ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

RENAULT 35CV (TYPE AI) 1906 FRANCE

RENAULT 35CV (TYPE AI) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 25 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 7.4L 35HP 4段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースで戦前のルノーのミニカー検索

 

ルノー 35CV (タイプ AI) フランス 1906

 

 1903年にフランスは約3万台の自動車を生産し、世界最大の自動車生産国になっていました。当時はパナールやプジョーのシェアが高かったようで、ルノーのシェアはまだ大きくはなかったようです。1906年頃のルノーは6種類のモデルを揃えていました。それは2気筒1L/1.2Lエンジンのタイプ AX/AG、4気筒2.1Lエンジンのタイプ AM、4気筒3.1Lエンジンのタイプ X-1、4気筒4.4Lエンジンのタイプ V-1、4気筒7.4Lエンジンのタイプ AI、6気筒9.5Lエンジンのタイプ ARと小型車から大型車までそろっていました。(参照資料→The Renault range from 1908)

 

  2気筒エンジンの小型車は初期のヴォワチュレットの流れをくむもので、4気筒エンジン搭載車は初期のレーシングカーをベースにしたものでした。タイプ ARはルノー初の6気筒エンジン搭載の大型車で1907年に登場しています。画像の35CV (タイプ AI)は4気筒7.4Lエンジンを搭載した大型の高級車で、1906年の時点ではルノーの最上級車でした。ボンネットの側面に配置されていたラジエータは運転席前のスカットル部分に配置されるようになり、グリルのない台形に傾斜したボンネットを持つルノー独特の顔つき(「象の鼻」と呼ばれました)が完成しています。この顔つきは1920年代後半まで継承されました。

 

 

 ミニカーは1960年-1970年代に発売されたフランスのクラシックカー専門メーカーのサフィール(SAFIR)製です。サフィールのクラシックカーは当時のミニカーとしてはスケールモデル的なリアルな作風で、細かいところまで良く再現され、かなり良い出来ばえでした。このルノー 35CVはサフィールのなかでも大きめのモデルで、青/黄のカラーリングが綺麗で、当時の最上級車の雰囲気が良く再現されています。運転手背後のガラス仕切り上部に運転手に指令を伝える為の伝声管が付いていますので、高級なリムジーンだったことが分かります。金メッキしたモールの付いた特徴的な「象の鼻」とラジエータもリアルにできています。 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT 35CV 1
RENAULT 35CV 2

 以下は上記のバリエーションで幌を立てた状態のルノー 35CV (1/43 型番24)の画像です。幌の状態を変えた色違いで、このカラーリングも綺麗です。シャーシ/フェンダーはダイキャスト製なので塗装されていますが、ボディはプラスチック製で塗装はされていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 35CV 3
RENAULT 35CV 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=78

   

RENAULT 14CV (TYPE X) 1907 FRANCE

RENAULT 14CV (TYPE X) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 34 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 3.1L 14HP 4段変速
性能: 最高速67km/h
データーベースで戦前のルノーのミニカー検索

 

ルノー 14CV (タイプ X) フランス 1907

 

 1906年頃のルノーは6種類のモデルを揃えていました。それは2気筒1L/1.2Lエンジンのタイプ AX/AG、4気筒2.1Lエンジンのタイプ AM、4気筒3.1Lエンジンのタイプ X-1、4気筒4.4Lエンジンのタイプ V-1、4気筒7.4Lエンジンのタイプ AI、6気筒9.5Lエンジンのタイプ ARと小型車から大型車までそろっていました。(参照資料→The Renault range from 1908) 

 

