ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1965 UK

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 158 1/41 125㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー シャドウのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー シャドウ イギリス 1965

 

 シルバー クラウドは完成の域に達していましたが、技術的には旧態化していました。ライバルであった メルセデス ベンツからハイテクを駆使した超高級車のベンツ 600が1963年に発表されました。この車に対抗する意味もあって新型のシルバー シャドウが1965年に登場しました。シルバー シャドウは前後フェンダーがボディサイドに一体化された近代的なデザインとなり、モノコックボディ、全輪独立懸架、油圧式車高調整、全輪ディスクブレーキなど先進的な技術を採用していました。

 

 車体のサイズはシルバー クラウドより小さくなりましたが、近代的なモノコックボディの採用で室内は広くなっていました。モノコックボディ故にボディを大きく変えることができず、コーチビルダーが独自にデザインしたボディを架装することは無くなりました。ロールス ロイスといえども時代の流れには逆らえないということでした。エンジンは改良され出力が向上し、4段自動変速機仕様で最高速度は180km/hの性能でした。1969年にロングホイールベース版が標準ボディ化されました。1977年にサスペンションの改良、室内のデザイン変更、バンパーの大型化、オートエアコン標準装備などの改良が行われ、シルバー シャドウ IIにモデルチェンジしました。

 

 

 このミニカーもディンキー(英)製で1967年に発売された当時物です。フロントグリルやバンパーに金属製パーツを使ったディンキーらしい出来ばえで、ボンネット/トランク/4ドア開閉のフルギミックで凝った作りとなってます。こうしてロールス ロイスのミニカーをまとめてみると、ディンキーはロールス ロイスをまめにモデル化していたことが良く分かります。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2

 以下はドアの開閉ギミック/室内とボンネット開閉ギミック/エンジンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 3
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 4

 以下は1983年頃に発売されたフランスのエリゴールのシルバー シャドウ(1/43 型番1047)の画像です。ノレブのプラスチック製(型番33)の型を流用しているようです。プロポーションが良く、当時のミニカーとしては良い出来ばえです。ヘッドライトが黄色なのはフランス仕様です。フロント グリルの異なるベントレー T(型番1048)もありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2

 以下は1978年に発売されたダイヤペットのシルバー シャドウ(1/40 型番G71)の画像です。フロントグリルの造形がかなりオーバーなデフォルメですが、ロールス ロイスの当時物ミニカーとしては結構良い出来ばえです。なお1978年に発売しているので、シルバー シャドウ IIをモデル化しているのかもしれません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=795

   

TRIUMPH 1300 1965 UK

TRIUMPH 1300 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 162 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 61HP 4段変速
性能: 最高速133km/h
データーベースでトライアンフ 1300のミニカー検索

 

トライアンフ 1300 イギリス 1965

 

 トライアンフ ヘラルドの後継車として1965年に1300が登場しました。レイランド グループとして初の前輪駆動車で、BMCのミニに対抗する車でした。この車は通常の縦置きエンジンを前後逆に配置するルノー式の前輪駆動方式を採用していました。4気筒1.3L(61HP)エンジン、4段変速で最高速133km/hの性能でした。ボディは2000と同じミケロッティのデザインで、フロントグリル以外は上級車の2000のイメージをダブらせています。(フロントはライバルのモーリス 1100に良く似ている気がします)

 

 モノコックボディ、全輪独立サスペンションなど上級車2000と同じ進歩的な設計で、上級小型車としてヒットして商業的に成功しました。1970年に前後のデザインを変え1.5Lエンジンを搭載した1500にモデルチェンジしました。1300の総生産台数は約14万台でした。なお1970年には1300を後輪駆動車に変更したトレド(TOLEDO)が登場しています。トレドは1300の廉価版で、前輪駆動車になじめないユーザー向けの車でもありました。

 

 

 ミニカーは1967年に発売されたディンキー(英)の当時物です。前述した2000と同じ50年前のビンテージミニカーで素朴な作りですが、これも実車の雰囲気をうまく再現した味のあるミニカーに仕上がっています。2000と同じでボンネットとトランクの開閉ギミックが付いています。ヘッドライトにダイヤカットガラスが使われるなど、2000よりも少しだけ目新しい仕上げになっています。1300の量産ミニカーはこの当時物しかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネット/トランクの開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TRIUMPH 1300 1
TRIUMPH 1300 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=824

   

 

FORD TRANSIT MK I POLICE ACCIDENT UNIT 1965 UK

FORD TRANSIT MK I POLICE ACCIDENT UNIT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 287 1/40? 122mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型4気筒 2L 86HP 4段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでフォード トランジットのミニカー検索

 

フォード トランジット MK I 交通事故処理車 イギリス 1965

 

 商用車テームズ 400Eの後継車として1965年にトランジット MK Iが登場しました。テームズ 400Eは当時のライバルのベッドフォード CAなどに対して積載量で劣っていた為ボディを大きくし、ベッドフォード CAに似た短いノーズを持つデザインに変わりました。ホイールベースの異なるロングとショートのボディがあり、ピックアップトラックやミニバスもありました。トランジットはドイツとイギリスの両フォードに共通するモデルでした。

 

 当初のエンジンはV型4気筒1.7L/2Lとパーキンス社製4気筒1.6Lディーゼルで、サイズが大きいディーゼルはノーズを前方に延ばして搭載していました。このロングノーズ版には緊急車両用としてV型6気筒3Lエンジンを搭載した高性能モデルもありました。1978年のマイナーチェンジで、フロントのデザインが大幅に変更され、MK IIとなりました。当サイトのデータベースでは車名に世代を意味するMK *を付けています。1965年のモデルをMK I、1978年モデルをMK II、1986年モデルをMK III、1991年モデルをMK IV、1994年モデルをMK Vとしています。(MK Iはマイナーチェンジでフロントのデザインが2回変更されているようで、この変更はa b cを付けて区別しています)

 

 

 ミニカーはディンキー製の当時物(1967年発売の初期型)で、ロングボディの交通事故処理車をモデル化しています。ディンキーらしいがっちりした作りで、当時のミニカーとして良くできています。ポリス仕様として警察官のフィギュアが乗っていて、ルーフには青色灯とレーダースピードガンが付いています。右側スライドドア、左側ドア、リアドアが開閉し、車内には車線規制用の3角コーンと標識が積まれています。それらを取り出して並べると交通事故処理の簡単なジオラマが出来上がります。ディンキーはフロントが変更されたMK IIも含めてバン、救急車、ポリスカーなど十数種類をモデル化しています。(MK Iには縮尺の異なる2タイプがあります) トランジットのミニカーはたくさんあり、特にブレキナはMK I(ドイツではMK IをMK IIと呼ぶのでブレキナの車名表示はMK II)のマイナーチェンジを作り分けていて、様々なタイプを約40種類もモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席スライドドア/3角コーンと標識を並べた画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD TRANSIT MK I POLICE ACCIDENT UNIT 1
FORD TRANSIT MK I POLICE ACCIDENT UNIT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1848

   

FORD D800 TRUCK 1965 UK

FORD D800 TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 914 1/43 130mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約2.2m
エンジン 変速機: 6気筒 6L ディーゼル 128HP など 4段変速?
性能: 最高速 不詳  
データーベースでフォード D800のミニカー検索

 

フォード D800 トラック イギリス 1965

 

 イギリス フォードの商用車は1930年代のフォード Y型の商用バン仕様(E83W)から始まりました。この商用車はフォードソン(FORDSON)のブランド名で展開されました。フォードソンはフォードの農業用トラクターのブランドとして知られていますが、イギリス フォードの商用車のブランドとしても使われました。1937年には5t積みの大型トラック フォードソン 7Vが登場しました。(実車画像→ フォード Y型 商用バン仕様(E83W)) (実車画像→ フォードソン 7V)

