ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

VOLKSWAGEN KdF 1938 GERMANY

VOLKSWAGEN KdF 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 400 1/43 95mm

 

フォルクスワーゲン KdF ドイツ 1938

 

 VOLKSWAGENとは直訳すると「国民車」で、この名前は戦前のナチスが掲げた「国民車構想」に由来しています。「国民車構想」とは国民の誰もが買える安価な実用車を開発するというもので、同じような構想を持っていたフェルディナント ポルシェ博士がその開発にあたりました。1938年に完成したプロトタイプにはKdF(Kraft durch Freude:喜びを通じての力)という政治スローガン的な名前が付けられました。

 

  ミニカーは初期のビテス製です。バンパーやホイールがボディと同色になっていていかにもそれらしい感じですが、実車はメッキされているものもありました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 985cc 24HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=232

   

VOLKSWAGEN KdF CABRIOLET 1939 GERMANY

VOLKSWAGEN KdF CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 105 1/43 95mm

 

フォルクスワーゲン KdF カブリオレ ドイツ 1939

 

 KdFは空冷の水平対向4気985cc(後に1311cc) 24HPエンジンをリアに搭載し、車両重量685kg、最高時速100km/hの性能でした。開発目標にアウトバーンを100km/hで連続走行できることという項目があり、その為当時としてはかなり空力を考慮したボディとなっています。またそのせいで燃費は50km/h定地で17km/Lと良好でしたが、0-60km/h加速は17秒台とかなり遅いものでした。

 

 KdFにはセダン(オプションでソフトトップのサンルーフが付く)とカブリオレがありました。このリオ製のミニカーはドイツ式の分厚い幌が付いたカブリオレです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 985cc 24HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=233

   

 

VOLKSWAGEN TYPE 82 KUBELWAGEN 1940 GERMANY

VOLKSWAGEN TYPE 82 KUBELWAGEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 27194 1/43 89㎜

 

フォルクスワーゲン タイプ82 キューベルワーゲン ドイツ 1940

 

 キューベルワーゲンはKdFベースの軍用車、独語のkubel とはバケツの意味で初期のシートがバケット(bucket:英語でバケツ)式だったことやボディ形状がバケツ型であったことからこのあだ名が付いたようです。後輪のホイールに減速ギヤが内蔵されていて駆動力を高めるとともに床下高を上げて悪路走破性を高めています。(4輪駆動ではありません)

 

 ミニカーはシュコー(JUNIOR LINE)製です。パーツのほとんどがプラスチック製で完成品のプラモデルといった出来映えで、非常に細かい所まで再現されています。(昔プラモデルが好きだった私には懐かしい車種です)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m
エンジン 変速機: 4気筒 985cc 24HP 4段変速
性能: 最高速80km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=235

   

VOLKSWAGEN SCHWIMMWAGEN 1942 GERMANY

VOLKSWAGEN SCHWIMMWAGEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITTES RMV99001 1/43 93㎜

 

フォルクスワーゲン シュビムワーゲン ドイツ 1942

 

  シュビムワーゲンはKdFベースの水陸両用軍用車 で上記のキュベルワーゲンの発展型です。独語のschwimmenは泳ぐという意味でそのまんまのあだ名です。車台がバスタブのような構造になっていて、エンジンが1131ccに強化され悪路走破性の高い4輪駆動となっています。またリアにエンジンで駆動する跳ね上げ式のスクリューを持っていて10km/hで水上走行できました。

 

 ミニカーはビテス グループの軍用車をモデル化しているビクトリア(VICTORIA)製、備品や細かな部分がプラスチックパーツで再現されていて、リアのスクリュウの跳ね上げも可能です。ユニークな車で軍用車マニアでなくても一台欲しくなるミニカーです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約
エンジン 変速機: 4気筒 1131cc 24HP 4段変速
性能: 最高速80km/h水上10km/h 4輪駆動
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=236

   

VOLKSWAGEN COMMANDER 1943 GERMANY

VOLKSWAGEN COMMANDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO SL040 1/43 95mm

 

フォルクスワーゲン コマンダー ドイツ 1943

 

