ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SAAB 96 1965 SWEDEN

SAAB 96 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 827 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 2サイクル3気筒 841cc 42HP 3段自動変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでサーブ 96のミニカー検索

 

サーブ 96 スウェーデン 1965

 

 サーブ社「Svenska Aeroplan AB」(スウェーデン航空機会社)はスウェーデンの軍用航空機の製造を目的として1937年に設立されました。、第2次大戦中は軍用機を製造していましたが、戦後に自動車製造に進出しました。1949年に完成した最初の量産車は2サイクル2気筒764cc(25HP)エンジンを前車軸上に横置き搭載した前輪駆動車のサーブ 92でした。航空機メーカーらしさが感じられる流線型のモノコックボディは、当時としては珍しく風洞実験で決められたものでした。3段変速で最高速105km/hの性能でした。(実車画像→ サーブ 92 1951)

 

 サーブ 92は1955年に3気筒750cc(33HP)エンジンを縦置き搭載に変更した93に、1960年には3気筒841cc(42HP)エンジンを縦置き搭載してリアウインドーを拡大した96に発展しました。1965年にはラジエーター搭載位置をエンジン後方から一般的なエンジン前面に変えたので、フロントグリル開口部が大きくなりました。サーブ 92のラジエータがエンジン後部にあったのは寒冷地の北欧では都合が良かったのですが、寒冷地ではない輸出先ではオーバーヒートが問題となったのでラジエーター搭載位置を変えたのでした。

 

 

 1966年にはエンジンがドイツ フォード製の4サイクルV型4気筒1.5L(65HP)に切り替わり、4段変速で最高速148km/hと性能が向上しました。1969年に前後ウィンドーが拡大されヘッドライトが角型に変更されました。サーブ 96は頑丈な足回りと優れた操縦性により1962年と1963年のモンテ カルロ ラリーで連続優勝するなどラリーで大活躍しました。サーブ 96は基本的な構造はほとんどそのままで安全基準対応などの改良がおこなわれ、1980年まで長い間生産されました。総生産台数は約54万台でした。

 ミニカーは1965年に発売されたテクノ製の当時物です。フロントグリルの形状から1965年式をモデル化しています。50年以上昔に作られたビンテージミニカーなので金属パーツが主体の素朴な造形です。この当時のテクノは非常に品質の高いミニカーを作っていました。この96もプロポーションが正確で実車の雰囲気がうまく再現され、1960年代のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。普通に箱に入れたまま保管していましたが、現在でも錆がなく塗装に艶まで有るのですから、昔のミニカーの品質はたいした物です。なおテクノはサーブ 96の初期型を1962年にモデル化していて、これはそれを1965年式に変更したものです。(型番の変更なし) フロントグリル部の造形が初期型の金属製パーツのグリルにグリル開口部を追加した形になっていることがそれを示しています。これ以外のサーブ 96のミニカーはディンキー(英)の当時物、コーギー、トロフューのストリート/ラリー仕様、イクソ(ホワイトボックス、プレミアムX、国産名車コレクション)、ブレキナの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SAAB 96 1
SAAB 96 2

 以下は1966年に発売されたディンキー(英)製の当時物 サーブ 96 (1/43 型番156)の画像です。これもフロントグリルを変更した1965年式をモデル化しています。メッキしたプラスチック製パーツを使ったフロントグリル部がやや目立ちすぎる感じですが、プロポーションが良くこれも1960年代のミニカーとして良く出来ていました。ドア開閉ギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 96 3
SAAB 96 4

 以下は1990年頃に発売されたコーギー製のサーブ 96 (1/43 型番D711)の画像です。これはサーブ 96 初期型をモデル化しているので、フロントグリルの形状が上述した1965年式と異なっています。コーギーが1990年代ごろに発売していた「CLASSIC CARS」というシリーズの一つで、このシリーズはマニア向けで1950-1960年代のクラシックカーを昔のコーギー流の作風で再現した物でした。レトロな造形ながら細部はそこそこリアルに仕上げてありよく出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 96 5
SAAB 96 6

