ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BMC RILEY ELF MK III 1966 UK

BMC RILEY ELF MK III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 055B 1/43 80㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.27m 全幅約1.35m
エンジン 変速機: 4気筒 998cc 38HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでライレーのミニカー検索

 

BMC ライレー エルフ MK III イギリス 1966

 

 1961年にミニの派生モデルとして、ライレー エルフとウーズレイ ホーネットが登場しました。ミニのリアに独立したトランクを追加し、フロントを伝統的なライレー/ウーズレイのグリルに変えた物で、インパネにウォールナット材のパネルを使うなど内装が豪華に仕立ててありました。要するに高級車ブランドであったライレー版のミニで、ウーズレイ版はそのスポーティ仕様という位置づけでした。ミニ(ADO15シリーズ)のなかでは、高性能車のクーパーを別にすると、最も高価なモデルでした。

 

 1962年にミニ(ADO15シリーズ)はMK IIに、1966年にMK IIIに発展し1969年に生産中止となりました。ミニのライレー/ウーズレー版は単なるバッジ エンジニアリングではなく、リアにトランクを追加することで大幅に見た目を変えています。ここまでやるとミニも結構雰囲気が変わるものです。室内は豪華だったようですが、見た目は高級というよりも、かわいい(やや滑稽な)感じがしますが。。

 

 

 ミニカーはビテス製で1996年頃に発売されました。これはライレー エルフをモデル化していますが、ウーズレイ ホーネットもありました。ウォールナット仕上げの豪華な室内がそれらしく再現してあって、ライレー/ウーズレーのグリルとエンブレムがちゃんと作り分けてあります。ミニ(ADO15シリーズ)のライレー/ウーズレイ版はビテス製のミニカーしか無いようなので、その点で貴重なミニカーであります。(マッチボックス製のウーズレイがありますが、たぶんビテス製と同じ型だと思います)  以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMC RILEY ELF MK III 1
BMC RILEY ELF MK III 2

 以下は1996年頃に発売されたビテス製のウーズレイ ホーネット(1/43 型番056B)の画像です。ライレーと同じように見えますが、リアの車名表示に「Wolseley Honet Mk III」、フロントグリルに付いている楕円形ロゴに「Wolseley」と表示されています。(小さいので判別がほとんど困難ですが) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMC WOLSELEY HONET 1
BMC WOLSELEY HONET 2

ウーズレーのミニカー検索 → データーベースでウーズレーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=770

   

JAGUAR E TYPE 2+2 1966 UK

JAGUAR E TYPE 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 335 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4.2L 265HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでジャガー E タイプのミニカー検索

 

ジャガー E タイプ 2+2 イギリス 1966

 

 ジャガー E タイプには1966年にホイールベースを延長しルーフラインを変更して+2座を確保した2+2が追加されました。このホイールベースの延長により3段自動変速機が搭載できるようになり、居住性の改良とあいまってE タイプはさらに人気が高まりました。 1968年にはアメリカの安全基準に合わせてヘッドライトのカバーが無くなり、バンパーが大型化されるなどの変更が行われ、シリーズ 2になりました。同時に3本だったワイパーが一般的な2本に変わりました。またエンジンは排ガス対策で230HPぐらいまで性能が落ちました。

 

 1971年には排ガス対策で低下していた性能を回復させる為に新開発したV型12気筒5.4L(272HP)エンジンを搭載したシリーズ 3が登場しました。クーペが廃止されて、ロードスターと2+2の2タイプとなりました。外観ではフロントグリルに格子が付き、前後のホイールアーチーには太くなったタイヤに合わせてフレアーが追加され、全体的に迫力が増したスタイルになりました。オイルショックでスポーツカーの需要が減り1975年に生産中止となりました。E タイプの総生産台数は約72000台でした。後継車は1975年に登場したXJSでした。

 

 