  国民がこの車を買うための積立て貯金システムが開始され20万人以上がこのシステムに加入し、1938年には専用の生産工場も完成しました。ところが1939年に戦争が始まった為、生産工場はKdFをベースとした軍用車の生産に転じ、結局KdFは一般国民にはほとんど渡らずじまいで敗戦となってしまいました。

 

 ミニカーはリオ製 軍用車に転用されたKdFで、ヘッドライトが灯火管制の為ひさしの付いたブラックアウトタイプになり、ジープのようなアウトドア用のタイヤを履いてます。リオはこのほかにも迷彩を施したものなど数種類の軍用KdFをモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 985cc 24HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=234

   

 

VOLKSWAGEN BEETLE KARMANN CABRIOLET 1949 GERMANY

VOLKSWAGEN BEETLE KARMANN CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO SL041 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1134cc 25HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ビートルのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ビートル カルマン カブリオレ ドイツ 1949

 

 ビートルのカブリオレ仕様は元々のKdFにもありました。戦後へプミュラー社が2+2座席のカブリオレ、カルマン社が4座席のカブリオレを製作していました。へプミュラー社のカブリオレは畳んだ幌が後部座席部分に隠れてしまうようになっているのが特長でした。

 

 なお1949年にへプミュラー社の工場が火災にあってからは、カルマン社だけの生産になりました。カブリオレは通常のビートルの1.5倍の価格でしたが、高級なビートルとして人気が高く1979年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは上記と同じリオ製のカブリオレです。カブリオレのミニカーのほとんどは畳んだ幌が大きくはみ出したカルマン社の4座席で、実車同様にこのような2トンカラー仕立てになっています。なおへプミュラー製カブリオレのモデルは少なくて、ミニチャンプスやノレブぐらいしかありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=510

   

VOLKSWAGEN T1 (TYPE 2) PICKUP TRUCK 1950 GERMANY

VOLKSWAGEN T1 (TYPE 2) PICKUP TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI GS06 1/46? 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1134cc 25HP 4段変速
性能: 
データーベースでフォルクスワーゲン T1のミニカー検索

 

フォルクスワーゲン T1 (タイプ2) ピックアップ サービスカー ドイツ 1950

 

 フォルクスワーゲンの商用車は総称としてトランスポーターと呼ばれ、貨物運搬用のバンやトラック、多人数乗用のマイクロバス、貨物乗用兼用のワゴン(独ではKombi:コンビ)などの多くのバリエーションがあります。トランスポーターはその世代毎に第1世代(1950-1967)をT1、第2世代(1967-1979)をT2、第3世代(1979-1992)をT3と区分し、最新のトランスポーターは第5世代(2003-)のT5です。

 ビートルと同じ後輪駆動のT3あたりまでをタイプ2と呼び、世界中に多くのマニアがいるようです。日本のマニアはタイプ2をワーゲンバスと呼んでいるようです。

 

 T1(タイプ2)の当時物として、コーギーのモデルを紹介します。これは単品ではなく、ギフトセットとして入手した物です。(セットの写真) レーシング クラブのサービスカーという設定で荷台にはスペアタイヤや工具が積んであり、リアにはウインチが付いていてこのウインチは実際に巻き上げることが出来ます。

 

 

 人気の高いT1のミニカーは非常にたくさんあり、現在でも新製品が毎年数十台出ています。T1のミニカーで有名なものとしては、1960年代頃に販売されたテクノのシリーズで、バン、ピックアップ、バスなど数十種類のバリエーションがありました。国産品ではトミカ ダンディがあり、こちらも特注品などが多くありました。(もっと知りたい方は左のデーターベース検索をクリック)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=517

   

VOLKSWAGEN BEETLE EXPORT 1951 GERMANY

VOLKSWAGEN BEETLE EXPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 107 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1134cc 25HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ビートルのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ビートル 輸出仕様 ドイツ 1951

 

 戦後フォルクスワーゲンの工場はイギリス軍が管理し、1946年から生産が再開されました。ただナチスが進めていたKdF(ビートル)に戦勝国は魅力を感じなかったようで、引取先がありませんでした。結局オペルで工場長をしていたハインツ ノルトホフが再建を引き受けました。 彼はオペルの親会社GMで生産と販売について学んでおり、アメリカ式の大量生産方式を取り入れ、販売面でもアメリカ式サービスを徹底させKdFを世界のビートルに変身させました。

