ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

PEUGEOT VIS A VIS 1891 FRANCE

PEUGEOT VIS A VIS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE 16 1/43 65mm

 

プジョー ヴィザヴィ フランス

 

 自転車を製造していたアルマン プジョーがダイムラーからエンジンの供給を受けて生産をはじめたプジョー一号車 V型2気筒 2HP/550rpmのエンジンで4段変速機、デフを介してチェーンで後輪を駆動し 最高時速18km/hの性能。名前の「ヴィザヴィ」とは前後に向かい合って座る座席形式のことで、ドライバーの前に人が座ると前が見づらくなります。

 

 ミニカーはフランスのクラシックカー専門メーカーのMINIALUXE製(実際の発音とは違うようですが「ミニオール」と呼んでます)で材質はプラスチックです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.8m 重量約500kg
エンジン 変速機: ダイムラー製 V型2気筒 565cc 2HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速18km/h
 

 
 

PEUGEOT VIS A VIS 1892 FRANCE

PEUGEOT VIS A VIS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 1 1/43 65㎜

 

プジョー ヴィザヴィ フランス

 

 1891年に製造された車はプジョー5台とパナール6台の計11台で、これが最初に製造された自動車として記録となっているようです。プジョーは同年に開催された自転車レース「トゥール ド フランス」の伴走車としてパリ-ブレスト間往復の1200kmを完走しています。(平均時速13km/hほど)この際に使われた車は画像のような簡単な屋根が取り付けられていました。

 

 ミニカーはフランスのクラシックカー専門メーカーのサフィール(SAFIR)製で、昔のミニカーとしてはしっかりとした作りになっています。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約2.8m 重量約500kg
エンジン 変速機: ダイムラー製 V型2気筒 565cc 2HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 
 

PEUGEOT VICTORIA 1894 FRANCE

PEUGEOT VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE 22 1/43 71mm

 

プジョー ヴィクトリア フランス

 

 上記の車のシャーシ前端をのばしてドライバーが前に座るようにしたものです。ドライバーに運転させる場合はこのほうが問題がないでしょう。この当時に自動車を生産していたのは、プジョーと同じフランスのパナール ルヴァッソールだけでした。生産台数はわずかですが、エンジンの本家ドイツではまだ自動車生産が始まっていなかった時期に、フランスでは自動車生産が企業化されつつありました。

 

 ミニカーはフランスのクラシックカー専門メーカーのMINIALUXE製(実際の発音とは違うようですが「ミニオール」と呼んでます)で材質はプラスチックです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 重量約700kg
エンジン 変速機: ダイムラー製 V型2気筒 1282cc 3HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速18km/h
 

 
 

PEUGEOT VICTORIA 1898 FRANCE

PEUGEOT VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 2 1/43 75mm

 

プジョー ヴィクトリア フランス

 

 上述した自転車レース伴走がきっかけになって、1894年には史上初の自動車トライアル(レースではない)「パリ-ルーアン」が開催されていて、プジョーとパナールが優勝を分け合っています。このレースには蒸気車のド ディオン ブートンも参加していました。

 

 ミニカーはサフィール製で、上述した型番1のモデルをベースにして前に張り出した部品を追加して作られています。運転席についているパラソルはいかにもそれらしいですが、実車の写真では見たことがありません。 

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3m 重量約700kg
エンジン 変速機:  
性能: 
 

PEUGEOT VICTORIA 1899 FRANCE

PEUGEOT VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 3 1/43 75mm

 

プジョー ヴィクトリア フランス

 

 「パリ-ルーアン」トライアルの翌年には、史上初の自動車レース(スピードを争う)「パリ-ボルドー」(行程1180km!)が開催され、このレースではガソリン車のみが完走しその優位性を明らかにしています。優勝したのはプジョーで、平均時速20km/h 約60時間で走破しています。これらのレースで使われていたエンジンはダイムラー製でしたが、プジョーは1896年には水平並列2気筒エンジンを開発し以後は内製のエンジンに切り替えています。(エンジンは後席下に搭載)

 

 ミニカーは上記型番2の幌を立てたバリエーションで、赤、黒、白のコントラストが綺麗で見栄えのするミニカーです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3m 重量約700kg
エンジン 変速機:  
性能: 
 

 
 

PEUGEOT 1906 FRANCE

PEUGEOT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE 9 1/43 95mm

 

プジョー フランス

 

 この時期のプジョーにはアルマン プジョーが最初に始めた旧プジョー(1906年からLION-PEUGEOT:ライオン プジョーと称した)とアルマンが会社を離れて1897年に設立した新プジョーの2つがありました。なお1910年には両社は合併してひとつになっています。

 

  このミニオール製のミニカーは新プジョーのタイプ 81をモデル化しているようです。4気筒 2.2Lエンジンを搭載した中型車で4段変速機でチェーンドライブでした。ただラジエータの形状(裾が開いた台形)が実車の画像とは違っているので、年式がもっと後の旧プジョーをモデル化しているのかもしれません。現在のプジョーのシンボルはライオンですが、この当時からの継承です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 15HP 4段変速
性能: 
 

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »