ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

JAGUAR XJ (X351) 2011 UK

JAGUAR XJ (X351) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC148 1/43 119㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.12m 全幅約1.89m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5L スーパーチャージャー 510HP 6段自動変速
性能: 最高速250km/h(リミッター付)
データーベースでジャガー XJ(X351)のミニカー検索

 

ジャガー XJ  (X351) イギリス 2011

 

 2003年にXJシリーズの3代目(X350)が登場しました。丸形4灯ヘッドライトなど基本的なデザインが踏襲され、アルミニウム製ボディを採用して大幅に軽量化されました。エンジンはV型8気筒3.6L/4.2L(300HP/390HPスーパーチャージャー付)で、6段自動変速、最高速250km/h(リミッター付)の性能でした。この際にディムラー版は一時的になくなりましたが、2005年にスーパー 8の名前で復活しました。2004年にV型6気筒3L(240HP)エンジンを搭載したXJ6が追加され、XJ8にロングホイールベース版が追加されました。2007年のマイナーチェンジでX358となり、前後バンパー形状がややごつい物に変更され、フロントフェンダー側面にエアベントが追加されました。

 

 2009年にXJシリーズの4代目(X351)が登場しました。伝統的な丸形4灯ヘッドライトやキャビン形状が一新され、高級セダンに流行りのクーペ風キャビンを持つ従来とは全く異なるデザインとなりました。内装はレザー張りで、12インチ液晶ディスプレーでスピードメーター/タコメーターを表示するiTechと称するインパネを採用しています。大きな開口部を持つサンフーフも採用していました。エンジンはDOHC V型6気筒3L(275HP)ターボディーゼルとDOHC V型8気筒5L(385HP/510HP スーパーチャージャー付)で、6段自動変速、最高速250km/h(リミッター付)の性能です。2013?にはダウンサイジングで、4気筒2L(240HP)ターボとV型6気筒3L(340HP)スーパーチャージャーが追加されました。

 

 

 ミニカーはイクソ製で2013年に発売されました。プロポーションが良く、エッチング材を使ったフロントグリルやリアのエンブレムなど細かいところも良く再現されています。ただ室内の仕上げがいまひとつなのがやや残念です。(色違いの灰メタリックはシートが白に彩色されるなど多少ましのようです) これ以外のXJ(X351)のミニカーは、同じイクソのジャガー特注品、WELLYの1/24、オックスフォードの1/76、GREAT LIGHTNING(レジン製)のロングホイールベース版リムジーンぐらいしかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR XJ (X351) 1
JAGUAR XJ (X351) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1900

   

JAGUAR F TYPE S 2014 UK

JAGUAR F TYPE S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WHITE BOX WB116 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L スーパーチャージャー 380HP 
6段変速/(8段自動変速) RW/AWD
性能: 最高速275km/h
データーベースでジャガー F タイプのミニカー検索

 

ジャガー F タイプ S イギリス 2014

 

 1960年代の名車E タイプの後継車 F タイプは何度かプロトタイプが開発されていました。1975年に登場したXJ-Sは、サイズが大きすぎて重いことで真の後継車とはなれませんでした。次に1986年にF タイプのコンセプトカー XJ41(クーペ)/XJ42(オープン)が開発されました。この車は製品化が進められましたが、フォードが1989年にジャガーを買収した際に新経営陣の判断で開発が中止されました。最終的にこの車は後に1994年にフォード傘下で登場したアストン マーチン DB7と1996年に登場したジャガー XK8として製品化されました。

 

 2011年にコンセプトカー C-X16が公開され、この車のデザインを踏襲したF タイプが2013年に発売されました。最初にソフトトップを持つコンバーチブルが登場し、すぐにクーペが追加されました。全長4.47mはジャガーとしては小型で、E タイプとほぼ同じサイズの2シータなのでE タイプの真の後継車と言えるでしょう。(E タイプのようなロングノーズではなく現代的なデザインではありますが) エンジンは4気筒2Lスーパーチャージャー(300HP)、V型6気筒3L スーパーチャージャー(340/380HP)、V型8気筒5L スーパーチャージャー(495-575HP)で、最強のSVR(575HP)は全輪駆動のAWDで最高速322km/hの性能でした。V型8気筒(500HP)エンジン搭載車でも約1300万とのことで、性能を考えると安いと思います。(もちろん一般人には高値の花ですが)

 

 

 ミニカーはイクソの廉価版ブランドのホワイト ボックス製です。ホワイト ボックスは廉価版ミニカーなので内装の彩色が省略されているのが物足りませんが、プロポーションなどの基本的なところは悪くありません。内装などの仕上げの良いプレミアムXでは、ソフトトップ仕様やクーペもモデル化されています。本当はたいして定価が変わらないプレミアムX製が欲しかったのですが、最近のプレミアムXはすぐに売り切れてしまって、オークションなどで法外な値段が付いているのは困ったものです。これ以外のF タイプのミニカーとしては、オートアートの1/18、オックスフォードの1/76、WELLYの1/24などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR F TYPE S 1
JAGUAR F TYPE S 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1910

   

 

JAGUAR XE 2015 UK

JAGUAR XE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
PREMIUMX PRD410 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L スーパーチャージャー 335HP 8段自動変速
性能: 最高速249km/h
データーベースでジャガー XE/XFのミニカー検索

 

ジャガー XE イギリス 2015

 

 量販車(年間10万台クラス)として開発されたX タイプが2001年に登場しましたが、ほとんど売れず2008年に生産中止となりました。(8年間の総生産台数約35万台でした) ジャガーは経営不振となり、ジャガー/ランドローバーブランドを保有していたフォードは、2008年にブランドをインドのタタ社に売却しました。タタ社傘下でX タイプの後継車XEが開発され、2014年に登場しました。XEはメルセデス ベンツ CクラスやBMW 3シリーズなどをライバルとする中型高級車でした。

 

 アルミ使用率75%の軽量アルミ複合ボディで、デザインは上級車XF(S タイプの後継車)と同じジャガーの新しいスタイルを採用していました。エンジンはXF用のV型6気筒3Lスーパーチャージャー(335HP)、4気筒2Lターボ(240HP)、「インジニウム」と称する超低燃費の4気筒2Lターボディーゼル(180HP)の3タイプで、8段自動変速の後輪駆動車でした。2016年に4WD(AWD)仕様が追加されました。伝統的なジャガーの路線とは異なり低燃費ディーゼルを売り物にする良くも悪くも現代流の高級車です。

 

 

 ミニカーはイクソ プレミアムX製で、2015年に発売されました。出来ばえはイクソの標準的なレベルで良く出来ています。フロントグリル/リアのロゴや室内などもそこそこ良く再現してあります。XEのミニカーは現時点(2019年)でプレミアムXとオックスフォードしかモデル化していないようです。上級車のXFのミニカーはミニチャンプス、イクソ、オックスフォードなどがモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR XE 1
JAGUAR XE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1741

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4