ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 1972 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 301-612 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.96m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 200HP 5/4段変速/4/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SE (W116) ドイツ 1972

 

 350SE(W116)が1972年に登場しました。W116はSクラスという名前が正式に採用され、そのSクラスの名声を確立させた車でした。幅広のフロントグリル、サイドマーカー付横長角形ライトの特徴的なフロントデザインは、高級車の代表としてずいぶん他社からコピーされました。先代よりボディは大きくなりましたが、新しい安全基準の採用で室内は狭くなりました。W116は4ドアセダンのみで、クーペやカブリオレの設定はありませんでした。

 

 当時開発されていた安全実験車の安全技術(世界初のABS、衝突時の衝撃をボディ前後で吸収する構造、汚れても視認性の良い段差付大型テールライトなど)が使われました。1974年のEUカー オブ ザ イヤーを受賞しています。当初のエンジンは6気筒2.8L(185HP)、V型8気筒3.5L(200HP)の2つでしたが、翌年にはV型8気筒4.5L(225HP)が追加されました。1975年に300SEL 6.3(W109)の後継者450SEL 6.9が登場しました。(詳細は後述) 1979年にW126にモデルチェンジしました。W116の総生産台数は約47万台でした。

 

 

 ミニカーはドイツのシュコー製で、1973年に発売されました。ライトをメッキパーツで表現するのは当時のシュコーの特徴でこの点はややレトロですが、当時のシュコーの1/43のミニカーは極めて素晴らしい出来ばえでした。精密に鋳造されたダイキャストボディは肉が薄く、ドア/ボンネット等の開閉ギミックも精度が高かったです。またエンジンや室内も当時としてはかなりリアルに出来ていました。これ以外の当時物ではガマの350/450SE、マッチボックスの450SE、トミカの450SELなどがありました。最近の物では、ミニチャンプス、ブレキナ、ノレブの1/18、イクソなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/エンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 1
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 2

 以下は上記のシュコーのバリエーションで1973年に発売された350SE ポリス(型番616)の画像です。当時のドイツのポリス(POLIZEI)仕様はこのような白/緑のカラーリングが多いです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) POLICE 1
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) POLICE 2

 以下は1973年に発売されたガマの450SE(1/45 型番9680)の画像です。縮尺が1/45なので、シュコーよりほんの少しだけ小さいです。薄い空色のヘッドライトと妙なホイール以外は、シュコーと同じような感じでまずまずの出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 450SE (W116) 1
MERCEDES-BENZ 450SE (W116) 2

 以下は1973年に発売されたガマ スーパーの350SE(1/24 型番443)の画像です。ガマ スーパーは1/24の大スケールミニカーで、これ以外にもフォルクスワーゲン ビートルなど数種類ありました。そこそこリアルなフロントグリルや室内の造形、ステアリングホイールと連動した前輪操舵ギミックなど大きさに見合った出来ばえになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 5
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 6

 以下はボンネットを開いたエンジン部、室内、前輪操舵ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 7
MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=484

   

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 1975 GERMANY

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430039201 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.06m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.9L 286HP 3段自動変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 450SEL 6.9 (W116) ドイツ 1975

 

 450SEL(W116)は前述した450SEのロングホイールベース版で、1973年に登場しました。450SELはV型8気筒4.5L(225HP)エンジンを搭載していましたが、1975年に登場した450SEL 6.9は先代の300SEL 6.3(W109)の後継車で、6.9Lに拡大した600(W100)用のV型8気筒エンジンを搭載した超弩級のハイパワーセダンでした。この6.9Lエンジンは戦後のメルセデス ベンツでは最大の排気量のエンジンでした。車重増加で0-100km/h加速は7.5秒と少し遅くなりましたが、最高速は225km/hと先代と変わりませんでした。シトロエン特許のハイドロニューマティック方式のサスペンションを採用していました。

 

 通常の450SELとの外観上の違いはリアの6.9のバッジと太いタイヤだけでした。価格はGMの最高級車キャディラック フリートウッド リムジーンの2.5倍もする高価な車でしたが、1981年までに約7400台が生産されました。(ほとんどがアメリカ市場向けでした) W116は1979年にW126にモデルチェンジしましたが、450SEL 6.9を後継する車は設定されませんでした。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2001年に発売されました。ヘッドライトのワイパーが再現されたフロントグリルや室内の造形などがリアルで、ミニチャンプスらしいかなり良い出来ばえです。ミニチャンプスは450SEL 6.9の色違いを十種類ほどと450SELのドイツ首相公用車仕様も作っています。なお別にエンジンが付いているわけではないので、外観は450SELとほとんど同じなのですが、6.9のミニカーはこれとノレブの1/18しかありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/エンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 1
MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1151

   

 

MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 1985 GERMANY

MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS B6-604-0245 1/43 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.16m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.6L 285HP 4段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W126/C126のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 560SEL (W126) ドイツ 1985

 

 Sクラス W116の後継車としてW126が1979年に登場しました。世界的な省エネ/安全志向に沿って、車幅を狭くして軽量化し、コンシールドワイパ、スラントノーズなど空力的な処理を施したデザインとなっていました。上級車にはワイパー付ヘッドライト、エアバック、ABSなどの先進安全装備が搭載されました。当初のエンジンは6気筒2.8L、V型8気筒3.8L/5L、1980年には5気筒ディーゼルターボが追加されました。

 

 当初はセダンのSEとロングホイールベース版のSELだけでしたが、1981年には2ドアクーペのSECが追加されました。1985年のマイナーチェンジで外観が小変更され後期型となり、6気筒エンジンが新型の2.6Lに、8気筒エンジンは4.2L/5.6Lに変わりました。W126は人気が高く1991年までに約90万台が生産され、Sクラスの名声を高めた名車でした。(個人的には歴代のメルセデス ベンツのデザインでは、このW126が一番好きです) W126は1991年にW140にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製(ディラー特注品)で、2001年頃発売されました。樹脂製のサイドプロテクターの質感やヘッドライトのワイパーなどがうまく再現されていて、素晴らしい出来ばえです。ミニチャンプスはドイツ首相公用車や560SECもモデル化しています。実車人気は高かったのですが、ミニカーはまともな物が少なかった時代だったので当時物ミニカーは少ないです。マッチボックスの500SEC、ブラーゴの500SEC、1989年頃のダイヤペットの560SELなどがありました。これ以外の最近の物ではイクソの500SE、ノレブの560EL(1/18)、オートアートの500SECなどがあります。
メルセデス ベンツ 560SEC (C126)
ミニチャンプス製 1/43 型番400035121MERCEDES-BENZ 560SEC (W126)

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 1
MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 2

 以下は2014年に発売された国産名車コレクションの 500SE(W126) (1/43 No.231)の画像です。メーカーは表示されていないのですが、イクソ系だと思います。ヘッドライト ワイパを再現しているなど雑誌付きミニカーとしては良い出来ばえですが、ボディカラーがいまひとつです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 560SE (W126) 3
MERCEDES-BENZ 560SE (W126) 4

 以下は1989年に発売されたダイヤペットの 560SEL(W126) (1/40 型番G8)の画像です。ここまで極端なデフォルメ?をすると、ダイヤペットの創作した560SELのような車といったほうがよいでしょう。1990年頃にはこんな物もあったということで見てください。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 5
MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1162

   

MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 1991 GERMANY

MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1260 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.22m 全幅約1.89m 全高約1.5m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6L 394HP 4段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W140/C140のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ S600SEL (W140) ドイツ 1991

 

 Sクラスの3代目 W140が1991年に登場しました。デザイン的には先代を踏襲していますが、外形寸法が大きくなり印象がごつくなりました。セダン(W140)、リムジーン(V140)、クーペ(C140)が設定されていました。当初のエンジンはDOHC 6気筒3L、DOHC 8気筒4.2L/5L(320HP)、DOHC V型12気筒6Lの4タイプでした。この車は「最善か無か」という品質最優先の企業ポリシーで作られた最後のメルセデス ベンツと言われており、随所に過剰品質ともいえる設計がされていました。(電動で閉じるドアやトランク、ハイドロニューマチック式リアサスペンションなど)

 

 1994年のマイナーチェンジでヘッドライトやバンパーの意匠が変更され、DOHC 6気筒2.8Lエンジンが追加されました。その際に他のシリーズと同じくSが先頭に付くモデル名に変更されました。(600S→S600) 燃費規制などで世界的にコンパクト化が進んでいた時代でしたので、大きなボディに12気筒エンジンを積むW140は環境破壊車などと呼ばれ、北米市場で販売が芳しくなかったようです。その為かメルセデス ベンツとしては短いモデル寿命で、1998年にサイズダウンされたW220にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1993年に発売されたシャバックの当時物です。シャバックは元々はシュコーの販売代理店でしたが、1970年代に倒産したシュコーの航空機の型を引き継ぎ1980年代は1/43のダイキャスト製ミニカーも手がけていました。現在は復活したシュコーの一部門で航空機モデルを担当しています。このミニカーはフロントの造形などW140の雰囲気がうまく再現されています。(デフォルメが少しオーバーですが) 室内やエンジン部などの細部も良く出来ています。これ以外ではミニチャンプスの600SEL、ノレブのS600(1/18)、ヘルパの600SEL、ビテスのS600L プルマンリムジーンなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。V型12気筒エンジンだけではなくラジエータなどの補器類もかなりリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 1
MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 2