 ミニカーは1968年に発売されたコーギーの当時物です。全長を短くし幅を広くしたコーギー流のデフォルメがされていて、実車とは少しプロポーションが違っています。スケールモデル的な観点からは今ひとつなのですが、当時のコーギーが得意としたギミックを楽しめるミニカーとしては傑作ミニカーと言って良いと思います。1970年にはホイールをフリーホイールに変更してドア開閉ギミックを外した仕様変更品(型番374)に変わりました。なおこのミニカーのギミックの詳細はこちらのページでご覧ください。→ジャガー E タイプ 2+2のギミック 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネット開閉/テールゲート開閉ギミック画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR E TYPE 2+2 1
JAGUAR E TYPE 2+2 2

 E タイプのミニカーはたくさんあるのですが、E タイプ 2+2のミニカーはあまりなくて、上記コーギー以外ではディンキーの当時物、ジクの当時物、最近の物でスパーク、オックスフォードぐらいしかありません。以下は1968年に発売されたディンキー(英)のE タイプ 2+2 (1/43 型番131)の画像です。プロポーション的にはコーギーとは逆にやや全長が大きめに出来ていて、金属パーツのバンパーなどディンキーらしいやや武骨な作風になっています。なおこれは1975年に購入した物なので型番は同じですが、ホイールがフリーホイール化されている仕様変更品です。(ホイール以外は初期型と同じようです) ボンネット/ドア/テールゲートが開閉するフルギミック仕様です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 2+2 3
JAGUAR E TYPE 2+2 4

 以下はボンネットを開いたエンジンルーム/テールゲートの画像とコーギーのE タイプ 2+2と並べた比較画像です。実車を正確に1/43で縮小すると全長109mmX全幅38㎜となりますが、ディンキーのミニカーは全長112mmX全幅38㎜、コーギーは全長107mmX全幅39㎜となっています。全幅はあまり変わりませんが、全長はコーギーは短めで、ディンキーは長めになっています。当時のミニカーは玩具でしたから同じ車をモデル化しても、こんな具合に違いがあり、メーカーごとの個性がありました。どちらが実車のイメージに近いかという観点では、ディンキーのほうが上かなと思いますが、玩具としては凝ったギミックの付いたコーギーのほうが面白いとも思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE 2+2 5
JAGUAR E TYPE 2+2 6

 以下は1988年に発売されたボックス モデルのE タイプ クーペ (1/43 型番131)の画像です。これは2+2ではなくクーペです。少し前のミニカーでギミックはありませんが、実車の雰囲気が良く再現されていると思います。上記の2+2のミニカーのサイドビューと比較してみると、クーペと2+2のキャビン部分の形状が異なることがわかります。ボックス モデルはクーペやレース仕様など数種類をモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE COUPE 5
JAGUAR E TYPE COUPE 6

 以下は1995年頃に購入したベスト モデルのE タイプ クーペ (1/43 型番PROM10)の画像です。これも2+2ではなくクーペです。ベスト モデルはボックス モデルから分離したブランドなので、上述したボックス モデルのE タイプ クーペと基本的には同じものです。なおこのミニカーはイタリアのブランド BBRの10周年記念の特注品として作られたものです。イタリアのアスカリ トロフィー レースの参加車をモデル化しているようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE COUPE 7
JAGUAR E TYPE COUPE 8

 以下は2014年に発売された国産名車コレクションのE タイプ クーペ (1/43 No.217)の画像です。これも2+2ではなくクーペです。メーカーはイクソで、イクソのカタログモデルの仕上げを簡略化したものだと思います。雑誌付きミニカーとしては標準的な出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR E TYPE COUPE 9
JAGUAR E TYPE COUPE 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=807

   

 

ROVER P6 2000TC 1966 UK

ROVER P6 2000TC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 275 1/46 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 103HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでローバー P6のミニカー検索

 

ローバー P6 2000TC イギリス 1966

 

 ローバーの主力中型車P5の後継車としてP6が1963年に登場しました。P5は保守的な設計でしたが、P6は高剛性の近代的なボデを持ち、ド ディオンアクスル、全輪ディスクブレーキと高度な足回りで、操縦性と乗り心地を両立させた先進的な車でした。4気筒2L(90HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速167km/hの性能でした。1964年には最初のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しており、商業的にも成功しました。

 