 1949年に大型トラック 7Vを後継するフォードソン テームズ ET6/7が登場、1954年にアングリアをベースにした小型商用バンの300Eが登場しました。1957年にE83Wを後継するキャブオーバー型商用バンのテームズ 400Eと、大型トラック ET6/7を後継するテームズ トレーダーが登場しました。なお1957年に商用車のフォードソン ブランドはなくなりフォードに戻りました。1965年にテームズ 400Eはトランジットに、テームズ トレーダーはDシリーズに変わりました。(実車画像→ フォード 300E) (実車画像→ フォードソン テームズ トレーダー)

 

 キャブオーバー式商用車はエンジン整備の為にキャブを傾けて(チルトして)開く必要がありますが、Dシリーズはカウンターウエイトを使う方法でほぼ片手でキャブの開閉ができました。このようにDシリーズは、ライバルのGM系列のベッドフォード TK(1959年登場)などに比べて近代的な構造のキャブオーバー式トラックでした。エンジンは4/6気筒のガソリン/ディーゼルで、1967年にV型8気筒7.7Lディーゼルを積むイギリス フォード最大の大型トラック D1000が追加されました。Dシリーズは1981年に後継のカーゴ(CARGO)シリーズに切り替わりました。

 

 

 ミニカーはテクノ製でブランド表記が「KIRK」に変わった1970年頃に発売されたものです。フォード D800 ダンプ トラックをモデル化したテクノの傑作ミニカーでした。50年以上も前に作られた昔のミニカーですが、私の知る限りでは、1/43サイズではこれが一番精密で凝ったギミックを持つ商用車ミニカーであると思います。(単なるスケールモデル的な精密さだけなら、現在のヘルパやブッシュの1/87の商用車の方が優れていますが) もちろんプロポーションも良くできています。ギミックを付けるとプロポーションが崩れるなどと言われることがありますが、技術力のあるメーカーがギミックを付ければそんなことはありません。このミニカーのプロポーションとギミックの出来ばえを見れば、それは技術力の低いメーカーの言い訳に過ぎないことが分かります。(ギミックはコストが掛かりますので、コストダウンでギミックを付けなくなったことに対するメーカー側の言い訳でもあります)

 そのギミックについて、以下の簡易動画で詳しくお見せします。(画像のマウスオーバーやタップで簡易動画がスタートします) まずはキャブのドア開閉ギミックですが内張付きのドアはスムーズに開閉し、室内も良く再現されています。次に当時のテクノのミニカーのほとんどに付いていた前輪操舵ギミックですが、車体下部のシャーシ、エンジン、サスペンション、ドライブシャフトなどのメカ部分が良く再現されていて、前輪は車体を傾けることで操舵できます。(操舵メカはさすがに実車と同じというわけではありませんが、頑丈な金属パーツでしっかり作られていて、普通の扱いではまず壊れません)

ford d800 door
ford d800 steer

 次は荷台のダンプ操作ギミックです。荷台をダンプさせるには、荷台左前にあるレバーを前方にスライドさせて荷台のロックを外してから車体を後退させれば、後車軸の回転と連動して荷台がダンプします。(簡易動画では撮影の都合で後退していませんが) このギミックは非常に良く考えられた仕組みで、ここにも頑丈な金属パーツが使われています。最後にキャブのチルト動作ギミックです。実車同様ににキャブ全体が前ヒンジで開き、エンジンや補器類が再現されています。エンジンが左に45度傾けて搭載されていることまでわかります。なお荷台やエンジンなどが白い軟質プラスチックで再現されていて、あまり色合いがリアルでないのは、玩具としての味付けでしょう。(軟質プラスチックは乱暴に扱っても壊れにくいことから採用されています)
ford d800 dump
ford d800 tilt

