ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DATSUN (NISSAN) TYPE 11 1932 JAPAN

DATSUN (NISSAN) TYPE 11 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY 36 1/36 78㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.7m 全幅約1.18m
エンジン 変速機: 4気筒 747㏄ 12HP 3段変速
性能: 最高速度65km/h
データーベースで初期の国産車のミニカー検索

 

ダットサン (日産) 11型 日本 1932

 

 三菱 A型で記載したように明治時代の自動車国産化は当時の日本の工業技術が未熟であった為成功しませんでした。その後の自動車国産化に影響を与えた会社として白楊(はくよう)社と快進社がありました。白楊社は1912年(大正元年)に創業された会社で、創業者豊川順彌氏が米国に滞在した経験から自動車開発に着手しました。1924年に国産技術で独自設計/製作した小型車オートモ号が完成しました。オートモ号は空冷4気筒943㏄(9HP)エンジンを搭載し3段変速で最高速60㎞/hの小型車でした。4人乗りセダン/フェートン、2人乗りロードスターがあり1928年までに約250台が生産されましたが、採算が取れず会社は解散しました。(実車画像→ オートモ号 1924)

 

 快進社は1911年に創業された日本初の自動車会社でした。1914年(大正3年)にV型2気筒(10HP)エンジンを搭載した小型車 脱兎(ダット)号を開発しました。ダット(DAT)とは同社の田、青山、竹内氏3名のイニシャルの組合せで、早く走るという意味の脱兎という意味もありました。 この会社を現在の日産自動車の前身であった戸畑鋳物株式会社自動車部が買取り小型大衆車として市販したのがダットサンでした。当初はダットの息子ということでダットソン(DATSON)と名付けられましたが、ソンは損に通じることからダットサン(DATSUN)となりました。1931(昭和6年)年にダットサン 10型が10台、1932年にはダットサン 11型(ダットサン 1号車)が150台製作されました。ダットサン 10型は4気筒495cc(10HP)エンジンを搭載し、ダットサン 11型は4気筒747cc(12HP)エンジンを搭載し3段変速機で最高速度65km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたトミカ ダンディ製です。ダットサン 11型(ダットサン 1号車)のフェートン(セダンの幌仕様)をモデル化しています。当時の国産ミニカーとしては珍しい本格的なクラシックカーのミニカーでした。実車に忠実にモデル化してあり、ヘッドライト、フロントウィンドー横の腕木式方向指示器、室内などの細部もそこそこ良く仕上げてあります。ただし縮尺が1/36と中途半端で、メタリック塗装のボディカラーが実車のイメージに合わないのが今一つです。これ以外のダットサン 11型のミニカーはトミカの1/49、ダイヤペットの1/30と1/35、ミクロペットの1/35などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) TYPE 11 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 11 2

 以下は1976年に発売されたダイヤペット製のダットサン 1号車 1932 (1/30? 型番G45)の画像です。これも前述した三菱 A型と同じダイヤペット10周年記念で作られたもので、これは塗装されていますが、ブロンズ仕上げの物もありました。上記のトミカ ダンディ製に比べるとやや見劣りしますが、これもそこそこ実車に忠実にモデル化してあります。なおカラーリングはトミカ ダンディ製よりそれらしい感じになっていると思います。箱には縮尺1/40と書かれていますが、ミニカーの全長が90㎜ですので1/30ぐらいでモデル化していることになります。なおダイヤペットはこれ以前の1968年にも型番139でダットサン 1号車をモデル化していますが、それはミクロペットのチェリカフェニックス シリーズの型番PHE4の型を使った復刻版でこれとは別物でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) TYPE 11 3
DATSUN (NISSAN) TYPE 11 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=361

   

NISSAN (DATSUN) TYPE 70 1937 JAPAN

NISSAN (DATSUN) TYPE 70 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 3 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 3670㏄ 85HP 3段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースで初期の国産車のミニカー検索

 

日産 (ダットサン) 70型 日本 1937

 