 1966年には103HPにパワーアップした2000TCが追加され、1968年にはGMが開発したV型8気筒3.5L(144HP)の製造権を買い取り、そのエンジンを搭載した3500が追加されました。1970年にMK IIに発展し、1977年まで生産されました。P6の総生産台数は約32万台でした。なおローバー社は1967年にトライアンフを有するレイランド社に買収され、その後国有化されたBL(ブリティッシュ レイランド)社に統合されました。

 

 

 ミニカーは1968年に発売されたコーギー製です。1966年式の2000TCをモデル化していて、実車の雰囲気をうまく再現しているビンテージ コーギーの傑作です。コーギーは1963年にP6を型番252で最初にモデル化していて、それには「TRANS-O-LITE」と称するライト点灯ギミックが付いていました。→ TRANS-O-LITEの参照ページ  この型番275の2000TCはその型番252を変更したもので、スペアタイヤ(ホイール)が交換出来る「GOLDEN JACKS」と称するギミックが採用されました。 → GOLDEN JACKSの参照ページ なおリアに搭載したケースの中にスペアタイヤが入っていますが、このスペアタイヤの搭載方法は実車にもあったようです。 さらにこのミニカーは1971年に型番281に変わり、コーギーのフリーホイールである「WHIZZWHEELS」が採用されました。P6の当時物ミニカーは何故かコーギーの物しかないようです。最近の2000TCのミニカーはバンガーズ、オックスフォード、ブレキナなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とタイヤ交換ギミック/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROVER P6 2000TC 1
ROVER P6 2000TC 2

 以下は1971年に発売されたコーギーの2000TC (1/46 型番281)の画像です。タイヤ交換ギミックが取り外され、タイヤ/ホイールが「WHIZZWHEELS」と称するフリーホイールに変更されています。フロントグリルを変更してブラックアウトしているのは、1970年式のMK IIの仕様に対応したものです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROVER P6 2000TC 1
ROVER P6 2000TC 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=812

   

FORD CORTINA MK II 1966 UK

FORD CORTINA MK II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 159 1/40 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 64HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速139km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コルチナ (コーティナ) MK II イギリス 1966

 

 イギリス フォードの大衆車フォード コルチナは1966年にMK IIにモデルチェンジしました。エンジンも含めてシャーシの構造はコルチナ MK Iを踏襲していました。車幅が60㎜大きくなったので室内は広くなり、外観のデザインはオーソドックスなものとなりました。1967年に新設計のエンジンに変更され、4気筒1.2Lが1.3L(54HP)に4気筒1.5Lが1.6L(64HP)に拡大され、1.6L(82HP)エンジンを搭載した1600GTが追加されました。

 

 先代同様にロータスがチューンしたDOHC 1.6L(106HP)エンジンを搭載し足回りを固めた高性能版ロータス コルチナも設定されました。1968年に1600GTの豪華版の1600Eが追加されました。1969年にフロントグリルなどの意匠が小変更されました。コルチナは割安な価格で2/4ドアセダン、5ドアワゴン、高性能版GT、ロータス コルチナといった幅広いバリエーション展開されたことから、BMCの主力モデルADO16シリーズを販売台数で追い越してベストセラーカーとなり大成功しました。1970年にコルチナ MK IIIにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1967年に発売されたディンキー(英)製の当時物です。フロントグリル全体を金属製パーツで構成したディンキー(英)らしいがっちりとした造形で、プロポーションは正確にできています。初代に比べるとおとなしい印象のMK IIですが、ミニカーもその地味な感じがうまく再現されています。ボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミックで当時のミニカーとして良く出来ていました。実車はベストセラーカーで良く売れたはずなのに、当時物ミニカーは何故かこれとマッチボックスの物しかありません。(デザインが地味なせいでしょうか?) 当時物ミニカー以外ではバンガーズの1/43、オックスフォードの1/43と1/76などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/トランク開閉の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD CORTINA MK II 1
FORD CORTINA MK II 2

 以下は室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD CORTINA MK II 3

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=847

   

LOTUS EUROPA SPECIAL 1966 UK

LOTUS EUROPA SPECIAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY DF12 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 126HP 5段変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでロータス ヨーロッパのミニカー検索

