ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN DS 19 PALLAS 1966 FRANCE

CITROEN DS 19 PALLAS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE L090A 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 90HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでシトロエン DS 19のミニカー検索

 

シトロエン DS 19 パラス フランス

 

 DS 19は4気筒1.9L(75HP)エンジンを搭載し、クラッチ操作を油圧で自動化した4段変速機を介して最高速は140km/hの性能でした。全長4.8mと大型ながらも車重1.2tと軽量なため、あまり高性能ではないエンジンでも十分な走行性能を得ていました。当時のフランスの2Lクラスのライバルはルノー フレガートとアメリカ車風のシムカ ベデットぐらいで、どちらもDSとは勝負にならず、このクラスはDSの独占状態となりました。

 

 1965年には、内外装を高級にしたDS 19 パラスが追加されました。(同年にエンジンを4気筒1985cc(90HP)に変更) バンパーの位置でボディを一周するサイドプロテクションモールがパラスの外観上の特徴で、フロントには補助灯が追加されていたようです。室内は遮音材が追加されて床はカーペットで覆われ、オプションで革張りシートが用意されていました。さらに上級の仕様としてはコーチビルダー シャプロンが特注で製作するリムジーン仕様のDS プレステージもありました。前席と後席の間にガラス製の仕切りがあってエアコンが装着され、公用車やハイヤーとして使われました。

 

 

 ミニカーは上述のビテスのバリエーションで、パラス(1966年式)のモデルです。サイドプロテクションモール、フロントの補助ライト、バンパーのオーバーライダーが追加され、マフラー形状が変更されています。カラーリングもパラスらしい高級な感じになっています。なおビテスは実車同様に室内をリムジーン仕様に変更したプレステージもモデル化しています。ビテス以外ではリオやノレブもDS パラスをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=598

   

CITROEN DYANE 1967 FRANCE

CITROEN DYANE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 517 1/43 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.87m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 425cc 24HP 4段変速
性能: 最高速104km/h
データーベースでシトロエン ディアーヌのミニカー検索

 

シトロエン ディアーヌ フランス

 

 発表されてから20年近く経過し旧態化した2CVの代替として、1967年に投入されたのが、ディアーヌでした。エンジンなどのメカは2CVと同じながら、ライトをフェンダーに埋め込んだり、リアにハッチゲートを付けるなどボディを少し近代的にリファインしたものでした。室内は2CVより高級な仕上げとなっていたそうです。また同じメカですから性能的には2CVとたいして変わりはありませんでした。

 

 この車は性能的にも外観的にも2CVとたいして変わらないので、中途半端な感じがしますが、当時のフランス人も同じだったようです。結局2CVは売れ続けて、ディアーヌは2CVよりも早く1983年に生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。ディンキー(仏)らしい生真面目な作りで、プロポーションがしっかりしています。ボンネットとテールゲートの開閉ギミックが付いていますが、テールゲートを開くと荷物が積んであるという楽しいおまけ付きです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=594

   

 

CITREON MEHARI 1968 FRANCE

CITREON MEHARI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 137 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.52m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 602cc 26HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでシトロエン メアリのミニカー検索

 

シトロエン メアリ フランス

 

  ディアーヌのシャーシの上にジープ風のオープン ボディを載せた多目的車がメアリで1968年に登場しました。ボディはABS樹脂製で、この材質を初めて自動車に適用した物でした。(なおFRP樹脂製のボディ パネルは1953年にGMがコルベットで採用しています)エンジンはディアーヌ用の602cc(26HP)を搭載しています。当初は2シータでリアは荷台でしたが、後に折畳み式のリアシートも追加されました。

 

 また1979年には4輪駆動式のメアリ4X4が設定されました。この4輪駆動はエンジンを前後に2つ搭載する2CV 4X4サハラとは異なり、一つのエンジンによるパートタイム式でした。メアリ4X4は1982年まで、2輪駆のメアリは1987年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはノレブの当時物で、昔のノレブですのでプラスチック製です。実車がABS樹脂製ですから、実車相当の材質ということになります。なおこの頃のノレブのミニカーは経年変化でボディが変形するものが多く、このメアリも側面から見ると少し変形していますが、実車がこんな具合に曲がっていたわけではありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=595

   

CITROEN DS 21 1968 FRANCE

CITROEN DS 21 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 23561 1/43 113mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 115HP 4段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでシトロエン DS 21のミニカー検索

 

シトロエン DS 21 フランス

 

 DSは改良が続けられ1966年にはエンジンが新設計の2175cc(106HP)と1985cc(90HP)に切り替わり、DS 21とID 19aとなります。このパワーアップでDS 21の最高速は175km/hに向上しています。さらに1970年にはボッシュの電子制御燃料噴射を採用し2.2Lは139HPにパワーアップし、最高速は188km/hに向上しました。1967年にはフェンダー先端のライトカバー内に4灯式ヘッドライトを組み込むフェイスリフトを行い、フロント部分の見た目が新しくなりました。 

