ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FERRARI DINO 246 GTS 1971 ITALY

FERRARI DINO 246 GTS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BANG 7133 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.23m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型 6気筒 2.4L 195HP 5段変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでフェラーリ ディノ 206/246のミニカー検索

 

フェラーリ ディノ 246 GTS イタリア

 

 1968年に発売されたディノ(ディーノ)はフェラーリの市販車として初めてエンジンをミドシップ搭載した車でした。ただフェラーリは12気筒エンジンが基本であったので、V型6気筒エンジンを搭載するこの車にはディノという新しいブランド名(フェラーリ ディノでは無く単にディノ)を与えました。このディノとう名前は創業者エンツォ フェラーリの長男で24歳の若さで亡くなったアルフレード フェラーリの愛称であり、彼がアイデアを出したこのV型6気筒エンジンに付けられた通称でもありました。

 

 初期に製作された206 GTのボディは総アルミ製で車重900kgと軽く、排気量2Lながら185HPのハイパワー、5段変速で最高速235km/hの性能でした。またミドシップ エンジン車でしたので、その操縦性は市販車としては並外れたものだったそうです。性能もさることながら、一度見たら忘れられない程完璧に美しいピニンファリーナのデザインもこの車の魅力です。

 

 

 フェラーリはフォーミュラー 2 レースのホモロゲーションをとるために、ディノの6気筒エンジンを量産する必要がありました。そこで提携関係にあったフィアットにエンジンを提供したことで、そのエンジンを搭載した フィアット ディノが生まれました。フォーミュラー 2の規定生産台数(500台以上)が達成された後、役目を終えた206 GTは150台ほどで生産中止となり、1969年に2.4L(195HP)エンジンを搭載した246 GTに切り替わりました。 246GTは206 GTに比べるとホイールベースと全長が少し大きくなり、ボディは量産しやすいスチール製となっていました。車重も重くなりましたが、パワーアップで動力性能はほぼ同じでした。また1971年にタルガトップの246 GTSが追加されました。1974年までに約3700台が生産されました。

 ディノの当時物ミニカーはノレブのJET CARシリーズ、トミカ ダンディ、サクラのスーパーカーシリーズなどがありました。その後ビテス、マッチボックス、バン(BANG)などでもモデル化されました。最近では京商、イクソ、マテル、レジン製ではアイドロンなどでモデル化されています。バンのディノは1996年頃に発売されましたが、量産ミニカーでは現在でも最高の出来ばえといって間違いないでしょう。この種のかっこいいイタリア車のミニカーはイタリアのメーカーが一番うまく作ります。特徴的なノーズの造形、ホイール/ライト類のリアルさなどとても気に入っています。また206 市販車の量産ミニカーはバンしかモデル化していないようです。 以下は前述したバンの206のバリエーションである246 GTSのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。なお実車では206と246は全長が異なりますが、ミニカーでは同じ型を流用しているので、そこまでは再現していません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI DINO 246 GTS 1
FERRARI DINO 246 GTS 2

 以下は1973年頃に発売されたノレブのJET CARシリーズのディノ GTS(型番824)の画像です。最初はプラスチック製(型番186)でしたが、これは同じ型のダイキャスト製です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI DINO 246 GTS 3
FERRARI DINO 246 GTS 4

 以下は1991年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキーのディノ GTS(型番DY024)の画像です。マニア向けのシリーズですので、そこそこ良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI DINO 246 GTS 5
FERRARI DINO 246 GTS 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=736

   

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 1968 ITALY

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 165 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.4L 352HP 5段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでフェラーリ 365 デイトナのミニカー検索

 

フェラーリ 365 GTB4 デイトナ イタリア

 

 12気筒エンジンをフロントに搭載した後輪駆動車という創立以来の伝統を突きつめた究極の車が365 GTB/4でした。ピニンファリーナによる空力を考慮したクーペ スタイルは、古典的なスポーツカーの粋を極めた美しさでした。また初期の透明カバーで覆った4灯式ライトのフロントグリルは独特の魅力がありました。このヘッドライトはアメリカの安全基準に合わせる為、1970年にリトラクタブル式に変更されました。DOHC V型12気筒4.4L(352HP)エンジンで最高速280km/hの性能でした。

 

 この車の愛称「デイトナ」とは1967年のデイトナ 24hでフェラーリ 330Pが1-2-3フィニッシュを果たしたことから、同じ頃にデビューしたこの車がそう呼ばれるようになったそうです。1972年から1974年までルマンのGTクラスで3年連続クラス優勝するなど、この車もレースで活躍しています。1973年まで生産され総生産台数は約1400台、そのなかの120台ほどがオープンのスパイダーでした。(後継車は365 GT4 BBです)

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、デイトナのミニカーとしてプロポーションは今でもトップレベルだと思います。デイトナのミニカーは結構たくさんあります。これ以外の当時物ではリオがスパイダーを含めて約10種類ほどをモデル化していて、最近の物では京商の1/18、1/43、1/64や、ディテールカー、イクソ、レッドライン(レジン製)などがあります。当時のデイトナは私の一番好きなフェラーリでしたので、フロントや室内をよりそれらしくしたくて、このソリドのミニカーを何台か購入して改造を行いました。透明カバー内へのヘッドライトの追加やメーターパネルの自作まで行ったのですが、満足できるものができず中途半端で諦めました。結局そのような細かい部分はかなり正確に作らないとかえって見栄えが悪くなることを思い知りました。 以下はソリドのデイトナのフロント/リアの拡大画像とエンジン/室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 1
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 2

 以下はソリドのデイトナ レーシングカー仕様(型番16)の画像です。レース仕様車はホイールがプラスチック製になりヘッドライト部分が変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA RACING 1
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA RACING 2

 2006年にイクソのフェラーリ シリーズでデイトナが発売されました。このイクソ製デイトナ(型番FER034)は非常に出来が良く、上述した私がやりたかったことをほとんど実現してくれました。フロントの透明カバー内には4灯式ライトが備わっています。ただこの透明カバーは内部が見えすぎで、ソリド製デイトナの半透明処理のほうがリアルだと思います。次に室内ですが、フェラーリロゴの付いたハンドル、シフトレバー、丸形8連メーターの付いたインパネなどがかなりリアルに再現されています。(参照→実車の室内画像) 以下はイクソ製デイトナの全体の画像、フロント/リアエンドの拡大画像、室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 3
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 4

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 5
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 6

 以下はリオのデイトナ スパイダー(型番R02)とデイトナ クーペ(型番R01)とデイトナ レーシングカー仕様(型番R03)の画像です。リオのデイトナはキャビンが小さめにデフォルメされていて、プロポーション的にはいまひとつです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA SPIDER 1
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA SPIDER 2

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 5
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=737

   

 

FERRARI 365 GTC/4 1971 ITALY

FERRARI 365 GTC/4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A50 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.4L 340HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでフェラーリ 365 GTCのミニカー検索

 

フェラーリ 365 GTC/4 イタリア

 

 4シーターの330 GT2+2は1967年に4.4L(320HP)の365 GT2+2に発展し、1971年には新しいデザインの365 GTC/4が登場します。上記デイトナに+2の後部座席を追加した豪華仕様のクーペといった位置づけでした。4.4L(340HP)エンジン、最高速260km/hとやや大人しいチューンで、その分だけスムーズで静粛性も高かったそうです。

 

 ボディ デザインも同じピニンファリーナ製クーペながら、どこか大人しいシックな感じになっています。派手なデイトナの陰であまり目立たず、たった1年間ほどの短命車でした。

 

 

 実車が短命だったので、2008年にイクソがモデル化するまで、このメーベトイ製しか量産ミニカーがありませんでした。メーベトイ後期のシャープな出来栄えで、実車の雰囲気が良く再現されています。(キャビンから上が少し大きめですが)発売当時からあまり出回らず、レアなミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=738

   

FERRARI 365 GT/4 2+2 1972 ITALY

FERRARI 365 GT/4 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO FER030 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.4L 340HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでフェラーリ 365/400/412のミニカー検索

 

フェラーリ 365 GT/4 2+2 イタリア

 

 2+2としては中途半端であった365 GTC/4に代わり、アメリカ向けの豪華GTとして1972年に登場したのが365 GT/4 2+2でした。ホイールベースの延長とセダン的なデザインで、実用的なリアシーターを持つキャビン部分を確保しています。あまりフェラーリらしくない車といえますが、ピニンファリーナ製のボディはシンプルで品のあるデザインです。V型12気筒4.4L(340HP)エンジンを搭載し、最高速245km/hの性能でした。

 

 1975年には排気量が4.8Lに拡大され400 GTとなり、GM製の自動変速機がフェラーリとして初めてオプション設定されました。1979年にボッシュのKジェトロニック型電子燃料噴射方式が採用された400iとなりました。1985年には排気量が5Lに拡大され412 GTとなり、1990年まで長く生産されました。400/412をベースにして4ドアセダンやフルオープンのカブリオレなどの特注モデルが制作されたようです。後継車は1992年に登場した458 GTとなります。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2007年頃に購入しました。イクソのフェラーリ シリーズは何れも良い出来ばえですが、この365 GT/4 2+2は量産ミニカーでは他社があまり手がけていないモデルなので貴重です。これ以外のミニカーとしては、マテルの1/43、京商の1/64、ルックスマート(レジン製)などがあります。 以下はイクソの365 GT/4 2+2のフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。2+2と称していますが、大人が乗れる実用的な4シーターになっていることがわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI 365 GT/4 2+2 1
FERRARI 365 GT/4 2+2 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=739

   

 

FERRARI 365 GT/4 BB 1973 ITALY

FERRARI 365 GT/4 BB 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 44 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 水平対向DOHC 12気筒 4.4L 380HP 5段変速
性能: 最高速302km/h
データーベースでフェラーリ BBのミニカー検索

 

フェラーリ 365 GT4 BB イタリア

 

