ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TALBOT 90 LIMOUSINE 1930 UK

TALBOT 90 LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1036 1/43 113㎜

 

タルボ (タルボット) 90 リムジーン イギリス(フランス) 1930

 

 フランスのクレマン車をイギリスで輸入していたタルボット伯爵が1902年にクレマン-タルボ社を設立、イギリス製のタルボ一号車を1906年に製作しこの車はレースで活躍しました。タルボ社はその後サンビーム社、ダラック社と合併しSTDグループを形成します。

 1926年に発表された14/45HP(6気筒 1.7L)は技術的に優れた低価格の車でこの車は大ヒットします。この車はライトを使って矢印を表示する方向指示器を初めてリアに装備していました。

 

 ミニカーはエリゴール製 年式から14/45HPの高性能モデルで2.3Lのタイプ90と思われます。ただ方向指示器らしきものは再現されていません。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=357

   

TALBOT T23 1936 FRANCE

TALBOT T23 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4003 1/43 112mm

 

タルボ T23 フランス 1936

 

 上述したSTDグループは財政難から1935年にイギリスのルーツグループに吸収され、ヒルマン車の一部となり消滅していきます。STDグループのフランス工場はアンソニー ラーゴに買収され、こちらはタルボ車の販売を続け第二次大戦後はタルボ ラーゴという名前になります。

 

 ミニカーはソリド製でフランス製タルボ(タルボ ラーゴ)をモデルにしています。このT23は上述したタイプ90から発展したモデルで高性能スポーツカーだったようです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 105HP 4段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=358

   

 

TALBOT LAGO T150 SS COUPE BY FIGONI & FALASCHI 1938 FRANCE

TALBOT LAGO T150 SS COUPE BY FIGONI & FALASCHI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VOITURES CLASSIQUES (IXO ALTAYA) 6 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m? 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 6気筒 4L 165HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでタルボ ラーゴのミニカー検索

 

タルボ ラーゴ T150 SS クーペ  フィゴーニ ファラスキー フランス 1938

 

 前述したようにタルボは元々イギリスとフランスに工場があった大衆車メーカーでした。1919年にタルボはサンビーム、ダラックと合併しSTD(サンビーム-タルボ-ダラック)グループを形成し自動車生産を行いました。STDグループは財政難から1935年にイギリスのルーツグループに吸収されて消滅しました。STDグループのフランス工場はアンソニー ラーゴが買い取りタルボ車の販売を続け、第2次大戦後はタルボ ラーゴという名前になり高級スポーツカーを1960年まで生産していました。

 

 タルボは1937年に新設計のツーリングカー タルボ T4 マイナー(4気筒2.3Lエンジン搭載)を発表しました。この車には6気筒2.7/3/4Lエンジンが追加され、ホイールベースの長い6気筒3/4Lエンジン搭載車とさらにホイールベースの長い(7人乗り)6気筒3/4Lエンジン搭載車が追加されました。そのなかでT150は6気筒3Lエンジン搭載のホイールベースの短いスポーツカーで、T150 SSはさらにホイールベースを短くして6気筒4Lエンジンを搭載した高性能版でした。(なお150CとCが付くのはレース仕様で基本はロードスターでした) 個性的で美しい流線形ボディのT150 SS クーペは当時最速のスーパーカーでタルボ ラーゴのなかでも一番有名な車でした。コーチビルダーは前述したドライエ 165と同じフィゴーニ ファラスキーで、わずか十数台しか製作されていないようです。

 

 

 ミニカーはフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」のNo.6として作られた物でイクソ製です。これはオークションで入手したものですが、2007年にイクソの型番MUS007でも発売されました。ミニカーの出来ばえはミニカー付雑誌の標準的なレベルですが、美しい流線形ボディの雰囲気はうまく再現され2トンカラーも綺麗です。(フロントグリルが少し右に傾いているのは見なかったことにしてください) T150 SS クーペのミニカーはこれ以前に少量生産のWESTERN MODELS製がありましたが、量産ミニカーとしてはこれが最初のモデル化でした。最近になってミニチャンプスやスパークやCMCの1/18などでモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TALBOT LAGO T150 SS COUPE BY FIGONI & FALASCHI 1
TALBOT LAGO T150 SS COUPE BY FIGONI & FALASCHI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1700

   

TALBOT T120 COACH 1939 FRANCE

TALBOT T120 COACH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VEREM 1005 1/43 112㎜

 

タルボ T120 コーチ フランス 1939

 

 タルボはその後1959年にシムカに買収され名前が消えます。そのシムカは1963年にクライスラーに買収され、さらにそのクライスラー ヨーロッパは1978年にプジョーに買収されます。プジョーはクライスラー ヨーロッパの名前を由緒あるタルボに変更し名前が一時的に復活しますが、結局その数年後には消えてしまいました。このようにタルボという車の歴史は始まりから終わりまで非常にややこしいです。

 

 ミニカーはソリドの別ブランドであるベレム製です。古いソリドの型を流用または改造したモデルを作っています。これは上記のオープンボディをセダンに変更しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 90HP 4段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=359

   

 

ビンテージ期 ←  ページ 1   → 戦後期