ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL LUTZMAN 1899 GERMANY

OPEL LUTZMAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99053 1/43 62mm

 

オペル ルッツマン ドイツ

 

 オペルの一号車 ミシンや自転車を製造していたアダム オペル社がベンツ ヴィクトリアを模した自動車を製造していたルッツマン社の特許と生産設備を買収して作りあげた車でした。ただ結局ベンツなどに太刀打ちできなくてすぐに生産中止になりました。単気筒 1500cc 8HPエンジンで2段変速機を介して後輪をチェーン駆動し時速20km/hの性能でした。

 

 ミニカーはポルトガルのビテス(VITESSE)製で、1999年頃に発売されたものですが、極めて精密に出来ています。後輪駆動用のチェーンが再現されているのが分かると思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.5m 全幅 約1.4m 車重 約950kg
エンジン 変速機: 単気筒 1.5L 8HP 2段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速20km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=25

   

OPEL DARRAQ 8HP 1902 GERMANY

OPEL DARRAQ 8HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU M04 1/50 70㎜

 

オペル ダラック 8HP ドイツ

 

 第一号車が失敗に終わったオペル社がフランスのダラック社と契約を結び生産したオペル ダラック 単気筒 1100cc 8HPエンジンで3段変速機を介して後輪をチェーン駆動し時速20km/hでした。ダラックは当時最も進んだ技術を使っていた車で今日の自動車の基本は全て備えていました。おかげでこの車は成功しオペルは自動車メーカーとしての基礎を固めることが出来ました。

 

 ミニカーはイタリアのドゥグー(DUGU)製です。オペル ダラックではなくフランスの本家ダラックの方をモデル化したものですが、外観は基本的に同じだと思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 単気筒 1.1L 8HP 3段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速20km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=26

   

 

OPEL STADT-COUPE 1908 GERMANY

OPEL STADT-COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 22 1/43 83mm

 

オペル シュタット クーペ ドイツ

 

 ダラックとの提携で技術力を付けたオペルは提携を1906年に解消し、独自での車両開発を進めます。この車は提携を解消した頃のもので、クーペ形式の背の高い客室を載せたタイプ 4気筒 1.6L 12HPエンジンを搭載していました。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製です。ミニカーでみてもずいぶん車高が高いですが、実際に車内で立っていられるほどの高さがあったそうです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 12HP 
性能: 最高速55km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=73

   

OPEL DOKTORWAGEN 1909 GERMANY

OPEL DOKTORWAGEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 20 1/43 72㎜

 

オペル ドクトルワーゲン ドイツ

 

 当時のオペルの代表的な小型車 4気筒 1128cc 8HPエンジンで3段変速機を介して最高速度50km/h この車は2シータの小型車で狭い路地などにも入っていけるので、地方都市の医者向けということで「ドクトルワーゲン」の名前が付けられています。オペルはこのような実用車でその地位を堅め、1910年ごろにはドイツで最大の自動車メーカーになっていました。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製です。ドクトルワーゲンは有名な車でマッチボックス、ガマなど色々なメーカーがミニカーにしています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 1128㏄ 8HP 3段変速
性能: 最高速50km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=74

   

 

OPEL LAUBFROSCH 1924 GERMANY

OPEL LAUBFROSCH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1093 1/43 73㎜

 

オペル ラウプフロッシュ ドイツ

 

 第一次大戦後オペルは戦前のモデルに手を加えた車を発売しましたが、戦後の不況下ではそのような中級車の需要はありませんでした。オペルは既存車の生産を打ち切り小型車の大量生産に方針を切り替えます。1924年に発表された小型車4/12HPは4気筒 951cc 12HPのエンジンで3段変速機 70km/hの性能で安価な実用車でした。この車は全てが緑色に塗装されていたことからラウプフロッシュ(雨蛙)と呼ばれています。

 

 ミニカーはエリゴール(ELIGOR)製です。まさしく緑色に塗られていて、ニックネームどうりのイメージであることが分かります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 951cc 12HP 3段変速
性能: 最高速70km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=145

   

OPEL 4/14HP 1925 GERMANY

OPEL 4/14HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 976 1/46 78mm

 

オペル 4/14HP ドイツ

 

 実はラウプフロッシュは全く同じ発想で作られたシトロエン5CVとラジエータグリル以外はそっくり同じです。(実際上記エリゴールのミニカーもシトロエン5CVの型を流用してあります)技術提携したわけではなくコピーしたようで、シトロエンから告訴されています。その結果1925年にはエンジンを1016ccに拡大しホイールベースを延長した4/14HPにモデルチェンジされています。

 

 ミニカーはガマ(GAMA)製です。作りがやや大ざっぱですが、車体が長くなっていますのでモデルチェンジ後の4/14HPのモデルです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1016cc 14HP 3段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=146

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »