ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 1923 SWEDEN

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y16 1/49 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 3.5L 36HP 4段変速
性能: 最高速 不詳 乗車定員12名
データーベースでスカニア バスのミニカー検索

 

スカニア バビス 3241 郵便バス スウェーデン 1923

 

 スカニア社はスウェーデンの重工業会社で、1900年に設立されました。最初に2輪車を製造しすぐに自動車製造をはじめ、1902年にはトラック(1.5t)を製造しています。1911年に同じスウェーデンの乗用?/トラック メーカーのバビス社(VABIS)と合併し、スカニア-バビス社となり、同年にスウェーデン初の国産バスを製造しています。1939年に乗用車市場から撤退し商用車に特化しました。

 

 第2次世界大戦中は軍需対応で自動車以外に戦車も生産しました。1950年代には生産した車の半分以上が輸出されるようになり、国際的な企業に発展しました。1969?にスウェーデンの乗用車メーカー サーブ社(SAAB)と合併し、サーブ-スカニア社となりました。1995年にはサーブと分離し、スカニア社となりました。現在のスカニア社はフォルクスワーゲン グループに属し、ダイムラー、ボルボに次ぐ世界第3位の大型商業車メーカーです。1970年代までのトラックはL**という名前、それ以後はボンネット式はTやH(HAUBER)、キャブオーバー式はRやR TL(TOPLINE)という名前が付いているモデルが多いです。

 

 

 ミニカーはマッチボックスのYシリーズの特別仕様品で1988年に発売されました。スカニア-バビス時代の3241型の郵便バスをモデル化しています。このバスは農村部にて郵便サービスや公共交通サービスに使われたそうです。前輪にソリを付け後輪はクローラー(キャタピラ)となっている雪上車仕様で、スウェーデンの厳しい風土を反映しています。実車諸元の参照画像と見比べてみると、実車をかなり忠実に再現していることがわかります。縮尺が1/49と中途半端なのが今一つですが、スカニア初期の雪上車仕様のバスということで、車種的に珍しく面白いミニカーです。バリエーションで同じモデルの屋根にもみの木を積んだクリスマス仕様や雪上車仕様でない郵便バスもモデル化されています。スカニアのミニカーはトラックやバスといった商用車がほとんどですが、ヘルパの1/87、ブレキナの1/87、コーギーの1/50と1/76、オックスフォードの1/76など結構たくさんモデル化されています。 以下はフロント/リアと運転席周りの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

SCANIA VABIS 3241 POST BUS 1
SCANIA VABIS 3241 POST BUS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1885

   

 

エドワード期 ←  ページ 1   → サラブレッド期

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.