ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH  1965 FRANCE

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON  PALM BEACH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 158060 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 83HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでシトロエン DS カブリオレ/クーペのミニカー検索

 

シトロエン DS 19 カブリオレ (アンリ シャプロン) パームビーチ フランス 1965

 

 DSは特別に高級な車ではありませんでしたが、ドゴール大統領専用車を初めとして、政府公用車に多く使われました。またフランスのカロッツェリアであるアンリ シャプロン(HENRI CHAPRON)は、DSをベースにした豪華なカブリオレを特注で製作しました。ホイールベースを変えずに客室部分を2+2座(又は2座)に変えた贅沢なレイアウトは、戦前のブガッティ、ドライエなどの豪華なスポーティカーの流れを引き継ぐ魅力ある車に仕上がっていました。

 

 この車は好評であった為、1960年からシトロエンのカタログモデルに追加されました。ボディ架装はシャプロンが行い価格はDSの約2倍と高価な車でした。オプションでハードトップも用意されていましたが、純粋なハードトップだけの仕様もありました。シャプロンの特注でハードトップの形状が異なるダンディ クーペ(LE DANDY COUPE)とコンコルド クーペ(CONCORDE COUPE)の2タイプがありました。カブリオレは1971年まで生産され総生産台数は約1400台、後継車はSMとなりました。

 

 

 ミニカーは1990年代のノレブ製で、パームビーチという名前が付けられたカブリオレをモデル化しています。ミニカーは限定生産モデルだったのでハンドメイド並みに高価でしたが、魅力的なカラーリングやクロームモール処理が気に入って購入しました。(後の再生産で限定生産品の半値ぐらいで販売されましたが) ノレブはこれ以外にもプラスチック製の当時物や1/18などDSのカブリオレ/クーペを20数種類もモデル化しています。ノレブ以外のカブリオレではリオやソリドなど、最近の物ではサンスターの1/18やWELLYの1/24などがあります。クーペのミニカーではコーギーの当時物でダンディ クーペ、最近の物ではMETAL-18の1/18があります。 以下はノレブのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。このパームビーチはフロントに補助灯が付きリアに小さなテールフィンがあるデザインになっています。室内の造形は当時としては結構良く出来たレベルでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH 1
CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH 2

 以下はノレブのカブリオレ(型番157103)の画像です。こちらはフロントの補助灯がなくテールフィンもありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 CABRIOLET 3
CITROEN DS 19 CABRIOLET 4

 以下はリオのカブリオレ(型番98)の画像です。リオはドアが開閉し、室内もそこそこの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 CABRIOLET 1
CITROEN DS 19 CABRIOLET 2

 以下はコーギーのダンディ クーペ(型番259)の画像です。コーギーはドア/トランクが開閉し、室内も当時としては良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 DANDY COUPE 1
CITROEN DS 19 DANDY COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=599

   

PEUGEOT 204 1965 FRANCE

PEUGEOT 204 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 510 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 48HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでプジョー 204のミニカー検索

 

プジョー 204 フランス 1965

 

 プジョー 203の下級グレードの後継車として204が1965年に登場しました。プジョーにとって初めての前輪駆動車で、変速機の上にエンジンを横置きに配置するBMC ミニと同じイシゴニス方式を採用していました。小型車ながらなかなか品のあるボディはピニンファリーナのデザインでした。当初は4ドアセダンのみでしたが、直ぐにブレーク(ワゴン)が追加され、1966年にホイールベースを短縮した2ドアクーペとカブリオレが追加されました。最近ではこのようなボディ バリエーション展開をする車は少なくなりましたが、昔のカローラなどはこのようなバリエーション展開でした。

 

 当初のエンジンは4気筒1.1L(48HP)で、4段変速で最高速140km/hの性能でした。1968年には1.3L(36HP)ディーゼルエンジンが追加され、このエンジンは当時世界最小の量産型ディーゼルエンジンでした。1969年には204のボディを拡大した304が登場しました。1976年に生産中止となり総生産台数は約160万台でした。1970年頃の204はフランスのベストセラーカーだったそうです。204の生産中止でサイズの大きな304が後継となっていましたが、1982年に同じようなサイズの205が登場しました。

 

 

 ミニカーは1965年に発売されたディンキー(仏)製の当時物です。フロントグリル全体が銀色の塗装で再現されているので、グリルが平板な感じがするのがいまいちですが、全体のプロポーションはディンキー(仏)の常でしっかり出来ていました。ディンキー(仏)はカブリオレもモデル化していました。これ以外の204の当時物ミニカーはノレブのセダン/クーペ/ブレーク、ディンキーをコピーしたオートピレンとメトスルなどがありました。当時物以外ではノレブの新製品、イクソ系のノスタルジーなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームとリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT 204 1
PEUGEOT 204 2

 以下は1965年頃に発売されたノレブ製の当時物 プジョー 204 (1/43 型番5)の画像です。ノレブ初期のプラスチック製で、プロポーションが良く当時のミニカーとしては良く出来ていました。ボンネットとトランクとスライディングルーフの開閉ギミック付です。ただしノレブ初期物のほとんどは経年変化でプラスチックが変形する問題があり、これもウィンドスクリーンやボンネットが大きく変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 204 3
PEUGEOT 204 4

 以下は1968年頃に発売されたディンキー(仏)製の当時物 プジョー 204 カブリオレ (1/43 型番511)の画像です。上記のディンキー(仏)製セダンのバリエーションです。これもディンキー(仏)らしい良い出来ばえで、ドア開閉ギミック付です。なおこの個体だけの問題だと思いますが、ボディが少し弓なりに変形しています。ダイキャスト製ボディが変形するのは粗悪なダイキャスト素材が原因であることが多いので、これもその類で症状の軽いものだと思いますが、屋根のないボディだとこんな具合に弓なりの変形となります。ただしディンキー(仏)のような老舗ブランドでこのような変形が起こることは珍しいです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 204 CABRIOLET 1
PEUGEOT 204 CABRIOLET 1

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームとリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 204 CABRIOLET 3
PEUGEOT 204 CABRIOLET 4

 以下は1968年頃に発売されたノレブ製の当時物 プジョー 240 クーペ (1/43 型番147)の画像です。上記のノレブ製セダンのバリエーションです。これもプロポーションが良くクーペのスタイルがうまく再現され、ボンネット/ドアの開閉ギミック付です。残念ながらこれもプラスチックの経年変化でウィンドスクリーンやボンネットが大きく変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 204 COUPE 1
PEUGEOT 204 COUPE 2

 以下は1966年頃に発売されたノレブ製の当時物 プジョー 240 ブレーク (1/43 型番32)の画像です。上記のノレブ製セダンのバリエーションです。これもプロポーションが良くブレークのスタイルがうまく再現され、ボンネットの開閉ギミック付です。これも残念なことにプラスチックの経年変化でウィンドスクリーンやボンネットが大きく変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 204 BREAK 1
PEUGEOT 204 BREAK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=619

   

 

PEUGEOT J7 ROAD SERVICE 1965 FRANCE

PEUGEOT J7 ROAD SERVICE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 570A 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.74m 全幅約2m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 52HP 4段変速
性能: 最高速100km/h 積載量 1.4/1.8t
データーベースでプジョー J5/J7/J9のミニカー検索

 

プジョー J7 道路工事車 フランス 1965

 

 1930年代までの初期の商用車(バン、トラック、バスなど)は乗用車をベースにしたものがほとんどでした。世界最古の自動車メーカーであるプジョーも、初期には乗用車をベースにしたトラックなどの商用車がありました。ただ第2次大戦以前の乗用車(商用車)市場ではルノーが圧倒的なシェアを確保していました。

 

 戦後プジョーは車体製造会社のショーソン社を傘下に収め、そのショーソン傘下のシェナール & ウォルカー社が開発した小型商用車CPVを1950年にプジョー D3として発売しました。D3は戦前の202の4気筒1.1Lエンジンを運転席の足元に配置した前輪駆動車で、突き出したノーズ(豚の鼻と呼ばれたエンジン搭載部)が特徴のワンボックス車でした。(なお初期のCPVは小型の2気筒エンジンだったので、ノーズは突き出していません) 1950年にエンジンを1.3LにパワーアップしD3Aとなり、1955年に外観はほとんど同じでマイナーチェンジしたD4となりました。1959年には1.8Lディーゼルエンジンが追加されました。
データーベースでプジョー D3/D4のミニカー検索

 

 

 1965年にD4はJ7にモデルチェンジしました。J7も前輪駆動車で、エンジンは4気筒1.5L/1.6Lと4気筒1.9L/2.1Lディーゼルで、運転席下に配置しています。バン、ピックアップ、ミニバス、消防車などがあり、積載量は1.4/1.8tでした。1.8Lガソリン/2.3Lディーゼルエンジンが追加されるなどして、1980年までに約34万台が生産されました。後継車は1981年に登場したJ9でした。同じ年にJ9より積載量の多いJ5が登場し、J5は2004年にエキスパート(シトロエン ジャンピーと姉妹車)となりました。J9は1993年にボクサー(シトロエン ジャンパーと姉妹車)となりました。
データーベースでプジョー エキスパートのミニカー検索
データーベースでプジョー ボクサーのミニカー検索

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で、J7の道路工事車をモデル化しています。ディンキー(仏)らしいリアルな造形で、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。ドアは全てスムーズに開閉し、室内も運転席中央にあるエンジンの出っ張りや広い荷物スペースなどがそこそこ再現されています。なお当時のディンキー(仏)のミニカーには紙シールのナンバープレート(前後分)が付いていて、このJ7にもそれを貼ってあります。屋根に取り付ける工事車両の表示パネル、円錐コーン、道路標識、工事作業者のフィギュアが付属しています。以下ドアの開閉動作の簡易動画、付属品とジオラマ仕立ての箱の画像、付属品をジオラマ風に並べてみた画像です。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします)
PEUGEOT J7 DOOR
PEUGEOT J7 GIORAMA

 昔からの老舗ブランドは乗用車だけではなく、レースカー、商用車、公用車、産機、農機など自動車全体をバランス良くモデル化しています。したがってこんな具合に商用車でジオラマ的な楽しみ方ができるのも昔のミニカーの良いところです。これ以外のプジョー J7の当時物ミニカーとしてはディンキー(仏)のバリエーションやノレブのプラスチック製、ソリド製(1/50)があります。最近の物では、エリゴールやノレブなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1911

   

MATRA JET 6 1965 FRANCE

MATRA JET 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIALUXE  1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.22m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 105HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでマトラ ジェットのミニカー検索

 

マトラ ジェット 6 フランス 1965

 

  若き技術者シャルル ドイッチェとルネ ボネが戦前に興したDB社はシトロエンをベースにしたレースカーを開発していました。戦後の1950年代にパナールをベースにして開発したDB パナールがルマンで活躍するなどして、DB社はスポーツカーメーカーとしての地位を築きつつありました。そのDB社を軍事用ミサイルメーカーのマトラ社が買い取って、自動車部門として設立させたのがマトラ スポーツ社でした。

 

 マトラ スポーツ社はDB社が1963年に市販した世界初の市販ミドシップエンジン搭載車ジェットの細部を変更して、マトラ ジェットとして登場させました。ボディはFRP製で、ルノー 8用の4気筒1.1L(70HP)エンジンを搭載し最高速170km/hのジェット 5からルノー 8 ゴルディーニ用の4気筒1.3L(105HP)エンジンを搭載した最高速200km/hのジェット 6など数種類のチューンがありました。高価格で実用性が低かったので商業的には失敗作でしたが、高度な内容を持つ車でした。後継車はマトラ M530でした。

 

 

 ミニカーは1970年代に発売されたフランスのMINIALUXE(正しい読み方ではないようですがミニオールと呼んでします)製です。ミニオールは1950年代から1970年代後半までプラスチック製のミニカーを製造していました。ミニカーにはクラシックカーのTACOTSシリーズとフランス車を中心とした当時物の現代車シリーズがありました。(参照ページ→ ミニオールのクラシックカー ミニカー一覧) これは現代車シリーズの一台で、全てプラスチック製です。プラスチックの経年変化によるボディの変形は気になるほどではないですが、合成ゴムのタイヤに添加された可塑剤でホイールが溶ける問題が発生しています。溶けたホイールがやや見苦しいですが、実車のダイナミックなボディが良く再現されていて当時物ミニカーとしては良い出来ばえです。これ以外のマトラ ジェットのミニカーはイクソ系のノスタルジー、ビザール(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ハッチバックの開閉動作の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MATRA SPORTS JET 6 1
MATRA SPORTS JET 6 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=643

   

BERLIET STRADAIR TRUCK 1965 FRANCE

BERLIET STRADAIR TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 569 1/43 175mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約7.5m 全幅約2.5m
エンジン 変速機: 4気筒 5.9L ディーゼル 120HP 5段変速
性能: 最高速110km/h 最大積載量 5t
データーベースでベルリエのミニカー検索

