ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN CEDRIC (130) 1966 JAPAN

NISSAN CEDRIC (130) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CAM C43008BK 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 100HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースで日産 セドリック 130型のミニカー検索

 

日産 セドリック 130型 日本 1966

 

 1965年にセドリック 130型が登場します。先代のアメリカ車風デザインから一転してランチアのような重厚なイメージですが、これもピニンフ ァリーナのデザインです。4気筒2L(92HP)、6気筒2L(100HP)、スペシャル6専用のOHC6気筒2L(115HP)エンジンが設定され、3速AT/4速MTで最高速150km/h(OHC2L)の性能でした。なおセドリック 130型では3ナンバー規格の普通車の設定がありませんでした。

 

  当時の日本ではピニンフ ァリーナ スタイルは理解されなかったようで、セドリックは1966年と67年にリアを変更し、1968年のモデルチェンジではフロント部分を大幅に変えてオリジナルのイメージが消えています。→ 1968年式 セドリック 日産はブルバートとセドリックで外国人のデザインに懲りたと思われます。なおこの車には既にクーラー(エアコンではなく単なるクーラー)がオプション設定されていたようです。

 

 

 当時物のミニカーとしてはダイヤペットが型番145で1966/67年式、型番186で1968年式を、モデルペットが型番33で1966/67年式をモデル化しています。これだけ年式違いがモデル化されているのも珍しいのですが、どれもレアなので残念ながら持ってません。画像は2012年6月に発売されたCAM製で、CAMのミニカーとしては初めてのダイキャスト製です。プロポーションが良く、最近のミニカーとして申し分のない仕上がりです。これ以外にはアドバンスピリット(アンチモニー製)の前期型セダン/バン、トミカ リミッテドで前期型と後期型などがモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC (130) 1
NISSAN CEDRIC (130) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=915

   

NISSAN (DATSUN) SUNNY 1000 (B10) 1966 JAPAN

NISSAN (DATSUN) SUNNY 1000 (B10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 2 1/43 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.82m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 56HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速135km/h
データーベースで日産 サニーのミニカー検索

 

日産 サニー 1000 B10型 日本 1966

 

 ブルーバードより小型のモデルが無かった日産が、1Lクラスに進出したのがサニーで、1966年に登場しました。サニーという名前は発売前の車名公募キャンペーンで選ばれました。欧州で大成功したオペル カデットの影響を受けているとウイキペディアに書かれていますが、確かにシンプルなデザインのボディなど良く似ています。エンジンは新規に開発された4気筒1L(56HP)のA型で、3段AT/4段変速で、最高速135km/hの性能でした。

 

 発売当初の販売は好調でしたが、半年ほど後に発売されたトヨタ カローラの排気量が100cc大きくやや豪華に見えることから、販売ではカローラに抜かれてしまいました。確かに今見てもサニーの方がシンプルな分だけ、やや見劣りする気がします。(ここら辺がトヨタらしいところです) 当初は2ドアセダンだけでしたが、4ドアセダン、2ドアクーペ、バン、トラックが追加されました。

 

 

 当時物のミニカーとしてはダイヤペットのセダンとクーペ、トミカ初期のクーペがあります。画像は国産名車コレクション製で、このシリーズでは良い出来ですが、エブロの型を流用していると思われます。またトミカ リミッテドでは4ドアと2ドアのセダンがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=923

   

 

TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 1966 JAPAN

TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 16 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 60HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでトヨタ カローラ/スプリンター 初代のミニカー検索

 

トヨタ カローラ 1100 KE10型 日本 1966

 

 1966年に登場したカローラ(花の冠の意)はコロナとパブリカの間を埋める車として企画されました。実用性重視で販売が芳しくなかったパブリカの反省から、実用上の性能を確保した上で内外装に高級感を追加した車となっていました。新開発した4気筒1.1L(60HP)型エンジンを搭載し、フロアシフトの4/3段変速で最高速140km/hの性能でした。ボディデザインはスポーティな味付けがされた目新しい物で、グッドデザインだと思います。

 

