ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

LANCIA THETA 1914 ITALY

LANCIA THETA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU M11 1/43 97㎜

 

ランチア テータ イタリア

 

 フィアットのレーシングドライバーであったヴィンチェンツォ ランチアが1906年に設立したランチア社は技術的に進歩性のある車を作っています。ランチアはギリシャ文字を車名にしていますが、最初の成功作がこのテータ(シータ)です。この車は電装品がシャーシに組込まれた最初の車だそうです。(当時電装品はボディが完成してから組み付けていた)

 

 ミニカーはドゥグー製です。ビスカレッティ自動車博物館に保存されている実車を忠実にモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 4940cc 70HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=105

   

LANCIA LAMBDA 1925 ITALY

LANCIA LAMBDA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 2 1/43 108㎜

 

ランチア ラムダ イタリア

 

 1914年のテータに続いてランチアの名前を一躍有名にしたのが、1922年に発表されたラムダでした。独立懸架の前輪サスペンション、ボディとシャーシを一体化した史上初のモノコックボディといった当時としては先進的な技術を使った車で、車高が低く洗練されたデザインでたいへんな人気がありました。実際に上述したフィアットのサイドビューなどと比べてみるとその先進性が良く分かると思います。

 

 ミニカーはドゥグーの傑作のひとつで素晴らしい出来です。特徴的な前輪の独立懸架も見事に再現されています。(繊細で壊れやすいので注意が必要ですが)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: V型4気筒 2123cc 50HP 4段変速
性能: 最高速115km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=184

   

 

LANCIA LAMBDA TORPEDO 1925 ITALY

LANCIA LAMBDA TORPEDO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 5 1/43 108㎜

 

ランチア ラムダ トルペード イタリア

 

 ラムダはV型4気筒2123cc 50HPエンジンであまりハイパワーというわけではないのですが、その優れた操縦性でスポーツカーレースでも好成績を残しています。

 

 ミニカーは上述したもののバリエーションのトルペードで、より一層車高が低く見えます。フロント スクリーンがややオーバースケール気味でステーが太いのが難点ですが、セダンタイプではよく見えない計器類などの室内の造形が良く分かります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: V型4気筒 2123cc 50HP 4段変速
性能: 最高速115km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=185

   

LANCIA DILAMBDA 1929 ITALY

LANCIA DILAMBDA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 41 1/43 118mm

 

ランチア ディラムダ イタリア

 

 ラムダの成功で1929年にはアメリカ市場などを指向した高級車としてディラムダが発表されました。大型のボディにV型8気筒 4L 100HPのエンジンが搭載され125km/hの性能でした。ディラムダとはエンジンの気筒数などがラムダの2倍という意味で付けられた名前です。ラムダの斬新で軽快なデザインに比べると古典的な高級車のデザインとなっています。

 

 ミニカーはリオ製で、地味ですがよく出来ています。バリエーションでトルペードもあります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: V型8気筒 4L 100HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=186

   

 

LANCIA ASTURA CABRIOLET PININFARINA 1934 ITALY

LANCIA ASTURA CABRIOLET PININFARINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA 16 1/43 124mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: V型8気筒 3L 82HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでランチア アスツゥーラのミニカー検索

 

ランチア アスツゥーラ カブリオレ ピニンファリーナ イタリア

 

 ランチアの最高級車ディラムダの後継車アスツゥーラが1931年に登場します。当初のエンジンはV型8気筒2.6L(72HP)で、1933年に3L(82HP)に変わっています。リムジーンとセダンはランチアが標準的なボディを準備していたようですが、この当時の高級車はコーチビルダーが特注のボディ(セダン、クーペ、コンバーチブル)を架装していました。アスツゥーラは1939年まで生産され、総生産台数は約3000台でした。

 

 ミニカーはフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」のNo.16として作られた物でイクソ製です。(オークションで入手 2010年にイクソ MUS029(黄/金 ツートンカラー)で発売) ピニンファリーナによるコンバーチブルをモデル化しています。品の良いスポーティなデザインに青/空色のツートンカラーが似合っています。ミニカーの出来ばえは、室内もそこそこ再現されていて、雑誌に付くミニカーの標準的なレベルです。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1738

   

LANCIA ASTURA 1935 ITALY

LANCIA ASTURA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4169 1/43 120mm

 

ランチア アスツゥーラ イタリア

 

 1931年に傑作車ラムダは後継のアルテナ(ARTENA)に変わり、その上位モデルのディラムダはアスツゥーラに変わります。ギリシャ文字を使っていた車名はこの時期からローマ帝国時代の街道の名前に変わります。アスツゥラはV8エンジンながら排気量は3Lと控えめでスポーティな高級車という位置づけで、名だたるコーチビルダーが豪華なボディを架装していました。

 

 ミニカーは1999年に発売されたソリド製です。コーチビルダーのスタビリメンティ ファリーナ(Stabilimenti Farina)製のクーペをモデル化しているようです。古典的なスポーツカースタイルで黒と銀の塗りわけが高級な感じとなっています。ソリドらしいシンプルでシャープな出来栄えです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.1m
エンジン 変速機: V型8気筒 3L 82HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでランチア アスツゥーラのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=307

   

 

 

ページ 1  2  3  4  5  6   次へ »