 この14CVは上記モデルレンジの上から4番目のタイプ Xで、4気筒3.1Lエンジンを搭載していました。4番目といっても当時としてはかなりの高級車で、特にこのミニカーの実車はフランス政府の公用車でダブル ベルリン形式と呼ばれる長距離旅行用の立派なボディが架装されています。ベルリンとは箱型大型馬車の形式でそれが前後に二つ連結されている形なのでダブル ベルリンと呼ぶそうです。屋根には旅行用の荷物を積むルーフラックが付いています。タイプ Xは1909年に後継車のタイプ BX(→ 実車画像 タイプ BX)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1970年代に発売されたリオの初期モデルです。この当時のリオはクラシックカー専門のマニア向けブランドでした。(リオは1990年代になるとクラシックカー以外も手掛けるようになりましたが) リオのクラシックカーは細かい部品まで良く再現された手の込んだ造りで、当時のミニカーとしては最高の出来ばえでした。この14CVも金メッキされた特徴的なラジエータ、キャビン窓枠、ヘッドライトなどリアルな仕上げで、カラーリングも綺麗です。1900-1920年代のクラシックカーのミニカーは最近ほとんど作られないので、その点で貴重なミニカーでもあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と全体俯瞰/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT TYPE X 1
RENAULT TYPE X 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=79

   

 

RENAULT 8CV (TYPE AG) FIACRE 1910 FRANCE

RENAULT 8CV (TYPE AG) FIACRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 35 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 2気筒 1.2L 8HP 3段変速
性能: 最高速45km/h
データーベースで戦前のルノーのミニカー検索

 

ルノー 8CV (タイプ AG) フィアクル フランス 1910

 

 1906年頃のルノーは6種類のモデルを揃えていました。それは2気筒1L/1.2Lエンジンのタイプ AX/AG、4気筒2.1Lエンジンのタイプ AM、4気筒3.1Lエンジンのタイプ X-1、4気筒4.4Lエンジンのタイプ V-1、4気筒7.4Lエンジンのタイプ AI、6気筒9.5Lエンジンのタイプ ARと小型車から大型車までそろっていました。(参照資料→The Renault range from 1908) 

 

 この8CVはモデルレンジの最下位のタイプ AGで2気筒1.2Lエンジンを搭載していました。ルノーの2気筒エンジンは当時の2気筒エンジンのなかでも静かで取扱いが簡単であったとのことです。その為パリ辻馬車会社から大量の注文があり、距離に応じて自動で料金を算出するタクシーメータがついた世界初のタクシー専用車が製作されました。タクシーで成功したルノーは商用車にも進出し、ルノーのバスやトラックがフランス中に広がり、ルノーはフランス最大の自動車メーカーに成長していきました。なおフィアクル(FIACRE)とはCARRIAGE(馬車)の意で辻馬車という意味もあります。タクシー仕様は以下「AG タクシー ド ラ マルヌ」の欄に記載しています。

 

 

 ミニカーは1970年代に発売されたリオの初期モデルです。この当時のリオはクラシックカー専門のマニア向けブランドでした。(リオは1990年代になるとクラシックカー以外も手掛けるようになりましたが) リオのクラシックカーは細かい部品まで良く再現された手の込んだ造りで、当時のミニカーとしては最高の出来ばえでした。この8CVは上記の14CV(タイプ X)のバリエーションとして作られました。実車は同じようなシャーシで搭載するエンジンを変えていたそうですから、ミニカーでもバリエーションとして8CVが作れるわけです。(エンジンは)載せていませんが) 出来ばえは14CVと同等ですが、こちらは運転席がオープンですので、運転席周りの造形が良く分かります。 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席周りの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT TYPE AG FIACRE 1
RENAULT TYPE AG FIACRE 2

 以下は1960-1970年代に発売されフランスのサフィール製のAG ランドレー 1907 (1/43 型番5)の画像です。上記リオと同じ形式のボディを架装したAGをモデル化しています。サフィールもクラシックカー専門のブランドで、リオほど手の込んだ作りではないですが、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。プラスチック製なので経年変化でボディ全体が少し弓なりに変形しています。またタイヤもゴムが劣化して切れている部分があります。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 8CV (TYPE AG) LANDAULET 1
RENAULT 8CV (TYPE AG) LANDAULET 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=80