 テクノはこれよりホイールベースが長いトラックもモデル化していて、荷台に企業ロゴを印刷したプロモーション用モデルのバリエーションも多くありました。同時期にコーギーも同じようなフォードのトラックを数種類(カートランスポーターなど)モデル化していますが、これはD800ではなく、アメリカ フォードのHシリーズです。それ以外のD800のミニカーはディンキー(ダンプカーや道路清掃車など) やマッチボックスの当時物もありました。(最近のものはないようです) Dシリーズより以前のトラック、テームズ トレーダーやテームズ ET6はディンキー(英)やスポットオンの当時物などがありました。

 以下は1971年に発売されたディンキー(英)製の当時物 フォード D800 ジョンソン 道路清掃車 (1/43 型番451)の画像です。D800をベースにしたイギリスのジョンソン スイパー(Johnston Sweepers)社の道路清掃車(ロードスイーパー)をモデル化しています。縮尺1/43で全長140㎜X全幅54㎜の少し大きなミニカーになっています。ディンキー(英)らしいがっちりとした作りで、ごみを貯めるタンクなどがリアルでとても良く出来ています。当時のミニカーは面白いギミックが付いているのですが、これはタンクの上にあるゴミを吸引するホースが可動し、タンクの下にある道路上のごみを掻き上げるブラシ(タンク左下にある丸いブラシとボディ底面にあるブラシ)が実車同様に回転します。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD D800 ROADSWEEPER 1
FORD D800 ROADSWEEPER 2

 以下はフロント/リアの拡大画像と吸入ホースの可動/床下のブラシを駆動する構造の画像です。路上の大きなごみはタンク上から延びる吸入ホースで吸い取るようで、そのホースの吸入口を移動させる操作ができます。またミニカーを押して走らせると後輪の回転を金属ベルトで伝達して2つのブラシを回転させる構造になっています。(金属ベルトを使っているのは、玩具としては凝った構造です) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD D800 ROADSWEEPER 3
FORD D800 ROADSWEEPER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1897

   

ASTON MARTIN DB5 DROPHEAD COUPE 1965 UK

ASTON MARTIN DB5 DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 110 1/42 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 282HP 5段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでアストン マーチン DB5のミニカー検索

 

アストン マーチン DB5 ドロップヘッド クーペ イギリス 1965

 

 1963年にアストン マーチン DB5にフルオープン仕様のドロップヘッドクーペ(ソフトトップを持つコンバーチブル)が追加されました。なお1965年以降のアストン マーチンのコンバーチブルにはボランテ(VOLANTE)という名前が付けられるようになり、DB5のコンバーチブルの一部にもボランテの名前が付けられたようです。1964年にはエンジンを330HPまでパワーアップした高性能版ヴァンテージが追加されました。また経営者のデビット ブラウン向けにリアをワゴン風に改造したシューティング ブレークが特注で製作され、同様の改造がコーチビルダーによっても行われたようです。(→シューティング ブレー 実車画像)

 

 DB5の内装は豪華な本革仕様で、既にパワーウインドーが標準装備され、3段自動変速機もオプション設定されました。DB5は1965年にDB6にモデルチェンジしました。DB5は2年間で約1000台しか生産されていません。その中でヴァンテージは65台、コンバーチブルは123台だったそうです。当時の本国での価格は約5000ポンドで、当時のレートで換算すると約500万円となります。1960年代の価格ですから、やはりかなり高額の車だったようです。

 

 

 ミニカーは1966年に発売されたディンキー(英)の当時物です。ディンキー(英)らしいがっちりとした作風で、当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえでした。発売されたのは1966年ですので、車としては既にDB6に切り替わった時期ですが、このドロップヘッドクーペはテールエンドの形状などからDB5として作られています。DB5のドロップヘッド クーペのミニカーはこれしかないようです。なお同時期に発売された後述のクーペ(型番153)はDB6のミニカーとなっています。以下はフロントの拡大画像/ボンネットを開いたエンジンルーム画像とリアの拡大画像/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ASTON MARTIN DB5 DROPHEAD COUPE 1
ASTON MARTIN DB5 DROPHEAD COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=861

   

 

ASTON MARTIN DB6 1965 UK

ASTON MARTIN DB6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 153 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4L 282HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでアストン マーチン DB6のミニカー検索