 

 追加された外側のライトはサスペンションと連動することで常に水平を保ち、内側のライト(ハイビームで点灯するドライビングランプ)はステアリングと連動して進行方向に首を振るようになっていました。この光軸制御も機械式で、ここまで徹底したやり方はシトロエンならではのものでした。なおDSの廉価版のIDは1970年から、名前がD スペシャル(D SPECIAL)又はD シュペール(D SUPER)に変わりました。

 

 

 DS 21のミニカーもビテス製で揃えてみました。上述したDS 19の型を流用してDS 21に変更されてます。特徴的なフロントのライトや1本スポークステアリングの付いた室内もそこそこうまく再現されています。最新のノレブなどに比べるとやや大ざっぱなところがありますが、このぐらいのゆるい出来ばえのミニカーも私は好きです。DS 21の当時物ミニカーとしてはポリトーイノレブなどがあり、このノレブの型を使って1980年代にエリゴールが同じものをモデル化しています。1990年代にはリオがDS 19からDS 23を20種類ほどモデル化しています。最近ではビテス、ノレブの1/43、1/18、ブッシュ、ブレキナなどで多くのDS 21がモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=600

   

 

CITROEN H 1968 FRANCE

CITROEN H 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY F25 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 1.6L 45HPなど多種 3段変速など
性能: 
データーベースでシトロエン Hのミニカー検索

 

シトロエン H (アッシュ) バン フランス

 

 商用車ながら自動車の歴史上この車を紹介しない訳にはいきません。シトロエンらしい独創的なデザインで、名前のH(フランス式に発音すると'アッシュ'です)は型式名で、軽荷重用のHZと重荷重用のHY の2タイプがありました。シトロエン十八番の前輪駆動方式で、プラットフォーム型シャーシとトレーリングアーム方式リアサスペンションで、荷室の床は後輪をカバーするだけで完全に平らに出来ました。また車高も高いので、広大な荷室が確保できました。このデザインは後のキャブオーバー型商用車に多大な影響を与えました。

 

  エンジンは当初トラクシオン アバン用の4気筒2Lが使われていましたが、後にディーゼルエンジンも追加されています。ボディーはバンとピックアップの2タイプが原則でしたが、各種貨物車をはじめ救急車、消防車、ポリスカー、マイクロバスなど無数のバリエーションがありました。1947年から1981年までの長期間生産されました。

 

 

  この車は人気があるので、ミニカーもたくさんあります。その中から出来の良い国産品ということで、1979年に発売されたトミカ ダンディの外国車シリーズのHを選びました。パトカーなどバリエーションがたくさんありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=608

   

CITROEN DS 21 POLICE 1968 FRANCE

CITROEN DS 21 POLICE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 530 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 115HP 4段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでシトロエン DS/ID ポリス/消防車/救急車のミニカー検索

 

シトロエン DS 21 ポリス フランス

 

 DS/IDが登場した1950年代から1960年代にかけて、フランスの国産大型乗用車(2Lクラス)でDS/IDに対抗できる車はありませんでした。当時のルノーには1960年に生産中止となったフレガートの後継車が1970年代まで登場せず、プジョーも1968年の504まで大型車がありませんでした。したがって政府/自治体の公用車、ポリスカー、救急車、消防車などをDS/IDが独占していました。また当時のドゴール大統領(1958~69年)がDSを愛用していたことから、DSは大統領専用車としても使われました。

 

 そんな訳でDSは当時のフランス映画にも良く出てきました。ドゴールの暗殺を描いた映画「ジャッカルの日(1973年)」では大統領府にずらりと並んだ黒塗りのDSが壮観でした。怪盗ファントマの映画 「ファントマ/電光石火(1965年)」には翼が付いて空を飛ぶDSが登場します。また最近のTVドラマ「メンタリスト」でも主人公ジェーンの愛車としてDS 21が登場しています。DSは1955年の登場から改良が続けられ1975年まで約20年間生産されました。IDを含めた総生産台数は約146万台(本国生産は約133万台)でした。

 

 

 ミニカーはエリゴール製のDS 21のポリス仕様で、1985年頃に発売されました。当時のエリゴールはノレブの型を使っていて、ノレブにも同じ物があります。ヘッドライトがメッキパーツなのは今では物足りないですが、当時のミニカーとしては全体的にそこそこの出来ばえでした。ボンネット/トランク/4ドア開閉のギミックが付いていますが、建付けは良くありません。セダンや消防車も同じ型でモデル化されています。これ以外にもDS/IDのポリス/消防車やブレークを使った救急車のミニカーはたくさんあります。(例えばディンキーの当時物リオの赤十字仕様など) ファントマの空飛ぶDSはノレブがプロバンスムラージュ(レジン製)でモデル化しています。
データーベースでシトロエン DS/IDのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1837

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »