ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 1965 JAPAN

NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 137 1/40 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.51m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 77HP) 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースで日産 シルビアのミニカー検索

 

日産 シルビア 1600 (CSP311型) 日本

 

 シルビアは1964年の東京モーターショーに「ダットサン クーペ 1500」として出品され、翌年に高級スポーツカー シルビアとして発売されました。(車名はギリシャ神話に登場する乙女の名前) フェアレディ(SP310型)のシャーシに2人乗りクーペ ボディを架装し、SUツインキャブ4気筒1.6L(77HP) OHVエンジンを搭載していました。日本初の4段フルシンクロ変速機を介して、最高速165km/hと高性能でした。

 

 美しいボディ デザインはドイツ人デザイナーと日産デザイナーの共作で、当時としてはかなりレベルの高いデザインで、海外からも高く評価されたそうです。ただ少量生産でセドリック(約100万円)より高い価格(120万円)のスペシャルティーカーの需要は少なく、1968年までに約500台ほどが生産されただけでした。スペシャルティーカーの先駆者として登場した意欲的な車でしたが、時代に合わず商業的には失敗作でした。

 

 

 シルビアは見映えのする車でしたから、ダイヤペットとモデルペットの両方から当時物ミニカーが出ています。画像はダイヤペット製(アンチモニー製)で、約50年前に作られたものです。箱から出してガラス棚に並べていましたが、塗装やメッキはまだきれいな状態のままです。キャビンが少し小さめながら、フロントグリルの造形など当時のミニカーとして非常によく出来ています。ボンネットとトランクが開閉するギミック付きです。 以下はダイヤペットのシルビアの開閉ギミックの動作画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 1
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 2

 モデルペットはダイヤペットとは違った雰囲気に仕上がっていますが、全体のプロポーションではダイヤペットより実車に近いかもしれません。最近ではエブロ、京商(ポリストーン製)、日産名車コレクションからもモデル化されています。以下はモデルペットの画像と、日産名車コレクションの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 1
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=918

   

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (S5) 2000GT 1965 JAPAN

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (S5) 2000GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPAN CAR COLLECTION (NOREV) 45 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.06m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 125HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでプリンス スカイラインのミニカー検索

 

プリンス (日産) スカイライン S5型 2000GT 日本

 

 スカイラインの2Lクラスがグロリアに移行したので、2代目スカイラインは小型大衆車として開発され1963年に登場しました。オーソドックスな設計で当初は4ドアセダンとワゴン(バン)の設定があり、4気筒1.5L(70HP)OHVエンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/hの性能でした。ボディはフロントグリルなどがグロリアのデザインに準じた物でアメリカ車風です。

 

 1964年の日本グランプリに出場する為にグロリアの2Lエンジンを搭載したレース仕様車が開発され、GT-IIクラスでポルシェ 904に次いで2位になりました。 この車をベースにして1965年に2000GT-A(105HP)と2000GT-B(125HP)が発売されました。2000GT-Bは最高速180km/hと本格的なスポーツカーで、後のGT-Rに繋がる車でした。

 

 

 プリンス自動車は上記グロリアの販売が思わしくなく資金繰りが悪化して、1965年に日産自動車との合併を発表します。(1968年に合併完了) 当時のスカイラインのレースでの活躍で合併後もプリンスの名声は残ったのですが、合併後に発売した3代目スカイラインが大ヒットしたことを考えると、合併しなくてもやっていけた可能性もあったと思います。

 当時物のミニカーとしては、ミクロペットとその型を引き継いだダイヤペットがありますが、どちらもレア物です。ダイヤペットは1977年に10周年記念モデルとして復刻版をコレクター向けにプレゼントしています。またカドーが1980年に2000GT-Bをアンチモニー製でモデル化しています。最近ではエブロが2000GT-Bをモデル化しており、なかなか良い出来映えです。画像はそのエブロの型を流用したと思われる国産名車コレクション製です。他には、トミカ リミッテドが1500と2000GT-Bレース仕様を出しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=922

   

 

TOYOTA SPORT 800 1965 JAPAN

TOYOTA SPORT 800 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43047 1/43 83mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.58m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 水平対向2気筒 790cc 45HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでトヨタ スポーツ 800のミニカー検索

 

トヨタ スポーツ 800 日本

 

 自社のラインナップを魅力的にする為にスポーツカーは欠かせません。トヨタはパブリカのエンジンとシャシを流用したスポーツ 800を1965年に登場させます。小さなエンジンで高性能を得るため、軽量化(重量580kg)と空気抵抗低減が図られ、独得の空力ボディとなっています。完全なオープンではなくタルガトップ形式(有名なポルシェより先に採用)になっているのはモノコック構造を採用しているからでしょう。

 

 100ccの排気量拡大とツイン キャブレターで45HPにパワーアップした空冷水平対向2気筒790cc2U型エンジンで、4段変速、最高速155km/hの性能でした。ライバルのホンダS600とレースで競い合い、「ヨタハチ」の愛称で呼ばれた傑作車でした。2シータースポーツカーがたくさん売れる時代でもなかったので、1969年までに約3000台が生産されただけでした。、

 

 

 当時物のミニカーでは良くできたモデルペットが有りますが、レア物です。画像はエブロ製で、プロポーションが良く屋根が脱着できるなど良い出来映えです。(これは前期型ですが、フロントグリルが異なる1968年式後期型もエブロがモデル化してます) エブロと同じ型を使っている国産名車コレクション(ノレブ製)製と、京商製もあります。小スケールではトミカの特注品(アンチモニー製)とコナミ(1/64)がモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=967

