自動車歴史 時代/自動車メーカー別 サラブレッド期 フランス ブガッティ ページ 4

ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BUGATTI T57S ATLANTIC 1936 FRANCE

BUGATTI T57S ATLANTIC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS023 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 170HP 4段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでブガッティ アトランテ/アトランティックのミニカー検索

 

ブガッティ T57S アトランティック フランス 1936

 

 T57は1934年に発表された3Lクラスのツーリングカーで、約700台が生産され、ブガッティとして最もたくさん販売されたモデルでした。エンジンはレースカー T59で使われたDOHC 直列8気筒 3.3L(135HP)を搭載しています。4ドアセダンや2ドアクーペのボディが架装されました。 T57Sはシャーシが短いスポーツタイプで、それに一風変わったデザインの流線型クーペボディを載せたのがアトランティックでした。エンジンは170HPにパワーアップされていて、最高速200km/hを越える当時のスーパーカーでした。

 

 アトランティックのボディの中央にある背びれのような部分は、左右のボディパネルをリベット止めしている接合部で、この部分のデザインが独特の迫力を生み出しています。現在の車も側面と屋根の接合部が左右に2カ所あり見えないように隠していますが、この車は接合部を外部に出して独特の迫力あるデザインとして成立させています。フロントスクリーンも2分割されていますので、ワイパーも変わった配置になっています。

 

 

 ミニカーはイクソのミュージアムシリーズで、2009年に発売されました。特徴的なボディの雰囲気が良く再現されていて、リアルなワイヤースポークホイール、エッチングパーツを使ったボンネットのルーバーやワイパー、そこそこ再現した室内など細部も良く仕上げてあります。最近までアトランティックの量産ミニカーはブラーゴの1/24、ブルムの1/43と後述するリオぐらいしかありませんでした。最近になってこのイクソ(ホワイトボックスも同じ)やオートアートの1/18、CMCの1/18、レジン製ではミニチャンプス、ルックスマート、マトリックスなどでモデル化されました。

 以下はイクソのアトランティックのフロント/リアの拡大画像とリアパネル/室内の拡大画像です。リアウインドー下の丸いカバー部分はスペアタイヤ収納部です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1
BUGATTI T57SC ATLANTIC 2

 以下はブルムのアトランティック(型番R087)の画像です。1983年に発売されたブルム初期の少し古いミニカーですので、最新のイクソ製に比べるとやや見劣りしますが、それでも実車の雰囲気はうまく再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T57SC ATLANTIC 3
BUGATTI T57SC ATLANTIC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=254

   

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1938 FRANCE

BUGATTI T57SC ATLANTIC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 78 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 195HP 4段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでブガッティ アトランテ/アトランティックのミニカー検索

 

ブガッティ T57SC アトランティック フランス 1938

 

 T57は1934年に発表された3Lクラスのツーリングカーで、約700台が生産され、ブガッティとして最もたくさん販売されたモデルでした。エンジンはレースカー T59で使われたDOHC 直列8気筒 3.3L(135HP)を搭載しています。4ドアセダンや2ドアクーペのボディが架装されました。 T57Sはシャーシが短いスポーツタイプで、それに一風変わったデザインの流線型クーペボディを載せたのがアトランティックでした。エンジンは170HPにパワーアップされていて、最高速200km/hを越える当時のスーパーカーでした。

 

 T57SCはエンジンにスーパーチャージャーを追加して195HPにパワーアップした高性能版です。外観は前述したT57Sとほとんど同じですが、ライトがより低い位置に埋めこまれています。このアトランティックのクーペボディはリアにスペアタイヤを格納するスペース(丸いカバー部分)があるので、リアの窓は位置が高く小さいです。たぶん後方はほとんど見えなかったと思います。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1983年頃に発売されました。ボディは特徴的な背びれがややオーバーに表現され、シャーシ/サスペンションなどの構造がリアルに再現されています。またスペアタイヤカバーが外せるようになっていて、中にはスペアタイヤが収めてあります。1/43サイズより全長が長めにできていてボディが少し細長く誇張されていますが、全体的な雰囲気の再現は秀逸だと思います。アトランティックの1/43量産ミニカーとしては、最近までこのリオがベストの出来ばえでした。最近になってイクソやミニチャンプスからもモデル化され、それらはスケールモデル的な正確さではリオより優れています。ただシャーシの構造やエンジンを再現しているという点ではリオのミニカーにもまだ十分魅力があります。 以下はリオのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像/スペアタイヤカバーを取り外した画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1
BUGATTI T57SC ATLANTIC 2

 以下は底板のシャーシ/サスペンション部の画像とボンネットを外した状態のエンジンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T57SC ATLANTIC 3
BUGATTI T57SC ATLANTIC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=255

   

 

BUGATTI T57 ATLANTE 1939 FRANCE

BUGATTI T57 ATLANTE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4088 1/43 107mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでブガッティ アトランテ/アトランティックのミニカー検索

 

ブガッティ T57 アトランテ フランス 1939

 

 上述したアトランティックのスタイルを発展させたのがアトランテです。アトランティックで特徴的であった背ビレがなくなり、2分割されていたフロントスクリーンも一枚物に代わっています。アトランティックのような迫力はなくなりましたが、その分洗練されたスタイルになりました。なおアトランテという名前はギリシャ神話の女狩人アトランタ(Atalanta)に因んだものだそうですが、その為アトランタと表記される場合もあるようです。アトランテはたった17台しか生産されなかったようです。

 

 ミニカーはソリド製で、1980年頃に発売されました。独特のスタイルをうまく再現しています。オープントップなどのバリエーションがありした。最近までアトランテの量産ミニカーはこれとフランクリン ミントの1/24とエリゴールの少量生産品ぐらいしかありませんでしたが、最近になってミニチャンプスやスパークなどからも発売されました。

 

 

 以下はソリドのアトランテのフロント/リアの拡大画像と、同じソリドのアトランテ デクヴェラブル(デクヴェラブルとはルーフ部分だけのオープン仕様の意 型番4109)の画像です。デクヴェラブルはブガッティらしい黄/黒の塗り分けが綺麗です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T57 ATLANTE 1
BUGATTI T57 ATLANTE 2

 以下はエリゴールのアトランテ カブリオレ仕様(型番1026)の画像です。現在の感覚で見るとあまり良い出来ではないですが、1979年頃に発売されたホワイトメタル製の少量生産品で、1/43より少し小さめ(全長102㎜)にできています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T57 ATLANTE 3
BUGATTI T57 ATLANTE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=251

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4