   

RENAULT 12/16CV (TYPE BZ)  1910 FRANCE

RENAULT 12/16CV (TYPE BZ) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 9032 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 2.4L 14HP 3段変速
性能: 最高速67km/h
データーベースで戦前のルノーのミニカー検索

 

ルノー 12/16CV (タイプ BZ) フランス 1910

 

 前述した4気筒エンジンを搭載するルノー タイプ AM系の後継車として、1908年に12/16CV (タイプ AZ)が登場しました。タイプ AZは4気筒2.4L(14HP)エンジンを搭載した中型車で、最高速56km/hの性能でした。(参照画像 → ルノー タイプ AZ) タイプ AZの後継車として1909年に12/16CV (タイプ BZ)が登場しました。タイプ BZは1910年にはタイプ CBに変わりました。このタイプAZとBZとCBは同じ4気筒2.4L(14HP)エンジンを搭載していて、12/16CVと呼ばれていますので、基本的には同じモデルだと思います。(どこがどう違うのかは分かりません)

 

 12/16CVは中型車でリムジーン、ランドレー、ツーリングクーペなど様々なボディが架装されました。この画像の12/16CVは2座クーペでパーソナルカーとして使われたもので、ドクター クーペと呼ぶことが多いボディ形式です。当時車を個人所有していたのはお医者さんが多く、往診するのにこのような車を使うことが多かったのでドクター クーペと称したようです。この車ではリアは荷物を置くスペースのように見えますが、この形式のボディでは折りたたみ式の補助席(ジャンプ シート)が収納されている場合が多いです。

 

 

 ミニカーは1965年に発売されたコーギー製で、当時のマニア向けのクラシック シリーズの一台です。コーギーのクラシック シリーズはいずれも当時のミニカーとしては群を抜いて素晴らしい出来ばえでした。このルノー 12/16CVはプロポーションが正確で、灯火類/幌/ドライブシャフト/後輪デフなどが金属製パーツで構成されていて、プラスチックをほとんど使わない重厚でマニア向けの凝った作りになっています。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰/底板分部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT 12/16CV 1
RENAULT 12/16CV 2

 以下は1963年に発売されたマッチボックス製のルノー 2シーター 1911 (1/40? 型番Y02)の画像です。これも年式などから12/16CVをモデル化しているものと思われます。マッチボック流の簡略化がされていますが、当時のクラシックカーのミニカーとしては良く出来ていました。縮尺は1/40とされていますが、それにしては小さいので、1/43ぐらいでできているものと思われます。50年前に購入したので、経年変化でシートの色が退色しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 12/16CV (TYPE BZ) 3 width=
RENAULT 12/16CV (TYPE BZ) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=82

   

RENAULT CAMION (TYPE AG?) 1910 FRANCE

RENAULT CAMION (TYPE AG?) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE 10 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 2気筒 1.2L 8HP 3段変速 3段変速
性能: 最高速45km/h ?
データーベースで戦前のルノーのミニカー検索

 

ルノー カミオン (タイプ AG? ) フランス 1910

 

 前述したようにタクシーで成功したルノーは商用車にも進出し、ルノーのバスやトラックがフランス中に広がり、ルノーはフランス最大の自動車メーカーに成長していきました。これはその商用車の一例でルノー カミオン(CAMION)です。カミオンとはフランス語でトラックやバスの意で、商用バンはフランス語でカミオネット(CAMIONNETTE)といいます。年式から判断して、タクシーに使われたタイプ AGのトラック仕様をモデル化しているようです。(4気筒エンジン搭載のタイプ BZあたりかもしれませんが) 荷台にはワイン?の樽のようなものを積んでいますが、フランスは農業国でもあるのでこのようなトラックの需要があったようです。ちなみに戦後のシトロエン 2CVも同じような貨物運搬需要で売れたとのことです。

 

