ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 501 TORPEDO 1919 ITALY

FIAT 501 TORPEDO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 4 1/43 85㎜

 

フィアット 501 トルペード イタリア 1919

 

 第一次大戦で生産を中止していたフィアット 0に変わる新型大衆車501が1919年に発表されます。501は0とほとんど同じ大きさで、エンジンは1460ccにサイズダウンされましたが馬力は23HPで4HP強化されていました。0ではオープンボディしかありませんでしたが501では4ドアのセダン型が標準となりました。

 

 ミニカーはフィアット初期のモデルを多く手掛けるリオ製です。トルペード(イタリア語で魚雷のことでオープンタイプのボディ形式の意)タイプの501です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1460cc 23HP 4段変速
性能: 最高速70km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=173

   

FIAT 501 SPORT 1919 ITALY

FIAT 501 SPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 3 1/43 85㎜

 

フィアット 501 スポルト イタリア 1919

 

 501は1926年までに数万台が生産されイタリア国内だけではなく世界中で販売されました。501には501Sというスポーツタイプが1922年に追加されていて、フィアット初のスポーツカーといわれています。エンジンが26.5HPに強化されノーマルよりも20Km/hほど早い92Km/hの性能でした。

 

 ミニカーは上記の幌を開けたタイプで名前は501 スポルトで501Sではありません。実際の501Sはウインドスクリーンが中央で折れ曲がりV字型になっているなどスポーティな外観になっていました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1460cc 23HP 4段変速
性能: 最高速70km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=174

   

 

FIAT 520 SUPER FIAT 1921 ITALY

FIAT 520 SUPER FIAT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 49 1/43 130㎜

 

フィアット 520 スーパーフィアット イタリア 1921

 

 フィアットは小型車量産に力を注ぐようになりますが、高級車のラインナップも残していました。501の発表時には4気筒2.3Lの505、6気筒3.5Lの510を発表しており、1921年にはロールス ロイスなどと競合するV型12気筒6.8L 130HPエンジンの大型高級車「スーパー フィアット」を発表しています。

 

 「スーパー フィアット」はアメリカ市場をねらったものだったそうですが、結局ほとんど生産されず失敗作に終わりました。ほとんど生産されなかったこの高級車の勇姿をリオのミニカーが再現しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: V型12気筒 6.8L 130HP 3段変速
性能: 最高速120km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=175

   

FIAT 519S 1923 ITALY

FIAT 519S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 59 1/43 120㎜

 

フィアット 519S イタリア 1923

 

 スーパーフィアットのような超高級車に市場性がないことを知ったフィアットは、1923年には普及版の高級車519を発表します。スーパーフィアットより一回り小さいボディに6気筒4.8L 77HPエンジンを積み126km/hの性能でした。こちらはフィアットの最高級車として1929年まで君臨することとなります。

 

 リオ製のミニカーはリムジーンタイプの519ですが、ほとんど特徴といったものが無い箱形のデザインでラジエータグリルがわずかにV字型になっています。リオのカタログではこれを519Sのモデルとしています。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒 4.8L 77HP 4段変速
性能: 最高速126km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=176

   

FIAT 519S TORPEDO 1923 ITALY

FIAT 519S TORPEDO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 58 1/43 125㎜

 

フィアット 519S トルペード イタリア 1923

 

 519Sは519のホイールベースを短くして軽量化した高性能版で126km/hの性能です。こちらはその519Sのオープンタイプで、フロントスクリーンがV字型になっていてボート テール(ボディを小型の船のキャビンに似せたデザインで後部が船のように丸くなっています)の軽快なデザインです。

 

 ミニカーは上記のリオ製のバリエーションで、ツートンカラーの塗り分けもボート テールのボディに良く似合っていて、当時の豪華なスポーツカーという雰囲気が感じられます。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒 4.8L 77HP 4段変速
性能: 最高速126km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=177

   

 

FIAT MEFISTOFELE 1923 ITALY

FIAT MEFISTOFELE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R014 1/43 120mm