 ライバルの日産 サニーより排気量を100cc大きくした戦略があたり、コロナを抜いて国内販売1位となり商業的に大成功しました。1967年に4ドアとバンが追加され、1969年には1.2L(68HP)エンジンに切り替わりました。1968年にはスポーツ仕様を求めるユーザー層に対応してスプリンターが追加されました。カローラはその後のトヨタ流の車作り(80点主義)の原点となった車でした。1970年に2代目カローラにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクション(ノレブ製)のもので、2006年に発売されました。プロポーションが良くフロントやリアの雰囲気など実車のイメージがうまく再現されていてかなり良い出来ばえです。当時物ミニカーとしてはダイヤペットの物がありました。2008年にエブロからモデル化され、それもこのノレブ製と同じような良い出来ばえです。トミカ リミテッド ヴィンテージ(1/64)では2ドアと4ドアがモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 1
TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 2

 以下は1967年に発売されたダイヤペットのカローラ(型番160)を当方が改造した物の画像です。学生時代(45年ぐらい前ですが)に車体を白に塗り替えてヘッドライトに小さな電球を組込むなどの改造を行いました。現状はリアスプリングがへたっているなどいろいろと見苦しいところがありますが、ダイヤペットのオリジナルが結構良い出来であったことがわかると思います。後に発売されたスプリンターはフロントグリルやバンパーがプラスチック製パーツに変えられていますが、これはメタル製です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 1
TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 2

 以下は2008年に発売されたトミカ リミッテドのカローラ セダン(型番LV-55b)の画像です。トミカ リミッテドは1/64なので1/43に比べると小さいですが、小さいながらもフロントグリルやホイールなどがうまく再現されていて良い出来ばえです。
TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 5
TOYOTA COROLLA 1100 (KE10) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=970

   

MAZDA LUCE 1966 JAPAN

MAZDA LUCE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 158 1/40 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 78HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでマツダ ルーチェのミニカー検索

 

マツダ ルーチェ 日本 1966

 

 マツダがファミリアの次に発売したのは高級車のルーチェでした。(ルーチェとはイタリア語で光の意です) トヨタ クラウンや日産 セドリックのような法人用途ではなく、オーナードライバー向けのパーソナルカーを目指した車でした。ルーチェの最大の特徴はその美しく上品なスタイルで、ベルトーネ時代のジウジアーロのデザインでした。4気筒1.5L(78HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速150km/hの性能でした。

 

 大柄なボディに1.5Lエンジンはややアンダーパワーで、1967年にエンジンを86HPにパワーアップし、内外装をスポーティに仕上げたSSが追加され、さらに1.8L(100HP)エンジンも追加されました。(1.8Lの最高速は160km/h) 当時の日本ではこのようなパーソナル用途の高級車の需要は少なくあまり売れませんでした。ただしデザインの良さで欧州向け輸出は好調だったそうです。

 

 

 ミニカーは1967年に発売されたダイヤペット製の当時物です。実車を正確にスケールダウンした秀作ですが、シンプルなデザインゆえにこの1/40のサイズではそのイメージが希薄になります。(多分もう少しデフォルメしたほうがそれらしく見えるはずです) なおヘッドライトにダイヤカットガラスを使ったのは、ダイヤペットではこれが初めてのはずです。前述したモデルペットのファミリアに比べるとこちらはノーズ先端部分など少し塗装が剥がれていますが、これは子供のころに遊んで何かにぶつけたことが原因です。2019年現在でも初代ルーチェのミニカーはこのダイヤペット製の当時物しかありません。(ミクロペットのルーチェはプロトタイプですので別です) この車のデザインは素晴らしいと思うので、どこかがダイキャスト製でモデル化して欲しいです。 以下はフロント/リアの拡大画像とトランク/ボンネット開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA LUCE 1
MAZDA LUCE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1013

   

 

HONDA S800 COUPE 1966 JAPAN

HONDA S800 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKT(FR) 1408 1/43 78㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.33m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 791cc 70HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでホンダ S500/S600/S800のミニカー検索

 

ホンダ S800 クーペ 日本 1966

 

 前述したホンダ S500発売の5ヶ月後(1964年)にはS600が登場しました。エンジンを606cc(57HP)に拡大し、最高速が145km/hに向上しています。構造的な変更は無くフロントグリルが変更され、それに合わせてバンパー形状も変更されています。1965年には密閉されたキャビンを持つクーペが追加されました。