 

ベルリエ ストラデール トラック フランス 1965

 

 ベルリエは自動車創世期に設立されたメーカーです。第一次世界大戦中は、軍用トラックを生産していました。大戦後に乗用車生産を再開し、1920年代には4気筒の小型車から6気筒の大型車まで数モデルを販売していました。1929年のアメリカ株価大暴落による金融危機で景気が悪くなり、自動車の販売は低迷します。その影響で1930年代になると、ベルリエの乗用車は1934年に発売した11CVドーフィンだけになりました。この車もすぐに生産中止となり、その後のベルリエはトラック(後にバス追加)だけを生産するようになりました。

 

 ベルリエのトラックはほとんどが大型(一部中型)で、それををベースにしたバスもありました。1949年に登場したボンネット式トラックのGLシリーズは、そのトラクタ仕様のTL、全輪駆動仕様(3軸2駆動軸の6X4、3軸3駆動軸の6X6など)のGBなど派生車が多くあり、1970年代まで生産されました。1957年にはV型12気筒30L(600HP)ディーゼルエンジンを搭載した全長13mの世界最大のトラック T100が登場しています。ベルリエは1967年にはシトロエン傘下となり、1974年にはルノーに売却されて同じトラック製造のサビエムと合併しルノー トラックスとなりました。

 

 

 1965年に登場したベルリエ ストラデールは、トラックとしてはスタイリッシュなでユニークなデザインを採用していました。STRADAIRとはイタリア語のSTRADA(道路)とフランス語のAIR(空気)を組合わせた造語で、エアクッションとリーフスプリングを組み合わせた凝ったサスペンションを採用していることからつけられた名前のようです。登場後に合併したシトロエンがスタイルとサスペンションに影響を与えているように思います。なおエアクッションを使ったサスペンションは、荷重変化の大きいトラックに適したサスペンションで、現在のトラックでは主流となっています。

 ミニカーはディンキー(仏)製の当時物で、1967年に発売されています。ストラデールの長尺平ボディトラックをモデル化しています。ディンキー(仏)らしいスケールモデル的なリアルな造形で、特徴的なボディだけではなく、車体下部のシャーシ、エンジン、サスペンションなどのメカ部分も良く再現されています。昔のミニカーですから、トラックの機能を再現した面白いギミックが付いています。そのギミックについて、以下の簡易動画で詳しくお見せします。(画像のマウスオーバーやタップで動画がスタートします) まずはボンネットの開閉動作で、エンジン、ラジエータ、室内換気用?ダクトなどがかなりリアルに再現されています。次は平ボディの荷台部分で、側面のあおりが開閉します。
berliet stradair engine
berliet stradair steer

 次はこのミニカーの最大の特徴である荷台を左右どちらにも傾けることができるギミック動作です。左右どちらに傾けるかどうかは、荷台の底にある2本のスライドレバーの位置で決まります。左側の画像ではレバーを下にスライドさせることで、画像下側(荷台右側)が回転軸に固定され、後方のハンドルを回すと荷台左側が上がります。右側の画像はその逆でレバーを上にスライドさせることで、画像上側(荷台左側)が回転軸に固定され、後方のハンドルを回すと荷台右側が上がります。当方の拙い説明ですぐに構造が理解できる人は少ないと思いますが、画像を何度か見ていただければなんとなく分かっていただけるのではないかと思います。
berliet stradair dump1
berliet stradair dump2

 なぜこのミニカーのギミックについて詳しく書いているかというと、それはこのミニカーを設計した人の面白いものを作ってやろうという情熱とそれを実現させた創意工夫を知ってもらいたいからです。スケールモデル的に良く出来ている最近のミニカーも良いのですが、細かい部分を再現するのは単に工場で作る人の手間が掛かっているだけで、そこには設計した人の創意工夫といったものはあまり感じられません。現在のミニカーメーカー(特にレジン製)は矢継ぎ早に新製品をだしていますから、昔のように一つの新製品に時間をかけられないという事情があるのでしょう。しかし私のような昔からのコレクターとしては、あまり変わり映えのしない無個性な新製品をたくさん作ってもらうよりは、昔のコーギーやディンキーのような一味違うミニカーを少しづつ作って欲しいと思うのです。この私の考えに近いやり方をしているのは、国産ではトミカ リミッテドだと思います。(1/43サイズではないので私はあまり買いませんが、好きなブランドです)

