ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

N.A.G. TOURINGSPORT 1904 GERMANY

N.A.G. TOURINGSPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 38 1/43 92mm

 

N.A.G. (エヌ アー ゲー) ツーリング スポーツ ドイツ 1904

 

 N.A.G.(ノイエ アウトモビール ゲゼルシャフト:新自動車会社の意)は1902年に設立され、最初の車は2気筒と4気筒の小型車でした。1907年には4気筒 7.9LのタイプB2が王室の御料車として採用されアウグステ ヴィクトリア皇后に愛用されています。(夫のウイルヘルム2世はメルセデス ベンツでしたが)1931年にはドイツ初のV8 4.5Lエンジンを搭載したFF方式のNAG212を発表していますが、それを最後にしてN.A.G.は1934年に消滅しました。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製で、初期の小型車のモデルだと思われます。丸い立派なフロント グリルが特徴的です。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機:  
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=72

   

ADLER PHAETON 1906 GERMANY

ADLER PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 39 1/43 102mm

 

アドラー フェートン ドイツ 1906

 

 アドラーとはドイツ語で「鷲」です。1900年に自転車製造業のハインリヒ クライアーが最初に製作した車は単気筒エンジンを搭載した小型車で既にシャフト ドライブを採用していました。第一次大戦前には2気筒と4気筒の車種をそろえたメーカーに成長し、性能よりも信頼性を重視した堅実なメーカーでした。画像の車は1905年に発表され評判のよかったという7.5Lの車をモデルにしていると思われます。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製です。実車の詳細はよくわかりませんが、ミニカーではチィスの独特な作風もあって質実剛健なドイツ的な車といった感じに見えます。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 7.4L? 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=70

   

 

ADLER LIMOUSINE 1906 GERMANY

ADLER LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 30 1/43 100mm

 

アドラー リムジーン ドイツ 1906

 

 第一次大戦の敗戦でドイツのメーカーは大打撃を受けアドラーも低迷しますが、その状態を救ったのは1930年に発表されたトランフでした。先進的な前輪駆動を採用した1.5Lの小型車で性能も素晴らしかったのでヒットしました。その後1937年に流線型ボディを採用した6気筒のレンリムジーンを発表しこの車はルマンでクラス優勝するなど活躍しました。第二次大戦後アドラーは自動車の生産を止めタイプライターのメーカーに変わりました。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製で、上記モデルのバリエーションでリムジーンとなっています。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 7.4L? 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=71

   

MERCEDES 37/65HP LIMOUSINE 1908 GERMANY

MERCEDES 37/65HP LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 33 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒 9.5L 65HP 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速90km/h

 

メルセデス 37/65HP リムジーン ドイツ 1908

 

 このメルセデス 37/65HP リムジーンはウィルヘルム マイバッハが設計した乗用車用の6気筒9.5L(65HP)エンジンを搭載した高級車です。(6気筒10.2L(75HP)エンジンを搭載した39/75HPもありました) 当時のメルセデスの量産車にはベテラン期に紹介した4気筒エンジンを搭載するジンプレックスとその上級車である6気筒エンジン搭載車がありました。

 この37/65HP リムジーンは屋根やリアにたくさん荷物を積んでいますが、旅行用のリムジーンという設定です。メルセデスのリムジーンはこのような長距離旅行車として、快適かつ安全にドライブできることでよく知られていたとミニカーの解説書に書かれています。

 

 ミニカーはベテラン期に紹介したリオのジンプレックスの型を流用したバリエーションです。フェンダーやボディを変更してあり満載した荷物が長距離旅行の雰囲気をだしています。  以下はフロント/リアの拡大画像と底板部分のシャーシ構造の画像です。屋根上とリアの棚にスーツケースがたくさん積まれています。底板部分にはシャーシ/サスペンション、エンジン/変速機/排気管がかなりリアルに再現されています。特に左右後輪をチェーンで駆動している構造がよくわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

 

 

 

MERCEDES 37/65HP 1
MERCEDES 37/65HP 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=66

   

OPEL STADT-COUPE 1908 GERMANY

OPEL STADT-COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 22 1/43 83mm

 

オペル シュタット クーペ ドイツ 1908

 

 ダラックとの提携で技術力を付けたオペルは提携を1906年に解消し、独自での車両開発を進めます。この車は提携を解消した頃のもので、クーペ形式の背の高い客室を載せたタイプ 4気筒 1.6L 12HPエンジンを搭載していました。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製です。ミニカーでみてもずいぶん車高が高いですが、実際に車内で立っていられるほどの高さがあったそうです。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 12HP 
性能: 最高速55km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=73

   

 

MERCEDES TOURISTE 1909 GERMANY

MERCEDES TOURISTE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 17 1/43 102mm

 

メルセデス ツーリスト ドイツ 1909

 

 こちらはRIOの解説書によると4気筒 4.1Lエンジンを載せた車ということで年式からジンプレックスの後期型のモデルということになりますが、該当する実車が手持ちの資料のなかには見つかりません。

 

 ミニカーとしてはベテラン期に紹介したジンプレックスの幌を外しただけのモデルで、実質的には単なるカラーバリエーション的な物となっています。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: 4気筒 4.1L 
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=67