 

ロータス ヨーロッパ スペシャル イギリス 1966

 

 レーシングカーの技術を用いた安価なスポーツカーというコンセプトで開発されたロータス ヨーロッパが1966年に登場しました。当時のレーシングカーでは常識となっていたミッドシップ配置でエンジンを搭載した初の量産スポーツカーで、高い操縦性を備えていました。エラン譲りのバックボーン フレーム(ミッドシップなので、エランとは前後が逆になる)にFRPボディを載せる構造で、価格を下げるためドアのウインドーは固定式で室内は簡素な作りでした。

 

 エンジンやミッションはフランスのルノー 16からの流用で、55HPから82HPにチューンされた4気筒1.5Lエンジンは約600kgと軽量なボディを4段変速で最高速180km/hまで引っ張りました。なお当初のS1(シリーズ 1)は左ハンドル仕様だけでした。1968年にドアウインドーを開閉可能とするなど内装を改良したS2(シリーズ 2)に発展しました。1971年にはフォード製エンジンをチューンしたDOHC 4気筒1.6L(105HP)エンジンを搭載したツインカム、1972年には126HPにエンジンを強化した最終型のスペシャルに発展しました。1975年に生産中止となり、総生産台数は約1万台ほどでした。後継車はエスプリでした。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたトミカ ダンディ製です。最終型のスペシャル JPS仕様をモデル化しています。プロポーションが良く、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。またJPS仕様の金色のロゴ(タンポ印刷)もきれいです。ドアとリアパネルが開閉し、エンジンも再現されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/リアパネル開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LOTUS EUROPE S1 1
LOTUS EUROPE S1 2

 ヨーロッパの当時物ミニカーは、メーベトイ、ポリトーイ、マッチボックス、ディンキーなどがありました。また日本では漫画「サーキットの狼」が起こしたスーパーカーブームの影響で、シンセイ、ダイヤペット、グリップ テクニカ、トミカなどの当時物ミニカーがありました。最近の物では、京商の1/64と1/43と1/18、オートアートの1/18、エブロ、ホンウェル、スパーク(レジン製)などがあります。「サーキットの狼」仕様のヨーロッパはトミカ ドリーム、京商の1/64と1/43と1/18があります。 以下は1969年に発売されたメーベトイ製の当時物 ヨーロッパ (1/43 型番A39)の画像です。初期型のS1をモデル化していますが、カバー付のヘッドライトやフロントバンパーが無いのはレース仕様ということなのでしょう。メーベトイ流のデフォルメでややキャビン部分が大きめになっています。フロントパネル/ドア/リアパネル開閉のフルギミックです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS EUROPE S1 3
LOTUS EUROPE S1 4

 以下はフロント/リアの拡大画像リアパネルの開閉ギミック/室内の画像です。なおリアパネルの開き方が後ヒンジになっていて、実車とは違っているのですが、これはレース仕様だからなのでしょうか? その辺は不明です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS EUROPE S1 5
LOTUS EUROPE S1 6

 以下は2004年頃に発売されたホンウェル(カララマ)製のヨーロッパ スペシャル (1/43 型番261D-010)の画像です。ホンウェルのカララマ シリーズは安価なミニカーの代表的なものでした。(当時の価格で600円) しかしこのヨーロッパ はプロポーションが良く、ロータスのロゴ/細い金色のストライプの印刷処理や室内の仕上げも良く、かなりレベルの高い出来ばえです。さらにドア開閉と前輪操舵ギミックまで付いていますので、とても低価格のミニカーとは思えません。2000年代初め頃は中国での生産コストがべらぼうに安かったからできたのでしょう。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS EUROPE S1 7
LOTUS EUROPE S1 8

 以下は1978年に発売されたダイヤペット製の当時物 ヨーロッパ スペシャル(1/40 型番G59)の画像です。前述したスーパーカーブームに乗じて発売されたものです。当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。フロントパネル/ドア/リアパネル開閉のフルギミックになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS EUROPE S1 9
LOTUS EUROPE S1 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=867

   

 

MG 1100 1966 UK

MG 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99068 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 56HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでMG 1100/1300のミニカー検索