 これ以外のストラデールのミニカーは、ソリド(ベレム)の当時物、最近の物ではイクソやノレブ CIJの物があります。ベルリエの商用車は、ボンネットタイプのトラックのGL、TL、GBや、世界最大のトラック T100などを、ディンキー、ソリド、ノレブ、ブレキナなどがたくさんモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1895

   

 

CITROEN 2CV 1966 FRANCE

CITROEN 2CV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 500 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 425cc 18HP 4段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースでシトロエン 2CVのミニカー検索

 

シトロエン 2CV フランス 1966

 

 合理的なフランス人は、2CVの外観にも慣れてその経済性と実用性を理解するようになりました。1951年には生産台数が一万台を超え、2CVは数年で広く普及していきました。名前のCVとは馬力という意味ですが、エンジン馬力ではなくフランスの課税馬力の単位です。実際には空冷2気筒375cc(9HP)エンジン(初期型) を搭載し、全長3.8mのサイズながら車重は495kgと軽く、4段変速で最高速65km/hの性能でした。

 

 最高速は遅いですが、エンジンは総軽合金製、シンクロメッシュ付き変速機、前輪駆動方式と高度なメカが採用されています。また前輪と後輪が関連して水平を保つユニークなサスペンションによる快適な乗り心地など自動車本来の機能はとても高度な車でした。平面ガラスの窓、キャンバストップの屋根、最低限の計器、ハンモック式シートなど内外装は素っ気ないですが、それも1980年代には他車にはない魅力となりました。

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で1966年式をモデル化しています。最初のディンキーの2CVは1950年に発売された型番24t(後に535に変更)で、その後1962年に型番558、さらに1967年に型番500が発売されていて、それぞれは実車の変更点(フロントグリル、リアクオータパネルの窓、後ろ開きのドア、その上のウインカーなど)をきちんと再現しています。 それ以外の1960-80年代の当時物ミニカーとしては、ポリスティルの1/25、ビテス、ノレブ、ソリド、オートピレンなどがありました。

 

 

 以下はフロント/リアの拡大画像とリアクオーターパネル/エンジンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN 2CV 1
CITROEN 2CV 2

 以下は1962年に発売されたディンキーの1961年式(型番558)の画像です。リアクオータパネルにはまだ窓が付いていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 3
CITROEN 2CV 4

 以下は1993年頃に発売されたビテスの1960年式(型番L023)の画像です。オープンルーフなのでそこそこ再現された室内がよく見えます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 5
CITROEN 2CV 6

 以下はポリスティルの1/25の1973年式(型番S26)の画像です。1/43を単に大きくしたようなやや大雑把な出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 7
CITROEN 2CV 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=592

   

CITROEN DS 19 PALLAS 1966 FRANCE

CITROEN DS 19 PALLAS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE L090A 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 90HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでシトロエン DS 19のミニカー検索

 

シトロエン DS 19 パラス フランス 1966

 

 DS 19は4気筒1.9L(75HP)エンジンを搭載し、クラッチ操作を油圧で自動化した4段変速機を介して最高速は140km/hの性能でした。全長4.8mと大型ながらも車重1.2tと軽量なため、あまり高性能ではないエンジンでも十分な走行性能を得ていました。当時のフランスの2Lクラスのライバルはルノー フレガートとアメリカ車風のシムカ ベデットぐらいで、どちらもDSとは勝負にならず、このクラスはDSの独占状態となりました。

 

 1965年には、内外装を高級にしたDS 19 パラスが追加されました。(同年にエンジンを4気筒1985cc(90HP)に変更) バンパーの位置でボディを一周するサイドプロテクションモールがパラスの外観上の特徴で、フロントには補助灯が追加されていたようです。室内は遮音材が追加されて床はカーペットで覆われ、オプションで革張りシートが用意されていました。さらに上級の仕様としてはコーチビルダー シャプロンが特注で製作するリムジーン仕様のDS プレステージもありました。前席と後席の間にガラス製の間仕切り(パーティション)があってエアコンが装着され、公用車やハイヤーとして使われました。

 

 

