ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT ABARTH 2000 PININFARINA SCORPIONE 1969 ITALY

FIAT ABARTH 2000 PININFARINA SCORPIONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (FRANCE) 1430 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 220HP 5段変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでアバルト ピニンファリーナのミニカー検索

 

フィアット アバルト 2000 ピニンファリーナ スコルピオーネ イタリア 1969

 

 フィアット アバルト 2000は1969年にブリュッセル モーターショーで公開されたコンセプトカーです。ピニンファリーナのデザインで、アバルトのレースカー(2000SP)をベースにしたスポーツカーのランニング プロトタイプです。ルーフまで連なった大きなリアカウルが特徴で、このカウルはキャビン横のエアインテークを形成しています。この車のエンジンは後車軸の上に配置されていてラジエータ等の冷却系もリアにありますので、エアインテークはエンジン冷却用です。

 

 通常のドアはなく、ウインドとルーフがキャノピーのように前方をヒンジにして開くのでそこから乗り降りします。当時のピニンファリーナのデザインに共通する低いノーズの先端には6灯のライトを一体化したライトユニットがあります。名前のスコルピオーネとはサソリの意で、サソリはアバルトのシンボルです。(リアカウルにロゴが表示されてます) この車のフロントノーズの左右のインテークはサソリの前足の爪、リアの突き出た排気管はサソリの尻尾をイメージしたものだそうです。そのつもりでこの車を見るとなにやらそんな風に思えてきます。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)製の当時物です。ディンキー(仏)は昔のメーカーながらスケールモデル的なリアルな造形が特徴で、このアバルトもかなり良い出来ばえです。リアカウルが開閉し簡素ですがエンジンも再現されてます。ただカウルの建付けが悪くルーフとスムーズにつながっていないのが残念なところです。これ以外の当時物としてはポリトーイ、ガマ、マルシンのミニスターシリーズ、中嶋製作所 DREAMCARシリーズなどがありました。最近の物は出ていないようです。

FIAT ABARTH 2000 PININFARINA SCORPIONE 1
FIAT ABARTH 2000 PININFARINA SCORPIONE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1813

   

FIAT (SEAT) 124 SPORT COUPE 1970 ITALY

FIAT (SEAT) 124 SPORT COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 329 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.13m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1438㏄ 90HP 4段変速
性能: 最高速170km/h

 

フィアット (セアト) 124 スポーツ クーペ イタリア 1970

 

 1967年にはスパイダーに次いでクーペも追加されました。こちらはフィアット自身のデザインで、最初はスパイダーとよく似た丸形2灯式ヘッドライトを持つスタイルでした。1970年に画像のような丸型4灯式ヘッドライトのフロントにマイナーチェンジされました。

 

 エンジンなどの性能はスパイダーと同じで、廉価ながらも高性能でした。この車もスポーティカーとして人気があり、1.6L、1.8Lエンジンが追加され1977年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはスペインのオートピレン製で、本当はFIATではなくSEAT 124です。たぶんマーキュリーのモデルをベースにしてピレンが独自に型を起こした物と思いますが、実にシャープな仕上がりとなっています。ピレン独特のメタリックカラーもよく似合っています。ピレンは他社のコピーから始まっていますが、このモデルあたりからぐっと腕を上げています

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=665

   

 

FIAT 130 COUPE 1970 ITALY

FIAT 130 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
STARLINE 508926 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.2L 165HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでフィアット 130のミニカー検索

 

フィアット 130 クーペ イタリア 1970

 

 130にはピニンファリーナがデザインしたクーペが、1971年に追加されました。エンジンは3.2L(165HP)に拡大され、最高速は195km/hに向上しました。(このエンジンはセダンにも搭載されました) 地味なセダンとは大違いのこのクーペはピニンファリーナの傑作の一つといわれるほど美しい車でした。

 

 フィアットの社長であったジョバンニ アニエリがプライベートカーとして使っていたことでも有名です。

 

 

 ミニカーはこれもスターライン製で、当時物も含めて量産ミニカーとしてはこれが初めてのモデル化のはずです。直線を基調にしたシンプルながらバランスのとれた繊細なスタイルの再現には、合格点を付けても良いと思います。(ただフロント部分の感じが今ひとつですが)

FIAT 130 COUPE 1
FIAT 130 COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=670

   

FIAT 127 1971 ITALY

FIAT 127 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A54 1/43 84mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 903cc 45HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフィアット 127のミニカー検索

 

フィアット 127 イタリア 1971

 

 上述したダンテ ジアコーサ方式前輪駆動車の第2弾として127が850の後継として1971年に登場しました。当時流行の直線を基調にしたコンパクトなボディに、850用エンジンを903cc(45HP)に拡大したエンジンを搭載し、4段変速機で最高速135km/hの性能でした。

 

 全輪独立懸架による優れた操縦性と実用性を兼ね備えた127は、128に続き1972年のカー オブ ザ イヤーを受賞し、商業的にも大ヒットしました。 1L(50HP)エンジン、1.3Lディーゼルエンジンが追加され、フロントグリルを2回ほど変更して、1983年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物です。角形ヘッドライトでちょっと変わった雰囲気を持つ初期の127のフロントグリルがうまく再現されています。他の当時物としてはポリトーイとマーキュリーが手がけています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=677

   

FIAT 132 1972 ITALY

FIAT 132 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 313 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 98HP 5段変速
性能: 最高速167km/h
データーベースでフィアット 132のミニカー検索

 

フィアット 132 イタリア 1972

 

 132は名前から130の上級車と勘違いしそうですが、125後継の中型車で1972年に登場しました。125から引継いだ1.6L(98HP)DOHCエンジンと、上級車には1.8L(105HP)DOHCエンジンが搭載されました。大きくなったボディはBMW 5シリーズに似たモダンなスタイルとなっています。

 

 ただ重くなったことなどから、125のようなスポーティさはなくなりました。1976年に130が生産中止となると、132にはフィアットの最上級車としての役割が加わり、2Lエンジンや2.5Lディーゼルエンジンが追加されました。1981年には前後のデザインを変更し、アルジェンタという名前に代わり、1984年まで生産されました。

 

 

 132は人気のない車のようで、ミニカーはマーキュリーとポリトーイしかありません。フロントグリルと底板を一体化してある低コスト品で、カラーも地味でいまひとつ出来は良くありません。本来はもっと直線的なボディなのですが、サイドビューを見てもらえば、BMWに似ていることが少しは分かると思いますが。。。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=671

   

 

FIAT X1/9 1972 ITALY

FIAT X1/9 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 33 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.83m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 75HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでフィアット X1/9のミニカー検索

 

フィアット X1/9 イタリア 1972

 

 上記128の駆動ユニットをリアにミドシップ配置したスポーツカーで、850スパイダーの後継車として1972年に登場しました。1969年に発表されたアウトビアンキ ランナバウトのコンセプトを発展させた車で、ベルトーネのマルチェロ ガンディーニが全体的なデザインを決定したそうです。シャーシやサスペンションが全て新設計され、本格派スポーツカーの能力がありました。

 

 1.3L(75HP)エンジンが搭載され、4段変速機で最高速170km/hと高性能でした。屋根を取り外してフロントのトランクに格納することが出来、荷物も詰めるなど実用的なこともあってこの車は大ヒットしました。1979年には1.5L(85HP)エンジンが追加され、1982年にはベルトーネが販売権を買い取りベルトーネ X1/9となり、1989年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドのシャープな作風はこの様な直線的デザインの車にマッチしています。ただこのミニカーの場合は塗装が少し厚ぼったい感じがします。メタリック塗装だともっと見栄えが良くなると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=676

   

FIAT 126 1972 ITALY

FIAT 126 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS S17 1/25 139㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.38m
エンジン 変速機: 空冷2気筒 594cc 23HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフィアット 126のミニカー検索

 

フィアット 126 イタリア 1972

 

 126は500の後継として1972年に登場しました。前輪駆動車が立て続けに発表されましたが、この126は空冷エンジンの後輪駆動車で500の構造を継承していました。エンジンは594cc(23HP)に拡大され、最高速は105km/hに向上し、上級車128のような角張ったボディデザインで居住性も改善されました。

 

 ただ126発売後も500の人気は衰えず、126はあまり500のユーザーには歓迎されなかったようです。500の実質的な後継車の役目は80年代になって登場したパンダが担いました。フィアットとして最後のリア エンジン車となった126は、1987年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物で1/25のSシリーズです。サイズが大きいので当然ですが、結構良くできてます。メーベトイとポリトーイの1/43もあるのですが今ひとつの出来です。

FIAT 126 1
FIAT 126 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=678

   

FIAT 124 ABARTH RALLY 1972 ITALY

FIAT 124 ABARTH RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 049B 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.91m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1756㏄ 128HP 5段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでフィアット 124 アバルトのミニカー検索

