4段変速で最高速120km/hの性能で、4輪駆動車の410やワゴン(バン)の424もありました。

 

 

 ミニカーはこれもソ連製で古くさい作風が、実車の雰囲気に良く合っていて、プロポーション的にもそこそこの出来映えです。ただ購入当初から塗装がいまひとつでしたが、長期間の保存で塗装がヒビ割れてしまいました。また当時のソ連の経済状態を反映して紙箱には質の悪い紙が使われており、中身のミニカーの亜鉛合金も質が悪かったようです。ドアを開けようとしたらドアが破損してしまいました。(画像は破損前)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=904

   

 

MOSKVITCH 408 1964 RUSSIA

MOSKVITCH 408 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1410 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.09m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 50HP 4段変速
性能: 最高速130km/h

 

モスクビッチ 408 ロシア

 

 1964年に407は外観を一新して408に発展します。ただ中身は407と同じで、性能もほぼ同じでした。1968年には新設計の1.5L(70HP)SOHCエンジンを搭載し角型ヘッドラ イトを採用した412となり、最高速が150km/hに向上しました。408/412は丈夫で安価な乗用車として人気があり、西側/東側諸国に輸出されました。1975年には名前が2140にかわり、1985年まで生産されました。

 

 1986年には新設計の5ドアハッチバックで前輪駆動車のアレコ(Aleko)2140が登場しました。1991年に旧ソ連が崩壊し西側の車が流入しはじめると、ソ連の国産車は太刀打ちできませんでした。1990年代前半にモスクワ自動車工場(当時はAZLKという名前)は「Moskvitch Joint Stock Company」と改名され民営化されましたが、結局2002年に倒産しました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。408のデラックス仕様である4灯式ヘッドライト車をモデル化しており、仏ディンキーらしい端正な出来映えです。上述したソ連製以外でソ連車のミニカーはこれしかなかったので、当時としては珍しい車種でした。ソ連製ミニカーで角形ヘッドライトの412、そのワゴン仕様の427などがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=905

   

GAZ 24 VOLGA 1969 RUSSIA

GAZ 24 VOLGA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
USSR A14 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.74m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 2.5L 86HP 4段変速
性能: 最高速145km/h

 

ガズ 24 ボルガ ロシア

 

 上述したM21の後継車として1969年に登場したのが24 ボルガです。同じ4気筒2.5Lエンジンながら86HPにパワーアップし、フルシンクロの4段変速で、最高速車145km/hの性能でした。性能は同時期の西側の車に比べると見劣りしますが、見栄えはかなり目新しくなりました。デザインも極めて平凡ですが、同時期のアメリカ製コンパクトカー的なものです。

 

 6気筒3L(138HP)エンジンやローバー/プジョーの2.Lクラスのディーゼルエンジンの追加、ワゴンや4輪駆動仕様の追加が行われ、1992年まで生産されたようです。ソビエト連邦時代には個人がマイカーを持つことはほとんど無かったと思われますが、そのせいで自動車もほとんどモデルチェンジしなかったようです。

 

 

 ミニカーはメーカー名が不明ですが、ソビエト連邦(現ロシア)製の当時物です。1977年頃にソ連製ミニカーが大量に輸入されたことがあり、以下に紹介しているソ連製ミニカーはほとんどがその時期に購入した物です。これらは荒削りでやや古くさい作りでしたが、ソ連車は珍しいので結構買いました。このボルガはプロポーションはまあまあで、実車の雰囲気は出ています。ドアやボンネットが開閉しますが、建てつけは良くないです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=902

   

 

LADA 2101 1970 RUSSIA

LADA 2101 画像をクリック/タップすると画像が変わります
USSR A9 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.07m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 60HP 4段変速
性能: 最高速145km/h

 

ラーダ 2101 ロシア

 

 アフトヴァース(Avto VAZ)社は現在のロシア最大の自動車会社で、1966年にフィアット社と提携して創立されました。当初はボルガ川の近くに本社工場があったので、ヴォルガ自動車工場(VAZ:Volga Auto Zavod=)と呼ばれていました。1970年からファイト 124のライセンス生産が始まりました。この車はジグリ(Zhiguli)と呼ばれ西側の最新車であった為、ソ連国内にはライバルが無く圧倒的なシェアを確保しました。4気筒1.2L(60HP)/1.3L(67HP)エンジンを搭載し4段変速で最高速145km/hの性能でした。

 

 低価格な乗用車としてラーダ1200という名前で西側/東側諸国に輸出されました。(ラーダはジグリの国外向けブランド) 2101、2102、2103と発展し1984年まで生産されましたが、この頃になるとさすがに西側諸国では旧態化していました。

 

 

 フロント/リアのデザインを変更し、2105、2107として1989年頃まで生産されました。  前述したようにアフトヴァース社はヴォルガ自動車工場時代にロータリーエンジンを製造して、交通取締用パトカーや官公庁向け車両に搭載していたそうです。2002年頃までロータリーエンジン搭載車を販売したとのことですが、NSUやマツダへのライセンス料を支払っていないので、この事実は公表されていないようです。

 このミニカーもソ連製の当時物です。金属製のグリルなど作風が古くさいですが、当時としてはそこそこの出来映えでした。イタリア風の丸いウインカーなどフィアット124と全く同じ車であることが分かると思います。(ソ連製ということでやや感じが違って見えますが) バンの2102もモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=906

   

ZIL 117 1971 RUSSIA

ZIL 117 画像をクリック/タップすると画像が変わります
USSR A31 1/43 148㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.73m 全幅約2.01m
エンジン 変速機: V型8気筒 8L 300HP 3段自動変速
性能: 最高速200km/h

 

ジル 117 ロシア

 

 ジルはロシアのトラックや重機のメーカーです。1916年にモスクワ自動車として設立され、トラック、バス、装甲車両などを製造していました。1931年に当時の指導者スター リンにちなんで第2スターリン記念工場(Zavod Imeni Stalina:ZIS)と改名しました。 第二次世界大戦中の1940年代にアメリカの高級車パッカードのプレス型が譲渡され、パッカードのボディを持つ高級車を生産しました。その後もソ連政府要人向けにアメリカ製高級車をお手本にした、直線基調デザインの大型リムジンを生産してきました。

 

 スターリンの失脚後、1950年代に先代の工場長リハチョフにちなんで「リハチェフ記念工場(Zavod Imeni Likhacheva)と改名され、略称がZIL(ジル)となりました。

 

 

 画像のZIL 117は1971年に登場した、要人向けの装甲リムジーンで、全長5.7mの大型車です。エンジンはV型8気筒8L(300HP)で、3段自動変速で最高速200km/h(ほんと?)の性能です。年に十数台しか生産しないハンドメイドの特注車です。

 ミニカーは上述と同じソ連製で、これ以外にもZIL115 (41047)もあります。全長が15cm近くあり実車の諸元データが正しいとすると、かなり大きめに出来ています。(この手のミニカーは迫力を出すために大きめに作るのが多いです) ドア4枚、ボンネットとトランク開閉のフルギミックです。正確にいうとあまり実車に似てないようにも思いますが、イメージ的にはなんとなくそれらしい感じがします。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=908

   

 

ページ 1  2   次へ »