 以下は2015年に発売された国産名車コレクション製の サーブ 96 V4 (1/43 No.241)の画像です。エンジンがフォード製V型4気筒エンジンに変更された96 V4をモデル化しています。ミニカーの台座には1971年と表示されていますが、フロントグリル形状が96 V4の形状でヘッドライトが丸形ですので1966年とするのが正しいと考えます。メーカーはイクソで、イクソはカタログモデルとして96 V4をモデル化していますのでそれを流用しています。プロポーションが良く、最近のミニカーですので灯火類やドアミラーなどの細部も良く再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 96 7
SAAB 96 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=892

   

SAAB 99 1967 SWEDEN

SAAB 99 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 837 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 80HP 4段自動変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでサーブ 99のミニカー検索

 

サーブ 99 スウェーデン 1967

 

 1967年にサーブ 96の後継車としてにサーブ 99が登場しました。ボディが一回り大きくなり、エンジンはイギリスのトライアンフ製4気筒1.7L(80HP)が採用されました。エンジンを縦置きする前輪駆動方式を踏襲し全輪にサーボ付ディスクブレーキを装備し、4段変速で最高速155km/hの性能でした。先代同様に空力的に優れたボディは独得の雰囲気があり、その後のサーブ車のボディスタイルの原点となりました。当初は2ドアだけでしたが、1970年に4ドア、1974年に全長が少し長い3ドアハッチバック(コンビクーペ)、1976年に5ドアハッチバックが追加されました。

 

 当初のトライアンフ製エンジンは信頼性の問題が発生したので1972年からはサーブが内製した2Lエンジンに変わり、2ドアの高性能版EMSには燃料噴射式2L(110HP)エンジンが搭載されました。1978年には量産車として世界初の2Lターボエンジン(145HP)を搭載した99 ターボ(コンビクーペ)が登場し、この車は最高速198km/hと高性能でした。サーブ 99は様々な改良が加えられ1984年まで約60万台が生産され、アメリカ市場を中心に人気を博しました。後継車は1978年に登場したサーブ 900でした。

 

 

 ミニカーは1968年に発売されたテクノ製の当時物です。微妙なボディラインを持つサーブ 99のボディを実にうまく再現しています。角型のラインストーンをヘッドライトに使ったフロントグリルや室内などの仕上げレベルも高く当時のミニカーとしてとても良い出来ばえでした。実車同様に大きく前方に開くボンネットとドアの開閉ギミック付きです。エンジンルーム内にはエンジンが金属パーツで再現されていますが、金属パーツで作られたエンジンはメッキされたプラスチック製パーツのエンジンよりリアリティがあります。これ以外のサーブ 99の当時物ミニカーはポリスティルのセダン、ナコラルのコンビ クーペがありました。当時物以外ではトロフュー、イクソ(プレミアムX)のセダンとラリー仕様、ネオ(レジン製)のコンビクーペなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SAAB 99 1
SAAB 99 2

 以下は2017年に発売されたアシェット製の国選名車コレクションのサーブ 99 ターボ 1978 (1/43 No.303)の画像です。99 ターボはコンビクーペに設定されたモデルでしたので、リアがファーストバックで全長がセダンより長い(4.53m)コンビクーペをモデル化しています。メーカーはイクソで、イクソは型番CLC343Nで99 ターボをモデル化していますので、それを流用した廉価版です。プロポーションはしっかりしていて、実車の雰囲気がうまく再現されています。廉価版とはいえ室内の仕上げレベルを落としただけですから、フロントグリルや灯火類などの細部は結構リアルに出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 99 TURBO 1
SAAB 99 TURBO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=893

   

 

SAAB SONETT III 1970 SWEDEN

SAAB SONETT III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBIES 3756 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 65HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでサーブ ソネットのミニカー検索

 

サーブ ソネット III スウェーデン 1970

 