 1923年(大正12年)9月に関東大震災が起こり、当時の主要な輸送手段であった鉄道が壊滅的な被害を受けました。その為震災の復興では自動車(主にトラック)が活躍しました。この自動車需要の急増に対応したのはアメリカの自動車メーカーでした。その状況で今後も日本での需要が伸びることを予想したアメリカの自動車メーカーは、1925年にフォード日本、1927年に日本GMを設立し日本でライセンス生産を開始しました。(フォードは横浜、GMは大阪に組立工場がありました) 日本の自動車製造はまだ緒に就いたばかりでしたので、自動車の国内市場(トラック/大型車)はこの2社で独占されることになりました。

 

 この状況に対応して、外資系のメーカーを排除し国産自動車を育成する為に1936年に「自動車製造事業法」が制定されました。この法律に後押しされて、日産がアメリカのグラハム ペイジ(Graham-Paige)社と提携し同社の生産設備を導入して製造したのが日産 70型でした。日産 70型は6気筒3.7Lエンジンを搭載する大型車でした。グラハム ペイジの図面で製造したので、外観はグラハム ペイジそのままでした。セダン以外にフェートン(幌付きのオープンカー 主に軍用)があり、約5500台が生産され国産初の量産大型車となりました。(実車画像→ グラハム ペイジ 1936)

 

 

 ミニカーは1976年に発売されたリーンレプリカ製です。リーンレプリカは個人コレクターが起ち上げたブランドで、ホワイトメタル製の1/43で初期の国産車を6車種ほどモデル化していました。個人が製作していたのでコストがかけられず、ウィンドーや室内の造形が省略された簡素な作りになっています。素朴な作りですが、プロポーションが良く実車の雰囲気をうまく再現しています。カラーリングも当時の車らしい感じになっています。日産 70型はこれしかミニカーがないので、初期の日本車のミニカーとして非常に貴重な存在です。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) TYPE 70 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 70 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=364

   

 

DATSUN (NISSAN) TYPE 17 1938 JAPAN

DATSUN (NISSAN) TYPE 17 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44353 1/43 74㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.13m 全幅約1.19m
エンジン 変速機: 4気筒 722㏄ 16HP 3段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースで初期の国産車のミニカー検索

 

ダットサン (日産) 17型 日本 1938

 

 現在の日産自動車の前身であった戸畑鋳物株式会社自動車部が1932年(昭和7年)に製作したダットサン 11型は、1933年にエンジンが748cc(12HP)に拡大されダットサン 12型になり、1934年にダットサン 13型になりました。1934年(昭和9年)に会社名が日産自動車に改められ、1935年に本格的に量産されたのがダットサン 14型でした。14型は全長2.79mの小型車で4気筒722㏄(15HP)エンジンを搭載していました。ボディは幌付きのオープンカー(フェートン)とセダンがあり、デザインが近代的になりました。縦長のハート型デザインのフロントグリルが特徴で、その上には脱兎(駆けているうさぎ)のマスコットが付いていました。(実車画像→ ダットサン 14型)

 

 その後1936年にダットサン 15型が登場し、1937年にダットサン 16型が登場しました。ダットサン 16型にはセダン、クーペ、フェートン、ロードスターなどがありました。1938年に戦前最後のモデルとなったダットサン 17型が登場しました。15型から17型のエンジンは14型と同じ4気筒722㏄で16HPに少しパワーアップしていました。17型は全長3.13mで少し大きくなりましたが、外観は14型と同じようなデザインでした。1937年には約8000台が生産され、当時の国産小型車の代表でした。なお当時の大型車はほとんどがアメリカのGMやフォードの車をノックダウン生産した車でした。

 

 

 ミニカーは2011年に発売されたエブロ製です。ダットサン 17型のフェートンをモデル化しています。エブロらしいリアルな造形で、実車が良く再現されています。17型の特徴である中央に縦ラインがあるフロントグリルとその上の脱兎のマスコット、灯火類、室内などの細部も良く再現されています。カラーリングもセンスが良いです。エブロはバリエーションでセダン、ロードスター、ピックアップトラックもモデル化しています。これ以外のダットサン 15-17型のミニカーは、リーンレプリカの14型、ダイヤペットのDX セダン (14型)があります。  以下はフロント(マスコット部拡大)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) TYPE 17 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 17 2