 

MG 1100 イギリス 1966

 

 前述したBMCのADO16シリーズの2番手はMG 1100で、MG マグネットの後継車として1962年に登場しました。スポーツカーメーカーのMGブランドに合わせて、1.1Lエンジンはツイン キャブレターで50HPから56HPにパワーアップされ、最高速も135km/hと少し速くなっていました。

 

 1967年にエンジンが1.3L(58HP)に拡大され、ADO16シリーズはMK IIとなりました。1968年にBMCはローバーグループと合併しBLMCになり、モーリス/オースチン/MG/ウーズレー/ライレー/バンデン プラの6ブランドの統合が始まりました。1969年にMGブランドのADO16はエンジンを70HPまでパワーアップした1300 MK IIだけとなり、その際にボディが2ドアのみになりました。1971年にはモーリス マリーナが登場し、モーリス 1100/1300が生産中止となり、MG 1300 MK IIも生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはビテス製で2000年頃に発売されました。ビテスはモーリス、オースチン、MGなどADO16シリーズを20種類ほどモデル化しています。ビテスのADO16シリーズはプロポーションが良く、グリルやホイールなど各ブランドの違いをきちんと作り分けてあるので、集めると楽しいシリーズです。当サイトではモーリスオースチン、MG、バンデン プラを紹介しています。これはMG 1100でMG マグネットと同じようなイメージのフロントグリルが付いています。フロントのウインカーが丸型に変えてあるのもスポーティさを表現したものでしょう。当時物ミニカーではスポットオンやテクノがモーリス 1100に加えてMG 1100もモデル化していますので、ADO16シリーズの中でもMG 1100は特に人気があったのだと思われます。最近の物では新生ビテスがMG 1300もモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG 1100 1
MG 1100 2

 以下は1963年頃に発売されたテクノの当時物のMG 1100(1/43 型番832)の画像です。テクノらしい金属パーツを主体としたがっちりした出来ばえで、ボンネット開閉ギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MG 1100 3
MG 1100 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=774

   

JENSEN FF 1966 UK

JENSEN FF 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINK(UK) 153 1/40 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.3L 335HP 3段自動変速 フルタイム4WD
性能: 最高速210km/h
データーベースでジェンセンのミニカー検索

 

ジェンセン FF イギリス 1966

 

 アランとリチャードのジェンセン兄弟が1934年に設立したジェンセン モーターズ社は、当初はモーリスなどの大衆車向けに特注のボディを製造していました。アメリカの映画俳優クラーク ゲーブルの注文で製作したフォード V8のスペシャル ボディが評判となり、その車をベースにした車に自社の名前を付けて1935年に発売しました。当時のジェンセン社への注文は商用車(トラック、バス)が多く、1939年には「JNSN」という商用車ブランドを起ち上げ、第2次戦争中は軍用車の製造を行っていました。(実車画像→ クラーク ゲーブルのフォード V8 スペシャル ボディ)

 

 戦後の1950年にインターセプターという名前の高級スポーツカーを発表しました。この車はオースチン シアーライン(SHEERLINE)をベースにした車で6気筒4L(130HP)エンジンを搭載し、最高速164km/hの性能でした。1953年にはFRP製のクーペボディを持つ541が登場し、1962年にC-V8に切り替わりました。C-V8はクライスラー製のV型8気筒6L(150HP)エンジンを搭載し、最高速は190km/hと高性能でした。 (実車画像→ ジェンセン インターセプター 1952) (実車画像→ ジェンセン C-V8 1962)

 

 

 1966年にC-V8の後継車として2代目インターセプターが登場しました。カロッツェリア トゥーリングがデザインしたハッチバッククーペボディーにV型8気筒6.3L(283HP)エンジンを搭載し、最高速は222km/hの性能でした。インターセプターをベースにしてファーガソン製フルタイム4WDシステム(量産乗用車用としては世界初)と世界初のダンロップ製アンチロック ブレーキ システム(ABS)を採用した画期的なGTカーのFF(Ferguson Formulaの意)も同時に発売されました。インターセプターは1974年にコンバーチブル仕様も追加されました。1970年代の石油危機による需要低迷でジェンセン社は1976年に倒産しました。インターセプターは約6500台(FFは約300台)が生産されました。1988年に倒産前と同じボディにクライスラー製のV型8気筒5.9L(243HP)エンジンを搭載したインターセプターの生産が再開され1993年まで少量生産されました。