 1966年にS600はS800に切り替わります。エンジンを791cc(70HP)に拡大し、最高速が160km/hに向上しています。独得のリアのチェーン駆動はS800登場の数ヶ月後には、一般的なリジッドアクスルに変更されました。エンジンフードにはパワーバルジが追加されていますが、これはダミーです。

 

 高性能なS800は国内のモータースポーツで活躍し、海外でも1967年のニュルブルクリングでクラス優勝するなど活躍しています。モナコのグレース王妃に愛用されるなど、海外で高評価を得た初めての日本車となりました。1970年までに約12000台が生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で、1969年に発売されています。仏ディンキーらしいスケールモデル的な良い出来ばえで、現在でも絶版モデルとして人気が高いです。このミニカーはフロントグリルのホンダのエンブレムのHの上下を間違えていることでも有名です。当時の国産車が外国でモデル化された物としては、トヨタ 2000GTに次ぐ2番目でいかに人気があったかがよく分かると思います。

 S600の当時物ミニカーとしてはミクロペットとその型を引き継いだダイヤペットがありました。最近ではトミカ リミッテド(クーペ)、エブロ(オープン/クーペ)、国産名車コレクションのクーペがあります。S800の当時物ミニカーはダイヤペットとモデルペット(オープン/クーペ)がありました。最近ではオートアートの1/18、エブロ(オープン/レース仕様ハードトップ)、トミカ、トミカ リミッテド(オープン/クーペ)、ビテス、ノレブ、国産名車コレクション、京商サークルK、レジン製のMARK43などたくさんあります。

 以下はディンキーのS800 クーペのフロント/リアの拡大画像とボンネット開閉/エンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA S800 COUPE 1
HONDA S800 COUPE 2

 以下はモデルペットのS800(型番34)の画像です。50年以上も前に作られたミニカーです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA S800 1
HONDA S800 2

 以下は国産名車コレクションのS800(No.4)の画像です。国産名車コレクションにはこれの色違いの赤で幌付(No.92)もあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA S800  3
HONDA S800 4

 以下は国産名車コレクションのS600 クーペ(No.29)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA S600  COUPE 1
HONDA S600 COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1050

   

SUBARU 1000 1966 JAPAN

SUBARU 1000 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 20 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.93m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 水平対向 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでスバル 1000のミニカー検索

 

スバル 1000 日本 1966

 

 360の成功を追い風に小型車市場に進出する為に開発されたのが1000で、1966年に登場しました。360開発の際に時期尚早として見送った前輪駆動方式を採用したのが最大の特長です。これには前輪を駆動する必須パーツである等速ジョイントが必要でしたが、東洋ベアリング(現:NTN)と共同で開発しています。エンジンは現在でもスバルの特徴である水平対向4気筒1.1L(55HP)で、これをフロントに縦置きに配置しています。

 

 サスペンションは360と同じトーションバーを使った4輪独立懸架で、インボード ブレーキを採用するなど、独創性のある設計がされています。前輪駆動方式のメリットで室内が広く、ボディのデザインもシンプルで開放的な良いデザインです。4段変速、最高速度130km/hの性能でした。

 

 

 1967年に2ドアとバンが追加され、68HPにパワーアップして前輪ディスクブレーキを採用した高性能仕様のスポーツも追加されました。1969年にエンジンを1.1Lに拡大し、名前をff-1に変更しています。カローラやサニーなどとは一味違った小型車としてスバル車ファンを獲得し、小型車市場でスバルの基盤を固めました。1000は前輪駆動小型車の先駆けとして、アルファ ロメオのアルファスッドなどの欧州車がお手本としたほど技術的に優れた車でした。

 当時物のミニカーはダイヤペットのアンチモニー製しかありません。このミニカーはその後ff-1として再発売されていますが、ff-1の当時物もこれだけです。最近になって、コナミから2ドア、トミカ リミッテドからは2ドアと4ドアが出ました。画像は国産名車コレクション(ノレブ製)の物で、フロントの造形などが実車を良く再現してあり、かなり良い出来映えです。エブロからは1000ではなくff-1のスポーツがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1066

   

 

ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  ...78 次へ »