 フェラーリ初(ディノは除く)の市販ミドシップ エンジン搭載車として1973年に登場したのが365 GT4 BBでした。BBとはベルリネッタ ボクサーの略で、ベルリネッタはクーペの意でボクサーとはV型エンジンのVバンク角を180度まで倒した水平対向DOHC 12気筒4.4L(380HP)エンジンを意味します。(左右のピストンの動きがボクシングのグローブの打合いの動作に似ているので) このエンジンの下に5段変速機を配置したミドシップ配置で、ライバルのランボルギーニ カウンタックをわずかに上回る最高速302km/hの性能でした。

 

 独特の平べったいボディはピニンファリーナのデザインで、1968年の空力実験車P6がベースとなっています。1975年に排ガス規制対応でエンジンを5L(360HP)に拡大した512 BBに発展しました。512 BBはフロントにチンスポイラー、ドア下部に冷却用のNASAダクトが追加され、テールライトが6連丸型から4連丸形に変更されています。512 BBは1984年まで生産され、BBの総生産台数は約2300台でした。なお512 BBをベースにしたレース仕様車512 BB LMがルマンに参戦しています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、1976年に発売されました。このミニカーは当時としては最高の出来映えで、これを入手したときにはそのかっこよさに感激したもでした。今見てもプロポーションは素晴らしいのですが、昔のミニカーですからワイパーは少し目立ち過ぎで、テールライトの表現は簡単すぎます。ソリドはこれのテールライトなどを変更して512 BBもモデル化しています。当時の日本はいわゆるスーパーカーブームで、365 BBのミニカーをダイヤペット、サクラ(ソリドのコピー)、バンダイなどが作っていました。一方海外ではまともなミニカーがあまり作られなかった時期なので、ブラーゴの1/24ぐらいしか当時物がありませんでした。最近の物では、ベスト モデルの512 BB、京商の1/43、1/18、1/64、イクソ、アイドロン(レジン製)などがあります。 以下はソリドの365 BBのフロント/リアの拡大画像と室内/リアパネルを開いたエンジン部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI 365 GT/4 BB 1
FERRARI 365 GT/4 BB 2

 以下はソリドの512 BB(型番1802)の画像です。テールライト/排気管が変更されていますが、NASAダクトなどは再現されていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 512 BB 1
FERRARI 512 BB 2

 以下はサクラの365 BB(スーパーカーシリーズ型番3)の画像です。ソリドをコピーしていますが、単なるコピーではなくリトラクタブルヘッドライトとドアの開閉ギミックを追加しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 365 GT/4 BB 3
FERRARI 365 GT/4 BB 4

 以下はベスト モデルの512 BB(型番9258)の画像です。チンスポイラー、NASAダクト、テールライトなど512 BBの特徴がきちんと再現され、非常に良くできています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 512 BB 3
FERRARI 512 BB 4

FERRARI 512 BB 5
FERRARI 512 BB 6

 以下はブルムの512 BB LM プロトタイプ(型番R210)の画像です。ルマン仕様の空力的なデザインがうまく再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 512 BB LM 1
FERRARI 512 BB LM 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=740

   

FERRARI (DINO) 308 GT4 2+2 1973 ITALY

FERRARI (DINO) 308 GT4 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS EL58 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC V型 8気筒 3L 250HP 5段変速
性能: 最高速251km/h
データーベースでフェラーリ 208/308 GT4のミニカー検索

 

フェラーリ (ディノ) 308 GT4 2+2 イタリア

 

 ディノ 246 GTの後継車としてV型8気筒エンジンを搭載したディノ 308 GT4が1973年に登場しました。12気筒以外はフェラーリと呼ばないという方針から、当初はフェラーリの名前は付いていませんでした。しかし1976年からはフェラーリ 308 GT4と改名されました。ディノとほぼ同じシャーシに新設計したV型8気筒3L(250HP)DOHCエンジンをミッドシップ搭載し、最高速250km/hの性能でした。

 

 2+2と4シーター化されているため、ホイールベースは246 GTより長くなっています。またフェラーリでは初めてベルトーネがデザインを担当したので、あまりフェラーリらしくない直線的なスタイルとなっています。(フェラーリというよりはランボルギーニ的なデザインです)1975年にはイタリア国内向けに2L(170HP)エンジンを搭載した208 GT4が追加されています。

 

 

 名車ディノ の後継としてはベルトーネのボディ デザインや性能などが物足らず、この車はあまり人気がでませんでした。名前にフェラーリを追加したのも人気を挽回する為だったのかもしれませんが、結局人気のないまま1979年に生産中止となりました。総生産台数は約2800台でした。

 ミニカーはポリスティル(ポリトーイ)の当時物で、1976年頃に発売されました。実車の不人気を反映して当時物のミニカーはこれぐらいしかありません。ELシリーズは廉価版ミニカーで、プロポーションは悪くないのですが、タイヤ/ホイールがどうしようもなくしょぼいです。最近の物では京商の1/64、マテルの1/18があります。 以下はポリトーイのディノ 308のフロント/308リアの拡大画像とエンジン部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI (DINO) 308 GT4 2+2 1
FERRARI (DINO) 308 GT4 2+2 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=741

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »