ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA TOYOPET CORONA VAN (RT100) 1973 JAPAN

TOYOTA TOYOPET CORONA VAN (RT100) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1316 (G1) 1/40 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 83HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索

 

トヨタ コロナ バン RT100型 日本

 

 1973年に5代目コロナが登場します。当時のコロナはカローラやカリーナより販売台数が少なく、地味な存在になっていました。5代目もオーソドックスな車でしたが、1970年代前半の安全意識の高まりに対応したことをアピールした車でした。外観は大型の衝撃吸収バンパーや視界の良いノッチバック スタイルなど、同時のベンツやボルボの実験安全車(ESV)を思わせるボディデザインでした。4ドアセダン、2ドアハードトップ、バンの設定がありました。

 

 エンジンは4気筒1.6L(100HP)/1.8L(110HP)/2L(130-145HP)のR型で、3段AT、5/4段MT変速で、高性能DOHCエンジンを積む2000GTは最高速200km/hの性能でした。

 

 

 安全性を強調したオーソドックスなデザインが功を奏したのか、コロナはベストセラーに復活し、1976年後半までその地位を維持しました。1977年のマイナーチェンジで、センターグリルを強調したグリルを持つ後期型となりました。排ガス規制対応でトヨタからは触媒方式の「TTC-C」エンジンが登場するなど、ハイパワーエンジンが一時的に消えていた時代でした。

 画像はバンのミニカーですが、ダイヤペットではRT100系コロナはバンしかモデル化していません。ダイヤペットが廉価版として作った物で、ドアしか開閉せずグリルもバンパーと一体式ですが かえってシンプルな分だけ良く出来ています。他の当時物はトミカの2000GT クーペ、トミカ ダンディの4ドアセダンがあります。特にダンディのセダンは縮尺が1/45と半端ですが、実車の雰囲気が良く出た秀作です。最近では当時物をリファインしたトミカ リミッテドの2000GT クーペがありますが、これもかなり良い出来映えです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=986

   

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON 1974 JAPAN

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1347 (G17) 1/40 121㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.77m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 140HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでトヨタ クラウン S80-100型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン MS80型 日本

 

 5代目クラウンは1974年に登場しました。先代が丸みを帯びたデザインで失敗したことによほど懲りたらしく、思いっきり角形なデザインに変わっています。この頃からクラウンだけではなく、トヨタ車全体が徐々にスクエアなデザインに移行していきました。4ドアセダン、2/4ドアハードトップ、ワゴン(バン)の設定がありました。

 

 エンジンは6気筒2L(125HP)/2.6L(140HP)のM型で、3段AT、5/4段MT変速で、最高速175km/h(2.6L)の性能でした。最上級グレードに「ロイヤルサルーン」という名前が付けられ、4輪ディスクブレーキや世界初のオーバードライブ付き4速ATなどの先進技術が採用されていました。

 

 

 またこの頃から電子制御式燃料噴射装置(トヨタではEFI)が、登場してきました。1978年のマイナーチェンジで、フロントグリルが独立したデザインの後期型に変わっています。また同年に4気筒2.2Lのディーゼルエンジンが追加されています。

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、角ばったデザインがよく再現されていて、非常に良い出来栄えです。前期型バン後期型ロイヤルサルーン(ハードトップ系のグリルになっている)もダイヤペットから出ています。これ以外の当時物ではトミカとトミカ ダンディののロイヤルサルーンがあります。最近ではトミカ リミッテドの前期型ロイヤルサルーン、後期型2ドアハードトップ、川端企画J-43(アンチモニー製)のセダンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=987

   

 

TOYOTA COROLLA 1600 GSL (KE30) 1974 JAPAN

TOYOTA COROLLA 1600 GSL (KE30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1362 (G21) 1/40 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 100HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでトヨタ カローラのミニカー検索

 

トヨタ カローラ 1600GSL KE30型 日本

 

 カローラは1974年に3代目(30 サンマル)に切り替わりました。コロナやクラウンのスクエアなデザインの流れで、大人しいスタイルになりました。2/4ドアセダン、2ドアハードトップ(センターピラーが無いクーペ)、ワゴン/バンの設定がありました。姉妹車のスプリンターは4ドアセダン、2ドアクーペの設定でした。1976年に3ドアでスポーティなワゴン形式のリフトバックが追加されました。

 

 エンジンは4気筒1.2L(71HP)K型、1.4L(78HP)/1.6L(100HP)T型で、3段AT、5/4段MT変速で、最高速180km/h(1.6L)の性能でした。1977年のマイナーチェンジで後期型にかわり、1.2Lが1.3Lに拡大されました。排ガス対策で一時的に中止された高性能車レビンも1977年にEFI仕様の2T-Gエンジンで復活するなど、その膨大なバリエーションでカローラ史上で一番生産台数が多かったそうです。

 

 