 

 ミニカーが一番多く作られている車がビートルであることはほぼ間違いないと思います。そんななかから、私の好みでリオ製のビートルを選びました。リアウインドーが2分割の初期型の輸出仕様をモデル化しています。プロポーションが良く適度に古くさい(懐かしい)出来映えで、ビートルらしい愛嬌が感じられるミニカーです。リオはカブリオレもモデル化していて、商用車、軍用車などビートルのバリエーションを約60種類ほど作っています。

 

 

 そのビートルのバリエーションの変わり種として、クリスマス仕様の物があります。ヨーロッパの老舗ミニカーメーカーは毎年12月になるとクリスマス仕様のミニカーを発売します。日本にはほとんど輸入されないのであまり見かけませんが、日本の初春仕様トミカのようなものです。 以下が1999年のクリスマス仕様として作られたビートル(型番SL077)の画像です。金メッキされたビートルにサンタさんのフィギュアとプレゼントの箱が付いています。プレゼントの箱には青、緑、赤、金色の色違いが4種類、サンタのフィギュアも4種類、ビートルのタイヤが白いものなど色々の組合せがあって、シリアル番号付きの1000台限定品として発売されました。遊び心がある楽しいミニカーになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN BEETLE EXPORT Xmas 1
VOLKSWAGEN BEETLE EXPORT Xmas 2

 以下はリオの1998年のクリスマス仕様のフィアット 8CV(型番SL060)の画像です。雪が積もった雰囲気の台座に金メッキしたフィアット 8CV、サンタさんのフィギュア、ツリーが配置されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FIAT 8CV Xmas 1998 1
FIAT 8CV Xmas 1998 2

 これ以外のクリスマス仕様のミニカーがみたい方はこちら→ データーベースでクリスマス仕様のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=509

   

 

VOLKSWAGEN BEETLE EXPORT 1952 GERMANY

VOLKSWAGEN BEETLE EXPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 431051206 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1134cc 25HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ビートルのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ビートル 輸出仕様 ドイツ 1952

 

 ビートルの年間生産台数は1946年には約1万台でしたが、10年後には50万台以上になっていました。1949年から輸出が始まり、その後世界で一番多く輸出された車となりました。

 

 初期のビートルの仕様は空冷水平対向4気筒1134cc (25HP)エンジンをリアに搭載し、変速機はマニュアル4段、最高速105km/h、ブレーキは前後ともドラムといったものでした。特に傑出したところはありませんが、この車の人気はそういう物とは別次元のようです。

 

 

 ビートルは基本的なスタイルを変えないまま、1980年頃まで長い間生産されました。その間に改良が加えられ細部も変わっていきました。ミニチャンプスはビートルをたくさんモデル化していますが、細かな仕様の違いのほぼ全てが網羅されています。これは初期の輸出仕様で、このモデルはリアのパネルを開いてエンジンを見ることができます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=511

   

VOLKSWAGEN KARMANN GHIA COUPE (TYPE 14) 1955 GERMANY

VOLKSWAGEN KARMANN GHIA COUPE (TYPE 14) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430005002 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.2L 30HP 4段変速
性能: 最高速118km/h

 

フォルクスワーゲン カルマン ギア クーペ (タイプ 14) ドイツ 1955

 

 ビートルをベースにして1955年に登場したスポーティーカーがこのカルマン ギア (タイプ 14)で、1957年にはオープンのカブリオレが追加されています。デザインはイタリアのカロッツェリア ギアによるもので、カルマン社がボディを製作していました。ビートルのパワートレーンやシャーシをそのまま使っているので、性能的にはビートルと大差なく特に高性能というわけではありません。

 

 しかしベースがビートルですので値段も維持費も安く、また何よりも見た目がかっこ良いので人気がありました。エンジンは1.3、1.5、1.7Lと順次拡大され1973年まで長い間生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプスの初期物です。古典的なスタイルですが、なかなか魅力的なこの車のデザインが良く再現されていると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=513

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6   次へ »