ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL INSIGNIA OPC 2009 GERMANY

OPEL INSIGNIA OPC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 450742100 1/43 mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.83m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.8L ターボ 320HP 6段自動変速 4WD
性能: 最高速250km/h  
データーベースでオペル インシグニアのミニカー検索

 

オペル インシグニア OPC ドイツ

 

 ベクトラの3代目ベクトラ Cは2002年に登場します。上級車のオメガが2003年に廃止されることが予定されており、ボディを大きくしてオメガのユーザーを引き受けることになりました。その為、デザインもやや大人しくなっています。ボディタイプは4ドアセダン、ワゴン、5ドアハッチバック(GTSと称す)がありました。エンジンは4気筒1.6L/1.8L/2L/2.2L、6気筒2.8L/3.2L、4気筒2L/V型6気筒3Lターボ ディーゼルなどがありました。2003年に派生車種としてワゴンをロングホイール化したシグナムが登場しました。2006年に吊り目ヘッドライトでフロントを新しくした後期型に変わりました。

 

 ベクトラ C/シグナムの後継車としてインシグニアが2008年に登場しました。(オペルは良く名前が変わります) このクラスの高級車に共通するデザインですが、大きなV字型のグリルが特徴です。(ヴォクスホール版のインシグニアもほぼ同じデザイン) ボディタイプはセダン、5ドアハッチバック、ワゴン(スポーツ ツアラー)がありました。当初のエンジンは4気筒1.6L/1.8L/2Lターボ、V型6気筒2.8L、4気筒2Lターボ ディーゼルなどがありました。2009年にV型6気筒2.8Lターボ(320HP)エンジンを搭載して4WD化した高性能版のOPCが追加されました。2013年のマイナーチェンジでヘッドライト形状などフロントが変わりました。2009年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 

 ベクトラ Cのミニカーはシュコーの前期/後期型、ミニチャンプスのDTM仕様、リーツェなどたくさんあります。→ データーベースでオペル ベクトラのミニカー検索
 画像のインシグニアはシュコー製でバンパーにインテークがある高性能版OPCをモデル化しています。(画像はシュコーのWEBサイトから拝借) プロモーションの権利がミニチャンプスからシュコーに変わったようで、ミニカーはシュコーが独占しています。(ミニチャンプスはすっかり影が薄くなりました) なお2003年のコンセプトカーはノレブがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1368

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7