ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C2 CUSTAMIZED 1963 USA

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C2 CUSTAMIZED 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 337 1/46? 97mm

 

GM シボレー コルベット スティングレイ C2 カスタマイズド アメリカ

 

 上述したコーギー製ミニカーには1967年に追加されたバリエーションがあります。ライト開閉ギミックを取り外し、ボンネットから突き出したエアインテーク、サイドの排気管を追加してホットロッド風のカスタムカーに仕立ててあります。由来は分かりませんがリアに「Lazy bones(怠け者の意)」というロゴが貼られていて、その名前で知られているミニカーです。

 

 実車のサイズから計算するとスケールは1/46となります。サイズは少し小ぶりですがプロポーションはなかなかのもので、C2型のイメージを良くとらえていると思います。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 360HP 3/4段手動変速/2段自動変速
性能: 
データーベースでコルベット C2のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=401

   

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C3 1968 USA

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT RH87 1/24 192㎜

 

GM シボレー コルベット スティングレイ C3 アメリカ

 

 1968年に登場したC3型はコルベットで一番知られているモデルでしょう。このダイナミックなデザインは、ビル ミッチェルとラリー シノダ(日系人)がデザインした実験車Mako Shark IIがベースとなっています。大きく膨らんだ前後のフェンダーラインがコカコーラの瓶(昔のガラス瓶)のようにみえることからコークボトル ラインと呼ばれ、一世を風靡しました。また屋根を分割して取り外せるTバールーフはこの車が量産車で最初に採用しています

 

 ミニカーはフランクリンミント製 1/24です。全般的にシャープな出来映えで、実車同様に屋根が取り外せるようになっています。これも格納式ヘッドライトが可動しないのが今一つです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 440HP 4段手動変速/3段自動変速
性能: 最高速223km/h
データーベースでコルベット C3のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=402

   

 

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C3 1968 USA

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1813 1/43 108㎜

 

GM シボレー コルベット スティングレイ C3 アメリカ

 

 C3型のシャーシやエンジンはC2型を踏襲しています。当初のエンジンは標準のV型8気筒 5.4L (300HP)とV型8気筒 7L (440HP)があり、1970年にはそれぞれ5.7L 7.4Lまで拡大されるなど、ハイパワーでスポーツ指向への方向性は続いていました。

 

 当時物のミニカーとしては、コーギー、ディンキー、メルクリンなどがありました。このソリド製は1990年代に発売されたもので、全盛期のソリドを思わせるシャープな出来映えです。現在のミニカーと比べるとシンプルな作りですが、プロポーションが良く私のお気に入りです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 440HP 4段手動変速/3段自動変速
性能: 最高速223km/h
データーベースでコルベット C3のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=403

   

GM CHEVROLET CORVAIR MONZA GT 1962 USA

GM CHEVROLET CORVAIR MONZA GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 930 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m? 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 2.3L ターボ 102HP 4段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでモンザ GTのミニカー検索

 

GM シボレー コルベア モンザ GT アメリカ

 

 シボレー コルベア モンザ GTは市販された車ではなく、1962年に発表されたデザインを目的とした実験車です。ベースとなっているのはGMのリアエンジンのコンパクトカーシボレー コルベアで、エンジンをミドシップ配置に変更し未来的なスポーツカーに仕立てたものです。オープンのロードスター仕様のモンザ SSも同時に公開されました。デザイナーは初代コルベット スティングレイ(C3)をデザインした日本人のラリー シノダ氏で、コルベット スティングレイに通じるデザインで非常に魅力的です。 

 

 1965年に登場したコルベアの2代目は、モンザ GTのイメージを実用車に落とし込んだスポーティな美しいデザインでした。GMはコルベアをフォード マスタングに対抗するスポーティカーに仕立てるつもりだったようです。ただハイパワーエンジンを搭載したコルベアは、リアエンジン車特有のオーバーステアでコントロールを失い横転する事故が多発して問題となり、1969年に生産中止となりました。

 

 

 ミニカーは北欧デンマークのメーカーだったテクノの当時物です。実車の流線形デザインがうまく再現され非常に素晴らしい出来ばえです。当時のテクノの最大の特徴は、初期の物は違いますが、分解/組立ができる構造となっていたことでした。(この為、高価でした) このモンザ GTにもこの変わったギミックが付いていて、当サイトのギミックのページで紹介しています。カラーバリエーションが豊富で屋根がないオープン仕様(モンザ SSとは違うが)もあり、かっこいいことからかなり人気がありました。これ以外ではオート ピレンやジョアルがテクノ製をコピーした物や、エーダイ グリップの1/28がありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1801

   

 

GM CHEVROLET ASTRO I 1967 USA

GM CHEVROLET ASTRO I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 347 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: 水平対向6気筒 2.9L 240HP  
性能: 最高速 不詳
データーベースでシボレー アストロ I/IIのミニカー検索

 

GM シボレー アストロ I アメリカ

 

 シボレー アストロ I (XP-842)はGMのデザイン実験車で、1967年に公開されました。前述したコルベア モンザ GTのデザインをさらに発展させた車で、水平対向エンジンをミドシップ搭載する構成は同じです。最大の特徴は空気抵抗を究極的に低減させた極端に低い車高(約0.9m)です。通常のドアでは乗り降りが大変なので、リアカウルがキャノピー状に開き、シートも連動して電動で立ち上げる構造となっています。(この車は雨の日には使わないとのこと) またリアウインドーがありませんが、後方視界は屋根の上に付いたペリメータースコープで確保しているそうです。 

 

 このデザインを実用的に発展させた、シボレー アストロ IIが1968年に公開されています。このデザインは、その後のGMの1980年代のスポーツカー コルベットやファイアーバードあたりに反映されているように思います。1969年には前輪1輪の3輪車とした、ジェット機のようなシボレー アストロ IIIも公開されています。なお1995年に登場したGMのミニバンにもシボレー アストロという名前が付いていますが、全くの別物です。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1969年に発売されました。特徴的なデザインを忠実に再現していて、魅力的なミニカーに仕上がっています。キャノピーが開閉しシートが連動する仕掛けも、コーギー十八番のいかにもそれらしいフィギュアを2体乗車させてうまく再現してあります。当時のコーギーはこのようなスタイル実験車を結構モデル化していました。例えばアダムス プローブ 16アウトビアンキ ランナバウト ベルトーネは見た目がかっこいいので、どちらも30万台以上も売れています。なおアストロ Iはもっと多くて50万台近く売れてます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1802

   

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C3 427 1969 USA

GM CHEVROLET CORVETTE STINGRAY C3 427 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX CCV01-M 1/43 107㎜

 

GM シボレー コルベット スティングレイ C3 427 アメリカ

 

 名前の427とは立方インチであらわした排気量のことで、「ビッグブロック」と呼ばれていたV型8気筒 7L エンジンを搭載したモデルです。ボンネット中央が少し膨らんでいるのがこのエンジンを搭載している証です。

 

 ミニカーはマッチボックスのコレクティブルシリーズです。サイドから出ている排気管、幅広のタイヤなどから、最も高性能なZL1(シリンダーブロックが特注のアルミ製)を搭載したモデルで、上記のノーマルより迫力のある外観となっています。これはマッチボックス製ですが、同じ型を使ったビテス製もあります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 7L 750HP? (ネット表示で430HP) 
4段手動変速/3段自動変速
性能: 
データーベースでコルベット C3のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=404

   

 

 

ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  ...24 次へ »