   

OPEL DOKTORWAGEN 1909 GERMANY

OPEL DOKTORWAGEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 20 1/43 72㎜

 

オペル ドクトルワーゲン ドイツ 1909

 

 当時のオペルの代表的な小型車 4気筒 1128cc 8HPエンジンで3段変速機を介して最高速度50km/h この車は2シータの小型車で狭い路地などにも入っていけるので、地方都市の医者向けということで「ドクトルワーゲン」の名前が付けられています。オペルはこのような実用車でその地位を堅め、1910年ごろにはドイツで最大の自動車メーカーになっていました。

 

 ミニカーはドイツのチィス(ZISS)製です。ドクトルワーゲンは有名な車でマッチボックス、ガマなど色々なメーカーがミニカーにしています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 4気筒 1128㏄ 8HP 3段変速
性能: 最高速50km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=74

   

BENZ LIMOUSINE 1910 GERMANY

BENZ LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ZISS 23 1/43 95mm

 

ベンツ リムジーン ドイツ 1910

 

 上記はメルセデスですがこちらはベンツです。両社が合併してメルセデス-ベンツが誕生するのは1926年ですので、当時はまだ別の会社でした。ベンツは2Lから10Lの4気筒エンジンを搭載しており後輪の駆動にはシャフト ドライブを採用していました。この車はリムジーンタイプの大柄なボディのモデルです。屋根に付いている飾りのようなものは荷物を載せるルーフラックです。

 

 ベテラン期で紹介したチィス製のメルセデス クーペでは後輪のチェーンが再現されていますが、このベンツはシャフトドライブですのでチェーンの表現はありません。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機:  
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=68

   

 

BENZ BLITZEN 1911 GERMANY

BENZ BLITZEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CURSOR 971 1/43 125mm

 

ベンツ ブリッツェン ドイツ 1911

 

 1909年以降、各国の利害の対立でレースが開催されなくなったので、車の宣伝の為のレーシングカーは速度記録に挑戦しました。この車は21.5L、220HPの巨大な4気筒エンジンを搭載し1909年には英ブルックランズで202.6km/h、1911年に米デイトナ ビーチで228.1km/hを記録しこの米国記録は1924年まで破られませんでした。名前の「ブリッツェン」とは稲妻という意味です。ホイールなどの空気抵抗を考えたデザインはなかなか先進的です。

 

 ミニカーはカーソル(CURSOR)製です。このページに出てくるカーソルのミニカーはベンツの100周年記念品として販売されたものです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 4気筒 21.5L 220HP 
性能: 最高速228km/h
データーベースでベンツ ブリッツェンのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=69

   

AUDI TYPE A (10/22) 1911 GERMANY

AUDI TYPE A (10/22) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 437019030 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.6L 22HP 4段変速
性能: 最高速75km/h
データーベースで戦前のアウディのミニカー検索

 

アウディ タイプ A (10/22) ドイツ 1911

 

 自動車創世記にベンツの工場長を務めていた技術者アウグスト ホルヒ(August Horch)はホルヒ社を設立し、1901年から自動車製造を始めました。アウグスト ホルヒは技術/品質にこだわって出資者の経営陣と対立し、1909年に自分が設立した会社を去りました。その直後に彼はまたホルヒという名前の会社を設立しましたが、元のホルヒ社からクレームが付き、1910年に名前をアウディに変更しました。なおホルヒとはドイツ語の「聞く」という意味の「horchen」に由来し、アウディ「audi」もラテン語の「聞く」という意味だそうです。

 

 アウディ社が生産した最初の車はタイプ Aでした。タイプ Aは4気筒2.6L(22-28HP)エンジンを搭載した後輪駆動車で、最高速75km/hの性能でした。1911年から1915年の5年間で137台が生産されたようです。その後1911年にはタイプ B(4気筒2.6L 28HP)、タイプ C(4気筒3.6L 35HP)、1912年にタイプ D(4気筒4.7L 45HP)が登場しました。さらにタイプ E、G、Kが続き1924年には初の6気筒4.7L(70HP)エンジンを搭載したタイプ Mが登場しました。この当時のアウディ車は高性能な高級車として知られていました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で2010年に発売されました。もともとはアウディ社の100周年記念モデルとして製作された物で、そちらは実車参照画像と同じ緑のボディカラーで出来ているようです。メーカー特注品ということで、通常品よりレベルの高い仕上がりとなっています。特にエッチング パーツで出来たハンドルとボディ右サイドの変速レバー、細かな細工の灯火類、忠実に再現された前後のサスペンションなど非常にリアルに作ってあります。ちょっと変わっているのはヘッドライトの砲弾型のカバー(多分破損防止用)ですが、横にヒンジのような部分がありますので使用するときにはカバーを開くのだと思います。 (少量生産品故にレジン製であることと軽くて安っぽい感じがするのがいまいちです) 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUDI TYPE A (10/22) 1
AUDI TYPE A (10/22) 2

 以下は室内の拡大画像とボディ底板部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AUDI TYPE A (10/22) 3
AUDI TYPE A (10/22) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1106

   

 

ページ 1  2   次へ »