   

MITSUBISHI COLT 800 1965 JAPAN

MITSUBISHI COLT 800 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 144 1/40 91mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.65m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 2サイクル3気筒 843cc 45HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースで三菱 コルトのミニカー検索

 

三菱 コルト 800 日本

 

 ミニカを生産していた水島自動車製作所(岡山県)が開発した小型車がコルト 800で1965年に登場しました。地味なデザインのコルト1000と違って、ファーストバックを採用したスタイリッシュなデザインとなっています。当初は2ドアでテールゲートは無かったのですが、1967年に3ドアハッチバック、1968年に4ドアが設定されました。

 

 水冷2サイクル3気筒843cc(45HP)エンジンをフロントに搭載するFR方式で、4段変速で最高速120km/hの性能でした。1966年にコルト1000の1Lエンジンを搭載した1000Fが追加され、さらに1968年のマイナーチェンジでは3気筒エンジンが廃止され、1.1L(58HP)エンジン搭載の1100Fが追加されました。1969年には1.1Lエンジンだけとなり名前も11Fに変わりました。

 

 

 コルト800と1000は新三菱重工業の異なる製作所で独自に開発されたものであり、同じような車の為競合関係となっていました。三菱重工の自動車部門は1970年に三菱自動車工業として独立しましたが、それ以前にはこのような開発体制の問題があったようです。

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、アンチモニー製です。 フロントグリルやリアの造形がきちんと再現されている秀作です。経年変化でホイールが劣化し変形しているのが残念ですが、ボディの塗装などはまだきれいな状態です。これ以外には当時物はないようです。2007年に国産名車コレクション(ノレブ製)でコルト800がモデル化されました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1032

   

 

HONDA RA272 F1 1965 JAPAN

HONDA RA272 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION  1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 1.5L 230HP 6段変速
性能: 最高速300km/h?
データーベースでホンダ RAのミニカー検索

 

ホンダ RA272 F1 日本

 

 2輪車のレースで成功したホンダは、1962年にF1に参戦することを表明し、エンジンの開発を進めました。開発されたV型12気筒1.5L RA271型エンジンは、当初ロータスへ提供される予定でした。しかし1964年にロータスが提携をキャンセルした為、ホンダはシャーシも自社開発して参戦することとなりました。

 

 最初のF1カーRA271型は、1964年のドイツGPでデビューし、結果は事故でのリタイヤでした。しかし翌年の1965年メキシコGPではアメリカ人ドライバー リッチー ギンサーが操るRA272が初優勝を遂げます。これは今考えると凄いことですが、当時はモータースポーツに対する理解が少なくあまり評価されなかったようです。

 

 

 その後ホンダのF1はRA273、RA300、RA301、RA302と発展し活躍を続けますが、低公害型エンジン開発に注力するとして1968年シーズン終了後に活動を休止しました。(ホンダF1 第1期と言われています)

 当時国内ではF1のミニカーはあまり一般的ではなく、RA271/2型の当時物ミニカーにはこれといった物がありません。海外ではポリトーイのペニーでホンダ F1がありますが、これもあまりぱっとしません。 カドーが真鍮を使った1/43のRA273を作っていますが、これも高価な限定品でした。F1への理解が広がった為か、RA302型はトミカとトミカ ダンディが当時物をモデル化しています。 画像は国産名車コレクション(ノレブ製)の予約者向けプレゼント品で、初優勝したRA272のモデルです。そこそこの出来映えで、RA272のミニカーとしては貴重な一台です。なおエブロはホンダF1第1期のRA271からRA302まで20数種類をモデル化しており、ホンダ F1に力が入っています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1052

   

NISSAN CEDRIC (130) 1966 JAPAN

NISSAN CEDRIC (130) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CAM C43008BK 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 100HP 4段自動変速/3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースで日産 セドリック 130型のミニカー検索

 

日産 セドリック 130型 日本

 

 1965年にセドリック 130型が登場します。先代のアメリカ車風から一転してランチアのような重厚なイメージですが、これもピニンフ ァリーナのデザインです。4気筒2L(92HP)、6気筒2L(100HP)、スペシャル6専用のOHC6気筒2L(115HP)エンジンが設定され、3速AT/4速MTで最高速150km/h(OHC2L)の性能でした。なお130型では3ナンバーの普通車の設定がありませんでした。

 

  当時の日本ではピニンフ ァリーナ スタイルは理解されなかったようで、セドリックは1966年と67年にリアを変更し、1968年のモデルチェンジではフロント部分を大幅に変えてオリジナルのイメージが消えています。日産はブルバートとセドリックで外国人のデザインに懲りたと思われます。なおこの車には既にクーラー(エアコンではなく単なるクーラー)がオプション設定されていたようです。

 

 

 当時物のミニカーとしてはダイヤペットが型番145で1966/67年式 型番186で1968年式を、モデルペットが型番33で1966/67年式をモデル化しています。これだけ年式違いがモデル化されているのも珍しいのですが、どれもレアなので残念ながら持ってません。画像は最近(2012年6月)発売されたCAM製で、CAMのミニカーとしては初めてのダイキャスト製です。プロポーションが良く、最近のミニカーとして申し分のない仕上がりです。これ以外にはアドバンスピリット(アンチモニー製)の前期型セダン/バン、トミカ リミッテドで前期型と後期型などがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=915

   

 

ページ  « 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  ...76 次へ »