ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE (SILVER GHOST) ARMOURED CAR MK IA 1920 UK

ROLLS ROYCE (SILVER GHOST) ARMOURED CAR MK IA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX YS38 1/48 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.93m 全幅約1.93m
エンジン 変速機: 6気筒 7.4L 80HP 4段変速
性能: 最高速72km/h 主砲 ヴィッカース重機関銃
データーベースでロールス ロイス シルバー ゴーストのミニカー検索

 

ロールス ロイス (シルバー ゴースト) 装甲車 MK IA イギリス 1920

 

 シルバー ゴーストはその類まれな耐久性と信頼性を評価され、イギリス軍に装甲車用としてそのシャーシを供出することを求めれられました。1914年に80HPにパワーアップしたエンジンを搭載したシャーシに装甲したボディを架装し、ヴィッカース機関銃を装備する装甲車が作られました。この装甲車は第一次世界大戦に投入され、その後装甲の強化などの改修が行われて第二次世界大戦でも使われたそうです。

 

 映画「アラビアのロレンス」で有名なイギリス軍ロレンス中尉は第一次世界大戦中のアラビア半島での作戦でロールス ロイス装甲車を愛用していました。彼は晩年にこの世で一番欲しいものを問われたとき、「シルバー ゴーストとそれに一生乗れるだけのタイヤ」と答えたそうです。シルバー ゴーストの高い信頼性を示す逸話の一つです。このように長持ちしたシルバー ゴーストのシャーシは、ボディを乗せ換えて最後は霊柩車として使われたものがたくさんあったそうです。(参考 → 霊柩車のミニカー)

 

 

 ミニカーはマッチボックス製で、1990年代に発売されたYシリーズのスペシャル エディションの一つです。イギリスのRAF REGT博物館に保存されている1920年に改修された装甲車 MK IA(→画像参照)を忠実に再現してあり、非常に良い出来です。ロールス ロイス 装甲車の量産ミニカーはたぶんこれしかないと思います。(レジン製やホワイトメタル製の少量生産ミニカーはあります) 以下はフロント/リアの拡大画像と砲塔可動ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE ARMOURED CAR MK IA 1
ROLLS ROYCE ARMOURED CAR MK IA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1624

   

ROLLS ROYCE SILVER GHOST 1922 UK

ROLLS ROYCE SILVER GHOST 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT PX43 1/43 128㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 6気筒 7.4L 50HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー ゴーストのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー ゴースト イギリス 1922

 

 ロールス ロイスは1907年からシルバー ゴーストだけを作り続け、1925年までに6000台以上を販売し、その高い信頼性で「The Best Car of the World」の名声を確立しました。シルバー ゴーストは高価でしたので、顧客は王侯貴族などがほとんどで日本の皇室も1920年に2台を購入しています。

 

 シルバー ゴーストは製造していた19年間に以下のような改良が加えられました。
1909年 オーバードライブ付の4段変速を3段変速に変更(当時はあまり変速せずに運転できるのが高級車らしかったとのことで変更)
1910年 エンジン排気量を7.5Lに拡大
1913年 変速機がオーバードライブ無しの4段変速となった
1914年 アセチレンガス式ヘッドライトを電気式に変更
1919年 スターター(電気モーター)を標準装備
1921年 木製スポークのホイールをワイヤースポークに変更
1923年 メカニカルサーボ式ブレーキを全輪に採用
 初期はオープン ボディの4座セダンだけでしたが、その後密閉式のキャビンを持つセダンなども架装されました。

 

 

 ミニカーはフランクリン ミント製の1/43クラシックカーシリーズの1つで、1990年頃に発売されました。シルバー ゴーストとしては後期のオープンカーをモデル化しています。同社の1/43のクラシックカーはややレトロな作風で独特の雰囲気があり、当時のミニカーとしては良く出来ていました。4ドアが開閉しボンネットを取り外すと6気筒エンジンが再現されています。ボディサイドのスペアタイヤの白いカバーやリアのトランクに付いたRRの赤いロゴが目立つアクセントになっています。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER GHOST 1
ROLLS ROYCE SILVER GHOST 2

 以下はボンネットを取り外した状態のエンジン/ドア開閉と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER GHOST 3
ROLLS ROYCE SILVER GHOST 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=193

   

 