 ラリーで活躍した93をレース仕様として、ソネットが企画されました。初代のソネットは93のエンジンをチューンしてグラスファイバー製の2座オープンボディを載せたスポーツカーで、1956年に発表されましたが、量産には至りませんでした。2代目はアメリカ向けのスポーツカーとして96をベースにして開発され、1966年に発表されました 。FRP製のクーペボディに、2サイクル3気筒841cc(60HP)エンジンを搭載し、最高速度150km/hの性能でした。

 

 1967年には96と同じフォードの4サイクルV型4気筒1.5L(65HP)エンジンに切り替え、ソネット V4に発展しました。2代目は1969年までに約3500台が生産されました。1970年にはデザインを一新した3代目のソネット IIIが登場します。先代も個性的でしたが、そのスタイルを発展させたようなやや奇抜なデザインです。当初は1.5Lエンジンでしたが、排ガス規制による性能低下を補うべく1.7L(65HP)に拡大し、最高速度170km/hの性能でした。1974年までに約1万台が生産されましたが、当時のライバルであった日産のフェアレディ Zとは勝負になりませんでした。

 

 

 ミニカーはユニバーサルホビー製で、1/43では多分これが唯一の量産ミニカーです。(小スケールではマッチボックスがモデル化しています) 特徴的なスタイルをうまく再現してあり、細かいところもそこそこよくできています。

SAAB SONETT III 1
SAAB SONETT III 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=895

   

SAAB 9000 CC 1985 SWEDEN

SAAB 9000 CC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI C106 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 175HP 6/5段変速/5段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでサーブ 9000のミニカー検索

 

サーブ 9000 CC スウェーデン 1985

 

 900の上級車9000が1985年に登場しました。この車は資金難の為、イタリアのフィアットの「TIPO 4プロジェクト」に参加して共同開発したモデルでした。このプロジェクトでは、フィアット クロマアルファ ロメオ 164ランチア テーマが姉妹車として開発されました。このなかでサーブだけがハッチバック スタイルで、900のスタイルを継承しています。全長は900より短いのですが、ホイールベースが長いので室内は900より広く、9000はサーブの最上級車でした。

 

 1987年にはノーズが少しスラントした4ドアセダンの9000 CDが追加されました。1990年にはハッチバックもCDと同じスラントノーズに変わりました。1991年にハッチバックはノーズを低くして横長のヘッドライトを採用したCSに変わりました。(初期型ハッチバックはCCとして区別します) 1994年にはセダンのCDもCSと同じ低いノーズのデザインに変わりました。9000は1998年までに約50万台が生産されました。

 

 

 1997年に9000の後継車9-5が登場しました。GM傘下で開発された9-5はGM系列のオペルのプラットフォームを流用しており、4ドアセダンとエステート(ワゴン)の2タイプで、エンジンは4気筒2L/2.3LターボとV型6気筒3Lなどでした。2002年と2006年のマイナーチェンジでフロントやリアのデザインが変更され 、2010年まで生産されま9-5 2代目にモデルチェンジしました。9-5 2代目はボディが大型化され、4ドアセダンと5ドアワゴンの2タイプでした。サーブ社の経営不振の為、9-5 2代目は2012年に生産中止となりました。
データーベースでサーブ 9-5のミニカー検索

 ミニカーはコーギー製の当時物です。ヨーロッパの不況のせいで1980年代のミニカーは部品点数を減らした安価で粗悪な物がほとんどでした。このコーギーの9000もその代表的なもので、雑な作りと子供だましのデカールで出来も見映えも悪いですが、当時はこれしかなかったので購入しています。ただ9000のミニカーは最近までこれしかなかったということと、昔はこんなミニカーもあったことを思い出させるといったことの2点で貴重なミニカーかもしれません。9000のミニカーとしては2013年にNEO(レジン製)がモデル化しています。 また北欧で販売されているミニカー付雑誌「SAAB COLLECTION」でCDとCSがモデル化されているようです。

SAAB 9000 CC 1
SAAB 9000 CC 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1917

   

SAAB 900 CONVERTIBLE 1991 SWEDEN

SAAB 900 CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO HACHETTE 298 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 160HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでサーブ 900のミニカー検索