 以下は1976年に発売されたリーンレプリカ製の ダットサン (日産) 14型 1935 (1/43 型番1)の画像です。リーンレプリカは個人コレクターが起ち上げたブランドで、ホワイトメタル製の1/43で初期の国産車を6車種ほどモデル化していました。ウィンドーや室内の造形が省略された簡素な作りですが、プロポーションが良く特徴であるハート型デザインのフロントグリルなど実車の雰囲気がうまく再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 2

 以下は1976年に発売されたダイアペット製のダットサン DX セダン (14型) 1935 (1/35 型番G32)の画像です。ダイヤペット10周年記念として初期の国産車が3車種モデル化されたのですが、これはその1つです。一般的なミニカーではなく、ブロンズ仕上げの置物といった感じの物に仕立てあります。縮尺が1/35ですので、全長78㎜で上記のリーンレプリカ製(全長67㎜)より一回り大きなサイズとなっています。リーンレプリカ製と見比べると、こちらの方がボンネット部分が少し長いなどプロポーション的にはいまひとつですが、ダットサン 14型がどのような感じの車だったのかは分かります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 3
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=363

   

DATSUN (NISSAN) 112 1956 JAPAN

DATSUN (NISSAN) 112 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44217 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.86m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 860cc 25HP 4段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン 112型 日本 1956

 

 日産自動車は1952年にイギリスのオースチン社と技術提携を結び、当時最先端であったA40 サマーセットのノックダウン生産を始めました。(実車画像→ オースチン A40 サマーセット) 1953年に第1号車が完成し、当初はタイヤ、バッテリー、ドアのガラスが国産品でした。国産部品は次第に増やされ、1955年の日産 A50 ケンブリッジでは最終的に全部品が国産となりました。(実車画像→ 日産 A50 ケンブリッジ) 1959年に自社開発したセドリックが登場し、役目を終えたA50は1960年に生産終了となりました。

 

 このノックダウン生産で培った技術を生かして、小型車のダットサン 110型が自社開発され1955年に発売されました。(ダットサンは日産自動車の小型車のブランド名でした) 110型は前後固定車軸のラダーフレームに、鋼板をプレスした車体を載せた構造でした。全長3.86mX全幅1.47m(現在の軽自動車より少し大きい)のボディに、サイドバルブ方式4気筒860cc(25HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速85km/hの性能でした。110型はシンプルで耐久性に優れており、小型タクシー用として人気を呼ぶなど日産の小型乗用車の基礎を固めました。フロントグリル変更やコラムシフト化などで改良され112、113、114、115型と発展し、1957年には210型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはエブロ製で2009年に発売されました。日産自動車が保有しているレプリカを忠実にモデル化しているようで、フェンダーの上に付いている小さな赤いウインカー、フロントグリル、室内など細かい所までよく再現されています。国産車の歴史上重要な車をエブロがモデル化してくれたのはうれしいのですが、ウエストラインより上のキャビン部分の高さがやや足りない感じがして、プロポーション的にはいまひとつの感じがします。ダットサン 112型のミニカーは現在(2020年)でもこれしかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) 112 1
DATSUN (NISSAN) 112 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=909

   

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1957 JAPAN

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 3 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでプリンス スカイラインのミニカー検索

 

プリンス  (日産) スカイライン ALSI-1型 日本 1957

 

 プリンス自動車工業は1947年に「東京電気自動車」として創立され、最初は「たま」というブランドで電気自動車を製造していました。その後ガソリン自動車開発に進み、1952年から「プリンス自動車工業」という名前に改名しています。(現在の今上天皇が皇太子となったことを記念してプリンスと命名) 同年に最初の車プリンス セダン AISH型とトラックAFTF型が発売されました。

 

 プリンス セダンAISH型は4気筒1.5L(45HP)OHVエンジンを搭載する小型車で、4段変速で最高速110km/hの性能でした。4段コラムシフト、油圧ブレーキなど当時の国産車としては進んだ内容の車でした。AISH型はエンジンやボディが毎年改良され、1957年にはAISH-VI型まで発展しました。なおAISH型は現在の今上天皇(当時は皇太子)にマイカーとして1954年に献上されました。

 

 

 1956年には前輪独立懸架を採用したプリンス セダン スペシャル AMSH型が追加されました。翌年この車をベースにしてスカイライン ALSI-1型が登場しました。プリンス セダンと同じ4気筒1.5L(60HP)エンジンで、4段変速で最高速125km/hは当時の国産車で最速でした。スカイライン ALSI-1型はエンジンのパワーアップ、1960年の4灯式ヘッドライトの採用などで2型-3型と発展し、1961年にはグロリア用の1.9L(70HP)エンジンを搭載した1900(BLSI型)が追加されました。また1962年にはミケロッティがデザインしたスタイリッシュなクーペ/コンバーチブル ボディを持つスカイライン スポーツという高級スポーツカーが発売されました。 また商用車(バン/ピックアップ)の スカイウェイもありました。スカイライン ALSI-1型も1958年に今上天皇(当時は皇太子)に納入されましたが、その車は1959年に発売されたグロリア用の1.9Lエンジンを搭載したプロトタイプだったとのことです。(スカイライン 1900としてモーターショーに展示された試作車とのこと) 1963年に2代目スカイラインにモデルチェンジしました。

 ミニカーは2008年に発売された日産名車コレクションのスカイライン ALSI-1型(1/43 No.3)です。 メーカーはノレブでフロントグリルやテールフィンなどの細部が結構リアルで、実車の雰囲気をうまく再現しています。雑誌付きのミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。初代スカイラインの当時物ミニカーはモデルペットがALSI-1型を、ミクロペットが4灯式(ALSI-2型)をモデル化しています。最近の物では、ファインモデル(アンチモニー製)のALSI-2型とBLSI型、トミカ リミッテドのALSI-1型、ハイストーリー(レジン製)のBLSI型などがあります。またスカイライン スポーツはモデルペットが当時物でモデル化していて、最近では京商とエブロもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 2

 以下は1980年頃にカドー(卸問屋「可堂玩具」のブランド)が発売したレプリカ シリーズのスカイライン ALSI-2型(1/45 型番rep1)の画像です。ホワイトメタル製で1961年に発売されたミクロペットのスカイライン ALSI-2型(型番F6)の復刻版です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=919

   

 

DATSUN (NISSAN) 211 1959 JAPAN

DATSUN (NISSAN) 211 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 4 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.86m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 988cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン 211型 日本 1959

 

 1957年にダットサン 110型の後継車ダットサン 1000 (210型)が登場しました。オースチンのエンジンをベースにして開発したOHV式4気筒988cc(34HP)エンジンを登載し、4段変速で最高速95km/hの性能でした。210型は当時最大の顧客であった小型タクシーの排気量が1000ccまでに拡大されたことに対応したモデルチェンジでした。ボディは110型をリファインした物で、フロントウインドウに曲面ガラスが使われていました。1958年のマイナーチェンジで211型となり、フロントグリルなどが変更されました。

 

 日産自動車は210型で1958年にオーストラリア一周ラリー「モービルガス トライアル」に出場しました。国際競技への初挑戦でしたが、出場した富士号は、1000cc以下のAクラスで優勝しました。(総合部門では完走34台中25位でした) この快挙は210型の優秀性を世界へアピールすることとなり、同時期に北米への輸出も始まりました。このように高性能で耐久性に優れた210型は小型乗用車市場でライバルを圧倒し、日産自動車の小型乗用車での地位を磐石なものとしました。1959年に後継車のブルーバード 310型が登場しました。

 

 

 ミニカーは1970年代にミニカーコレクターが興したブランドのリーンレプリカ製です。1958年のマイナーチェンジでフロントグリルを変更しリアウインドウが拡大された211型をモデル化しています。窓ガラスも付いていない簡単な作りなのですが、プロポーションは前述したエブロ製のダットサン 112型よりもしっかり出来ていて、実車の雰囲気をよく再現しています。これ以外の210型のミニカーでは現在のインターアライドが1990年代末に立ち上げたブランド ミニプロモが上述したオーストラリア一周ラリーの優勝車のミニカー(2台セット 1/43 コールドキャスト製)を発売しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) 211 1
DATSUN (NISSAN) 211 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=910

   

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 1959 JAPAN

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KADO 12 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.38m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 70HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプリンス グロリアのミニカー検索

 

プリンス (日産) グロリア BLSI型 日本 1959

 