 

フィアット メフィストフェレス イタリア 1923

 

 英国のドライバー アーネスト エルドリッジがフィアット初期の速度記録車を買い取り、フィアットの航空機用エンジン(6気筒 21.7L 320HP)を積んでモンスターマシーンに仕立て上げたのがこのメフィストフェレスです。メフィストフェレスとはゲーテのファウストに出てくる悪魔で、「悪魔からエンジンを買った」というような意味のあだ名だそうです。1924年にフランスで236.98km/hの世界記録を達成しています。

 

 ミニカーはブルム初期の傑作品で、非常に素晴らしい出来です。このミニカー以外にドゥグーにもメフィストフェレスのミニカーがあります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒 21.7L 320HP 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=183

   

FIAT 509 1925 ITALY

FIAT 509 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 14 1/43 85mm

 

フィアット 509 イタリア 1925

 

 フランスのシトロエン 5CVなど排気量が1L以下の小型車による自動車の大衆化が進む中、フィアットも新しい小型車を発表します。1925年に発表された509は4気筒990cc22HPエンジンで3段変速機をを介して78km/hの性能で、低価格ながら前輪ブレーキを備えるなど画期的な小型車でした。ボディ形式もセダン、クーペ、トルペードなど充実していて1929年までに9万台が生産されベストセラーカーとなっています。

 

 ミニカーはドゥグー製で、非常に良くできている509のセダンです。なお屋根にある突起はプラスティック成形時のバリでアンテナなどではありません。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 990cc 22HP 3段変速
性能: 最高速78km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=178

   

FIAT 509 TORPEDO 1925 ITALY

FIAT 509 TORPEDO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 15 1/43 85mm

 

フィアット 509 トルペード イタリア 1925

 

 509のトルペードタイプです。ラジエータグリルの下の丸い物はスタータです。ライトが黄色く見えますが接着剤の劣化でプラスチックに色が付いたものでフランス仕様ではありません。

 

 509にも高性能版のSタイプがありますが、残念ながらミニカーはありません。509SはスポーティなV字型のスクリーンとラジエータのデザインで27HP 99km/hの性能です。509Sはミッレ ミレアなどのレースの小型車クラスで活躍しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 990cc 22HP 3段変速
性能: 最高速78km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=179

   

 

FIAT 525 1928 ITALY

FIAT 525 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 146 1/43 108㎜

 

フィアット 525 イタリア 1928

 

 こちらは525の標準的なセダンタイプのミニカーです。ノレブのプラスティック製ミニカーによく起こるボディの変形が生じていて屋根などがゆがんでいます。実車はこの時期には木骨フレームから鋼鉄製のボディに変わっていますからこんな風にはゆがみません。

 

 525にもホイールベースを短縮し軽量化したスポーツタイプの525S(107km/h)と、さらにそれを高性能化した525SS(120km/h)がありました。フィアットには必ずスポーツタイプがあるのはイタリアのお国柄でしょうか。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 6気筒 3.7L 68HP 4段変速
性能: 最高速97km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=182

   

FIAT 521 1929 ITALY

FIAT 521 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4157 1/43 108mm

 

フィアット 521 イタリア 1929

 

 1919年に501と同時に発表された510は501を拡大した中型車で6気筒3.4L 46HP 85km/hの性能でした。1927年に510は520に切替わります。520は6気筒 2.2L 46HP 90km/hで同じような性能ですが技術の進歩で排気量が小さくなっています。1929年には520を大型化した2.5Lの521が発表されます。

 

 ミニカーはソリド製で、2005年頃に発売された新しいものです。521のオープンタイプで、それまでの車が右ハンドルだったのが左ハンドルに変わっています。このころにイタリアでは右側通行が慣習となったそうです。なおこの521は以下の525の型を使った派生モデルです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 50HP 4段変速
性能: 最高速92km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=180

   

 

ページ 1  2   次へ »