 ミニカーは前述したビテスのDSのバリエーションで、パラス(1966年式)のモデルです。サイドプロテクションモール、フロントの補助ライト、バンパーのオーバーライダーが追加され、マフラー形状が変更されています。カラーリングもパラスらしい高級な感じになっています。なおビテスは実車同様に室内をリムジーン仕様に変更したプレステージもモデル化しています。ビテス以外ではリオやノレブもDS パラスをモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像とリア/室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN DS 19 PALLAS 1
CITROEN DS 19 PALLAS 2

 以下はビテスのプレステージ(黒)(型番SL044)とリオのパラス(型番110)の画像です。プレステージには前席と後席の間にパーティションがちゃんと追加されています。リオのパラスにサイドプロテクションモールがないのは手抜きで、2005年に発売されたリファイン版(型番4110)ではサイドプロテクションモールが追加されています。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 prestage
CITROEN DS 19 PALLAS 3

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=598

   

PANHARD 24BT 1966 FRANCE

PANHARD 24BT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 143 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.55m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 850cc 60HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでパナール 24のミニカー検索

 

パナール 24BT フランス 1966

 

 パナール 17の後継車として1964年にパナール 24が登場しました。ディナ Xから使われてきた空冷水平対向2気筒850㏄(50HP)エンジンを搭載する前輪駆動車という基本構造は17のままでしたが、ホイールベースを短縮し全く新しい2ドアボディを載せたものでした。ボディのデザインはPL17のイメージを継承していましたが、フロントの造形などに明らかにシトロエンの影響が感じられました。最初に登場したのはクーペボディで4座(2+2座)の24Cで、それに60HPにパワーアップしたエンジンを搭載した高性能版24CT(Tはティグルの意)が追加されました。

 

 1965年にホイールベースを延長した5座セダンの24B(Bはベルリンの意)とその高性能版の24BTが追加されました。パナール 24はシトロエン グループ内ではアミ 6ID 19の間を埋めるスペシャリティーカーという扱いで、4ドア仕様は計画されましたが実現しませんでした。パナール 24は自動車創生期の名門がシトロエン傘下で最後に咲かせた高性能ツーリングカーでしたが、1967年に生産中止となりパナールの名前も消えました。総生産台数は約2.9万台でした。

 

 

 ミニカーは1966年に発売されたソリドの当時物です。ロングホイールベース仕様で高性能版の24BTをモデル化しています。ソリドらしいシャープな造形で実車の雰囲気が再現され、室内などの細部も良く再現された実に素晴らしい出来ばえです。ソリド初期の傑作品の一つだと思います。ボンネット、ドア、トランクの開閉ギミック付で、トランク内にはスーツケースがありエンジンルーム内にはエンジンが結構リアルに再現されています。(ただし残念なことに金属製のエンジン部分は錆びてしまっていますが) これ以外のパナール 24の当時物ミニカーはディンキー(仏)の24CT、ノレブ初期のプラスチック製の24CT/24BCTがありました。当時物以外ではソリドの新製品の24CT、ノレブの新製品の24CTなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/トランク開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PANHARD 24BT 1
PANHARD 24BT 2

 以下は1964年に発売されたディンキー(仏)製のパナール 24CT (1/43 型番524)の画像です。こちらは全長が4.29mであった24CTをモデル化していますので、全長が98㎜と上記の24BTより短いです。1960年代のミニカーですから素朴な作りですが、ディンキー(仏)らしい正確なプロポーションで実車の雰囲気が良く再現されています。こちらはドアのウィンドーが上下するギミックが付いています。当時のミニカーは子供の気を引く何らかの可動部(ギミック)を付けるように工夫していたのです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PANHARD 24BT 3
PANHARD 24BT 4

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PANHARD 24BT 5
PANHARD 24BT 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=612

   

 

CITROEN DYANE 1967 FRANCE

CITROEN DYANE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 517 1/43 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.87m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 425cc 24HP 4段変速
性能: 最高速104km/h
データーベースでシトロエン ディアーヌのミニカー検索

 

シトロエン ディアーヌ フランス 1967

 

 発表されてから20年近く経過し旧態化した2CVの代替として、1967年に投入されたのが、ディアーヌでした。エンジンなどのメカは2CVと同じながら、ライトをフェンダーに埋め込んだり、リアにハッチゲートを付けるなどボディを少し近代的にリファインしたものでした。室内は2CVより高級な仕上げとなっていたそうです。また同じメカですから性能的には2CVとたいして変わりはありませんでした。

 