 グロリアはスカイラインをベースにして開発され、1959年に登場しました。スカイライン ALSI-3型に4気筒1.9Lエンジンを搭載して内外装を高級に仕立てた上級車でした。1960年までは小型車規格のエンジン排気量上限が1.5Lであった為、戦後の国産車では初の3ナンバー普通乗用車となりました。スカイラインとほぼ同じ大きさで、4気筒1.9L(70HP)OHVエンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/hの性能でした。

 

 1960年には国産車初の4灯式ヘッドライトを採用し、リアのテールフィンを大きくしてアメリカ車的な外観になりました。(→実車画像) なおグロリア(ラテン語で「栄光]の意味)という車名は、1959年の皇太子のご成婚にちなんだものだったそうです。当然ながらグロリアも1959年に今上天皇(当時は皇太子)に献上されています。1964年に2代目グロリアにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1980年に可堂玩具からカドー(KADO)ブランドで発売された物で、ホワイトメタル製です。ホワイトメタルなのでずっしりと重く、素朴な作りながら実車の雰囲気はそこそこ再現されています。(キャビンのピラーが太いことでイメージが少し違って見えますが) スカイラインと同じデザインだったことが原因なのかもしれませんが、当時物ミニカーはありません。最近の物では、4灯式ヘッドライトの後期型をファインモデル(アンチモニー製)とトミカ リミッテドがモデル化しています。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 1
PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=920

   

DATSUN (NISSAN) SPORTS S211 1960 JAPAN

DATSUN (NISSAN) SPORTS S211 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CARS COLLECTION (NOREV) 27 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 988cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン スポーツ S211型 日本 1960

 

 ダットサン ブランドのスポーツカーとしては1952年にDC3型が発売されています。イギリスのMGをお手本にしたオープンカーで、4気筒860cc(20HP)エンジンを登載し、3段変速で最高速80km/hの性能でした。1954年までに約50台が少量生産されました。

 

 1959年には後継のS211型が発売されました。上述した211型セダンのラダーフレームにFRP製の4座オープンボディを載せていました。セダンと同じ4気筒988cc(34HP)エンジンを登載し、4段変速で最高速115km/hの性能でした。S211型は少数が生産されただけで、翌年にはブルーバードの1.2L(48HP)エンジンを搭載したSPL212型に切り替わります。

 

 

 ボディは通常の鋼製に変えられ、フロアシフトの4速変速で、最高速度132km/hの性能でした。ミュージカル「マイ フェア レディ」にちなんだフェアレディという名前はSPL212型から使われました。SPL212型とその改良型の213型(1.2L/60HP)は合わせて約500台が生産されましたが、全てが北米専用モデル(型番のLは左ハンドル仕様の意)でした。

 ミニカーは国産名車コレクションで最近モデル化されたもので、1/43の量産ミニカーはこれしかありません。SPL212/213型(フェアレディ 1200)も、ボディのデザインはこのS211型とほぼ同じです。実車に即した赤と白のツートンカラーが映えて、なかなか良い出来映えです。幌を上げた色違いが日産名車コレクションでモデル化されてます。なおリアルXが1/72でSPL212型をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=912

   

 

NISSAN CEDRIC (G30) 1961 JAPAN

NISSAN CEDRIC (G30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CARS COLLECTION (NOREV) 23 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.41m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 88HP 4段自動変速
性能: 最高速130km/h
データーベースで日産 セドリック 30型のミニカー検索

 

日産 セドリック G30型 日本 1961

 

 中型車セドリックはノックダウン生産で国産化したオースチン A50 ケンブリッジの後継車として1960年に発売されました。日産初のモノコックボディで前輪独立懸架、縦型4灯式ヘッドライトやラップラウンドしたフロントウインドウは当時のアメリカ車的なデザインとなっています。ワゴンやバンも1962年に設定されました。なおセドリック(CEDRIC)という名前は児童向け小説「小公子」の主人公にちなんだものでした。

 

