ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

LOTUS 25 F1 1963 UK

LOTUS 25 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R331 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.56m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 1.5L 195HP 5段変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでロータス 25のミニカー検索

 

ロータス 25 F1 イギリス 1963

 

 ロータスはルマン参戦に続き、F1/F2に参戦します。最初のF1/F2マシンは1957年登場の12で、コベントリー クライマックスの4気筒2L/2.2Lエンジンをフロントに搭載していました。1958年に16が登場し、1960年にはミドシップ方式を採用した18が登場します。18は1960年のモナコGPでS.モスのドライブで初優勝します。S.モスはアメリカGPでも優勝し、ロータスはコンストラクター選手権の2位に躍進します。

 

 1961年からF1の排気量が1.5Lに変わりました。1961年に21が登場しこのシーズンはロータスとフェラーリの2強の争いで、フェラーリ 156が勝利しました。1962年に24が登場しますが、すぐに革新的な軽量モノコックシャーシを採用した25に変わります。このシーズンはロータスとBRMの2強の争いで、BRM P57が勝利しました。1963年には改良された25でJ.クラークが7勝を挙げて初のチャンピオンドライバーとなり、ロータスは念願のコンストラクターチャンピオンを獲得しました。

 

 

 1964年シーズン前半はJ.クラークが25で3勝し、シーズン後半に改良型の33が登場します。ロータスが後半に勝てなかったことで、フェラーリ 158のJ.サーティースがチャンピオンドライバーとなり、コンストラクターチャンピオンもフェラーリが獲得しました。1965年シーズンは33が主力となりJ.クラークがほとんどのレースで勝利し、ドライバーとコンストラクタータイトルを獲得しています。その後もロータスはコスワース DFVエンジン(V型8気筒3L)開発、グラウンド エフェクトカー開発など、F1レース界に革新を起こし、名門チームとなりました。

 ミニカーはブルム製で、2002年頃に発売されました。1963年のベルギーGPの優勝車(ドライバー J.クラーク)をモデル化しています。風防形状が適当なのはあいかわらずのブルム流で、タイヤ外径も少し小さいような気がしますが、それ以外はそこそこの出来ばえです。ブルムは8種類ほどのバリエーションがあります。これ以外ではポリトーイの当時物(プラスチック製)、最近のものではカルツォやスパークがあります。ロータスのレーシングカーのミニカーは非常にたくさんあります。以下のリンクで1970年前後に分けて検索できます。
 データーベースで1970年以前のロータス レースカーのミニカーを検索
 データーベースで1971年以降のロータス レースカーのミニカーを検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1746

   

LOTUS SUPER SEVEN S2 1960 UK

LOTUS SUPER SEVEN S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 27501 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.35m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 76HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでロータス セブンのミニカー検索

 

ロータス スーパー セブン S2 イギリス 1960

 

 エリートと当時に登場したセブンは、レースカーのマーク VIをベースとした安価なスポーツカーでした。4気筒1.2L(40HP)エンジンを搭載したタイプで、最高速130km/hの性能でした。当時イギリスでは自動車の物品税が高かったので、この車をキットで購入し自分で組み立てることで安価に済ませることが出来ました。

 

 またエンジンにフォード100EやBMCのAタイプなどの中古エンジンを流用することも可能で、財布の軽い若者の入門用の車として人気を呼びました。セブンはシリーズ4(S4)まで発展しましたが、イギリスのキットカー優遇税制廃止やアメリカの安全基準の強化などで、1973年に生産中止となりました。

 

 

 その後セブンの製造販売権と生産設備はロータスの代理店であったケーターハム社へ売却され、ケーターハムのブランドで現在も生産されています。またそれ以外にも、多くの国でセブンのレプリカが作られています。

 セブンも当時物のミニカーが無く、これはビテス製です。高性能版のスーパーセブンでテールライトの形状などから、シリーズ2をモデル化したようです。サスペンションやエンジンなどが再現されていて非常に良い出来です。ケーターハムも含めてセブンのミニカーは非常に多くあります。最近でもミニチャンプス、イクソなどから出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=865

   

 

LOTUS ELAN S2 1965 UK

LOTUS ELAN S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 319 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 105HP 4段変速
性能: 最高速161km/h?
データーベースでロータス エランのミニカー検索

 

ロータス エラン S2 イギリス 1965

 

 セブンの後継として開発されたエランは1962年に登場しました。ユニークなボディを持つオープンカーで、4気筒1.5L(100HP)DOHCエンジンを搭載し、4段変速、最高速185km/hと高性能で操縦性にも優れていました。エリートで問題となったFRPモノコックの代わりに、鋼板のバックボーン フレームにFRPボディを被せるという構造が採用されました。この構造による生産性向上でエランはセブン並みの低価格で発売することができ、それ故に大ヒットしました。

 

 1965年にはS2に発展しハードトップを持つクーペが追加され、1966年にシリーズ3(S3)に発展、1967年に2+2座の+2(プラスツー)が追加され、1968年にS4に発展しました。1975年に生産中止となりましたが、総生産台数は約18000台とロータス社に大きな利益をもたらしました。またバックボーン フレームにFRPボディを被せる構造はその後のロータス車の基本となりました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、ハードトップのS2のモデルです。このミニカーはエランの特徴であるバックボーン フレーム構造を精密に再現した非常にマニアックなギミックが付いています。ハードトップを外したモデルなどのバリエーションがあります。最近ではビテスやエブロがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=866

   

LOTUS EUROPE S1 1966 UK

LOTUS EUROPE S1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A39 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 82HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでロータス ヨーロッパのミニカー検索

 

ロータス ヨーロッパ S1 イギリス 1966

 

 レーシングカーの技術を用いた安価なスポーツカーというコンセプトに沿った車として、1966年にヨーロッパが登場しました。当時のGPカーでは常識となっていたミッドシップ エンジン方式を採用した初の量産スポーツカーで、高い操縦性を備えていました。エラン譲りのバックボーン フレーム(ミッドシップなので、前後が逆)にFRPボディという構造で、価格を下げるためドアのウインドーは固定式で室内は簡素な作りでした。

 

エンジンやミッションはルノー 16の流用で、52HPから82HPにチューンされた4気筒1.5Lエンジンは約600kgと軽量なボディを4段変速で最高速180km/hまで引っ張りました。なお当初のS1は左ハンドル仕様でした。

 

 

 1968年にウインドー開閉など内装を改良したシリーズ2(S2)に発展し、1971年にはフォード製のエンジンをチューンしたDOHC 1.6L(105HP)エンジンを搭載したツインカム、1972年には126HPにエンジンを強化した最終型のスペシャルに発展しました。S1とS2で合わせて約3300台ほどが生産されました。

 ヨーロッパのミニカーは非常にたくさんあります。特に日本では漫画「サーキットの狼」の影響でやたらと多いです。画像はメーベトイの当時物で、独特のデフォルメでややキャビン部分が大きめになっています。カバー付のヘッドライトやフロントのバンパーが無いのはレース仕様ということなのでしょう。その他の当時物ではディンキー、ダイヤペット、トミカ ダンディなどがあります。最近の物では、ホンウェル(カララマ)のヨーロッパ(1/43)は安価ながらもそこそこの出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=867

   

 

LOTUS ESPRIT S1 1975 UK

LOTUS ESPRIT S1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
朝日通商 Σ143 1 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 2L 160HP 5段変速
性能: 最高速222km/h
データーベースでロータス エスプリのミニカー検索

 

ロータス エスプリ S1 イギリス 1975

 

 ヨーロッパの後継として1975年にエスプリが登場します。G.ジウジアーロによる直線的なデザインは当時のスーパーカー的なものですが、車の性格も安価なスポーツカーという路線から高性能な高級スポーツカーに変わっていました。バックボーン フレームにFRPボディという構造は継承され、ロータス自社製のDOHC4気筒2L(160HP)エンジンをミドシップに搭載し、5段変速で最高速222km/hと高性能でした。

 

 1978年にマイナーチェンジしS2となり、1980年には2.2Lに排気量が拡大されさらにターボ仕様(210HP 最高速245km/h)も追加され、一段と高性能になります。

 

 

 1981年にはこのターボ仕様の足回りをベースにしたノンターボのS3に発展し、1987年に丸みを帯びたボディデザインに変更され、その後V8エンジンを搭載する最終型のS4となり、2004年まで生産されました。1977年の映画「007 わたしを愛したスパイ」で、潜水艦に変化するボンドカーとして登場し有名になりました。

 ミニカーは輸入商社であった朝日通商がスーパーカーブームに乗じて立ち上げたシグマ143というブランド製で1978年に発売されました。1/43サイズの当時物としてはこれが唯一のようです。(コーギーが1/36で潜水艦タイプのボンドカーを1978年に出していますが) 当時の国産物としては珍しい1/43サイズで、全体的なプロポーションがしっかりしていてかなり良い出来映えです。同時期のトミカ ダンディと良く似た作風ですので、関連があったのかもしれません。実際にこのブランドから出ていたVW ビートルはトミカ ダンディの型を流用していたようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=868

   

LOTUS ELITE S2 1980 UK

LOTUS ELITE S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPARK S2213 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.46m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.2L 160HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速212km/h
データーベースでロータス エリートのミニカー検索

 

ロータス エリート S2 イギリス 1980

 

 エリート 2代目 1974年 登場
 先代同様バックボーン フレームにFRPボディの構造 ボディはシューティングブレーク風のデザインですが、リアシート後ろにはリアウインドーがあり荷室と室内は分離されています。ロータス初のエアコンやパワステがオプション設定されるなど、従来のコアなスポーツカーからスポーティな高級車に変わりました。1980年にシリーズ2(S2)となり、エンジンが2Lから2.2Lに代わり、1982年に生産中止となりました。エリートの高級車路線はロータスのユーザーにあまり支持されず、高級車に相応しい品質が足らなかったこともあって、人気はいまひとつだったようです。

 

 1975年にエリートをベースにしてリアをファーストバックにした2+2座仕様のエクラ(ECLAT)が追加されます。エクラは1983年にエクセルに名前をかえて1992年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはスパーク製です。モールディングや内装など細かいところは良くできているのですが、肝心のプロポーションではキャビン部分が大きめでエリートの平べったいイメージがいまひとつです。エリートのミニカーはコーギーの当時物(1/36)やトミカの当時物があります。実車のイメージの再現(デフォルメ)は型職人の腕の見せどころですが、エリートに関してはトミカのほうがスパークよりセンスが良いように思います。(サイズの違いや写真の角度などの違いがありますが → 参照画像:エリート実車とミニカーの側面比較) ) なおスパークはエクラもモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1708

   

 

ページ  « 前へ 1...20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   次へ »