自動車の歴史を5つの時代に分けています。 年表の時代をクリックすると各時代に移動   自動車メーカー別に検索する場合→ メーカー別表示

year
ビンテージ期

 

ビンテージ期 1919年~1930年 自動車技術が高度化していった時代  ページ  « 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8  次へ »

 
マウスカーソルを画像に載せる(クリックする)と画像が変わります

LANCIA LAMBDA 1925 ITALY

LANCIA LAMBDA

ランチア ラムダ イタリア

 1914年のテータに続いてランチアの名前を一躍有名にしたのが、1922年に発表されたラムダでした。独立懸架の前輪サスペンション、ボディとシャーシを一体化した史上初のモノコックボディといった当時としては先進的な技術を使った車で、車高が低く洗練されたデザインでたいへんな人気がありました。実際に上述したフィアットのサイドビューなどと比べてみるとその先進性が良く分かると思います。

 

 ミニカーはドゥグーの傑作のひとつで素晴らしい出来です。特徴的な前輪の独立懸架も見事に再現されています。(繊細で壊れやすいので注意が必要ですが)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: V型4気筒 2123cc 50HP 4段変速
性能: 最高速115km/h

DUGU 2 1/43 108㎜

LANCIA LAMBDA TORPEDO 1925 ITALY

LANCIA LAMBDA TORPEDO

ランチア ラムダ トルペード イタリア

 ラムダはV型4気筒2123cc 50HPエンジンであまりハイパワーというわけではないのですが、その優れた操縦性でスポーツカーレースでも好成績を残しています。

 

 ミニカーは上述したもののバリエーションのトルペードで、より一層車高が低く見えます。フロント スクリーンがややオーバースケール気味でステーが太いのが難点ですが、セダンタイプではよく見えない計器類などの室内の造形が良く分かります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機: V型4気筒 2123cc 50HP 4段変速
性能: 最高速115km/h

DUGU 5 1/43 108㎜

LANCIA DILAMBDA 1929 ITALY

LANCIA DILAMBDA

ランチア ディラムダ イタリア

 ラムダの成功で1929年にはアメリカ市場などを指向した高級車としてディラムダが発表されました。大型のボディにV型8気筒 4L 100HPのエンジンが搭載され125km/hの性能でした。ディラムダとはエンジンの気筒数などがラムダの2倍という意味で付けられた名前です。ラムダの斬新で軽快なデザインに比べると古典的な高級車のデザインとなっています。

 

 ミニカーはリオ製で、地味ですがよく出来ています。バリエーションでトルペードもあります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: V型8気筒 4L 100HP 4段変速
性能: 最高速125km/h

RIO 41 1/43 118mm
 
 

ISOTTA-FRASCHINI 8A SPIDER 1924 ITALY

ISOTTA-FRASCHINI 8A SPIDER

イソッタ フラスキーニ 8A スパイダー イタリア

 1899年にチャザーレ イソッタとヴィンチェンツォ フラスキーニは自動車販売会社を設立し、1903年にルノーをベースにしたイソッタ フラスキーニを独自開発します。イソッタ フラスキーニは1908年のタルガ フローリオで優勝するなどレースで活躍し、小型から大型まで数種類のモデルを製作していましたが、よく知られているのはVIP用の大型車になります。
 その代表が1919年に発表されたタイプ8で世界初の直列8気筒エンジン(5.9L)搭載車でした。1924年にエンジンを7.4Lに拡大しタイプ8Aとなります。

 

 ミニカーはリオ製で、数種類のボディバリエーションがあります。まずは赤いラインとホワイトリボンタイヤが印象的なオープンタイプです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 8気筒 7.4L 115HP 3段変速
性能: 最高速150km/h

RIO 15 1/43 132mm

ISOTTA-FRASCHINI 8A 1924 ITALY

ISOTTA-FRASCHINI 8A

イソッタ フラスキーニ 8A イタリア

 タイプ8は8気筒エンジン以外には技術的に目新しいものはなく、同じ頃のライバル車(イスパノ スイザやロールス ロイス)に比べると内容的に及ばないとの評価でした。イソッタ フラスキーニの売り物は大型シャーシとイタリア有数のコーチビルダーが贅を尽くした豪華なボディでアメリカが最大の市場でした。

 