 当初は4気筒1.5L(71HP)エンジンを搭載していましたが、すぐに1.9L(88HP)エンジンが追加されました。この1.9Lは4段変速で、最高速130km/hの」性能でした。1960年にホイールベースと全長を100㎜延長したカスタムが追加されました。1962年のマイナーチェンジ(31型)で、ホイールベースが延長され、縦型4灯式ヘッドライトが横型に変更されました。1963年には6気筒2.8L(115HP)エンジンを搭載しボディを拡大した、国産初の3ナンバー普通乗用車のスペシャル(50型)も追加されました。1965年に2代目セドリック(130型)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2016年に国産名車コレクションでモデル化された物です。メーカーはノレブで、前期型で1960年に追加されたカスタム(G30型)をモデル化しています。フロントグリルや灯火類がリアルに再現されていて、かなり良い出来ばえです。国産名車コレクションは後期型のバンもモデル化しています。日産名車コレクションではセダンの色違い(青/灰 ツートン)をNo.12でモデル化しています。これ以外ではファインモデル、エブロ、トミカでもモデル化されていて、昔の車としては人気がある車です。なお当時物ミニカーではミクロペットが前/後期の両方をダイヤペットが後期型をモデル化していて、それらは滅多にお目にかかれないレア物です。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC (G30) 1
NISSAN CEDRIC (G30) 2

 以下は2009年に発売されたカドーのセドリック バン(1/43 No.87)の画像です。メーカーはノレブで雑誌付ミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。1964年式をモデル化しているので、縦型4灯式ヘッドライトの後期型のフロントになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CEDRIC (G30) 1
NISSAN CEDRIC (G30) 2

   以下は1980年に可堂玩具からカドー(KADO)ブランドで発売されたセドリック (30D)(1/43 型番11)も画像です。1960年式の初期型をモデル化しています。ホワイトメタル製なのでずっしりと重く、素朴な作りながら実車の雰囲気がうまく再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CEDRIC (G30) 3
NISSAN CEDRIC (G30) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=913

   

NISSAN DATSUN BLUEBIRD 311 1962 JAPAN

NISSAN DATSUN BLUEBIRD 311 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 17 1/42 91mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 43HP 3段自動変速
性能: 最高速111km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ダットサン ブルーバード 311型 日本 1962

 

 ダットサン 211型の後継車の310型は、ブルーバードという名前で1959年に登場しました。(名前はメーテルリンクの童話「青い鳥」にちなんだものでした) 信頼性の高いトラックの低床式ラダーフレームにセミモノコックボディを載せた構成で、前輪独立懸架を採用したことで、乗用車としての乗り心地や操縦性を向上させていました。エンジンは211型を踏襲した4気筒988cc(34HP)/1.2L(43HP)が搭載され、3段変速で最高速111km/h(1.2L)の性能でした。

 

 1960年のマイナーチェンジで311型となり、日本初のフルシンクロメッシュ変速機が採用され、日本初の5ドアエステートワゴンが追加されました。1961年のマイナーチェンジで312型となり、日本初の女性仕様車「ファンシーデラックス」(ウインカー作動時に鳴るオルゴール、サンバイザー組込みのバニティーミラー。傘立てなどを装備していた)が追加されました。1963年にブルーバード 410型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1962年に発売されたモデルペットの当時物で、311型をモデル化しているようです。50年以上も前のミニカーなので、ライトやフロントグリルが塗装処理された素朴な作りですが、プロポーションが良くシンプルな310型のスタイルをうまく再現していて当時のミニカーとしては良く出来ていました。当時物ではミクロペットもありましたが、滅多に見ることができないレア物です。当時物以外のミニカーとしてはトミカ リミッテドで1Lと1.2Lの2タイプがモデル化されており、国産/日産名車コレクション(ノレブ製)の1.2Lもあります。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 1
DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 2

 以下は国産名車コレクションのブルーバード 310型 (1/43 No.160)の画像で、メーカーはノレブです。黄/ピンクのカラーリングで、ファンシーデラックスをモデル化しているようです。側面から見るとよく分かるのですが、ウエストラインより上のキャビン部分が小さすぎてプロポーション的にかなり変な感じです。このプロポーションに関しては古いながらも上記のモデルペットの方が正確に出来ています。このモデルペットと国産名車コレクションの310型の例で分かるように、新しいミニカーの方が必ず出来が良いという訳ではありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 3
DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=911

   

 

  ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...13 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.