ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BMW DIXI 1927? GERMANY

BMW DIXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
R.W. MODEL 57 1/40? 77mm

 

BMW ディキシー ドイツ

 

 ディキシーの標準モデルは4気筒750cc 75km/hですが、最高速105km/hのスポーツモデルなどのバリエーションが追加され、1932年までに2万台以上が生産されBMWの基礎を固めました。スポーツモデルが1930年のモンテカルロラリーでクラス優勝するなどディキシーは本家のセブン同様にレースで大活躍しています。

 

 ミニカーはチィスの別ブランドであったR.W. MODEL製です。スポークホイールを履いたスポーティなカブリオレのモデルで少し大きめのサイズ 色使いから玩具ぽっくみえますが出来は悪くないです。(底に刻印された年式1927は?です)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 750cc 15HP 3段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースでBMW ディキシーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=149

   

BMW DIXI 1928 GERMANY

BMW DIXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 82229417892 1/43 71mm

 

BMW ディキシー ドイツ

 

 BMWとはBayerishe Motoren Werke(バイエルンモータ製造会社)の略称で第一大戦後に航空機エンジンの会社として出発し、まず水平対向エンジン付きの2輪車で有名になります。それ故BMWのエンブレムは高速回転している飛行機のプロペラのデザインです。1928年にイギリスのオースティン セブンのライセンス生産をしていたディキシー社から製造権を得て4輪車のディキシーを発表します。

 

 ミニカーはシュコー製で、小さいながらもしっかりした出来です。画像がモノクロに見えますが、フロントグリル上の青いエンブレムで分かるようにカラー画像です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 750cc 15HP 3段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースでBMW ディキシーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=148

   

 

BMW 315/1 1934 GERMANY

BMW 315/1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 2321 1/43 89mm

 

BMW 315/1 ドイツ

 

 ディキシーのライセンス生産を終了したBMWは1933年に6気筒1.2Lエンジンを搭載した303を自社開発しました。これがBMWのシルキー6と呼ばれる滑らかに回る直列6気筒エンジンのはじまりです。303は排気量を1.5L(34HP)に拡大し315となります。

 315 ロードスターのエンジンを40HPにパワーアップした高性能版315/1は最高速130km/hと上級車を凌ぐ性能で、1934年のアルペン トライアルの優勝などレースで活躍しBMWの名前を有名にしました。

 

 ミニカーはシュコー製でワイパーやフロントグリルにエッチングパーツを使った非常に出来の良いモデルです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m
エンジン 変速機: 6気筒 1.2L 40HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=229

   

BMW 328 1937 GERMANY

BMW 328 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 2542 1/43 86㎜

 

BMW 328 ドイツ

 

 初期のBMWスポーツカーのなかでも一番有名なのが1937年に登場した328です。328は327の進化型で標準で80HP 155km/h、レーシングバージョンでは最終的に120HPで200km/hオーバーと高性能でした。1938年ミッレミレアでクラス優勝、流線型のクーペタイプは1939年ルマンで総合5位(クラス優勝)、1940年ミッレミレアで総合優勝するなど2Lクラス最強の車でした。

 

 ミニカーはシュコー製です。実車が小さいのでかわいらしいものになっていますが、非常に精密な仕上げとなっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 80HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=231

   

 

BMW 327 1941 GERMANY

BMW 327 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAILCARS 332 1/43 105㎜

 

BMW 327 ドイツ

 

 1935年に1.9Lの319、1936年に2L 50HPの326(4ドアセダン)、2L 45HPの320/321(2ドアセダン)などが次々と登場しBMWの4輪車は充実していきます。BMWのシンボルである縦長の楕円グリルを2つ並べたキドニーグリルはこの頃から使われています。327は326の高性能版でエンジンを55HPにパワーアップしており、クーペとカブリオレがありました。これをさらに80HPまでチューンした高性能版もありました。

 

 ミニカーはスポーツカーのモデルが多いディテールカー製で、流麗なクーペボディに赤と黒のカラーリングが映えてかなり良い出来映えです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 80HP 4段変速
性能: 最高速139km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=230

   

BMW 501 1952 GERMANY

BMW 501 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHOCO 02013 1/43 111mm

 

BMW 501 ドイツ

 

 敗戦で一部の工場を東ドイツ側に接収されてしまったBMW社はなかなか再建ができませんでした。他社との合併も検討されましたがうまくいかず、大量生産の目処が立たないBMWは高級車の少量生産という方針を立てました。

 

 こうして戦前の326の直列6気筒2L エンジンを搭載した新型の501が登場したのは1952年でした。この車は技術的には認められましたが、このような高級車が敗戦直後のドイツで売れるはずもなく商業的には失敗でした。

 ミニカーはシュコー製でプロポーションが良く、ボンネット、トランク、左側のドアが開閉できるギミックも付いてます。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 65HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=488

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9   次へ »