 

アストン マーチン DB6 イギリス 1965

 

 アストン マーチン DB5は1965年にDB6にモデルチェンジしました。ホイールベースが95mm延長され高速安定性が向上しました。また全長の50mm延長で後席が拡大し、パワーステアリングとエアコンがオプション設定され居住性も向上しました。外観はほとんど同じように見えますが、前後バンパーが分割タイプとなり、空力効果があるテールエンドが持ち上がったカムテールが採用されました。エンジンはDB5と同じDOHC 6気筒4L(282HP)で、DB5とほぼ同じ性能でした。325HPにパワーアップした高性能版のヴァンテージもありました。

 

 1969年に後継車のDBSが登場し、DB6はマイナーチェンジでMK IIとなりました。MK IIはDBSの部品を共用しており、幅広くなったタイヤをカバーする為ホイールアーチにフレアーが追加されました。DB5と同じくクーペとドロップヘッドクーペ(コンバーチブル)のボランテが設定され、少数ですがシューティング ブレークもコーチビルダーにより製作されました。DB6は1970年まで生産され、総生産台数は約1800台でした。

 

 

 ミニカーは1966年に発売されたディンキー(英)製の当時物です。前述したドロップヘッドクーペ(型番110)の型を流用して、ボディ後半部分を変更しているようです。前後バンパーはDB5のままで変更されておらずリアのカムテールがかなり誇張されていますが、全体的なプロポーションは良くできていると思います。縮尺を1/42から1/43に変更しているので、このDB6のほうがDB5 ドロップヘッドクーペより全長が短くなっています。(なおこのミニカーのフェンダー周りの変色は、汚れではなく経年変化?によるもので拭いてもとれません) DB6の量産ミニカーは不思議なことに最近までこれしかありませんでした。最近になってスパーク(レジン製)とマトリックス(レジン製)がクーペとボランテをモデル化しました。以下はフロントの拡大画像/トランクを開いたリアの拡大画像と室内の画像/ボンネットを開いたエンジンルーム画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ASTON MARTIN DB6 1
ASTON MARTIN DB6 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=862

   

LOTUS ELAN S2 1965 UK

LOTUS ELAN S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 319 1/40 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 105HP 4段変速
性能: 最高速161km/h?
データーベースでロータス エランのミニカー検索

 

ロータス エラン S2 イギリス 1965

 

 ロータス セブンの後継車として開発されたエランは1962年に登場しました。ユニークなデザインのオープンカーで、DOHC 4気筒1.5L(100HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速185km/hと高性能で操縦性にも優れていました。エリートで問題となったFR樹脂製モノコック ボディの代わりに、鋼板のバックボーン フレームにFRP樹脂製ボディを被せるという構造が採用されました。この構造による生産性向上でエランはセブン並みの低価格で発売することができ、それ故に大ヒットしました。

 

 1965年にはS2(シリーズ 2)に発展しハードトップを持つクーペが追加され、丸形2灯のリアライトが楕円形に変更されました。1966年にS3(シリーズ 3)に発展し、1967年にホイールベースを延長して2+2座とした+2(プラス 2)が追加され、1968年にS4(シリーズ 4)に発展しました。1975年に生産中止となりましたが、総生産台数は約18000台とロータス社に大きな利益をもたらしました。またバックボーン フレームにFRP樹脂製ボディを被せる構造はその後のロータス車の基本となりました。

 

 

 ミニカーは1967年に発売されたコーギーの当時物です。ハードトップが追加されたS2をモデル化しています。実車の雰囲気が良く再現された良い出来ばえです。一見しただけでは分かりませんが、このミニカーにはエランの特徴であるバックボーン フレーム構造(シャーシ)をリアルに再現した非常にマニアックなギミックが付いています。なおエランのミニカーは最初はオープン仕様のロードスター(型番318)として1965年に発売され、その型を変更してシャーシを取り外すことができるギミックを追加したものがこの型番319です。その為本来S2は楕円形のリアライトなのですが、そこは修正されずS1の丸形2灯のままになっています。 このミニカーのギミックの詳細はこちらのページをご覧ください。→ ロータス エランのギミック紹介ページ
 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/シャーシの脱着ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LOTUS ELAN S2 1
LOTUS ELAN S2 2