 

フィアット 124 アバルト ラリー イタリア 1972

 

 124のラリーカー 124 アバルト ラリーがランチア フルヴィア 1.6HF ラリーの後継車として972年に登場しました。WRC(世界ラリー選手権)に参戦するラリーカーのベースとなった車で約1000台が生産されました。アバルトにより後輪サスペンションが独立懸架に変更され、DOHC 4気筒1.75Lエンジンは128HPにチューンされていました。

 外観的には、前後のバンパーが硬質ゴムのオーバーライダーに変えられ、FRP製オーバーフェンダーが追加され、ホイールもアバルト製のマグネシウムホイールに変えられていました。後部座席は外されロールバーが追加され、ソフトトップはFRP製ハードトップに変えられています。またボンネット/トランクリッドが黒のFRP製に変えられ軽量化されています。

 

 WRCではフィアットのワークスカーとして、1972年アクロポリス 優勝、1973年ポーランド 優勝、1974年ポルトガル TAP 優勝など活躍しています。1974年以降はランチア ストラトスが登場しますが、1975年までランチア ストラトスに次ぐ成績を上げていました。

 

 

 2015年にマツダ ロードスターの姉妹車であるフィアット 124 スパイダーが発表され、その高性能版のアバルト 124 スパイダーも追加されました。1960年代の124 スパイダーの雰囲気を感じさせるデザインになっています。

 ミニカーはビテス製で、前述した124 スパイダーのバリエーションです。実車同様に、バンパー、ホイール、ハードトップが変えてあり、リアシート部のロールバーもちゃんと再現してあります。当時のビテスはいい仕事をしていました。ラリー仕様も含めて約10種類ほどのバリエーションがあります。124 アバルトのミニカーはビテスの型を引き継いだサンスター、イクソの物もありますが、基本的にはビテスと同じものです。

FIAT 124 ABARTH RALLY 1
FIAT 124 ABARTH RALLY 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1795

   

 

FIAT 131 MIRAFIORI 1974 ITALY

FIAT 131 MIRAFIORI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A85 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 75HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでフィアット 131のミニカー検索

 

フィアット 131 ミラフィオーリ イタリア 1974

 

 131は124の後継車で1974年に登場しました。サブネームのミラフィオーリとは生産工場の名前です。124は平凡な設計ながらスポーティな味付けの車でしたが、131はごくオーソドックスな乗用車に変わりました。124に装備していた4輪ディスクブレーキは後輪がドラム式に代わり、クーペやスパイダーの設定は無く代わりに2ドアセダンが設定されました。

 

 ボディはシンプルなセダン スタイルで、エンジンは1.3L(65HP)と1.6L(75HP)の2種類、1.6L搭載車は丸型4灯式ヘッドライト、1.3L搭載車は角形2灯ヘッドライトとなっていました。

 

 

 ミニカーはメーベトイ(マテル)製です。この頃はミニカーの玩具化が進んでいた時期で、このミニカーもコレクションの対象として見ることが出来るぎりぎりの出来映えです。(プロポーションは良いのですが、ホイールがどうしようもない)ただ当時ほとんどの量産ミニカーはこんな感じでした。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=672

   

FIAT 131 MIRAFIORI 2-DOOR 1974 ITALY

FIAT 131 MIRAFIORI 2-DOOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
STARLINE 510349 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフィアット 131のミニカー検索

 

フィアット 131 ミラフィオーリ 2ドア イタリア 1974

 

 ミラフィオーリは1978年のマイナーチェンジで、大型の角形2灯式ヘッドライトを採用し内装などが高級な物に変わりました。また4ドア版にエンジンをDOHC化した高性能版のスーパーミラフィオーリが追加され、2ドア版には132用のDOHCエンジン(2L 115HP)を搭載したレーシング(最高速180km/h)が追加されてスポーティさも加わりました。

 

 大衆車として大成功した131は、1983年に登場した前輪駆動のレガータを後継車として生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはスターライン製で、2ドアのミラフィオーリです。角形2灯ヘッドライトの初期の1.3Lエンジン搭載車をモデル化しています。昔のミニカーは最上級車をモデル化するのが一般的なので、当時物ミニカーには角形2灯のものはありません。多分その辺を分かった上で、この車種を選定したのでしょう。(うまい選定です、買ってしまいました)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=673

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6   次へ »