ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL 5/10HP STADT-COUPE 1908 GERMANY

OPEL 5/10HP STADT-COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 22 1/43 83mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 12HP 4段変速
性能: 最高速55km/h
データーベースで戦前のオペルのミニカー検索

 

オペル 5/10HP シュタット クーペ ドイツ 1908

 

 前述したようにオペルはフランスのダラック社と提携しオペル ダラックをライセンス生産することで技術を習得しました。オペルは1902年のハンブルク モーターショーに2気筒1.9L(12HP)エンジンを搭載した独自設計の小型車10/12HPを発表し1906年から製造を始めました。(10/12HPとは課税上の馬力区分が10HPで実際の馬力が12HPという意味です) 1906年にはダラック社との提携を解消したので、オペル ダラックは1907年に生産中止となりました。

 

 このミニカーがモデル化している実車は、ニ玄車の書籍「世界の自動車 オペル」によると10/12HPの改良型の5/12HPになるようです。5/12HPは4気筒1.6L(12HP)エンジンを搭載し4段変速で最高速55km/hの性能でした。このシュタット クーペ(STADT-COUPE 英語ではTOWN-COUPE)という名前は、密閉した客室(クーペ)形式のボディを意味しています。ミニカーでみてもずいぶん車高が高いですが、実際に車内で立っていられるほどの高さがあったそうです。なおこのシュタット クーペの年式はミニカーの底板に明記されている1908年ではなく1911年だと書いてあるWEBサイトもあります。またトリノ自動車博物館関係の書籍によると5/12HPは1912年式とも書かれていますので、どれが正しいか分かりませんが、ミニカーに明記された年式を優先しました。

 

 

 ミニカーは1960年代に発売されたドイツのチィス(ZISS-MODELL)製です。チィスはMINI-AUTO社のブランドでドイツ車中心でクラシックカー、乗用車、商用車などのミニカーを1960年代に生産していました。チィスのミニカーはフロントグリルや灯火類などに金属部品を使っていますのでがっちりとしたつくりとなっています。このシュタット クーペも金属製のロゴ入りのラジエータグリルに独特の雰囲気があります。細かい部分もそこそこ再現していますので、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL STADT-COUPE 1
OPEL STADT-COUPE 2

 以下は上記のバリエーションでオープン仕様のオペル トルペード 1908 (1/43 型番43)の画像です。キャビン部分を幌を開いたオーペン仕様に変更したもので、それ以外は上記と同じです。なおこの時代の車は馬車時代の名残で右ハンドルが一般的でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL STADT-COUPE 3
OPEL STADT-COUPE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=73

   

OPEL 4/8HP DOKTORWAGEN 1909 GERMANY

OPEL 4/8HP DOKTORWAGEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 20 1/43 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1029㏄ 8HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
データーベースで戦前のオペルのミニカー検索

 

オペル 4/8HP ドクトルワーゲン ドイツ 1909

 

 前述したようにオペルの独自設計した車が1906年から登場しました。その当時のオペルの一番有名な小型車が1909年に登場した4/8HPでした。4/8HPは4気筒1029cc(8HP)エンジンを搭載し3段変速機で最高速度60km/hの性能でした。2シータの小型車で狭い路地などにも入っていけるので、患者を診察するために長距離を運転する地方都市のお医者さん向けということで「ドクトルワーゲン」の名前が付けられました。またこの車は信頼性が高く安価であったことから、お医者さんだけではなく一般人にも広く使われるようになりました。

 

 オペルはこのような実用車でその地位を固め、1910年頃には年間数千台を生産するドイツで最大の自動車メーカーになっていました。1911年に同社の工場は火事で大部分が焼失しました。工場の再建にあたり、オペルはミシン製造を止めて自動車製造に専念することを決め、自動車製造用の最新設備で新工場が建設されました。当時の自動車メーカーは自社の優秀性を示すためにレースに参戦していました。オペルも1904年から参戦し1907年のカイゼルプライス(Kaiserpreis) レースでは4気筒8L(75HP)エンジンを搭載したレースカーが3位/4位となりドイツ車として最高の成績を残しています。(優勝したのはフィアットでした) その後もオペルは1920年代半ばまでレース活動を続けていました。(実車画像→ オペル レースカー 1907)

 

 

 ミニカーは1960年代に発売されたドイツのチィス(ZISS-MODELL)製です。チィスはMINI-AUTO社のブランドでドイツ車中心でクラシックカー、乗用車、商用車などのミニカーを1960年代に生産していました。チィスのミニカーはフロントグリルや灯火類などに金属部品を使っていますのでがっちりとしたつくりとなっています。このドクトルワーゲンも上述したシュタット クーペ同様にロゴ入りのラジエータグリルに独特の雰囲気があります。灯火類や幌も金属製でややごついですが、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。これ以外のドクトルワーゲンのミニカーはマッチボックス、ガマなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席周りの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL DOKTORWAGEN 1
OPEL DOKTORWAGEN 2

 以下は1967年頃に発売されたマッチボックス製のオペル ドクトルワーゲン (1/38 型番Y04)の画像です。ヘッドライトがフロントグリル横から生えているなどマッチボックス流の簡略化がされていますが、実車の雰囲気はうまく再現されていて1960年代のミニカーとしては良い出来ばえでした。経年変化でフロントグリル(プラスチック製)の赤色が退色しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL DOKTORWAGEN 3
OPEL DOKTORWAGEN 4

 以下は1965年頃に発売されたガマ製のオペル ドクトルワーゲン (1/45 型番986)の画像です。前述したオペル ダラックと同じガマのクラシックカーで、メタリック塗装でフィギュア付である点が同じです。ガマ流のデフォルメがされているので、やや実車とイメージが違っていますが、ドクトルワーゲンであることは分かります。こちらに乗っているフィギュアは帽子とネクタイでなんとなくお医者さんという感じがします。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL DOKTORWAGEN 5
OPEL DOKTORWAGEN 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=74

   

 

 

ベテラン期 ←  ページ 1   → ビンテージ期