 ミニカーは1960-1970年代に発売されたMINIALUXE(ミニオール)製です。この時代のトラックはあまり知られていないのですが、このミニカーで当時はこんな感じのトラックがあったのだということを知ることができ、面白いミニカーです。特に荷台に積んだ樽は本物の木材で作られているので、プラスチック製の物とは違って実にリアルです。(樽は荷台から取り外すこともできます) これ以外にもミニオールは同じルノーの幌付トラックもモデル化しています。ミニオールのミニカーは全体がプラスチックでできているので、このトラックは経年変化でボディが少し変形しています。

 

 

 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT 14/18CV CAMION 1
RENAULT 14/18CV CAMION 2

 以下は1960-1970年代に発売されたMINIALUXE(ミニオール)製のルノー 軍用トラック(CAMION DE GUERRE) 1907 (1/43 型番23)の画像です。フランス語の「CAMION DE GUERRE」とは「WAR TRUCK」の意で軍用物資を運搬するトラックのようです。上記のトラックにより年式が古く、フロントウィンドースクリーンとヘッドライトが付いていません。このトラックは経年変化でボディが大きく弓なりに変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 14/18CV CAMION 3
RENAULT 14/18CV CAMION 4

 以下は1983年に発売されたマッチボックス製のルノー AG バン 1910 (1/38 型番Y25)の画像です。これはタイプ AGの商用バンで、「PELLIER」のロゴと広告を表示したデリバリーバンです。なお「PELLIER」(ペリエ)はフランスの炭酸入りミニラルウォーターのブランドです。広告用にデザインされた荷台が個性的で面白く、ルノー AGのクラシックカーとしても良い出来ばえです。マッチボックスは同じ型番で他の企業ロゴのバリエーションを数種類モデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT AG VAN 1
RENAULT AG VAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=83

   

 

RENAULT TYPE AG BUS 1910 FRANCE

RENAULT TYPE AG BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y44 1/38 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L? 3段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでルノー 初期モデルのミニカー検索

 

ルノー タイプ AG バス フランス 1910

 

 ガソリン エンジンを搭載した最初のバスは1894年のベンツ バスとされていて、これは馬車にエンジンを追加したものでした。自動車は辻馬車(タクシー)や乗合い馬車を代替する公共交通手段として発展してきました。乗合い馬車は路線バスに発展し、有名なロンドン 2階建てバスの最初のモデルは1904年頃に登場しています。(参照画像→ディムラー 2階建てバス 1904)

 ただ最初からこのような大型バスが一般化したわけではなく、その前段階としてタクシーを大型化したような小型バスがありました。このような小型バスは鉄道の駅から最寄りのホテルまでお客を送迎する送迎バスとして始まったようです。この送迎バスが発展して、大都市から近郊の町(駅)まで定期運行するローカル線が登場するようになりました。また観光地などへの道路が整備されたことで、バカンス旅行にもバスが使われるようになり、豪華な観光バスも登場するようになりました。

 

 ルノー タイプ AGのタクシーは「タクシー ド ラ マルヌ」として有名で、当時のフランスの代表的なタクシーでした。当時のバス事業者は小型バスのベースとしてもタイプ AGを使っていたようです。多人数を乗せるタクシーは1906年頃に登場し、様々なサイズのバスが作れられ、フランスでもルノーの2階建てバス 1927年があったようです。なおタイプ AGはバスだけではなく救急車や商用バン/トラックにも使われました。

 

 

 ミニカーはマッチボックス製で、1991年頃に発売されました。ルノー タイプ AGの路線バスをモデル化しています。 側面の「WESSERLING BUSSANG」の表示は、フランスの東端にあるウェセルランとその近郊のビュッサンとの間を運行する路線のことで、「Vincent Fontaine」は地名でしょうか? 客室はリアに昇降口があり、室内は中央が通路で対面式のベンチシートがあります。(実車画像には乗車定員が15人と記されていますが、そんなに乗れるのかやや疑問?) 縮尺1/38と中途半端なサイズで最近のミニカーほど精密ではありませんが、マッチボックスのクラシックカーにはノスタルジックで素朴な味わいがあります。(時代考証もある程度きちんとされています) マッチボックスはタイプ AG 商用バンもモデル化しています。以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン/運転席部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT TYPE AG BUS 1
RENAULT TYPE AG BUS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1877