 ミニカーは1968年に発売されたディンキー(英)の当時物で、ジェンセン FFをモデル化しています。1/40と通常の1/43サイズよりやや大きめに出来ています。プロポーションが良くディンキー流のややごつい作風がこの車にマッチしていて、当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえでした。ジェンセン FFの当時物ミニカーはこれとポリトーイのエクスポートシリーズしかなかったので車種的にも貴重で、ディンキー最盛期の傑作ミニカーのひとつでした。ボンネットとドアが開閉するギミック付きです。これ以外のジェンセンのミニカーはスポットオンの当時物 541、ポリトーイの当時物 FF、オックスフォードのインターセプター 1/43と541 1/76、ネオ(レジン製)のインターセプターなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JENSEN FF 1
JENSEN FF 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=879

   

COOPER T81 MASERATI F1 1966 UK

COOPER T81 MASERATI F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI GS6 1/43? 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 12気筒 3L 360HP 5段自動変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでクーパーのミニカー検索

 

クーパー T81 マセラティ F1 イギリス 1966

 

 1965年にクーパー社はチップステッド モーター グループ(外車輸入会社)の傘下となりましたが、レース活動は続けていました。1966年にF1の排気量が3L(過給1.5L)に変わり、マクラーレンの3Lエンジンを搭載したT81が登場しました。T81は当時主流であったモノコック構造をクーパーとして初めて採用していますが、あまり熟成されていない設計でした。それでも1966年メキシコGPでの優勝(ドライバー J.サーティース)や、1967年南アフリカGPでの優勝(ドライバー P.ロドリゲス)でやや往年の勢いを盛り返しました。ただこの勢いは続かず結局1968年限りでレース活動から撤退しました。

 

 クーパーの名前が今も残されているミニ クーパーは、BMCとクーパーの協力で1961年に登場しました。優れた操縦性のミニ クーパーは、モンテ カルロ ラリーで1964/1965/1967年に優勝しています。またクーパーはJ.ブラマム、B.マクラーレン、S.モスなど優れたドライバーを輩出しています。ミドシップ方式の確立、小さな町工場がレーシングカーを製作する「バックヤードビルダー」というスタイルの確立、ブラバムやマクラーレンといったイギリスのコンストラクターを生み出したことなど、クーパーは1960年代のF1に多大な功績を残しました。

 

 

 ミニカーは1967年に発売されたコーギー製の当時物です。これはフォルクスワーゲン T1とセット販売された物ですが、単品(型番156)で販売されたものと基本的には同じ物です。1966年のメキシコGPでJ.サーティスがドライブして優勝した#7をモデル化しています。50年以上も昔のミニカーとしては良く出来ています。このミニカーにリアスポイラーとステアリング操作ギミックを付けた物が1969年に販売されました。これ以外のクーパー マセラティのミニカーは当時物ではT81かどうかは怪しいですが、ポリトーイ(PENNY)やガマがありました。最近のものではスパークがあります。 以下はフロント/リアの画像とコクピット周辺の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

COOPER T81 MASERATI F1 1
COOPER T81 MASERATI F1 2

 以下は1969年に発売された同じコーギー製のクーパー T81 マセラティ F1 1968 (1/43 型番159)の画像です。上記にフロント/リアスポイラーを追加して、さらにステアリング操作ギミックを付けています。ステアリング操作ギミックの詳細についてはギミックのページをご覧ください。→クーパー マセラティのギミック紹介ページ (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
COOPER T81 MASERATI F1 3
COOPER T81 MASERATI F1 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1749

   

 

BMC MINI COOPER S 1275GT 1967 UK

BMC MINI COOPER S 1275GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 334 1/41 75㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 76HP 4段変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでミニ クーパーのミニカー検索

 

BMC ミニ クーパー S 1275GT イギリス 1967

 