 以下は1992年に発売されたヘルパの当時物の600SEL(W140)(1/43 型番70027)の画像です。現在のヘルパは1/87のプラスチック製ミニカーが主流ですが、1990年代には1/43のダイキャスト製ミニカーも手がけていました。可動部はありませんが、プロポーションが良くフロントグリル/室内など細部の仕上げもリアルでかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 3
MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 4

 以下は1998年に発売されたビテスのS600L プルマン リムジーン(V140)(1/43 型番V98050)の画像です。ロングホイールベース版を1/43でモデル化しているので、サイズの大きなミニカーです。これもレベルの高い出来ばえで、あまりモデル化されないプルマン リムジーンのミニカーとして車種的に貴重です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ S600L PULLMAN (W140) 1
MERCEDES-BENZ S600L PULLMAN (W140) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1163

   

 

MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 1992 GERMANY

MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1270 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.07m 全幅約1.91m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6L 394HP 5段自動変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W140/C140のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 600SEC (C140) ドイツ 1992

 

 前述した600SEC(W140)のクーペであるC140は1992年に登場しました。セダンよりホイールベースが95㎜短いですが、それでも全長5mを超える大型の4人乗りクーペでした。フロントグリル中央にスリーポインテッドスターを配置するスタイルなど先代のデザインを踏襲していました。エンジンはDOHC V型8気筒5L(320HP)とDOHC V型12気筒6L(394HP)が搭載されました。1994年のマイナーチェンジで、前後バンパーのデザインが変更されました。またメルセデス ベンツ全体のモデル名変更に伴い名前がS500/600クーペとなりました

 

 1996年にはCLクラスが新設され名前がCL500/600となりました。この際に電子制御式5段自動変速機とESP(エレクトリック スタイビリティー プログラム)と称するブレーキを制御して車体安定性をアシストする先進技術が採用されました。1998年まで生産され後継車のCL500(C215)にモデルチェンジしました。C140の総生産台数は約2万6千台でした。なお2014年にSクラス クーペ(C217)が登場したことで、CLクラスは元のSクラスに統合されました。

 

 

 ミニカーは1993年に発売されたシャバックの当時物です。シャバックは元々はシュコーの販売代理店でしたが、1970年代に倒産したシュコーの航空機の型を引き継ぎ1980年代は1/43のダイキャスト製ミニカーも手がけていました。シャバックのミニカーはスケールモデル的な造形で良くできていて、ほとんどがドア/ボンネット/トランクが開閉するフルギミック付でもありました。この600SECも当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえで、ボンネットの下に再現された12気筒エンジンなどの細部もリアルに出来ています。これ以外のC140のミニカーはミニチャンプスとヘルパの1/87があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/リアカウルを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 1
MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 2

 以下は1993年に発売されたミニチャンプスの600SEC(W140)(1/43 型番430032602)の画像です。ミニチャンプスが作るメルセデス ベンツの乗用車はいずれも良い出来ばえでしたが、この600SECも実車のイメージがうまく再現され、ヘッドライトのワイパーや室内などの細部もリアルに出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 1
MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1164

   

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 1998 GERMANY

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MAISTO 31505 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.04m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 5段自動変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W220のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ S500 (W220) ドイツ 1998

 

 Sクラスの4代目W220が1998年に登場しました。先代(W140)の大きさが批判されたことから、ボディはコンパクトになりました。デザイン的にも威圧感をなくした軽快でシンプルなスタイルになりました。反面他社との競争からコストダウンされた部分があり、その意味では先代のような圧倒的な品質の高さはなくなりました。エンジンはS320がV型6気筒3.2L、S430/S500がV型8気筒4.3L/5L、S600がV型12気筒5.8L(367HP)で、ロングホイールベースのL仕様がありました。

 

 ドアミラーに内蔵されたウィンカーはW220が世界で初めて採用したもので、その後他社に波及していきました。2002年のマイナーチェンジで、ライトの形状やグリルの大型化、内装の品質向上などが行われ、従来のメルセデス ベンツらしさ(重厚さや威圧感?)が足りないとする旧来のユーザーの要望に応えました。ツインターボ化した12気筒6L(612HP)エンジンを搭載したS65L AMGなどの高性能版も設定されました。2005年に後継車のW221にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはマイストの当時物で1999年頃に発売されました。マイストのミニカーは1/18が主流ですが、数種類ほど1/43(たぶん他社からのOEM品)を販売していました。このS500はベンツのプロモーション用に作られたようで、全体的な雰囲気が実車のイメージを良く再現していて当時としてはかなり良い出来でした。室内も結構リアルに再現しています。 これ以外のW220のミニカーはミニチャンプス、シュコー、ハイスピード(1/43、1/87)、ヴィーキングの1/87、サンスターの1/18のプルマンなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 1
MERCEDES-BENZ S500 (W220) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1173

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 次へ »