ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

CARRO DI TREVITHICK 1803 GB

CARRO DI TREVITHICK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X04 1/43? 135mm

 

トレヴィシックの蒸気車 イギリス

 

 高圧蒸気機関の技術者リチャード トレヴィシックが大型の馬車に単気筒蒸気機関を据え付けて作った「路上機関車」 この蒸気車は信頼性が高く、操縦性にすぐれていて時速16km/hでロンドン市内を走ったとのことです。フィギュアとの対比でいかに後輪が巨大であったかが、分かると思います。そばで見たら迫力があったでしょう。高い位置にある客室に乗るのはたいへんだったと思います。

 

 ミニカーはクラシックカーのミニカーを主力にしているイタリアのブルム(BRUMM)製で蒸気車をモデル化している「OLD FIREシリーズ」のものです。巨大な後輪のギヤは可動し、前輪部分は実際に向きが変えられます。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 時速16km/h
データーベースで蒸気車のミニカー検索
 

 
 

DILIGENZ A VAPORE DI GURNEY 1828 GB

DILIGENZ A VAPORE DI GURNEY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM X03 1/43? 168㎜

実車諸元 
外形寸法: 全長約7メートル
エンジン 変速機: 蒸気機関 
性能: 時速約20km/h
データーベースで蒸気車のミニカー検索

 

ガーニーの乗合い蒸気車 イギリス

 

  蒸気機関を自動車に使おうとする試みはまずは乗合い馬車に使われることで実用化しました。その代表的なものが、このガーニーの乗合い蒸気車です。この蒸気車は全長が7mもある大きなもので、室内に6人外に12人分の席がありロンドン-バース間の171kmを約20km/hで運行したとのことです。後部に煙突の付いたボイラーがありますが、このサイズではまだ乗用車には適用できませんでした。

 

 蒸気車は人気がでましたが、沿線への騒音や既存の馬車業界との対立から、蒸気車などの走行を規制する「赤旗法」(赤旗を持った人が先導して徐行することを義務付けた)が1865年に成立し、イギリスにおける自動車普及のネックとなりました。

 

 

 ミニカーはクラシックカーのミニカーを主力にしているイタリアのBRUMM製で蒸気車をモデル化している「OLD FIREシリーズ」のものです。

LONDON OMNIBUS HORSE DRAWN CARRIAGES 1886 GB

LONDON OMNIBUS HORSE DRAWN CARRIAGES 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YSH2 1/43 160㎜

 

ロンドンの乗合馬車 イギリス

 

 これは車ではなく馬車ですが、消え去りつつあったこの時代の代表的な乗り物でしたのであえて比較する対象として載せました。

 

 ミニカーはイギリスの老舗マッチボックス(MATCHBOX)製です。とても細かく出来ていてよく出来た御者や乗客のフィギュアが乗っていることで、この時代の雰囲気が良く出ていると思います。馬車のモデル(ミニカー?)は何台かありますが、これが一番気に入っています。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約7メートル
エンジン 変速機: 馬2頭 
性能: 最高速約20km/h
 

 
 

ROLLS ROYCE SILVER GHOST (40/50HP) 1907 UK

ROLLS ROYCE SILVER GHOST (40/50HP) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y15 1/55 82mm

 

ロールス ロイス シルバーゴースト (40/50HP) イギリス

 

 電気技術者ロイスが製作した試作車の性能に惚れ込んだ貴族のロールスがその車を独占販売する契約を結び1904年にロールス ロイス社が誕生します。初期のロールス ロイスには2、3、4、6気筒の4モデルがありました。ロールス ロイスは部品の規格化を徹底して行うことで高品質を誇っていました。1906年には自動車史上最も偉大な車であるシルバーゴースト(40/50HP)が発表されます。

 

 ミニカーはマッチボックスのY(Yesteryear)シリーズで1960年に発表された物です。昔のミニカーゆえディテールが甘いところはありますが、基本的なプロポーションはさすがに良くできています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 車重約 1.8t
エンジン 変速機: 6気筒 7428cc 40HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでロールス ロイス シルバーゴーストのミニカー検索
 

ROLLS ROYCE SILVER GHOST (40/50HP) 1907 UK

ROLLS ROYCE SILVER GHOST (40/50HP) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y10 1/51 92mm

 

ロールス ロイス シルバーゴースト (40/50HP) イギリス

 

 1907年にこの車は15000マイル(24000km)をノンストップ 、無故障で走破するという過酷な耐久試験を行いその優秀性を実証しています。この試験に使われた車が銀色に塗装され「SILVER GHOST」というプレートを付けていたことから、以後この名前が正式名称となりました。なおGHOST(幽霊)というのは音もなく静かに走ることから名付けられたようです。

 

 これもマッチボックスのYシリーズで1974年に作られた物で上記と同じように見えますが、サイズが大きくなっています。ライトのステーがフロントグリルから生えていますが、これはマッチボックス流の簡略化手法です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 車重約 1.8t
エンジン 変速機: 6気筒 7428cc 40HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでロールス ロイス シルバーゴーストのミニカー検索
 

 
 

ROLLS ROYCE SILVER GHOST (40/50HP) 1907 UK

ROLLS ROYCE SILVER GHOST (40/50HP) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT WL96 1/43 105㎜

 

ロールス ロイス シルバーゴースト (40/50HP) イギリス

 

 ほとんど無音で走行するシルバーゴーストのエンジンは6気筒 7Lでアイドリング回転数は180rpm、オーバードライブ付きの4段変速機で最高速(約120km/h)でも回転数が1800rpmと超低速型で音が静かなのはこの辺に理由があるようです。もちろんエンジン以外のすべての部品が手仕上げで入念に作られて調整されていることも忘れてはいけません。

 

アメリカのフランクリンミント製のミニカーには1/43、1/24、1/12サイズの3タイプがあります。これは1/43で一番小さいですが、大スケール並の完成度がありボンネット内にはエンジン、底面にはフレーム、車軸が再現されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 車重約 1.8t
エンジン 変速機: 6気筒 7428cc 40HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでロールス ロイス シルバーゴーストのミニカー検索
 

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...36 次へ »