 エランのミニカーはビテス、エブロ、京商、オックスフォード、サンスターの1/18などがあります。  以下は2004年に発売されたビテス製のエラン S2 (1/43 型番27753)の画像です。楕円形テールライトのS2のロードスターをモデル化しています。コーギー同様に実車の雰囲気がうまく再現されていて、室内などの細部も良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS ELAN S2 3
LOTUS ELAN S2 4

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。ヘッドライト開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS ELAN S2 5
LOTUS ELAN S2 6

 以下は2002年に発売されたデルプラド 世界の名車シリーズのエラン S4 クーペ (1/43 No.77)の画像です。テールライトが大型化されたS4をモデル化しています。底板に京商のロゴがあるので、京商の型を流用しているようです。世界の名車シリーズのなかでは良い出来ばえだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS ELAN S2 7
LOTUS ELAN S2 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=866

   

MG MGB GT 1965 UK

MG MGB GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-3B 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 98HP 4段変速
性能: 最高速173km/h
データーベースでMG MGB/MGCのミニカー検索

 

MG MGB GT イギリス 1965

 

 MGBはMGAの後継として1962年に登場しました。基本設計はMGAと同じですが、モノコックボディの採用などでより近代的な車となっています。4気筒OHV1.8L(89HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速170km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1965年に実用的なテールゲートの付いた2+2座クーペがGTという名前で追加されました。このGTのデザインには当時BMCと関係のあったピニンファリーナの影響が感じられましたが、公式には発表されていません。

 

 1967年には6気筒2.9L(150HP)エンジンを搭載した高性能版のMGC(最高速202km/h)が登場しました。MGBは改良を重ねて1967年にMK II、1969年にMK IIIに発展しました。1973年にGTにオールアルミ合金製のV型8気筒3.5L(137HP)エンジンを搭載したGT V8(最高速200km/h)が登場しました。1974年にアメリカの衝突安全規制に対応して、前後バンパーが衝撃吸収機能付の樹脂製に変更され外観が大幅に変更されました。1980年まで生産され、総生産台数は約50万台でした。MGBはレース/ラリーでも活躍し、実用的な入門用スポーツカーとして大ヒットしました。MGといえばこのMGBが思い浮かぶほど有名な車でした。

 

 

 ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。当時のマニア向けのミニカーですので、シンプルな作りですがまずまずの良い出来ばえです。ライトが黄色いのはフランス仕様ということかもしれません。当時物ミニカーとしてはディンキーのロードスター、コーギーのMGB GTとMGC GTなどがありました。最近のものではミニチャンプス、オートアート、バンガーズ、国産名車コレクションのMGBなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG MGB GT 1
MG MGB GT 2

 以下は1969年に発売されたコーギーの当時物ミニカー MGC GT(1/44 型番345)の画像です。コーギーは1967年に型番327でMGB GTをモデル化していますが、これはそれをMGCに変更したものです。当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえです。ドアとテールゲートが開閉し、おまけとしてトランクが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGC GT 1
MG MGC GT 2

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/リアゲートの開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGC GT 1
MG MGC GT 2

 以下は2015年に発売された国産名車コレクションのMGB(1/43 No.235)の画像です。メーカーはイクソで、雑誌付きミニカーとして標準的な出来ばえです。オープンカーなので室内が黒一色なのは最近のミニカーとしてはやや物足りませんが。。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGB ROADSTER 1
MG MGB ROADSTER 2

 以下は2001年に発売されたデルプラドの世界の名車コレクションのMGB(1/43 No.10)の画像です。このシリーズのミニカーとしては標準的な出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG MGB ROADSTER 3
MG MGB ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=871

   

 