 レーシングカーを開発していたクーパー社のジョン クーパーがチューンした997cc(55HP)エンジンを搭載し、ディスクブレーキを備えたミニ クーパーが1961年に登場しました。1963年にはさらに高性能な1071cc(70HP)エンジンとブレーキを強化したミニ クーパー Sが追加されました。ミニ クーパーは1967年まで生産され総生産台数は約12000台、ミニ クーパー S(1071cc)は1964年のモデルチェンジまでに約4000台が生産されました。

 1964年にミニ クーパー Sは量産型にモデルチェンジして970㏄(65HP)と1275cc(76HP)エンジンの2タイプとなりました。970ccモデルは1965年に生産中止となり生産台数は約1000台、1275㏄モデルは1971年まで生産され生産台数は約40000台でした。ミニ クーパー Sなどの高性能ミニはモンテ カルロ ラリーで3度総合優勝するなどラリーで大活躍しています。

 

 ミニは1967年にMK IIに発展し、標準エンジンは998ccと1275ccの2種類となりました。外観上の変更はフロントグリルが6角形に、テールランプが大きな角型となり、リアウィンドーが左右に拡大されました。1969年にMK IIIに発展し、むき出しだったドアのヒンジが内蔵され、サイドウィンドーがスライド式から巻き上げ式に変わりました。MK IIIと同時にフロントのデザインを大幅に変更したクラブマンも追加されました。クラブマンはデザインなどが不評で1980年には生産中止となりました。ミニは1976年にMK IV、1984年にMK V、1990年にMK VI、1996年にMK VIIに発展し外観やメカに大きな変更がないままで、2000年まで生産され総生産台数は530万台でした。

 

 

 ミニのミニカーは当時物がたくさんありますが、これは1968年に発売されたコーギーのミニ クーパー S (MK II 1275GT)です。コーギーはミニの当時物ミニカーを20種類ほどモデル化していますが、これはその中でもボンネット/ドア/トランク/スラインディングルーフが可動するフルギミックの一番凝ったミニです。1/43よりも少し大きめで、コーギーのデフォルメはミニ独特の雰囲気をうまく強調していて、「コーギーのミニ」という独特の味があります。なおこのミニカーのギミックは別のページにまとめてありますので、是非ご覧ください。参照ページ→コーギーのミニ クーパーのギミック 以下はフロント/リアの拡大画像とトランク/エンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMC MINI COOPER S 1
BMC MINI COOPER S 2

 以下は1960年に発売されたモーリス ミニ マイナー(1/42 型番226)の画像です。コーギーのミニとしては最初に発売されたもので、ライトやバンパーが銀塗装で表現された素朴な物ですが、ライトが大き目にできているなど「コーギーのミニ」の元祖となったミニカーです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMC MINI COOPER S 1
BMC MINI COOPER S 2

 以下は1976年頃に発売されたスペインのオートピレンのミニ クーパー(型番319)の画像です。基本的なところはコーギーの型番334 ミニ クーパーのコピーです。しかしスラインディングルーフを止め、左ハンドルの内装に変えてホイールもピレンのオリジナルに変えているなど大幅な変更がされているので、オートピレンのオリジナルといっても良いでしょう。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMC MINI COOPER S 1
BMC MINI COOPER S 2

 以下は1996年に発売されたソリドのローバー ミニ カブリオレ(1/43 型番1537)の画像です。1990年代にドイツのディーラーによってローバー ミニのカブリオレが少数製作されたようで、それをコピーしたイギリス版があり、これはそれをモデル化したもののようです。カブリオレはスパーク(レジン製)もモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMC MINI COOPER S 1
BMC MINI COOPER S 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=769

   

BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 1967 UK

BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 339 1/42 74㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1275cc 76HP 4段変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでミニ クーパー モンテ カルロのミニカー検索

 

BMC ミニ クーパー S モンテ カルロ イギリス 1967

 

