ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DAIHATSU COPEN 2002 JAPAN

DAIHATSU COPEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO J-COLLECTION JC30087S 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.4m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 ターボ 659cc 64HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速135km/h (リミッター制限)
データーベースでダイハツ コペンのミニカー検索

 

ダイハツ コペン 日本 2002

 

 軽自動車のオープンカー コペンが2002年に登場しました。軽自動車のオープンカーといえば1990年代の初めにホンダ ビートなどが登場しましたが、あまり成功しませんでした。コペンはこの先例の教訓を生かして、マニア向けの本格スポーツカー的な要素は捨てて、普通に楽しめる車に仕立てたようです。丸形ライトを採用したフロントは親しみが持てるデザインでこの車の性格を表しています。一般的な前輪駆動方式を採用して、サスペンションもごく普通のものです。エンジンはDOHC 4気筒659cc ターボ(64HP)でこれは軽自動車の最上級クラスですが、セダンのミラでも同じエンジンを載せています。

 

 最大の特徴はアクティブトップと称するハードトップをトランク内に収納する電動開閉システム(軽自動車初)を備えていることです。(着脱可能な樹脂ルーフ仕様も選択できました) このシステムはドイツのベバスト社製の高度なもので、その開閉動作はかなりかっこいいものでした。(実車画像→コペンのルーフ開閉動画) レカロ製シート、モモ製本革ステアリングホイール、アルミホイールなどを装備した特別仕様アルティメットエディションの設定もありました。そんな訳でコペンは小さいながらもオシャレなあそび車でした。2012年まで生産され、総生産台数は約6.3万台とこの種の車ではそこそこ売れました。2014年にコペン 2代目が登場しました。(実車画像→ダイハツ コペン 2014)

 

 

 ミニカーは京商のJコレクション製で2005年発売の当時物です。Jコレクションは安価ながら出来の良いミニカーが多いブランドで、このコペンも室内が良く再現されているなど良く出来ています。ルーフが閉じた仕様やレース仕様のものもあります。これ以外ではトミカ、トミカ リミッテド、国産名車コレクション、国産名車コレクションの色違いであるFIRST43、アオシマの1/64などがあります。  以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DAIHATSU COPEN 1
DAIHATSU COPEN 2

 以下は2010年に発売された国産名車コレクション製のコペン  2004 (1/43 No.110)の画像です。メーカーはイクソで、上記のJコレクションの型を流用して、内装の仕上げなどを簡素にしたものです。コストダウンで内装を簡素化しているので、ハードトップを付けて内装があまり見えないようにしています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DAIHATSU COPEN 3
DAIHATSU COPEN 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1377

   

DAIHATSU HIJET 2008 JAPAN

DAIHATSU HIJET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 175 1/43 82㎜

 

ダイハツ ハイゼット 日本 2008

 

 軽商用車 ハイゼット 10代目 2004年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.4m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 3気筒 659cc 50HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速140km/h?
データーベースでダイハツ ハイゼットのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1438

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2