ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

GM BUICK MODEL 35 1912 USA

GM BUICK MODEL 35 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ERTL 5 1/43 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.7L 22.5HP 2段変速
性能: 最高速60km/h
データーベースでGM ビュイックのミニカー検索

 

GM ビュイック モデル 35 アメリカ

 

 デイヴィット ダンバー ビュイックが1903年に設立したビュイック社は、当初は業績が芳しくなく馬車製造会社のウイリアム C.デュラントに援助を求めました。デュラントの采配でビュイック社は業績が回復しましたが、ビュイックは会社をさりました。1908年にデュラントはGM(ジェネラル モータース)を創立し、キャディラックやオールズモービルを買収し、GMはアメリカ4大メーカーの一つとなっていきました。

 

 ミニカーの箱の記載によると このモデル35は1912年に約6000台を売り上げて会社のベストセラーカーになったそうです。エンジンは4気筒 2.7L 22.5HP ヘッドライトはアセチレンガス式とのことです。

このミニカーはアメリカのERTLのVINTAGE VEHICLESシリーズで、この年代のアメリカ車のミニカーは珍しい存在です。カーボンブラックを使っていない初期の白いタイヤやBUICKのロゴの付いたフロントグリルなど、結構良く出来ています。

 

 

 

 
 

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 1930 USA

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA VOITURES CLASSIQUES 12 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h

 

GM キャディラック 452 V16 インペリアル セダン アメリカ

 

 V型16気筒エンジンを搭載したキャディラック 452は発売された初年度に約3000台が生産されました。コーチビルダーのフリートウッドがリムジーンやコンバーチブルなどのボディを架装し、価格は最低でも5000ドル(現在の2500万円ぐらい)と非常に高価でしたので、購入したのは限られた富裕層だけでした。その中には有名なシカゴのギャング 'アル カポネ'が特注した装甲仕様車もありました。

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズの物で製造はイクソです。フロントグリルのV16のエンブレムや女神のマスコットなどよく出来ていますが、1/43よりやや小ぶりに仕上がっています。イクソではほぼ同じものがMUS012として発売され、それはアル カポネの車とされています。ただ実車と見比べるとフロントの灯火類などが違っていますので、アル カポネの車と同じ車種といった程度のものです。

 

 

 キャディラック V16の商用車やポリスカーなどがソリドで多くモデル化されていますが、V16がそのような用途に使われたことは考えにくいので、厳密にはV8とすべきでしょう。(エンジンが付いているわけではないのでいいのですが) またフランクリンミントの1/24には標準セダン以外にアル カポネの車がモデル化されています。そちらは実車を忠実にモデル化してあり、愛用していたマシンガンや帽子が付属しています。

GM CADILLAC 452A 1931 USA

GM CADILLAC 452A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 85 1/43 128mm

 

GM キャディラック 452A アメリカ

 

 キャディラックは1909年にGMの傘下に入りますが、技術的な先進性を重視する基本路線はその後も継承されます。1914年にV型8気筒エンジン搭載車を発表し、1928年には世界初のシンクロ機構付き変速機を採用するなど技術革新を進めます。1930年には世界初のV型16気筒エンジン(7.4L 165HP)を搭載したモデル452を発表し、この車がアメリカの高級車としてのキャディラックの地位を確立させます。1931年にV型12気筒エンジン搭載のモデル370も発表しています。

 

 ミニカーはソリド製です。オーソドックスなセダンスタイルですが、後席がオープンになっていてアメリカ車としてはちょっとしゃれたデザインです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

 
 

GM CADILLAC V16 CABRIOLET 1931 USA

GM CADILLAC V16 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 77 1/43 135mm

 

GM キャディラック V16 キャブリオレ アメリカ

 

 キャディラックといえどもV型16気筒エンジン搭載車は特別な車で年間数百台生産された程度で、販売の中心は8気筒エンジン車でした。同時期のライバルであるリンカーンやパッカードも8気筒エンジン車でこれらの車は年間数万台生産されていました。現在16気筒エンジンを搭載している市販車はブガッティ ヴェイロン(価格1.6億円)ぐらいです。

 

 ミニカーはリオ製でV16を搭載したキャディラックのロードスターです。巨大なボディに2人しか乗らない究極の高級車です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

GM CADILLAC V16 SPORT PHAETON 1932 USA

GM CADILLAC V16 SPORT PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DANBURYMINT  1/24 243mm

 

GM キャディラック V16 スポーツ フェートン アメリカ

 

 同じV16のキャディラックですが、こちらは特別注文でたった2台しか製作されなかったというスポーツ フェートンです。アメリカではオープンカーの人気が高く、このように後席にもスクリーンが装備されているダブル カウル フェートンはそのなかでも高級なボディ形式です。

 

 ミニカーはフランクリンミントと同じような精密なモデルを製作しているダンバリーミント製です。両社の1/24大スケールミニカーはプラスチック製部品が少なく重厚で、何れも素晴らしい出来となっています。マスコットの鳥と立派なフロントグリルを拡大画像で見てください。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

 
 

GM CADILLAC V16 452C FLEETWOOD 1933 USA

GM CADILLAC V16 452C FLEETWOOD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32302 1/32 163㎜

 

GM キャディラック V16 452C フリートウッド アメリカ

 

 V16とV12エンジンは1937年まで生産され、その後Vバンク角を変えたV16が1940年まで500台ほど生産され、その後キャディラックはV8エンジンが主流となります。この車はフリートウッドというコーチビルダーによる特注フェートン ボディで、かつてのハーラー自動車ミュージアムの資料によると有名なジャズ歌手の為に作られた車のようです。

 

 ミニカーはシグネチャ製 1/32と中途半端ですが、ドアとボンネットの開閉や前輪の操舵ギミックが付いていて全体的な出来映えもなかなかのものです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...12 次へ »