   

REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 1914 FRANCE

REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO ALTAYA  1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 2気筒 1.2L 8HP 3段変速
性能: 最高速45km/h
データーベースで戦前のルノーのミニカー検索

 

ルノー タイプ AG タクシー ド ラ マルヌ フランス 1914

 

 前述したようにルノー タイプ AGはタクシーとして使われました。タイプ AG タクシーは画像のようなランドレー形式のボディが一般的でしたが、密閉式キャビンのセダンやフルオープンのフェートン、商用バンなどもあったそうです。ルノーは1905年にタクシー会社を設立し自社のタクシーを大量に採用しました。この会社以外にパリにはタクシー会社が2つあり、1914年には約10000台のタクシーがあったそうで、その80%以上がタイプ AGのタクシーだったとのことです。

 

 第1次大戦初期の1914年9月にドイツ軍がパリの間近に迫ったとき、パリのタクシー 1300台がフランス軍6000人を一夜にしてパリから50km離れたマルヌの前線に送り込み、フランス軍の勝利に寄与したのでした。この大活躍でタイプ AG タクシーは「タクシー ド ラ マルヌ」(マルヌのタクシー)と呼ばれるようになりました。当時のタクシーはライトを装備していませんでしたので、夜間移動の際にはライト(石油ランプ式?)を追加したのだと思います。ちなみにタクシー料金は会社が運転手に支払ったそうです。

 

 

 ミニカーはミニカー付雑誌「TAXI DEL MONDO (世界のタクシー)」(→参照WEBサイト)のフランス版用として作られたものです。メーカーはイクソ(アルタヤ)で、雑誌付きの安価なミニカーですが、そこそこ良く出来ています。幌の下に見える黒い四角い箱がタクシーメータです。どのような料金表示をするのか興味があったので色々と調べたのですが分かりませんでした。(当方の想像ですがアナログ式スピードメータのように指針で料金を示すものだと思います。この件をご存じのかたがいらっしゃれば掲示板で教えて下さい) 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 1
REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 2

 以下は1960-1970年代に発売されたフランスのサフィール製のタイプ AG タクシー ド ラ マルヌ 1907 (1/43 型番7)の画像です。前述したサフィール製のタイプ AG (型番5)のバリエーションです。ライトやキャビン横のランタンなどが外され、スペアタイヤを追加してタクシー仕様になっています。当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。プラスチック製なので経年変化でボディ全体が少し弓なりに変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 3
REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 4

 以下は1960-1970年代に発売されたフランスのサフィール製のルノー グランド レミス(GRANDE REMIS) 1906 (1/43 型番21)の画像です。グランド レミスとは元々は「豪華な貸し馬車」のことで、パリを訪れた王侯貴族などが利用した馬車で、現在でいうところのタクシーより上等で格式の高いハイヤー(運転手付きの貸し切り乗用車)にあたります。タクシーはライトが付いていないのですが、これは片方だけ付いているので、タクシーではないことが分かります。したがってこの車はタイプ AGではなくもっと高級なタイプ Xやタイプ Vなのかもしれません。プラスチック製なので経年変化でボディ全体が弓なりに変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
REAULT GRANDE REMIS 1
REAULT GRANDE REMIS 2

 以下は1960-1970年代に発売されたフランスのラミー製のAG タクシー ド ラ マルヌ 1907 (1/43 型番1)の画像です。型番1なのでラミーの最初のモデルです。したがって上の3台より製作時期的にはかなり古いので素朴な作りですが、当時のミニカーとしてはまずまずの出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 5
REAULT TYPE AG TAXI DE LA MARNE 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=81

   

 

ページ 1