 このイソッタ フラスキーニはシェーファードリブンの古典的なリムジーンです。先に紹介したのフィアット 519やランチア ディラムダよりも大きくて重厚な感じがします。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 8気筒 7.4L 115HP 3段変速
性能: 最高速150km/h

RIO 8 1/43 128mm

ISOTTA-FRASCHINI 8A 1929 ITALY

ISOTTA-FRASCHINI 8A

イソッタ フラスキーニ 8A イタリア

 イソッタ フラスキーニの全盛期は長くは続きませんでした。1928年から始まった世界的不況は高級車市場を直撃し、苦境に陥ったイソッタ フラスキーニは8Aの後継車を発表しますが、1935年に工場は閉鎖され航空機会社に買いとられてしまいます。その後再起を図りますが結局1950年にその歴史を閉じます。

 

 こちらは絶頂期のモデルで、上記の8Aをさらに豪華にしています。全体の色使いなどにに品があって並の車ではない雰囲気が感じられるミニカーに仕上がっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: 8気筒 7.4L 115HP 3段変速
性能: 最高速150km/h

RIO 68 1/43 135mm

ISOTTA FRASCHINI 8A TORPEDE CARROOZZ. CASTAGNA 1930 ITALY

ISOTTA FRASCHINI 8A TORPEDE CARROOZZ. CASTAGNA

イソッタ フラスキーニ 8A トルペード カロッツェリア カスターニャ イタリア

 こちらはカロッツェリア(特別注文で自動車を製作するイタリア の工房)カスターニャの名前を冠した特注デザインのボディです。後席まで開く大きなドアや足下のステップ部分など独特なデザインとなっています。またフラジエータグリルにも稲妻のような飾りモールがつけられています。

 

 カロッツェリアの名前を明記しているだけあって、リオのミニカーのなかでもちょっと手の込んだつくりとなっているように思います。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 8気筒 7.4L 115HP 3段変速
性能: 最高速150km/h

RIO 89 1/43 128mm

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX 1924 ITALY

ALFA ROMEO P2 GRAND PRIX

アルファ ロメオ P2 グランプリ イタリア

 ニコラ ロメオの興した会社に吸収されたアルファ社は1921年に車名をアルファ ロメオに変更します。この当時アルファ ロメオは前に説明しました24HPの改良型の20-30HP、4気筒6Lの40-60HPの2モデルを持ち、レースでの活躍でイタリア国内では高性能車としての地位を固めていました。また1921年には6気筒3LのツーリングカーRLを発表しています。

 

 アルファ ロメオはその名声を高めるためグランプリへの参戦を決め1914年にグランプリカーを製作しましたが、第一次大戦の勃発でグランプリへの参戦は中止となります。その後新たにグランプリカー P1を製作しますが、1923年のモンザGPのテストランの途中に事故を起こしてドライバーが死亡した為、参加を取りやめます。

 

 その年フィアットから有能な技術者ヴィットリオ ヤーノを招き短期間で完成させたのがP2です。2L直列8気筒DOHCスーパーチャージャー付き140HPエンジンで最高速225Km/hの性能です。P2は初戦から優勝しその後もブガッティ、メルセデス、フィアットなどの強豪を相手に輝かしい戦歴を収めています。ミニカーはメーベトイ後期の秀作で数少ないP2のモデルの一つです。

MEBETOYS 8601 1/25 155㎜
実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 8気筒DOHCスーパーチャージャー付 2L 140HP 4段変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでアルファ ロメオ P2/P3のミニカー検索

ALFA ROMEO 6C 1750 1932 ITALY

ALFA ROMEO 6C 1750

アルファ ロメオ 6C 1750 イタリア

 P2の成功で勢いを得たアルファは小型車に進出して業績拡大をねらいます。小型車としての地位を築きつつあったフィアット501と競合しないよう上級車並の性能を持つ小型車として6C がヤーノによって開発されました。1925年に発表された6Cは6気筒SOHC 1500cc 44HPの高性能エンジン 110km/hの性能でサスペンションやブレーキなども高度な仕様となっていて絶大な人気となりました。

 

 ミニカーはリオ製です。1929年に排気量を1750ccに拡大したもののモデルですが、非常に素晴らしい出来でこの当時のアルファ ロメオのセダンとして貴重なミニカーです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 6気筒 1500cc 46HP 4段変速
性能: 最高速110km/h

RIO 19 1/43 100㎜

 

エドワード期へ ページ  « 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8  次へ » サラブレッド期へ

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C)2004 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.