ROLLS ROYCE 20HP (TWENTY) 1923 UK

ROLLS ROYCE 20HP (TWENTY) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 72 1/43 115mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒 3150cc 50HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでロールス ロイス 20/25/30のミニカー検索

 

ロールス ロイス 20HP イギリス 1923

 

 第1次大戦後の不況で高価なシルバー ゴーストだけでは販売が苦しくなったロールス ロイスは、1922年に「ベイビイ ロールス ロイス」の20HP(TWENTY)を発表します。価格はシルバー ゴーストの約半額で、同じ6気筒ですが半分の排気量の3150cc(約50HP)エンジンを搭載し3段変速機で約100km/hの性能でした。(注:名前の20HPは課税上の馬力を表示したもので、実際のエンジン出力は50HPということです) 外観的にはラジエータの前につくシャッターが横向きになっていることが特徴です。

 

 初期の変速機は3段変速でしたが、1925年に4段変速に変わりました。同じ年に、ファントムと同じギヤボックスの回転力を使った精巧なメカニカルサーボのついた4輪ドラムブレーキが採用されました。また当初横向きであったラジエータの前につくシャッターは、最終的に縦向きになりました。シルバー ゴーストより小型のエンジンを搭載していたので、あまり大型のボディを架装することは想定していなかったようですが、実際には大柄なリムジンボディが架装され動力性能不足が問題になったようです。そこで1929年にはエンジン排気量を3.7L(75HP)に拡大した20/25HPが登場しました。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1981年に発売されました。小さめなキャビンの2ドアクーペで、コンパクトなパーソナルカーといった感じがします。このようなコンパクトなボディのロールス ロイスのミニカーは珍しいと思います。リオのミニカーとしては標準的な出来ばえでしたが、発売当時はこれほど出来の良いミニカーはあまりありませんでした。購入してからもう35年以上経過していますが、塗装はきれいなままです。ただホワイトリボンタイヤのリボン部分がタイヤの有機溶剤による腐食で少し変形しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。フロントグリルのマスコット(スピリット オブ エクスタシー)とエンブレム(RR)もそこそこ良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE 20HP 1
ROLLS ROYCE 20HP 2

 以下はエンジン部分と底板部分のシャーシ/サスペンションの画像です。リオはエンジン/シャーシ/サスペンションもかなりリアルに再現しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE 20HP 3
ROLLS ROYCE 20HP 4

 以下は幌を開いたバリエーション(型番73)の画像です。室内の座席配置(後席は予備の2+2シーター)がわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE 20HP 5
ROLLS ROYCE 20HP 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=194

   

ROLLS ROYCE PHANTOM I 1926 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y36 1/45 115mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒OHV 7668cc 約100HP 4段変速
性能: 最高速141km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム I イギリス 1926

 

 ロールス ロイスは1907年からシルバー ゴーストだけを作り続け、1925年までに6000台以上を販売し、その高い信頼性で「The Best Car of the World」の名声を確立しました。シルバー ゴーストは高価なため顧客は王侯貴族がほとんどで日本の皇室も1920年に2台を購入しています。そのシルバー ゴーストもさすがに性能的に時代遅れになり、1925年に後継車として登場したのがファントムでした。(なお1929年にファントム IIが登場してからはファントム Iと呼ばれるようになりましたが、これは公式の名前ではありません)

 

  旧型のサイドバルブ式エンジンは新型のOHV6気筒 7668cc(90-100HP)エンジンに変更されました。技術的な特徴としてはギヤボックスの回転力を使った精巧なメカニカル サーボのついた4輪ドラムブレーキが採用されていることで有名でした。ファントム Iはイギリスとアメリカに製造工場があり、イギリスでは1929年まで約2200台が生産され、アメリカの工場では1931年まで約1200台が生産されました。なおイギリス版とアメリカ版ではステアリングホイールの位置、ホイールベース、変速機の仕様などが少し異なっていました。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのYシリーズで、1990年に発売されました。コーチビルダー フーパー(HOOPER)が架装した4ドア リムジンをモデル化しています。マッチボックスのYシリーズの初期の物はカラーリングや造形にやや玩具的なところがあったのですが、1980年代後期になるとスケールモデル的な造形がされるようになりました。このファントム Iも縮尺1/45と標準的な縮尺の1/43より少し小振りなのがいまいちですが、プロポーションがしっかりしていてかなり良い出来ばえです。赤茶と黒のツートンのカラーリングもロールス ロイスの雰囲気によく似合っています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM I 1
ROLLS ROYCE PHANTOM I 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=195