MARCOS MINI 850GT 1965 UK

MARCOS MINI 850GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 341 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.59m 全幅約1.46m
エンジン 変速機: 4気筒 850cc 34HP 4段変速
性能: 最高速137km/h
データーベースでマーコスのミニカー検索

 

マーコス ミニ 850GT イギリス 1965

 

 マーコス ミニはミニのパーツを流用して作られたスポーツカーで、1965年に登場しました。ボディ、シャシーはベニア合板とFRPによるモノコックで、サスペンション/エンジンのパワートレーンからランプ類までミニのパーツを使っていました。この車の最大の特徴はミニよりも450mmも低い車高(1.01m)の独得なボディで、非常に魅力的でかわいいです。

 ユーザー自身が組み立てるキットカーとして販売され、エンジンなどをユーザーが選択することができました。ミニの850cc(34HP)エンジンを搭載したものは、最高速137km/h(オリジナルのミニは117km/h)の性能でした。1974年までに約1000台ほどが販売されました。

 

 マーコス社は1970年には非常に奇抜なデザインをした4座のGTカー マンティス(MANTIS:カマキリの意)を発表しました。マンティスは全長約4.75mX全幅約1.81mX全高1.17mの大柄で低い車高のボディにトライアンフ TR6の6気筒2.5(135HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速193㎞/hの性能でした。高性能で豪華なGTカーということでしたが、販売台数はたったの32台でした。マーコス社は販売が低迷し1972年に倒産し、その後1980年代に一旦復活し1990年代にはLMシリーズなどの小型スポーツカーを生産していましたが、結局2007年頃に消えました。(実車画像→ マーコス マンティス 1970)

 

 

 ミニカーはコーギー製の当時物で1968年に発売されました。実車の魅力的なボディがうまく再現されていて、非常に素晴らしいミニカーに仕上がっています。このミニカーにはさらにタイヤが交換出来るという凝ったギミックも付いています。参照→マーコスのギミックのページ コーギー絶頂期のミニカーですので、64万台以上が生産されています。コーギーは世界的にはマイナーな存在だったマーコス車をひいきにしており、マーコス ボルボ 1800やたった32台しか作られなかったマンティスもモデル化していました。マーコス ミニは2008年にスパークでもモデル化されました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MARCOS MINI 850GT 1
MARCOS MINI 850GT 2

 以下は1971年に発売されたコーギーのマーコス マンティス(1/43 型番312)の画像です。車高が高いのでいまひとつ実車のイメージから外れていますが、奇抜なデザインの車をそれなりに再現しています。実車は32台しか売れませんでしたが、このミニカーは20万台も売れています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MARCOS MANTIS 1
MARCOS MANTIS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=878

   

AC SHELBY COBRA 427 1965 UK

AC SHELBY COBRA 427 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4533 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 390HP 4段自動変速
性能: 最高速262km/h
データーベースでAC シェルビーのミニカー検索

 

AC シェルビー コブラ 427 イギリス/アメリカ 1965

 

 イギリスのAC カー(AC CARS)社の歴史は1905年に発売されたオートキャリアー(AUTO CARRIER)という名前の3輪商用車から始まりました。 (実車画像→ AC オートキャリアー) この車は荷馬車に変わる運搬手段として好評を博し、1911年にオートキャリアー社が設立されました。その後この車をベースにした4輪車が開発され、自社開発した6気筒エンジン搭載車も発売しました。1922年にAC カー社と改名し、1930年代には優れた小型スポーツカーのメーカーとして地位を確立し、6気筒2Lエンジンを搭載したAC エースという名前のレースカーが活躍しました。 (実車画像→ AC エース 1936)

 

 第2次大戦後の1947年に6気筒2Lエンジン搭載車を発売し、1953年にロードスターのエースが登場し、翌年にはそのクーペ仕様のエースカ(ACECA)が登場しました。この車のレース仕様がエース ブリストルで、イギリスのブリストル社の6気筒2Lエンジンを搭載していました。この車はルマンなどのレースに出場しており、この車のアメリカでのレース活動に注目したレーシングドライバーのキャロル シェルビーがこの車にフォードのV型8気筒エンジンを搭載することを提案し、AC シェルビー コブラの開発が始まりました。 (実車画像→ AC エース 1954)