 30型カローラの当時物はダイヤペットのセダン、トミカのレビン、トミカ ダンディのリフトバックがあります。(スプリンターはミニカーがありません) 画像のダイヤペットは全体的なプロポーションが良く細部も良く再現された傑作で、30のセダンとして貴重な存在です。最近ではトミカ リミッテドのレビンがあります。カローラとは異なるフロントを持つクーペ系のスプリンター(トレノ)をどこかが作ってくれるといいのですが。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=988

   

TOYOTA CORONA MARK II (X30) 1976 JAPAN

TOYOTA CORONA MARK II (X30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 77 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 135HP 3段自動変速
性能: 最高速157km/h
データーベースでトヨタ コロナ マーク IIのミニカー検索

 

トヨタ コロナ マーク II X30型 日本

 

 マーク IIの3代目は先代とは打って変わった3ボックススタイルに代わり、1976年に登場しました。このデザインはアメリカ車(特に1974年式マスタング II)の影響を受けたもので、デザインコンセプトや上級車に付けられたグランデというグレード名も良く似てます。4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン/バンの設定がありました。グランデは4輪独立懸架で、4輪ディスクブレーキが採用されていました。

 

 エンジンは6気筒2.6L(135HP)/2L(125HP)のM型と4気筒2L(105HP)R型/1.8L(95HP)T型で、3段AT/5/4段MT変速で、最高速は約157km/hでした。(排ガス対策で性能低下) 1977年から姉妹車としてチェーサーと北米向けのクレシーダが登場しています。1978年にマイナーチェンジして後期型に代わり、車名からトヨペットが消えました。

 

 

 ミニカーは2008年に発売された国産名車コレクション(ノレブ製)のセダンで、このシリーズとしてはかなり良い出来映えで、マーク II 30型セダンの貴重なモデルです。(底板に「NOREV」と明記されているものは、だいたい出来が良いですね) 当時物ではダイヤペットのハードトップとトミカのハードトップがあります。最近ではHI-STORYがチェイサーのハードトップをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=989

   

 

TOYOTA CELICA LIFTBACK 2000GT (A40) 1977 JAPAN

TOYOTA CELICA LIFTBACK 2000GT (A40) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY 021 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.41m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 130HP 5段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでトヨタ セリカのミニカー検索

 

トヨタ セリカ リフトバック 2000GT A40型 日本

 

 セリカの2代目が1977年に登場します。初代のデザインを発展させた良いデザインでしたが、硬派のクーペはあまり人気が出ず、豪華版のリフトバックに人気が出ました。特に黒をイメージカラーにしたことから、ゴキブリ セリカとも呼ばれました。(良いあだ名ではありませんが)

 

 エンジンは先代譲りの4気筒2L(130HP)R型/1.6L(115HP)T型に、4気筒1.8L(105HP)T型が追加され、3段AT/5/4段MT変速で、最高速は175km/h(2L)の性能でした。1979年のマイナーチェンジで角形4灯式ヘッドライトを持つ後期型になりました。1980年に4ドアセダンのカリーナの姉妹車としてセリカ カムリが登場しました。

 

 

 当時物のミニカーはいずれもリフトバックでダイヤペット、トミカ、トミカ ダンディ、エイダイ グリップがあります。画像はトミカ ダンディで、当時物としては一番出来が良く、実車の雰囲気が良く感じられると思います。最近のものでは、コナミ(1/64)が唯一のクーペを出していて、他にはNEOのリフトバックなどがあります。トミカ リミッテドで2代目セリカのクーペをモデル化してくれることを期待しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=990

   

TOYOTA CARINA HARDTOP 1600SR (A40) 1977 JAPAN

TOYOTA CARINA HARDTOP 1600SR (A40) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1435 (G18) 1/40 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.23m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 110HP 5段変速
性能: 
データーベースでトヨタ カリーナのミニカー検索

 

トヨタ カリーナ ハードトップ 1600SR A40型 日本

 

 セリカと同時にカリーナも1977年に2代目に変わりました。先代のデザインを引き継ぎながら、フロントグリルなどがより一般受けするデザインとなりました。2/4ドアセダン、2ドアハードトップ、バンのバリエーションがありました。

 

 エンジンは上述したセリカと同じで、動力性能もほとんど同じでした。1979年のマイナーチェンジで、角形4灯式ライトの後期型に変わりました。癖のないシンプルな外観で、居住性や性能がそこそこのカリーナはかなり人気がありました。当時私は自動車部品会社に在籍していましたが、社員駐車場にはこの車(白のセダン)が非常に多かったことを覚えています。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、全体のプロポーションが良く、フロントやリアの細部も良く再現されている傑作です。実車は人気があったのですが、2代目カリーナのミニカーは何故か現在でもこれしかないようです。ハードトップよりも良く売れていたセダンを是非1/43サイズでモデル化して欲しいものです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=991

   

 

ページ  « 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  ...22 次へ »