   

 

ROLLS ROYCE PHANTOM I 1927 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET G122 1/30 197mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 6気筒OHV 7668cc 約100HP 4段変速
性能: 最高速141km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム I イギリス 1927

 

 ロールス ロイスは1907年からシルバー ゴーストだけを作り続け、1925年までに6000台以上を販売し、その高い信頼性で「The Best Car of the World」の名声を確立しました。そのシルバー ゴーストもさすがに性能的に時代遅れになり、1925年に後継車として登場したのがファントムでした。(なお1929年にファントム IIが登場してからはファントム Iと呼ばれるようになりましたが、これは公式の名前ではありません)

 

 これもファントム Iのミニカーですが、こちらはクーペ デビルと呼ばれる運転席の屋根がない馬車時代からの伝統的なボディ形式のセダンをモデル化しています。日本のダイヤペット製で、1979年に3種類発売されたクラシックカーシリーズ(1/30)の1つです。シリーズにはこれ以外にフォード リンカーン ロードスター 1927、デューセンバーグ J 1930がありました。この当時日本のメーカーがクラシックカーをモデル化するのは珍しいことでした。1970年代後半はスーパーカーブームの後でミニカー市場は景気が良かったので、ダイヤペットはマセラティやシボレー コルベットなどの外国車をモデル化するなど、いろいろ新しいことをやっていましたので、その一環だったと思います。

 

 

 この手のクラシックカーの大スケールミニカーでは定番のフランクリンミント製と比べると精密さでは見劣りしますが、ダイヤペットとしてはかなりリアルに仕上げてあり金属部品が多いしっかりした作りで、なかなか見応えのあるモデルになっています。またこのシリーズは全て運転席のレバー操作でライトが点灯するというギミックもついていました。(単3電池2本を使用する) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM I 1
ROLLS ROYCE PHANTOM I 2

 以下はライトが点灯するギミック/ボンネットを取り外したエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE PHANTOM I 3
ROLLS ROYCE PHANTOM I 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=196

   

ROLLS ROYCE PHANTOM I CABRIOLET DE VILLE 1929 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM I CABRIOLET DE VILLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT YF56 1/24 230㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 6気筒OHV 7668cc 約100HP 4段変速
性能: 最高速141km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム I キャブリオレ ドヴィル イギリス 1929

 

 ロールス ロイスは1907年からシルバー ゴーストだけを作り続け、1925年までに6000台以上を販売し、その高い信頼性で「The Best Car of the World」の名声を確立しました。そのシルバー ゴーストもさすがに性能的に時代遅れになり、1925年に後継車として登場したのがファントムでした。(なお1929年にファントム IIが登場してからはファントム Iと呼ばれるようになりましたが、これは公式の名前ではありません)

 

 このミニカーはクラシックカーの大スケールミニカーでは定番のフランクリンミント製のファントム Iで、1989年に発売されました。客室部分が幌で覆われたキャブリオレ形式となっています。ロールス ロイス社公式認可モデルというだけあって、細かいところまで精密に再現されています。ドアやボンネットなどが開閉可能でエンジンが精密に再現されていることなどはフランクリンミント製では当たり前ですが、フロントウインンドーを跳上げることができることや有名なマスコット(フライング レディ)部分が銀メッキされていることなどはさすがとしかいいようがありません。ただ質感が良く表現された幌を開閉することまでは残念ながら出来ません。

 

 

 フロントグリル上部のロールス ロイスの赤いロゴも良く出来ています。現在のロールス ロイスのロゴは黒ですが、これは1933年に創立者の一人であったヘンリー ロイスが死去した際に、喪に服する意味でロゴが黒になったとのことです。なおもう一人の創立者のチャールズ ロールズは1910年に飛行機操縦中の事故で亡くなりました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM I CABRIOLET DE VILLE 1
ROLLS ROYCE PHANTOM I CABRIOLET DE VILLE 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部とフロントウインンドーの跳ね上げ動作/サイドステップ部分に収納された工具/車体下部シャーシの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE PHANTOM I CABRIOLET DE VILLE 3
ROLLS ROYCE PHANTOM I CABRIOLET DE VILLE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=197

   

 

ページ 1  2  3  4   次へ »