 

 

 フォードのハイパワーエンジンを搭載する為に、リアデフ、サスペンション、ブレーキなどが強化され、1962年にシェルビー コブラが完成しました。初期型のコブラ 260はV型8気筒4.2L(264HP)エンジンを搭載し、その後のコブラ 289はV型8気筒4.7Lエンジンを搭載していました。1965年に登場したコブラ 427はV型8気筒7L(390HP)エンジンを搭載し、太いタイヤを収める為フェンダーが大きく膨らんだ派手なボディとなりました。(同じ7Lでパワー控えめの廉価版428もありました) キャロル シェルビーが自身の名前を冠したシェルビー AC コブラはアメリカのレースにデビューしてその圧倒的なパワーで注目を浴び、1963年からルマンを筆頭とする耐久レースにも参戦しました。1968年頃にアメリカの安全基準に適合できなくなり生産中止となりました。その後AC カー社はヨーロッパでコブラをベースにしたスポーツカーを販売していましたが、1970年代後半に倒産しました。

 ミニカーは、1993年頃に発売されたソリド製です。前後バンパーを備えたコブラ 427のロードバージョンをモデル化しています。コブラ 427のダイナミックなボディが見事に再現され、メッキされたバンパーやボディ側面から出ている排気管など特徴的なパーツもうまく仕上げてあります。ドアが開閉するギミック付で、インパネのメーターは紙のラベルですが結構リアルに見えます。ソリドは1/18でも427をモデル化しています。コブラのミニカーはたくさんあり、派手なボディの427が多いのですが、260や289やレース仕様も有ります。代表的な物としてはBANGのレース仕様、ボックスモデルの289とレース仕様、EXOTOの1/18、フランクリン ミントの1/24、京商の1/18、ノレブの1/18、シュコーの1/12と1/43と1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AC COBRA 427 1
AC COBRA 427 2

 以下は1985年に発売されたボックスモデル製のAC コブラ 289 (1/43 型番8410)の画像です。これはV型8気筒4.7Lエンジンを搭載したコブラ 289をモデル化していて、ライセンス プレートやバンパーがついているのでロードバージョンです。上記の427と違うのはボディ側面に排気管が露出していないことです。(よく見ると床下部分は排気管の取り回しがあるのが分かります) 上記のソリド製と同じような良い出来ばえで、1980年代のミニカーとしてはかなりよく出来ていました。ボックスモデルはレース仕様などコブラ 289を数種類モデル化していました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AC COBRA 427 3
AC COBRA 427 4

 以下はフロント/リアの拡大画像とです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AC COBRA 427 5
AC COBRA 427 6

 以下は1978年に発売されたルビコン製のAC コブラ 427 SC (1/43 型番601)の画像です。427 SCのSCとはセミ コンペティションの略で、レースカーとしても使えるロードバージョンという意味です。ルビコンは東京の老舗ミニカーショップ コジマが1970年代に興したオリジナル ブランドで、ホワイトメタル製のミニカーを3種類ほどモデル化していました。427 SCのダイナミックなボディを少しオーバーなデフォルメで再現してあり、迫力のあるミニカーに仕上がっています。ボディはホワイトメタル製でそれ以外のパーツもほとんどが金属製なのでとても重く、手で持つとずっしりとした存在感があります。実車のイメージが見事に再現されているので、昔のミニカーですが、コブラの傑作ミニカーの一つだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AC COBRA 427 7
AC COBRA 427 8

 以下はフロント/リアの拡大画像です。大きなオーバーフェンダーと太いタイヤは迫力があります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AC COBRA 427 0
AC COBRA 427 10

当サイトにはコブラのミニカーをまとめたページもありますので、興味があればご覧ください。→ コブラのミニカーのページ

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1341

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  ...19 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.