ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1957 JAPAN

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 3 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでプリンス スカイラインのミニカー検索

 

プリンス  (日産) スカイライン ALSI-1型 日本 1957

 

 プリンス自動車工業は1947年に「東京電気自動車」として創立され、最初は「たま」というブランドで電気自動車を製造していました。その後ガソリン自動車開発に進み、1952年から「プリンス自動車工業」という名前に改名しています。(現在の今上天皇が皇太子となったことを記念してプリンスと命名) 同年に最初の車プリンス セダン AISH型とトラックAFTF型が発売されました。

 

 プリンス セダンAISH型は4気筒1.5L(45HP)OHVエンジンを搭載する小型車で、4段変速で最高速110km/hの性能でした。4段コラムシフト、油圧ブレーキなど当時の国産車としては進んだ内容の車でした。AISH型はエンジンやボディが毎年改良され、1957年にはAISH-VI型まで発展しました。なおAISH型は現在の今上天皇(当時は皇太子)にマイカーとして1954年に献上されました。

 

 

 1956年には前輪独立懸架を採用したプリンス セダン スペシャル AMSH型が追加されました。翌年この車をベースにしてスカイライン ALSI-1型が登場しました。プリンス セダンと同じ4気筒1.5L(60HP)エンジンで、4段変速で最高速125km/hは当時の国産車で最速でした。スカイライン ALSI-1型はエンジンのパワーアップ、1960年の4灯式ヘッドライトの採用などで2型-3型と発展し、1961年にはグロリア用の1.9L(70HP)エンジンを搭載した1900(BLSI型)が追加されました。また1962年にはミケロッティがデザインしたスタイリッシュなクーペ/コンバーチブル ボディを持つスカイライン スポーツという高級スポーツカーが発売されました。 また商用車(バン/ピックアップ)の スカイウェイもありました。スカイライン ALSI-1型も1958年に今上天皇(当時は皇太子)に納入されましたが、その車は1959年に発売されたグロリア用の1.9Lエンジンを搭載したプロトタイプだったとのことです。(スカイライン 1900としてモーターショーに展示された試作車とのこと) 1963年に2代目スカイラインにモデルチェンジしました。

 ミニカーは2008年に発売された日産名車コレクションのスカイライン ALSI-1型(1/43 No.3)です。 メーカーはノレブでフロントグリルやテールフィンなどの細部が結構リアルで、実車の雰囲気をうまく再現しています。雑誌付きのミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。初代スカイラインの当時物ミニカーはモデルペットがALSI-1型を、ミクロペットが4灯式(ALSI-2型)をモデル化しています。最近の物では、ファインモデル(アンチモニー製)のALSI-2型とBLSI型、トミカ リミッテドのALSI-1型、ハイストーリー(レジン製)のBLSI型などがあります。またスカイライン スポーツはモデルペットが当時物でモデル化していて、最近では京商とエブロもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 2

 以下は1980年頃にカドー(卸問屋「可堂玩具」のブランド)が発売したレプリカ シリーズのスカイライン ALSI-2型(1/45 型番rep1)の画像です。ホワイトメタル製で1961年に発売されたミクロペットのスカイライン ALSI-2型(型番F6)の復刻版です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=919

   

TOYOTA TOYOPET CORONA (ST10) 1957 JAPAN

TOYOTA TOYOPET CORONA (ST10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 5 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.91m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 33HP 3段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索

 

トヨタ トヨペット コロナ ST10型 日本 1957

 

 当時の自動車需要はタクシー用が多く、小型車タクシーでは日産のダットサン 110/210型が市場を握っていました。この日産小型車に対抗するために開発されたのがコロナで、初代ST10型は1957年に登場しました。上述したマスターのボディを流用したモノコックボディとクラウンの足回りを流用したシャシーにSA型の4気筒1L(33HP)のS型エンジンを搭載していました。3段変速で最高速は90km/hの性能でした。ボディは丸みを帯びたやや古くさいデザインで、「ダルマ コロナ」と呼ばれました。

 

 1959年のマイナーチェンジで4気筒1L(45HP)の新しいP型エンジンに変更しPT10型となり、最高速は105km/hに向上しました。また後席を拡大し、乗車定員が4名から5名に増加しました。なおコロナの商用車(2ドアのバン)はコロナラインという名前で発売されました。ST10型は急いで開発された為、ハードの詰めが甘く、当初の古いエンジンによるパワー不足などもあってダットサンの小型車に対抗できませんでした。

 

 

 ミニカーは1970年代にコレクターが起ち上げたブランドのリーンレプリカ製です。このブランドの作風もあって、ややボディの少し丸みが付きすぎている感じがします。国産名車コレクションからもST10型がモデル化されていますが、そちらの方が実車のイメージに近いかもしれません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=964

   

 

TOYOTA TOYOPET MASTERLINE 1958 JAPAN

TOYOTA TOYOPET MASTERLINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 2 1/42 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.42m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 77HP 3段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでトヨタ マスターラインのミニカー検索

 

トヨタ トヨペット マスターライン 日本 1958

 

 クラウンと同時にタクシー用として発売されたのが、トヨペット マスターで、クラウンと共通のパワートレーンながら独立懸架ではなく全輪リーフスプリング固定車軸で頑丈な足回りとなっていました。独立懸架に問題が有った場合の安全策を用意した訳で、この辺もトヨタらしいところです。ただ耐久性に問題はなかったので、この車は2年間ほどで生産中止となり、タクシーもクラウンがベースとなりました。クラウンは評判が良くトヨタは中型車タクシーの市場を固めました。

 

 マスターにはその商用版としてマスターラインがあり、バンとピックアップがありました。マスターが早々に生産中止となったので、マスターラインはクラウンをベースにした商用車に切り替わりましたが、名前はマスターラインのままでした。1.9L(77HP)エンジンを搭載したバンは、3段変速で最高速は120km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーはモデルペットの当時物で、後期RS20型のフロントグリルとなっています。(1960年発売で、私が持っているモデルペットで一番古い物ながらまだ結構きれいな状態です) 室内の造形はなくがらんどうで素朴な作りですが、グリルの造形など結構正確で実車の雰囲気が良くでています。マスターラインはアンチモニーコレクションではバン、トミカ リミテッドヴィンテージからバン、エブロからもバン、ピックアップがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=963

   

DATSUN (NISSAN) 211 1959 JAPAN

DATSUN (NISSAN) 211 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 4 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.86m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 988cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン 211型 日本 1959

 

 1957年にダットサン 1000(210型)が登場します。オースチンのエンジンをベースにして開発したOHV式4気筒988cc(34HP)エンジンを登載し、4段変速で最高速95km/hの性能でした。当時最大の顧客であった小型タクシーの排気量が1000ccまでに拡大されたことに対応したモデルチェンジでした。ボディは110型をリファインした物で、フロントウインドウに曲面ガラスが使われています。

 

 日産自動車は210型で1958年にオーストラリア一周ラリー「モービルガス トライアル」に出場します。国際競技への初挑戦でしたが、出場した富士号は、1000cc以下のAクラスで優勝(総合部門は完走34台中25位)しました。この快挙は210型の優秀性を世界へアピールしました。(北米への輸出も始めています) このように高性能で耐久性に優れた210型は小型乗用車市場ではライバルを圧倒し、小型乗用車での日産自動車の地位を磐石なものとしました。

 

 

 ミニカーは1970年代にコレクターが起ち上げたブランドのリーンレプリカ製です。1958年のマイナーチェンジでフロントグリルを変更しリアウインドウが拡大された211型をモデル化しています。窓ガラスも付いていない簡単な作りですが、プロポーションは上記のエブロ製よりもしっかり出来ていて、実車の雰囲気がよく分かります。なお優勝したラリー車のミニカー(2台セット 1/43 コールドキャスト品)がミニプロモからでています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=910

   

 

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 1959 JAPAN

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KADO 12 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.38m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 70HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプリンス グロリアのミニカー検索

 

プリンス (日産) グロリア BLSI型 日本 1959

 

 グロリアはスカイラインをベースにして開発され、1959年に登場しました。スカイライン ALSI-3型に4気筒1.9Lエンジンを搭載して内外装を高級に仕立てた上級車でした。1960年までは小型車規格のエンジン排気量上限が1.5Lであった為、戦後の国産車では初の3ナンバー普通乗用車となりました。スカイラインとほぼ同じ大きさで、4気筒1.9L(70HP)OHVエンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/hの性能でした。

 

 1960年には国産車初の4灯式ヘッドライトを採用し、リアのテールフィンを大きくしてアメリカ車的な外観になりました。(→実車画像) なおグロリア(ラテン語で「栄光]の意味)という車名は、1959年の皇太子のご成婚にちなんだものだったそうです。当然ながらグロリアも1959年に今上天皇(当時は皇太子)に献上されています。1964年に2代目グロリアにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1980年に可堂玩具からカドー(KADO)ブランドで発売された物で、ホワイトメタル製です。ホワイトメタルなのでずっしりと重く、素朴な作りながら実車の雰囲気はそこそこ再現されています。(キャビンのピラーが太いことでイメージが少し違って見えますが) スカイラインと同じデザインだったことが原因なのかもしれませんが、当時物ミニカーはありません。最近の物では、4灯式ヘッドライトの後期型をファインモデル(アンチモニー製)とトミカ リミッテドがモデル化しています。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 1
PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=920

   

DATSUN (NISSAN) SPORTS S211 1960 JAPAN

DATSUN (NISSAN) SPORTS S211 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CARS COLLECTION (NOREV) 27 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 988cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン スポーツ S211型 日本 1960

 

 ダットサン ブランドのスポーツカーとしては1952年にDC3型が発売されています。イギリスのMGをお手本にしたオープンカーで、4気筒860cc(20HP)エンジンを登載し、3段変速で最高速80km/hの性能でした。1954年までに約50台が少量生産されました。

 

 1959年には後継のS211型が発売されました。上述した211型セダンのラダーフレームにFRP製の4座オープンボディを載せていました。セダンと同じ4気筒988cc(34HP)エンジンを登載し、4段変速で最高速115km/hの性能でした。S211型は少数が生産されただけで、翌年にはブルーバードの1.2L(48HP)エンジンを搭載したSPL212型に切り替わります。

 

 

 ボディは通常の鋼製に変えられ、フロアシフトの4速変速で、最高速度132km/hの性能でした。ミュージカル「マイ フェア レディ」にちなんだフェアレディという名前はSPL212型から使われました。SPL212型とその改良型の213型(1.2L/60HP)は合わせて約500台が生産されましたが、全てが北米専用モデル(型番のLは左ハンドル仕様の意)でした。

 ミニカーは国産名車コレクションで最近モデル化されたもので、1/43の量産ミニカーはこれしかありません。SPL212/213型(フェアレディ 1200)も、ボディのデザインはこのS211型とほぼ同じです。実車に即した赤と白のツートンカラーが映えて、なかなか良い出来映えです。幌を上げた色違いが日産名車コレクションでモデル化されてます。なおリアルXが1/72でSPL212型をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=912

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...78 次へ »