 レーシングカーを開発していたクーパー社のジョン クーパーがミニの優れた操縦性に目をつけ、BMCにスポーツ仕様の販売を提案し1961年に登場したのがミニ クーパーでした。オリジナルの848cc(34HP)をチューンした997cc(55HP)エンジンを搭載し、ディスクブレーキを備えていました。ラリーに参戦するため、当時のグループ2規格の認証に必要な台数(500台)がまず生産されました。1963年にはさらに高性能な1071cc(70HP)エンジンを搭載しブレーキを強化したミニ クーパー Sが追加され、さらに1964年には1275cc(76HP)エンジンも追加されました。

 

 ミニ クーパーは様々なレースやラリーで大活躍していますが、ミニ クーパーの名前を最も有名にしたのはモンテ カルロ ラリーでの活躍でした。1961年に初参戦し、1963年には3位(#288号車)入賞しています。1964年に初優勝(#37号車)し、1965年も優勝(#52号車)して2連覇しました。1966年も#2号車が勝利をほぼ手中にしていたのですが、ヘッドライトのレギュレーション違反で失格となり3連覇を逃しました。翌1967年は前年の失格に対する抗議でBMCはワークスチームを出しませんでしたが、プライベートチームをサポートして3度目の優勝(#177号車)を果たしました。1968年も3位(#18号車)入賞しています。

 

 

 ミニのミニカーは非常にたくさんありますが、モンテ カルロ ラリー仕様のミニカーについてまとめました。当時物としては老舗コーギーがリアルタイムに発売していた物がありました。最初は型番317の1964年仕様、次に型番321の1965年仕様、3台目が同じ型番321の1966年仕様、4台目が型番339の1967年仕様となります。特に型番339はエンジンのアンダーガード、フロントバンバーガード、屋根上のスペアタイヤなど(実車とは同じではないですが)ラリー仕様らしい外観となっています。実車に比べるとライト(ラインストーン:カットされたガラス球)がやや小さいように感じますが、後にラインストーンを大きくしたバリエーションが出ています。同じ型でホイールをフリーホイールに変えたものが型番308で1972年に出ています。型番339は約70万台も生産されているので現在でもたまにオークションなどで見かけますが、型番339以外のコーギーのモンテ カルロ ラリー仕様はいずれもかなりのレア物です。 コーギー以外のモンテ カルロ ラリー仕様は、ビテス、エリゴール、イクソ、京商の1/18、オックスフォード、スパーク(レジン製)など非常にたくさんあります。特にビテスは優勝車以外もモデル化するなど約20種類ほどを揃えています。

BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 3
1964年仕様 #37 コーギー 型番317
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 4
1965年仕様 #52 コーギー 型番321

BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 5
1966年仕様 #2 コーギー 型番321
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 6
1967年仕様 #117 コーギー 型番339
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 7
1964年仕様 #37 エリゴール 型番1111
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 8
1963年仕様 #288 ビテス 型番58SM77

 以下は1969年頃に発売されたポリトーイのイノチェンティ ミニ クーパー S (1/25 型番S582)の画像です。#177のゼッケンやフォグランプでラリー仕様風になっています。イノチェンティ ミニ クーパーはイタリアでライセンス生産されたミニ クーパーのイタリア版(左ハンドル仕様)で、外観的には本国版とほぼ同じでした。ポリトーイの1/25(Sシリーズ)は大スケールミニカーの走りとなったミニカーで、初期の数点はその大きさをいかして、エンジンや室内などが当時としてはかなりリアルに再現されていました。(初期物以外は1/43を大きくしただけの物になってしまいましたが) このミニ クーパーはその初期物ですので、非常に凝った作りとなっています。
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 9
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 10

 以下はボンネットを開いたエンジン部/トランクと開いたドア/室内の画像です。室内は結構リアルに再現され、メーターはそのカバーレンズを透明プラスチックで再現するといった凝りようです。実車と全く同じではありませんが、トランクのハンドルとドアのハンドルは回すことでロック/ロック解除するようになっています。私の知る限りではドアハンドルにこのような凝ったギミックを付けたミニカーはこれが初めてだったと思います。(最近の大スケールミニカーでもCMCクラスの超精密モデルぐらいでしかありませんが)(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 11
BMC MINI COOPER S MONTE CARLO 12

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1771

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 15  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  ...18 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.