 この車は性能的にも外観的にも2CVとたいして変わらないので、中途半端な感じがしますが、当時のフランス人も同じように考えていたようです。結局2CVは売れ続けて、ディアーヌは2CVよりも早く1983年に生産中止となりました。

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物で、1968年に発売されました。ディンキー(仏)らしい生真面目な作りで、プロポーションが良く実車の雰囲気をうまく再現しています。ボンネットとテールゲートの開閉ギミックが付いています。なおテールゲートを開くと2個のトランクが積んであるという楽しいおまけ付きです。 ディアーヌの当時物ミニカーとしてはポリトーイ、メーベトイ、ノレブなどがありました。最近の物では、ノレブの1/43と1/18、イクソ、ビテスなどがあります。

 

 

 以下はディンキーのフロントとリアの拡大画像とボンネットとテールゲートの開閉ギミックの画像です。エンジンルームにはスペアタイヤとエンジンが再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN DYANE 1
CITROEN DYANE 2

 以下は1968年に発売されたノレブのディアーヌ(型番157)の画像です。プラスチック製でボンネットとテールゲートの開閉ギミックが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DYANE 3
CITROEN DYANE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=594

   

SIMCA 1100 1967 FRANCE

SIMCA 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 164 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 60HP 4段変速
性能: 最高速148km/h
データーベースでシムカ 1100のミニカー検索

 

シムカ 1100 フランス 1967

 

 1967年にシムカ アロンド P60の後継車として1100が登場しました。1100はシムカ初の前輪駆動車で、親会社であったフィアットの影響で変速機付エンジンを横置き搭載するダンテ ジアコーサ方式を採用していました。ハッチバックスタイル、4輪独立懸架サスペンション、前輪ディスクブレーキなど時流に先んじた設計がされていて、フォルクスワーゲンがゴルフを開発する際にこの車を参考にしたほど先進的でした。3/5ドアハッチバックと3/5ドアワゴン(バン)があり、その先進性で人気がありヒットしました。なおシムカの親会社であったフィアットがクライスラーに株を売却したことで、1963年にシムカはクライスラー傘下となっていました。

 

 当初は4気筒944㏄(48HP)/1.1L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速148km/hの性能でした。1970年にイギリス向けに4気筒1.2L(75HP)エンジンを搭載したスポーツ仕様の1204が追加されました。1974年のマイナーチェンジでフロントグリルのブラックアウトやテールライト大型化など意匠変更され、4気筒1.3L(82HP)エンジンを搭載した高性能版TIが追加されました。1977年に後継車のオリゾンが登場し、その後はその廉価版として1979年にはタルボ シムカ 1100、1980年にタルボ 1100と名前を変更し1982年まで生産されました。総生産台数は約216万台でした。

 

 

 ミニカーは1967年に発売されたソリドの当時物です。ソリドらしいシャープな造形で、良くできています。ボンネット/ドア/ハッチバック開閉のギミック付で、室内もそこそこリアルです。ソリドは型番34でマイナーチェンジ後の高性能版1100TIもモデル化しています。なおこの当時のソリドのミニカーでは合成ゴム製タイヤに含まれる有機溶剤がプラスチック製ホイールを溶かすという問題が発生していました。当方の所有する型番34の1100TIは4輪とも完全にホイールが溶けてしまい、型番164の1100も少し溶けています。 これ以外の1100の当時物ミニカーはディンキー(仏)、ディンキーをコピーしたオートピレン、ノレブ初期のプラスチック製があり、当時物以外ではノレブの新製品などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とハッチバック開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SIMCA 1100 1
SIMCA 1100 2

 以下は1974年に発売されたソリド製の当時物 シムカ 1100TI (1/43 型番34)の画像です。ボンネットの開閉ギミックが外されフロントグリルが補助灯付の1100TI仕様に変更されています。ただし上述したようにホイールが4輪とも完全に溶けていますので、見るもあわれな状態です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SIMCA 1100 TI 1
SIMCA 1100 TI 2

 以下は1968年に発売されたディンキー(仏)製の当時物 シムカ 1100 (1/43 型番1407)の画像です。ディンキー(仏)らしいスケールモデル的な造形で、灯火類や室内の仕上げが少し見劣りしますが、それ以外は上述したソリドとほとんど同じような良い出来ばえです。ボンネット/ハッチバック開閉のギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
SIMCA 1100 3
SIMCA 1100 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=636

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...15 次へ »