 

サーブ 900 コンバーチブル スウェーデン 1991

 

 1983年に900のコンバーチブルのプロトタイプが発表され、評判がよかったので1986年から生産化されました。ソフトトップを持つフルオープンの4座コンバーチブルで、900のクラシックな雰囲気に良くマッチしたデザインです。エンジンは高性能な2L ターボが多かったようです。

 サーブ社は1969年にスウェーデンの商用車メーカー スカニア社(SCANIA)と合併し、サーブ-スカニア社となりました。その後1990年代にアメリカのGMから出資を受けてサーブ-スカニアから分離しGM傘下のサーブ オートモービル社となり、2000年からGMの完全子会社となりました。  

 

 GM傘下の1994年に900の2代目が登場しました。2代目はGM系列のオペル ベクトラのプラットフォームを流用していますが、内外装のデザインはサーブの独特なスタイルを継承しています。エンジンは先代のDOHC 4気筒2L ターボ(185HP)/2.3L(150HP)に加えて、オペル オメガ用のDOHC V型6気筒2.5L(170HP)も設定されました。900の2代目は1998年まで生産され後継車9-3にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクション製で2017年の発売、メーカーはイクソです。1987年のマイナーチェンジでスラントしたフロントグリルを持つ900のコンバーチブルをモデル化しています。内装は結構リアルですが、雑誌付きミニカー故コストダウンで無彩色です。オープンカーで内装が良く見えるので無彩色の内装は物足りませんが、それ以外は良い出来ばえです。イクソはトリプル9ブランドで、同じ900 コンバーチブルをモデル化していますが、そちらは内装をしっかり仕上げてあります。(値段は約3倍ですが) これ以外の900 コンバーチブル(カブリオレ)のミニカーとしては、ミニチャンプス、ノレブ、ネオ(レジン製)などがあります。

SAAB 900 CONVERTIBLE 1
SAAB 900 CONVERTIBLE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1913

   

 

SAAB 900 S 1994 SWEDEN

SAAB 900 S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 1-19 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 128HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでサーブ 900のミニカー検索

 

サーブ 900 S スウェーデン 1994

 

 1978年に99は900にモデルチェンジしました。主たる輸出先であるアメリカ市場の衝突安全基準に対応させる為に、99のボディ前後を延ばしてクラッシャブルゾーンを設け、同時にフロントのデザインをモダンにしてインテリアも一新されました。中身は基本設計が古い99のままでしたが、独特のクラシックなボディデザインをあまり変えなかったのが功を奏して人気がありました。

 

 当初は3/5ドアのハッチバックで4気筒2L(108HP)エンジンを搭載し、5段MT/3段ATで最高速172km/hの性能でした。1987年のマイナーチェンジでノーズがスラントしてバンパーとより一体化したフロントグリルとなりました。2/4ドアノッチバック、コンバーチブルの追加、エンジンの16バルブ化、インタークーラー装着などの改良が施され、1993年までに約30万台が生産されました。基本設計は99ですから、26年間も生産されたことになります。1992年に900の2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはミニカー付雑誌の元祖デルプラドのブランドです。デルプラドのミニカーとしては出来の良い部類で、メーカーはユニバーサルホビーのようです。雑誌の記述では1994年式となっていますので、多分900の最終型をモデル化したということでしょう。これ以外のサーブ 900のミニカーは、ノレブ、ミニチャンプス、ブラーゴ、ネオなどがあります。

SAAB 900 S 1
SAAB 900 S 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=894

   

SAAB 9-3 SE 2.0 TURBO 2001 SWEDEN

SAAB 9-3 SE 2.0 TURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO JUNIOR 27105 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.65m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 200HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでサーブ 9-*のミニカー検索

 

サーブ 9-3 SE 2.0 ターボ スウェーデン 2001

 

 1998年に900の2代目は衝突安全性や操縦性を大幅に改良して、9-3に名前が変わりました。(この時期にサーバーは全車種の名前を9-5や9-7など9-*の形式に統一しています) ただ外観はほとんど変わらず、3/5ドアハッチバックと2ドアコンバーチブルの構成もそのままでした。エンジンは既存の4気筒2Lにオペル ベクトラ用の4気筒2.2L(116HP)ターボディーゼルが追加されました。なお1950年代には93という良く似た名前のモデルがありました。  

 

 1999年にはブースト圧を高めるなどして235HPにパワーアップした4気筒2.3Lターボエンジンを搭載した、ヴィゲン(VIGGEN サーブの戦闘機の名前に由来)が限定生産されました。ヴィゲンはリアスポイラーやサイドスカートなどが付き足回りが強化され、内装はカーボン調のインパネ装備といったプレミアムな仕様の高性能車でした。(最高速250㎞/h) 9-3は2002年にモデルチェンジして2代目となりました。

 

 

 ミニカーはシュコー ジュニアの当時物で、3ドアハッチバックの高性能版SEをモデル化しています。シュコー ジュニアはホンウェルのカララマとほとんど同じ物を流用している廉価版のミニカーです。これもカララマでは9-3 ヴィゲンとして発売した物とほぼ同じ物のようです。廉価版とはいえプロポーションはまずますで、ライト類の塗装仕上げ(以下フロント周りの拡大画像)などがいま一つですが、サーブ 9-3の雰囲気は良く再現されています。これ以外の9-3 初代のミニカーとしては、カララマ、ミニチャンプスなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SAAB 9-3 SE 2.0 TURBO 1
SAAB 9-3 SE 2.0 TURBO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1519

   

SAAB 9-3 2.0T 2002 SWEDEN

SAAB 9-3 2.0T 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBIES 2382 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.64m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 210HP 6/5段変速/5段自動変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでサーブ 9-*のミニカー検索

 

サーブ 9-3 2.0T スウェーデン 2002

 

 2002年に9-3はGM系列のオペル ベクトラ C(2002年)をベースとした2代目にモデルチェンジしました。2ドア コンバーチブルは残りましたが、ハッチバックは4ドアセダンに変わりました。フロントグリルにサーブのデザインを残していますが、全体的には普通のセダンになりました。エンジンもずっと使われてきたサーブの4気筒が廃止され、GM系列の4気筒1.8L/2LとV型6気筒2.8Lに変わりました。2004年にコンバーチブル、2005年にハッチバックの代わりとして5ドア ワゴンのコンビが追加されました。

 

 2008年のマイナーチェンジで、細長く切れ上がったヘッドランプでフロントの意匠が変更され、それ以外の内外装も大幅な変更が行われました。(2008年 9-3) 同年にV型6気筒2.8L(280HP)エンジンを搭載して足回りを強化し、XWDシステムと称する4WDを採用したターボXが限定生産されました。

 

 

 2009年に親会社のGMが経営破綻し、不採算部門のサーブはオランダのスパイカー カーズ社に売却されました。スパイカー カーズ傘下でもサーブの経営は改善されず2011年に破産申請し、2012年にスウェーデンの電気自動車メーカー NEVS(National Electric Vehicle Sweden)社に買収されました。2013年にNEVS社傘下で9-3は再生産されましたが、2014年に生産中止となりました。最終的にNEVS社はサーブ ブランドの廃止を2016年に公表しました。

 ミニカーはユニバーサルホビーの当時物です。ユニバーサルホビーは農機関係のミニカーを主力にしていますが、1/43の乗用車も手掛けています。プロポーションが良く、細かいところも結構リアルで、かなり良い出来ばえです。比較的安価なミニカーですが、室内も彩色されています。(以下室内などの拡大画像参照) これ以外の9-3 2代目のミニカーとしては、シュコーやヤトミンのコンバーチブル、モーターアートやカララマのコンビなどがあります。マイナーチェンジ後の最後の9-3は北欧で販売されているミニカー付雑誌「SAAB COLLECTION」でモデル化されているようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SAAB 9-3 2.0T 1
SAAB 9-3 2.0T 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1520

   

 

 

  ページ 1   

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.